スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACIM11-08-27

2011年8月27日

前回は下記の文章を読んで終りました。

[In any situation in which you are uncertain, the first thing to consider, very simply, is “What do I want to come of this? What is it FOR?” The clarification of the goal belongs at the BEGINNING, for it is this which will determine the outcome. In the ego’s procedure, this is reversed. The SITUATION becomes the determiner of the outcome, which can be anything. The reason for this disorganized approach is evident. The ego does not know what it WANTS to come of it. It is aware of what it does NOT want, but only that. It has no positive goal at all.]

[あなたを悩ませている全ての状況内ではまず一番初めに「ここで私は何を望んでいるのだろう? {私はここで何を求めるべきなのだろう?}これは何の為なのだろう?」という質問を考慮するべきなのです。 一番初めにゴールを明確にするべきなのです。 何故なら、これが(明確に理解されているゴールが){あなたが体験する}結果を決めるのだから。 しかしエゴのプロセスはこの逆なのです。(エゴのプロセスの中では)状況(それはどのようなものでも在り得るのです)が結果を決定しているのです。この様な乱雑なアプローチ(手法)が行なわれる理由は明白です。エゴには自分が何を求めているか解らないのです。エゴに解るのは「それが何を求めていないか」だけなのです。エゴはポジティブなゴールは持っていないのです。]

“What do I want to come of this?”
[私はここで何が起こることを欲しているのだろうか?]

この質問につまずかないで下さい。 
上記の文章では、あなたが自分に(自分のエゴに)「私はここで何を求めているのだろう?」と言っているように聞えてしまうかも知れません。
しかしわたし達は、そのようなことではなく、「二つのステップ」を行なうことに関して話しているのです。 自分の最上の考えへの依存をあなたが手放すことに関してわたし達は話しているのです。

そしてあなたの思考の静寂の中、あなたの思考が不在な場所で、「ここの真理は何ですか? 私がここで求めるべきことは何ですか?」と父に訊ねるのです。
あなたは反応/思考を躊躇して、二つのステップを行って、聖なる瞬間を実践して、この質問を精霊に訊ねるのです。
『父よ、私はここで何を望むべきなのですか? 父よ、あなたの娘/息子として私はこの状況から何がもたらされることを望むべきなのですか?  この状況は何の為なのですか? 私はそれが知りたいのです。 あなたの視点こそが私に与えられるべき「私の当然の権利」なので、私はそれを求めています。
あなたの視点は私の中に初めからある視点です。そして、あなたと私の間に繋がり(絆)が無いかのように振舞い続けることを私はこれ以上求めません。
あなたと私の繋がりがとても強くなって、私があなたの視点からこう訊ねられるように成りたいのです、「私はここで何を求めているのだろうか? これは何の為なのだろう?」』

(ここで私が指示しようとしていたことは)あなたが行動し始める前に「私はここで何を求めているのだろうか?」と自分に訊ねることではなく、「父よ、あなたの子である私はどのような結果を求めるべきなのですか?」と訊ねることなのです。 これが繋がる行為なのです。
「私はどのような結果が欲しいのだろう?」と自分だけに訊ねることは独立的な行動で、それはここで求められていることではありません。

だから、
[Without a clearcut, positive goal, set at the outset, the situation just seems to happen, the situation just seems to happen, and makes no sense until it has ALREADY happened. THEN you look back at it, and try to piece together what it must have meant. ]

{ここのポジティブなゴールは何ですか?と父に訊ねることによって}[明確でポジティブなゴール(目標)を初めに設定していないので、状況がただ襲い掛かって来ているように見え、その状況が終るまでその意味が解らないのです。物事(状況)が終ってしまって初めて、あなたはそれを振り返り、その意味(理由)が何だったか調べようとするのです。 ]

はじめに二つのステップを明確に行なわなかった場合[状況がただ襲い掛かって来ているように見え、その状況が終るまでその意味が解らないのです。]
そしてあなたはその状況の意味が何だったのか後から推測することになってしまうのです。
「このような意味があったに違いない。それは共和党か民主党のせいであったに違いない。それは強欲が悪かったに違いない。あれこれがその原因/責任であったに違いない。」
二つのステップが行なわれていなかったことが、この(混乱の)責任なのです。それだけなのです。 そこでは誰も「父よ、ここの真理は何ですか?」と訊ね聞いていなかったのです。

[. . . you look back at it, and try to piece together what it must have meant. And you will be WRONG. Not only is your judgment in the past, but you have no idea what SHOULD happen. No goal was set with which to bring the means in line. And now the only judgment left to make is whether or not the ego likes it; is it acceptable, or does it call for vengeance?]

[あなたはそれを振り返り、その意味(理由)が何だったか調べようとするのです。 そしてその時あなたが考え付いている理由は間違っているのです。
それ(あなたが考えた理由)は過去の判断であり、そしてあなたは何が起こるべきだったかさえも知らないのです。(何故なら)初めにゴールが設定されておらず、それによって方法を定めることがされていなかったのだから。
だからここで出来る唯一の判断は、エゴがそれを気に入っているか(それともエゴが復讐を求めているか)どうかだけなのです。]

この質問だけが、事態が終った後に(あなたが)エゴに向かって問えることなのです。

[The absence of a criterion for outcome, set IN ADVANCE, makes understanding doubtful and evaluation impossible.]
[あらかじめ結果に対する判断基準を決めていなかったことが、理解を難しくしており、評価を不可能にしているのです。]

二つのステップを行って(精霊に訊ね聞いて)「結果に対する判断基準」をあらかじめ決めておかなかったことが、理解を難しくしており、評価を不可能にしているのです。
もしあなたがあらかじめ二つのステップを行なったなら(あなたが精霊か父かガイドに訊ね聞いていたなら)それが理解を明確にし評価を可能にするのです。

[The value of deciding in advance what you WANT to happen . . .what the Father discloses to you that you want to happen . .is simply that you will perceive the situation as a means to MAKE it happen.] 

[あなたが求めている出来事{あなたが求めるべきこととして父があなたに示したこと}を(それが起こる前に)あらかじめ決めておくことの価値は「そうすることによりあなたは(それ以降に発生する)事態/状況をそれを(あなたの父が求めている出来事を)発生させる方法として知覚認識する」ということです。]

販売促進の仕事でアフリカに送られた二人の靴のセールスマンの話を私は以前しましたね。 (これはまだ靴がアフリカに普及していなかった時代の話です。)
彼等がアフリカに赴任してから三ヶ月経った時点で、一人のセールスマンは全く業績が上がっておらず、靴は一足も売れていませんでした。
彼を派遣した会社が「何が問題なのですか?」と訊ねました。
するとそのセールスマンは「それはハッキリしてます。ここでは誰も靴を履いていないのです。何が期待出来るというのでしょうか?」と言いました。これがこの人の得た意味/結果です。

もう一人のセールスマンは非常に優秀な販売成績を上げていました。
そして会社側が彼に尋ねます。「どうしてこのような販売が出来たのですか?」
すると彼が答えました。「それはハッキリしています。ここでは誰も靴を履いていないのです。」

このお話しを実際に起こった出来事として受け取ってもあまり意味はありません。
これは特定のアイディアを表現している例え話なのです。
初めのセールスマンは二つのステップを行わずに状況へ入って行ったのです。
そして自分の最上の判断と今までの体験を使って状況を判断したのです。
彼は「オオ、この人達は裸足で歩く習慣があるのだ。彼等にとっては裸足で歩くことに意味があるのだ。 彼等はこれでグラウンディングしており、母なる大地とこうして繋がっているのだ。このような条件を覆すことは不可能だ。」などと考えた訳です。 

この人は二つのステップは行なわず、自分の最上の判断を聞いていたのです。
その時彼は何を聞いていたのでしょう(何に訊ねていたのでしょう)? 
彼は怖れの声を聞いていたのです。
彼は真理の声は聞いていなかったのです。
彼は、何も神聖なものと繋がっていない自分を、状況内で聖なる目的を探していない彼自身を、自分の孤児的マインドを、聞いていたのです。
もう一人のセールスマンは二つのステップを行って「ここでは誰も靴を履いていない。ここに発見のチャンスがあり、人々がまだ知らないもの(彼等にも得られるもの、彼等が求めるもの)を与えるチャンスがある」という真理を聞いたのです。

興味深いことに、この二人は両者とも「ここでは誰も靴を履いていない」という同じ答えを聞いたのです。
この答えが真理であったと言うことは可能でしょう。
しかし一人のセールスマンは怖れの声を通してこの真理を聞いたのです。だからそこでは実りと成就と意味深さを体験する方法が示されていなかったのです。
だから彼は意味の無い(実りの薄い)体験をしたのです。
だから(もし真理の声を聞いていたなら彼が靴を売ったであろう)アフリカの人々と彼との繋がり(関わり合い)もまた意味の無い体験になってしまったのですが、(もし真理の声を聞いていたなら)それ以外の体験が在り得たのです。

もう一人のセールスマンは精霊に訊ね聞きました。 彼は真理を聞き、真理の声を通して彼に聞こえた真理の中には「なにも上手く行かない。ここにはチャンスがない。」という障害が存在していませんでした。
だからこの二人の人達は異なった体験をしたのです。

[The value of deciding in advance what you WANT to happen is simply that you will perceive the situation as a means to MAKE it happen.]
[あなたが求めている出来事を(それが起こる前に)あらかじめ決めておくことの価値は「そうすることによりあなたは(それ以降に発生する)事態/状況をそれを(あなたが求めている出来事を)発生させる方法として知覚認識する」ということです。]

成功した方のセールスマンは、「自分には乗り越えるべき問題があると感じさせるネガティブな思考」を持つべき理由を発見しなかったのです。
彼は自分が提供し全ての人を祝福する機会をシンプルに発見したのです。

[You will therefore make every effort to overlook what interferes with the accomplishment of your objective, and concentrate on everything which helps you meet it.]
[これによりあなたは、ゴール(目的)の達成を邪魔するもの全てを無視することに全力を費やし、ゴールの達成を促進するすべてのことに集中するのです。]

二人の異なる人が、それぞれに異なった答えを真理として得る場合もあるでしょう。
しかしこのケースでは真理は同じ答えでした。
この同じ答え(真理)を真理の声から聞いたか、それとも怖れの声から聞いたか、その違いが二つの全く違った結果を生んだのです。
これを理解して下さい。

二つのステップを使うことで、
[It is quite noticeable that this approach has brought you closer to the Holy Spirit's sorting out of truth and falsity. The true becomes what can be used to meet the goal. The false becomes the useless from this point of view.]

[このアプローチ(手法)を使うことで、「精霊が真理と間違いを見分けている」方法にあなたが近づいていることが明白に解るでしょう。(このアプローチでは)「真理は」ゴールをもたらす為に使えるものになるのです。 そしてこの視点からは「間違い」は「無用なもの/無効なもの」になるのです。]

「ここでは誰も靴を履いていない」というアイディアは、父の視点と繋がっていない人によって間違いとして体験され、それは無効だった(そのアイディアは使いようがなかった)のです。
しかし同じ真理を見ていたもう一人の神の子(二つのステップを行なった神の子)にとっては、その真理が有用だったのです。

[The true becomes what can be used to meet the goal. The false becomes the useless from this point of view. The situation now has meaning, but only because the GOAL has made it meaningful. The goal of truth has further practical advantages. If the situation . . .. . . is used for truth and sanity, its outcome MUST be peace.]

[(このアプローチでは)真理はゴールをもたらす為に使えるものになるのです。 そしてこの視点からは「間違い」は「無用なもの/無効なもの」になるのです。このアプローチをとることにより状況に意味が与えられますが、それはゴールが状況に意味を与えたからなのです。これ以外にも真理のゴールには実際的な利点があります。もし状況が真理と正気の為に使われたなら、その結果は平和に違いないのです。]


[もし状況が真理と正気の為に使われたなら、その結果は平和に違いないのです。] これはどの様な状況にも当て嵌めることが出来るのです。(二つのステップを行なって)全ての状況を真理と正気の為に使うべきなのです。

あなたはどのようにして状況を真理と正気の為に使うのでしょうか?
あなた自身の最上の考え/判断を手放して、静かに成り、あなたの最上の判断/思考を超えて「ここの真理は何ですか?」と訊ねるのです。
その時あなたは(自分の正しいマインドでしかない)精霊に自分が尋ねていることを知っているのです。 あるいは「神の子であるあなたの当然の権利」をあなたの中で表現している父にあなたは訊ねているのです。

[If the situation is used for truth and sanity, its outcome MUST be peace. And this is quite apart from what the outcome IS.]
[もし状況が真理と正気の為に使われたなら、その結果は平和に違いないのです。そしてこれは結果がどうであるか(結果がどう見えるか)とは全く関係がないのです。]

つまり平和が基本的結果に成るのです。
そしてこれが(父の意志が表現されている証拠を示す)結果のグラウンドワーク(基礎)を築くのです。

[If peace is the condition of truth and sanity, and cannot be WITHOUT them, where peace is THEY must be.]
[もし平和が真理と正気の(絶対)条件で、真理と正気が無い限り平和が成立し得ないなら、平和が在る所には真理と正気が在るに違いなのです。]

だから、あなたが二つのステップを行なっている時、あなたが聖なる瞬間を持っている時、あなたは平和に成る意図を発揮しているのです。
そして二つのステップを行なって平和を体験することが一番強く求められているのは、何か非常事態が起こっていて平和を持つことが全く不可能に思われている時なのです。
その時そこではあなたの注意が求められているのです。(あなたはそう感じるのです。)
そこではあなたが個人的コントロールを発揮するように求められているのです。(あなたはそう感じるのです。)
「外側で(体として)」物理的に何かリアルなことをするように求められているのです。(少なくともあなたはそう感じるのです。)

しかし自分で何か行動することを求められているようにあなたが感じているその時こそ、あなたに本当に求められていることは、思考を黙らせて、自分の平和を選び、自分の独立を放棄して、怖れている心配している立場や自己感覚を放棄して、あなたの注意を直ちに父に向かわせ、父の視点を訊ねることなのです(あるいはあなたの正気でしかない精霊に「何が真理か」訊ねることなのです)。
「父の視点が何か?」訊ね、その視点から行動し始めるのです。父の視点があなたに与えた体験から行動し始めるのです。

状況があなたに行動を迫っている(事態が緊迫している)性急さと同じぐらい迅速に、あなたはこれをするべきなのです。
あなたは迅速に父に向かい合うべきなのです。 言い争うことで時間を浪費することなく。自分が直面している要求に関して怒ったり動転したりするのではなく。それらは成就の体験を遅らせてしまうだけです。

あなたは上手く働かないこと(それは思考や論理や「自分の権利を使って何者かに成る機会」を尊ぶことです。)を直ちに放棄して、訊ね聞くことを行なうのです。
思考や論理や自己主張を直ちに無視するのです。
(それらを)無視することは、容易なこと(手放すこと)なのです。
容易なことを直ちに行なって「父よ、ここの真理は何ですか?」と訊ねるのです。
このようにして、修正が必要とされている状況が「始めにゴールとして設定した目的」の為に使われるのです。
緊急事態が終ってから、神がどのようにしてあなたに偉大なレッスンを授けていたのか探すのではなく。 (緊急事態が始まり次第、あなたは精霊に訊ね聞くことにより、真理のゴールを設定するべきなのです。)

物事(状況)が終ってから神の意図を探しても、正しい答えは得られません。
それでは必要な答えが得られません。 
そのようにして得た答えは、もしかしたら無知の中に居るあなたを少し慰めるかもしれません。
しかしあなたはそのような無知の中に留まるべきではないのです。
そして無知から脱出する方法は、性急な状況の中でも「父よ、ここの真理は何ですか? 父よ、ここの目的は何ですか? 父よ、私は何を知るべきなのですか?」と直ぐに訊ねられるようになることなのです。
何故ならこのようにすることにより、あなたは何をするべきか知り、この状況がどのようにして修正の方法に変換出来るか知らされるのだから。
これを理解することが大切です。

[If you experience peace, it is because the truth has come to you, and you will see the outcome truly, for deception cannot prevail against you. And you will recognize the outcome BECAUSE you are at peace. Here again, you see the opposite of the ego's way of looking, for the ego believes the SITUATION brings the experience.]

[(従って)もしあなたが平和を体験しているなら、それはあなたのもとに真理がやって来たからなのです。そしてあなたは結果を正しく見るのです。 何故なら(真理を自分のゴールとして設定している)あなたが騙されることは不可能なのだから。そして(真理を自分のゴールとして設定している)あなたは平和の状態にあるので、この結果を認識するのです。
これもまたエゴの見方とは正反対のものなのです。何故ならエゴは状況が体験を発生させていると考えているから。]

そして状況が引き起こしている体験は、それがあなたを打ちのめした後でなくては理解出来ないものなのです。(という体験をエゴはあなたに与えるのです。)
一体どこに祝福があるのか一生懸命探さなくては見つからない状態にあなたを追い込んで、そうなってからはじめて理解を求め始めるのです。

だからあなたは(事態が収まる前に)「絶対違う!私は絶対それはしない」と言うべきなのです。
『これは正しい答えではなく、私はそこには利益や祝福を探さない。
私は、聖なる瞬間を実践しないことの中には祝福を探さない。
祝福を求めるなら私は聖なる瞬間を実践する必要がある。
状況(緊急事態)が「状態が落ち着くまであなたの平和はもたらされない。」と言い立てていてもそれは嘘っぱちなので、私は聖なる瞬間を実践して平和を求める。どのような言い立てがされていても、私は自分の平和を見つけるのだ。』
(そうあなたは言うべきなのです。)

[The Holy Spirit knows that the situation is as the goal determines it, and is experienced ACCORDING to the goal.]
[しかし精霊は「(実際には)ゴール(目標)として定められている通りの状況が起こっており、それがゴールに従って体験されているのだ」ということを知っているのです。]

だからここでも唯一の答えは「不当な要求がされた途端、事態があなたを慌てさせてしまった途端、あなたは自分の反応を止める必要がある」ということなのです。
状況に対する感情的反応/反発状態に留まってしまっては駄目なのです。
たとえ答えを求める余裕が無いと思っても、あなたは「父よ、ここの真理は何ですか?」と言って、自分の感情的反応(反感/反発/怖れ/怒り)は止めるのです。
自分の反応/反発をあえて沈めるのです。そして決意をもって「父よ、ここの真理は何ですか?」と言うのです。
「(私を呆然とさせている)この状況の原因に見えているものを呪う言葉ではなく、ここに癒やしをもたらす答えは何ですか?」と父に訊ねるのです。

これはとてもシンプルなのです。 余りにシンプルで、それ程多彩な表現は私には出来ません。
だから私は同じ言葉を繰り返しているだけに聞えるでしょう。
あなたは二つのステップをしなくてはいけません、二つのステップをしなくてはいけません。聖なる瞬間を持たなくてはいけません。
言い方は二つだけですが、これはシンプルな答えなので私はそれらを繰り返し言う必要があるのです。

立ち止まって少し考えてみなさい。 自分の人生を振り返ってみなさい。
あなたは沢山の色々な事態に遇って来ましたね?
その幾つかは非常事態で、幾つかはそれ程酷いことではなかったでしょう。
いずれにしろ、それは(非常事態は)あなたを脅し、卑小な自己だけで物事をコントロールして事態を解決しなくてはならないとあなたに思わせたはずです。
もしかしたらその時あなたは神に祈る必要を感じたかもしれません。

しかし私は下記のことをあなたに尋ねたいのです。
あなたは今でもここにおり、今夜私の話を聞いていますね?
であれば、あの酷い緊急事態はあなたを殺しはしなかった訳です。
だから、急がなくてはならない事態に見えていたとしても、5分だけ使って「父よ、ここの真理は何ですか?」と訊ねることが出来るのではないでしょうか。
もしかしたら丸一日反応 /反発を止めて、あなたの平和に留まり続けることが出来るのではないでしょうか。

例えば20年前に体験した緊急事態に関してあなたはまだ、立ち止まって「父よ、ここの真理は何ですか?」と訊ねていないかもしれません。
「あなたが盲腸を病んでいて、それを取り除かなければならなかったあの状況の真理は何だったのでしょう? あなたの虫垂(盲腸手術で取り除く部分)はまだ戻って来ていませんか?  その状況に対する癒やしをもうあなたは得ていますか?」
それらの事に関してまだ訊ね聞いていないなら、今そうしても良いではないですか。
それらの状況が起こっていた時に訊ね聞くことが出来たのですが、そう出来るとあなたは気付いていなかったかもしれません。 今あなたはそれらの事に関して訊ね聞くことも出来るのです。
あなたは20年前に起こった状況に関して聖なる瞬間を今持つことも出来るのです。 あなたは今、20年前の出来事に関して聖なる瞬間を持つことが出来るのです。

だからあなたが今日緊急事態に面していたなら、(事態に)反応することを無視することが出来るのです。 (緊急事態に脅されて)あなたの世界を逆さまにしてあなたのマインドをカオス状態にしてしまうことを拒否することが出来るのです。
あなたは怖れのマインドを黙らせることが出来るのです。
そしてあなたの静寂の中で父から真理を求めるのです。
「あなたの娘/息子としての私は、あなたが私に与えてくれた生得権を受け取っている私は、ここから何を求めるべきなのでしょうか? 私はここでどうあるべきなのでしょう? これは何の為なのですか?」と父に訊ねるのです。

(そしてあなた自身で考えている)あらゆるバックグラウンド情報は取り去って、無邪気に無垢に聞くのです。
あなたのマインドをまっさらな静けさに保って聞き続けたなら、あなたは平和が来ていることを感じ、(あなたの平和から分離し得ない)真理と正気が来ていることを感じるでしょう。
そしてあなたは答えを聞くのです。
そしてあなたは「行うべきこと」を知り、状況があなたに与えている方法が(その中で修正が起こり得る)サポーティブな(友好的)環境に成るのです。
これが真理なのです。

[If you experience peace, it is because the truth has come to you, and you will see the outcome truly, for deception cannot prevail against you.]

[(従って)もしあなたが平和を体験しているなら、それはあなたのもとに真理がやって来たからなのです。そしてあなたは結果を正しく見るのです。 何故なら(真理を自分のゴールとして設定している)あなたが騙されることは不可能なのだから。]

もしあなたが怖れの声を聞き続け独立し続けることを選んだなら、あなたはウソに取り囲まれ、それから逃れることが出来なくなってしまいます。
現時点では、自分のことを独立した存在として考える度に、あなたの人生の中ではウソが行なわれているのです。
兄弟姉妹の弱点を突き、操りを使用して成功を修め、自分をより高くすることが可能な独立的存在に成った積りでいるなら、あなたはウソを生きているのです。

[And] you will recognize the outcome BECAUSE you are at peace. Here again, you see the opposite of the ego's way of looking, for the ego believes the SITUATION brings the experience. The Holy Spirit knows that the situation is as the goal determines it, and is experienced ACCORDING to the goal.]

[そして(真理を自分のゴールとして設定している)あなたは平和の状態にあるので、この結果を認識するのです。
これもまたエゴの見方とは正反対のものなのです。
何故ならエゴは状況が体験を発生させていると考えているから。
しかし精霊は「(実際には)ゴール(目標)として定められている通りの状況が起こっており、それがゴールに従って体験されているのだ」ということを知っているのです。]

[The goal of truth requires faith.]
[真理のゴールには信心(信じる心)が必要なのです。]

あなたが(自分に可能だと自分で考えている)あらゆるコントロールを握りこんで事態を操作して自分を安全にしようとしてしまうのは、信心を使うことにあなたが馴れていないからです。
真理が何か知りたいと求め、それをあなたの最上の判断の外から聞こうとし、そこで聞えたことにコミットメント(決意/信頼)を与えて、それを基に行動すること。
あなたは上記のことに対して自分を投ずることには馴れていないのです。
あなたはこれには馴れていませんが、これが信心なのです。

[The goal of truth requires faith. Faith is implicit in the acceptance of the Holy Spirit's purpose, and this faith is all-inclusive. Where the goal of truth is set, there faith MUST be.]

[真理のゴールには信心(信じる心)が必要なのです。
精霊の目的を受け入れるためには信心が必要不可欠なのです。
そして信心とは、全てを内包した総括的なものなのです。
真理のゴールが設定されている所には信心も在るに違いないのです。]

(全ての、そして慌ててしまう様な)状況に面している時のあなたのゴールは何であるべきなのでしょうか? あなたのゴールは「真理が何か、神のまっすぐな真理は何か発見すること」です。 

[The Holy Spirit sees the situation as a WHOLE. The goal establishes the fact that everyone involved in it will play his part in its accomplishment.]

[精霊は状況全体を一つのまとまりとして眺めています。これに関わっている全員がその役目を達成するという事実を、ゴールが確立しているのです。]

解りますか? あなたが一人だけの時、あなたが独立的に物事を行なっている時{そのようにあなたが見て考えている時}、あなたは他の人達のことも独立的存在として見ているのです。
その時あなたは、全ての人達が(あなたと全く同様に)自己中心的に傲岸に意地悪に振舞って他者を虐げていることを見るのです。
それではあなたは信頼を感じることが出来ません。その状態(環境)では信頼する理由が見つかりません。
しかしあなたが訊ね聞いて真理のゴールがあなたに示されたなら、あなたは自分の平和と真理と正気が自分の意識の中に住んでいることを見つけるのです。
するとあなたは、その状況に関わっている全員がそれぞれの役割を果たすことを見るのです。
(精霊に訊ね聞いて真理のゴールを見つけた)あなたは、父の意志/意図を実らせることに対する役割をそれぞれの人達が果たすことを見るのです。
そしてあなたは沢山の靴を売り上げるのです{神の果実が沢山実ることを見るのです}。

[This is inevitable. No-one will fail in anything. This seems to ask for faith beyond you, and beyond what you can give.]
[これは避け得ようのないことです。 失敗する人は誰も居ないのです。これは「あなたの信心」以上そして「あなたに与えられること」以上を求めているように見えます。]

これは素晴らしいことではないですか?
はじめのセールスマンは「あなたを超えた信心を持たなくてはいけません? 自分を超えた信心なんか持てる筈がないでしょう。」と言ってしまうのです。 何故なら、彼は自分が誰か知らないから。

もう一人のセールスマンは自分が神の子だと知っており、「あなたはあなたを超えた信心を持たなくてはならないのです」と聞いて「ええ、解ってますよ。それは素晴らしい。勿論イエスです。私は常にそれ(自分を超えた信心)に譲っています。」と言うのです。
だから、その状況を見ている人の視点によって、同じ真理が逆境として体験されたり順風として体験されたりするのです。

[This seems to ask for faith beyond you, and beyond what you can give.]
[これは「あなたの信心」以上そして「あなたに与えられること」以上を求めているように見えます。]

つまりあなたはこれを読んで、自分が持っているとはまだあなたが考えていない度量に対する確約として受け取ることが出来るのです。
「オオ、ラジが言っていることを信じよう。 それは私を超えた信心、私に与えられることを超えた信心を求めている。 つまりこれは、私がそのような度量(自分を超えた信心/自分を超える信心)を持っているという意味に違いない。」
この度量に関する認識を受け取れるよう、私は喜んで注意を払い続けよう。
それ(自分を超えた信心の度量)が感じられるように、それと一つに成れるように、その体験の中でそれに逆らうことが無いように。
これが良き知らせであり、これが良き反応なのです。

[Yet this is so only from the viewpoint of the ego, this is so only from the viewpoint of the ego, for the ego believes in "solving" conflict . . .]
[しかしこれはエゴの視点からそう見えるだけなのです。何故ならエゴは分離する(切り分ける)ことにより闘争/矛盾を解決出来ると信じており、]

つまり(あなたと他者を祝福する答えを引き出そうとする)あなたの独立的能力(自分を高めクリアに論理的に思考すること)で闘争/矛盾が解決出来るとあなたは信じていたのです。

[. . . the ego believes in "solving" conflict through fragmentation, . .]
[何故ならエゴは分離する(切り分ける)ことにより闘争/矛盾を解決出来ると信じており、]

繋がることではなく、独立し続けること、分離し、(あなたから分離して離れている他の人達から)離れていることを通して、闘争/矛盾/問題が解決出来るとエゴは信じているのです。

[. . . and does NOT perceive the situation as a whole.]
[状況全体を一つのものとして知覚認識することがないからです。]

もしあなたが自分の平和を選び、その中に留まって、精霊を招待し、「真理の認識、そして真理体験の中で神の子が感じている体験」を精霊が持ち込むことをあなたが許可したなら、神の子はもう独立存在としては見られなくなり(存在しなくなり)、神の子が他者(他の神の子)を独立存在として見ることもなくなります。
そうではなく、あなたは自分を含めた全員を全体の文脈(視点)から見るように成るのです。

(その中で全ての神の子に確実なリアリティ体験が与えられており、そこには脅威や分離や侵害性がない)創造という表現の中の父の意図の視点から全てが見られるようになるのです。
創造は、全てがその無限の中に統合されているひとつの全体としてそれ自身を見ているのです。

[Therefore, the ego,… which does not perceive the situation as a whole . . .seeks to split off segments of the situation and deal with them SEPARATELY, for it has faith in separation, and not in wholeness.]
[だから{状況を全体的に(全体として)知覚していない}エゴは、状況を細かく切り分けて、その一つ一つにバラバラに対処しようとするのです。何故ならエゴは分離に信心を与えており、全体には信心を与えていないから。]

これは重要なことです。
特に異なる要素(人物/派閥/グループ)が関わっている状況がこれに該当します。
(例えば議会のように)他グループから分離して行動し物事を起こすことが出来る複数の要素/人物が関わっている状況がこれに該当します。
(誰かに操作され影響されてしまい、必要なことがないがしろにされている)党派が存在している上院やその他の政府機関など(がありそれが問題を悪化させている)。
何故ならそこでは全員が異なる形の攻撃/強要に踊らされており、どのようなコントロールの蛸足が働いているか解らない。
{エゴはその様に見て考えて分析し解決を求め対処しようとするのです。}

[. . . the ego believes in "solving" conflict through fragmentation, and does NOT perceive the situation as a whole. Therefore, seeks to split off segments of the situation and deal with them SEPARATELY, for it has faith in separation, and not in wholeness.]

[エゴは分離する(切り分ける)ことにより闘争/矛盾を解決出来ると信じており、状況全体を一つのものとして知覚認識することがないからです。だからエゴは状況を細かく切り分けて、その一つ一つにバラバラに対処しようとするのです。何故ならエゴは分離に信心を与えており、全体には信心を与えていないから。]

そしてあなた個人も全く同じことをしているのです。
そしてあなたはファミリーの一部をファミリーの他の一部と戦わせて、彼等(ファミリーの一部)をポジティブな方向に向かわせようとするのです。
しかしそれは操りで、そのようにして問題を解決する方法をとっても、それは合一(unity/一体性)を伝達してはいないのです。 それは(基本的/原則的なものである)ファミリー全体の価値を伝えてはいないのです。

わたし達は「赦しの実践」と題されたセクションを読んでいます。
状況の修正(癒やし)は無限の合一からしかもたらされないという認識が赦しの実践には不可欠なのです。
「無限の合一」とは、あなた達が使っている党派の統一、(あなた達がそれらを使って、自分達が求めているものを得ようとしている)党派/分派が統一されることなのです。
これ(党派/分離から利益を求めること)をあなたは意識的に手放さなくてはいけないのです。
あなたが聖なる瞬間に関わっている時、そこで真理を知りたいと欲している時、その時あなたに聞えている真理を使って「人々を操ったり特定のことをさせることは出来ない」と理解してください。

あなたは真理が何か知っていますか?
それはあなたのハートに愛の現われが訪れ、それが抱擁し統合することなのです。
何故なら愛の現われの中には独立独尊の余地は無く、党派(分派)の余地は無く、細分化に価値があるように見えたり、分離が有用に見えたりする余地は無いのだから。

これが今夜のメッセージです。
これが(今晩の話の)全てを要約しています。だからここで一旦話を止めて休みましょう。
次回お会い出来ることを楽しみにしています。

I love you all.


A Course In Miracles (reference pages)
Chapter 17 – Section: PRACTICAL FORGIVENESS
1 Sparkly Book – p.416, 2nd Full Par./JCIM – p.174, Par. 6/CIMS – p. 350, Par. 59
Chapter 17 – Section: SETTING THE GOAL
First Edition – p. 341, 2nd Full Par./Second Edition – p.366, Par. 3

「Northwest Foundation for A Course In Miracles」の行動は全て無料で提供されています。 これは無条件に差し伸べられた愛によって実施されています。 ギフトとはその様なものだから。 あなたと同等の方が既にこのギフトをあなたに差し出したので、これらの資料があなたに提示されています。 Raj の指示により、これらの資料が売買される事はありません。 
この機関「Northwest Foundation for A Course In Miracles」へ募金される場合、下記のWEBサイトを通して行なうか、あるいは下記の住所に郵送して下さい。

A Course in Miracles Study Group with Raj, August 27th 2011
© by The Northwest Foundation for “A Course in Miracles” a non-profit corporation.
All rights reserved
PO Box 1490 / Kingston, WA 98346-1490 / USA
Phone: 360-638-0530 Fax: 360-881-0071
Website: http://www.nwffacim.org
E-Mail: paul@nwffacim.org

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

ACIM11-08-20

新しいセクションに入ります。

[PRACTICAL FORGIVENESS1]
[赦しの実践]

[The practical application of the Holy Spirit’s purpose is extremely simple, . .]
[精霊の目的を実行することはとてもシンプルで(す。)]

精霊の目的とは何でしょうか?

あなたがコースを読んでいて、下記のような文章を目にした時、
[精霊の目的を実行することはとてもシンプルで(す。)]

あなたは「これらの言葉の意味を理解する能力が自分にはない」と考えるべきではありません。
つまり私が言いたいことは、この様な文章を目にした時あなた達はその説明を見つけようとして続きを読み続けてしまいます。
そのように考え行動している時あなたは「自分が(神が自身の全てをその中に体現している)神の子であるという事実」を自身に思い出させることは何一つしていないのです。
神は全能です。 全能とは全てを知っているということであり。 あなたも、あなたも、あなたも、あなたも、そしてあなたもそう(全能)なのです。

この本(ア・コース・イン・ミラクルズ)を読むことは、知識を自分の中に詰め込んで自分を全能にしようとする試みではないのです。
これは、あなた達の中に本来すでに備わっている「全てのことを知る能力」をあなたに暴き示す方法なのです。 だからあなたが上記のような文章を読んだ時、その説明を求めてそのまま読み進めてしまうのではなく、立ち止まって「父よ(あるいは精霊よ)、ここのこの意味は何ですか?」と訊ねるべきなのです。

(あなたもご存知のように)ヘレン・シャックマンが私を聞いていた人で、私が彼女に話しかけていたのです。
彼女は与えられた言葉を書き留めて行きました。
彼女はこれをしようと前もって決意したいたのですが、しかし、ここで読むのを止めて静かに成って「ここの真理は何ですか?」と訊ね答えを聞こうとしているあなたと比べて彼女の方がより準備が整っていた訳ではありません。

下記が私の言おうとしていることです。
彼女が(あなたが望んでも得られないような)偉大なギフトを得たいたり、(あなたには出来ないような)偉大な役割を持っていた訳ではないのです。
そこで必要とされていたのは技能ではなく、真摯に謙虚に聞くことだったのです。
謙虚に「二つのステップ」を実践することが必要なのです。

では精霊の役目とは何でしょうか?それはシンプルなものです。
精霊とは(あなたがエゴと戯れている間預けられている)あなたの正しいマインド(正気)でしかないので、それは「あなたが自分の為に作ったエゴの定義」の外にあるその他の「あなた」なのです。
だから精霊の目的とは「お父さん、私は自分の為に自分で決断/選択をします。私はこれ以上あなたには依存しないことにしました。私は決定権を持った独立存在に成りたいです。」と言ったこの小さな馬鹿者を(自分の中に)再統合することなのです。

精霊の目的とは(エゴとしてのあなたが行なった)この決定/選択を取り消すことなのです。
(あなたには越えることの出来ない、あなたにはその外に行くことは出来ない)あなたの存在の正気の目的がこれなのです。
精霊は、あなたのパーソナルな傲岸以外のものがあなたに届くように、あなたをリラックスさせ、あなたの自己主張を減らし、十分謙虚にさせようとするのです。

精霊の目的とはあなたをあなたの正しいマインド(正気)に戻すことなのです。
ここに現れている驚異的美しさは、あなた自身の正気があなたの正気を受け入れてあなたが正気に戻るようあなたを催促している、ということなのです。

だから「何か」の中に寄り掛かるよう求められた時、あなたの目覚めのプロセス(途上)でそれを完全に信用するよう求められた時、その時あなたが依存しようとしているものが「あなた」でしかないと、あなたの「自己」でしかないと、あなたの聖なる「自己」でしかないと、あなたの聖なる「存在」でしかないと知っていて、だからその全行程は叡智的な統合の体験でしかない、それは望むべきことでそれを信頼することが出来ると信じられるが故に、完璧な信心と決意をもってそれ(譲ること)が行なえるようになるのです。

だから、
[精霊の目的を実行することはとてもシンプルで(す。)]


精霊の目的の実際的応用とは何でしょうか?
それは「二つのステップ」つまり聖なる瞬間なのです。
これが精霊の目的を実践的にしたものなのです。
わたし達はこれを「ラジカルな理想主義を実際的実用主義に転換(翻訳)すること」と言ってきました。 

では精霊の目的が達成される方法とは何でしょうか?
その方法が「赦し」なのです。 シンプルでしょう。
それは赦しなのです。 それはあなたが「父」に寄り掛かって彼(神)の中に入ること、真理を知りたいと望んで精霊の中に入って行くことなのです。
何故あなたはそうするのでしょうか?
それは真理を知ってあなたが幻想(ウソ)を放棄出来るように成る為です。
それは世界/生命/創造を決める試みの中で(そうすることによってあなた自身を何者かにしようとした試みの中で)あなた達が作った誤認識を手放す為です。
真理を知りたいと求めることが「二つのステップ」の基盤で、これが聖なる瞬間を実践する方法なのです。

だから、
[The practical application of the Holy Spirit's purpose is extremely simple, but it IS unequivocal.]
[精霊の目的を実行することはとてもシンプルで、そして絶対的なものです。]

つまりこれは択一(複数の可能性から一つを選ぶこと)ではなく、白か黒かハッキリしているのです。これは「存在しているか、存在していないか」という位ハッキリしたものなのです。
しかしこれはより一層絶対的なものなのです。
真理は真理なのです。 リアリティはリアリティでその他の可能性は無いです。

[精霊の目的を実行することはとてもシンプルで、そして絶対的なものです。]
それは常に赦すことでしかないのです。 それは常に真実だけを知ることなのです。

[In fact, in order to be simple it MUST be unequivocal. The simple is merely what is easily understood, and for this it is apparent that it must be clear.]
[実際のところ、シンプルである為に、これは絶対的でなければならないのです。シンプルとは簡単に理解出来るということです。だからこれはクリア(明快)なのです。]

さてあなたは何を理解するのでしょうか?
あなたは真理を理解するのです。
あなたはどのようにして何が真理か発見し、それをクリアなものにするのでしょうか?
その為にあなたは思考を止めるのです。 あなたは自分で物事を理解しそれを決めることを放棄するのです。

あなたは(自分で物事を決め付けることを)躊躇して、自分の最上の思考にこだわり続けることを止め、あなたが自分と呼んでいるものの外にいる「何か」に「ここの真理は何ですか?」と訊ねるのです。

[The setting of the Holy Spirit's goal is general.]
[精霊のゴールは抽象的(総括的)なものとして設定されています。]

つまり精霊の赦しはGeneral(総括的/抽象的/一般的)なのです。
「赦し」とはとても抽象的な言葉です。 
それは一体何に対する赦しなのでしょうか?
ここでわたし達はより特定のことを話し始めるのです。
目覚める為には、精霊がそのゴールを達成してあなたを正気に戻すことを許す為には、あなたは全く新しい基盤から働き始める必要があるのです。
あなたは自分の最上の考え/論理/理由付けの外にある基準から働き始める必要があるのです。
赦しの仔細(実際)は、あなたが聞くこと(自分のガイドと向き合うこと)から来るのです。 そうするまであなたは自分が何をするべきか知らないのです。
そうするまであなたは(自分が行なうべき)赦しの特定の方法がどのようなものになるか解らないのです。
だから、
[精霊のゴールは抽象的(総括的)なものとして設定されています。]

もう一度お聞きします。 このゴールとは何でしょうか?
ゴールは真理を知ることです。 何故なら「真理を知ること」によって、あなたは自分の間違った定義群と操りの行動を手放すことになるのだから。(自分だけで行動していると考えている時あなたは間違った定義群と操りの行動を行なっているのです。)

だから、
[The setting of the Holy Spirit's goal is general. Now He will work with you to make it specific.]
[精霊のゴールは総括的(抽象的)なものとして設定されています。彼(精霊)はあなたと協力して、これ(ゴール/目標)をよりハッキリさせ特定の実際的ものにするのです。] 

コースを学んでいる人達は上記の文章を読んで「赦しがゴールだ」と理解し、
そして自分を裁き始め、今まで自分が人々に対して行なった全ての愛のない不親切な行動/思考を探し出し、それらを正そうとします。
しかしそうしている間も、あなたは自分の兄弟姉妹(あるいは世界)に対する否定的な定義を作っていた時と全く同じ働き(動き)を続けているのです。

あなたは時に世界と兄弟姉妹に対するネガティブな評価を作り、次の瞬間にはポジティブな評価や赦しの思考や親切な考えや愛ある考えを作っているのです。
しかしこうしている間、あなたは自分一人だけで(精霊と繋がらずに)これらのことをしており、だから要点を取り逃がしているのです。

その時あなたは「父よ、(あるいは精霊よ、)私の兄弟に関する真理は何ですか? 彼の間違いや欠点に関する真理ではなく、彼が何故あのように奇妙な振舞いをしているのかに関する真理ではなく、彼に関する神の正直な真理は何ですか? 父は彼をどの様に見ているのですか? 彼自身に対する彼の貧しい自己定義とは関係ない、彼に対する私の貧しい定義とは関係ない、彼の本当の真理は何ですか?」と言って赦していたのではないのです。
しかしこのように言うことが真理を知りたいと求めることなのです。
これが変容をもたらすこと、真理を知りたいと求めることなのです。
赦しは、これだけシンプルなことなのです。 これだけ白黒ハッキリした実際的なことなのです。 これは絶対的なのです。

[彼(精霊)はあなたと協力して、これ(ゴール/目標)をよりハッキリさせ特定の実際的ものにするのです。] 
精霊は(精霊に譲ろうという)あなたの協力を得て、精霊の抽象的なゴールをより明確で実際的な特定のものにするのです。

[There are certain very specific guidelines He provides for any situation, but remember that you do not yet realize their universal application. Therefore, it is essential, at this point, to use them in each situation separately, until you can more safely look BEYOND each situation, in an understanding far broader than you now possess.]
[彼(精霊)は全ての状況に対してとても特定の実際的なガイドライン(指示)を与えます。 そしてあなたはまだそれ(精霊のゴール)が全てに当て嵌まることを理解していません。だから(あなたがそれぞれの状況の先まで見通せるようになるまで、あなたの今の理解よりも広い視点が得られるまで)現時点ではそれら(各ガイドライン)はそれぞれの状況に個別に当て嵌めるべきなのです。]

あなたは古い性癖を破ろうとしているのです。
自己統治的/自己コントロール的マインドを放棄しようとしている時、あなたは固く根を張っている習癖を、長く続いて来た習癖を放棄しようとしているのです。
何が神の聖なる子にとってナチュラルでノーマルか、あなたにはまだ解っていないのです。
そして物事の全貌を見ることはあなたにはまだ出来ていないのです。
だからあなたは、それぞれの場面で自分を精霊にガイド(先導)させなくてはいけないのです。

これがあなたと父の(あなたと精霊の)アクティブな関係の設立を助けるのです。何故ならそれぞれの瞬間にあなたは「ここでは何が真理なのですか? 私は何を知るべきなのですか? 私はこの事に関してどの様なアプローチをすれば良いのですか?」と(父あるいは精霊に)訊ねる必要があるのだから。
あなたは全ての事柄に関してその真理を訊ね求める必要があるのです。

エエ、この指示に従えば、全ての細々したことに関して訊ねなければいけないので、あなたは馬鹿げた心持に成ってしまうかもしれません。
しかしあなたは真理を知りたいと求めているのです。 真理があなたの幻想からあなたを解き放つので、あなたは真理を知りたいと求めているのです。
そしてあなたが自分の幻想から自由に成った時、あなたの正しいマインドがあなたの前に現れるのです。 その中であなたが全てを体験している場所として、あなたの正しいマインドが現れ、あなたは正気に返るのです。
あなた達にとってまだ明確になっていないのは、これらの小さなステップをしている時、全ての事に対して「ここの真理が何か? ここの真理は何か? 私はここで何を知る必要があるのか?」とあなたが訊ねている時、初めの内あなたは自分が人生の中の特定の状況に注意を払っていると考えているのですが、特定の状況に関する真理をあなたが理解している時そこには宇宙的な側面(繋がり)が実際にあるのです。 このことに関してあなた達はまだ全く理解していません。

神は全知なだけでなく(つまりあなた達は全知であるだけでなく)、遍在しているのです。 だからあなた達もまた遍在しているのです。
しかしあなたが日々を過ごしている時、自分のことをとても小さく感じ、自分の遍在に関して何の感覚を持っておらず、大きなスケールでの繋がりを感じることが出来ていないのです。

しかし現在世界の中であなた達は人々全員が繋がっていることを発見しつつあります。お互いと全く関係のない独立存在が住んでいる球体の中に自分達が居る訳ではないとあなた達は発見し始めています。
あなた達は内的繋がり(全員の合一)に対する完全な気付きを得始めています。
自分達を居心地悪くさせてしまう程に、あなた達はこれを意識し始めているのです。

しかしこれは祝福なのです。何故なら、あなたやあなたの国が独立しており他の全てから完全に分離していると考える能力を失っているなら、そのように信じる能力をあなたが失いつつあるなら、あなたは「合一意識(unity consciousness)」と呼べるものをクリアに体験し出しているのだから。

しかし目覚めのプロセスの中で、国として州として市として団体として、あるいはあなたのエゴとして自治独立していることを放棄する必要があるのです。だからこれは居心地が悪いのです。

そして自分が今まで信じては来なかった「何か」を認めてそれに譲らなければいけないことをあなた達は発見しつつあるのです。

例えあなた達が自分達は自分の国だけ州だけ市だけに住んでいると考えており、あなたはあなただけのことをしており、他の人々も彼らだけのことをしており、誰も(お互いの間の)繋がりを感じていないと考えて来たにしても、実際にはこれ(世界が一つの繋がったものである)が事実なのです。そして世界を本当に動かしてきた者達はこれを昔から知っていたのです。
断ち切ることは不可能な繋がりが感じられるように成るのです。 「一つの場所で起こったことは全ての人達に対して起こっていること」を示している繋がりが感じられるようになるのです。

これは素晴らしい目覚めです。
他の人達の問題が自分の問題でもあるとあなた達が発見したなら、そして地球の反対側の人々の行動が自分達にも直接影響していることを発見したなら、その時あなた達は原則を学んだのです。 素晴らしい実践的な原則を学んだのです。
そして全てが関係し合い繋がり合っているので、誰かが答えを得てその影響が世界中に広がり全ての人々を祝福するのです。
全ての人に(あなたに)その能力があり、そして誰かが(あなたが)ある意味でその責任を負っているのです。

全ての人達が「ひとつ」で、一人の人に起こったことは全ての人に起こったことで、一人の人が誰かにしたことは全ての人に対してなされたことを、あなた達は体験しており腹の底から感じられるように成って来ているのです。
人々がどれだけ酷く振舞っていて、それがどれだけ大きな問題をあなたに与えているか(何故ならあなたはそれに対処しなくてはならないのだから)、ということに関して腹を立てて傲慢に怒り続けることは賢くありません。
何故ならあなたには役目があるのだから。
あなたの素晴らしい役目は「父よ、ここの真理は何ですか?」と訊ねることなのです。
あなたの役目は二つのステップを行い、それによってあなたが答えで満たされ、それによって問題が消滅し(あるいは解消され)その問題を作っていたマインドが修正されるようにすることなのです。
解りましたか?

あなた達全員がネガティブな考えや無思量にこれ程直接影響され得るのなら、あなた達全員は二つのステップを実践している者達からポジティブな影響も受けているに違いないのです。
これが赦しの実践なのです。毎日の日常に関する赦しの実行なのです。
今まで読んだことがない文章をACIM(奇跡のコース)の中から読んだ時、それより先に読み進むことなくその文章を理解することが出来るのならば(何故ならあなたには尋ねることが出来るから、二つのステップを行い「父よ、これはどういう意味なのですか? 精霊よ、これはどんな意味を持っているのですか?」と訊ねて答えが得られるのだから)、あなたはそれをここ(自分の日常の中)で行うことも出来るのです。
あなたはそれを(神/精霊に訊ねることを)、今日世界の中で起こっていることに関して行なうことが出来るのです。 世界の経済状況やその他のジレンマに関して、あなたにはこれを行なうことが出来るのです。

だから今こそ赦しの実践を行なうべきなのです。
赦しとは何でしょうか?
それは「オオ、私はあなたを愛しています。 あなたは素晴らしい。あなたが何をしようとも、私はあなたを受け入れます。」と言うことではないのです。
何故ならそう言うだけでは修正(光明)は起こらないかもしれないから。

あなたが対面している人の中で「その人はそのように振舞い続ける必要がない。 何故ならその人は自分で考えている様な(あなたが考えている様な)惨めな必滅者ではないのだから。」という認識を照らし出すことが必要なのです。
その人と対峙している時あなたが「ここの真理は何ですか?」と訊ね聞いて、その時得た真理をあなたが反射してその人に与え、するとその人は知覚認識の瞬間的シフトが体験出来るのです。
これがコース(奇跡講座)の中に書かれている奇跡なのです。

[In any situation in which you are uncertain, the first thing to consider, very simply, is, "What do I want to come of this? What is it FOR?" The clarification of the goal belongs at the BEGINNING, for it is this which will determine the outcome. ]
[あなたを悩ませている全ての状況内ではまず一番初めに「ここで私は何を望んでいるのだろう? これは何の為なのだろう?」という質問を考慮するべきなのです。]

あなたが「私はここで何を求めているのだろう?」と言って考慮した時、あなたは「ここの真理は何なのだろう? 私はここで真理を求めている。」と訊ねているのです。
「ここの真理は何でしょう? 私は自分の想像/幻想は求めていません。私は評論家達の言っている事や(テレビや新聞で)私が読んだり聞いたりしていること(他者の評価)は求めていません。私はここの真理が何か知りたいのです。 私はそれを「知っている者」から知りたいのです。 私は真理を精霊から知りたいのです。だから私にとってこれを聞くことの方が(精霊から真理を聞くことの方が)、広く喧伝されている全ての意見を聞くよりも大切なのです。以前なら私は彼等(テレビ/新聞/世間)を聞き入れていました。しかし今私は自分の中の精霊を聞いています。私は、誰かの無知な意見に対して鋭い反証が与えられるように、これをしているのではありません。
兄弟姉妹(あるいは私の直面している状態)の神々しさ(神の性質)に通じている(内通している)私が発見出来るように。 ここの真理と私が内通し、(私の怖れや裁きやエゴに満ちた意見ではなく)真理を引き出すことに注意が払えるように(その為に私は精霊に尋ね聞いているのです)。」
(あなたはこのように在るべきなのです。)

[The clarification of the goal belongs at the BEGINNING, for it is this which will determine the outcome. ]
[一番初めにゴールを明確にするべきなのです。 何故なら、これが(明確に理解されているゴールが){あなたが体験する}結果を決めるのだから。]

そしてゴールは赦しなのです。
しかしより正確には、真理を知るための赦しなのです。
「あなたは真理を知り、その真理があなたを自由にするでしょう。」
“Ye shall know the truth and the truth shall make you free2”
あなたが知りたいと求めた真理があなたを自由にするのです。

あなたのゴールは真理を知ることなのです。
何故なら、真理を知った時(真理を知る課程で)あなたは兄弟姉妹への意地悪で偏狭な裁き(評価)を放棄するのだから。
(現在)あなたは兄弟姉妹への意地悪で偏狭な裁き(評価)を使って彼等をコントロールしているのです。 
あなたには「自分が誰か」解っておらず、だからあなたは怖れているのです。 あなたには「あなたの父が誰か」解っていないので、あなたは自分を無防備に感じているのです。 だからあなたは兄弟姉妹に低い評価(裁き)を与え彼等をコントロールしようとしてしまうのです。
だからあなたは悪い振舞い(無慈悲な行動)をしてしまうのです。


[In the ego's procedure, this is reversed. The SITUATION . . .]
[しかしエゴのプロセスはこの逆なのです。]
エゴは「ここの目的は何ですか? ゴールは何ですか?」とは訊ねないのです。

[The SITUATION itself becomes the determiner of the outcome, which can be anything.]
[(エゴのプロセスの中では)状況(それはどのようなものでも在り得るのです)が結果を決定しているのです。]
「まあ何とかこれをやり過ごそう。 これが終ったなら、何が実際に起こったのか解るだろう。 これが終るまで我慢しよう。」というわけです。

[The SITUATION [itself] becomes the determiner of the outcome, which can be anything. The reason for this disorganized approach is evident. The ego does not know what it WANTS to come of it.]
[(エゴのプロセスの中では)状況(それはどのようなものでも在り得るのです)が結果を決定しているのです。この様な乱雑なアプローチ(手法)が行なわれる理由は明白です。エゴには自分が何を求めているか解らないのです。]

エゴには(状況から)求めているゴールは無いのです。

[It is aware of what it does NOT want, but only that. It has no positive goal at all.]
[エゴにわかるのは「それが何を求めていないか」だけなのです。エゴはポジティブなゴールは持っていないのです。]

エゴは何を求めていないのでしょうか(何を拒否しているのでしょうか)?
エゴは「あなたが誰か」あなたに思い出して欲しくないのです。
エゴはあなたに自分の神聖を急に発見する方向には全く進んで欲しくないのです。
何故ならそれが起こった途端、エゴに対するあなたの信心が失われ、あなたに対するエゴのコントロールが失われるから。
エゴに解っているのはこのことだけなのです。
エゴに解るのは「自分が何を求めていないか」だけなのです。

これが邪悪の定義なのです。
あなたの神聖(「あなたで在るもの」に対するあなたの生得権)に対してあなたを無知なままにしておこうと意図しているものが邪悪なのです。
それは兄弟姉妹に対する神聖をあなたに認識して欲しくも無いのです。
だからあなたは自分の兄弟姉妹をネガティブに評価しているのです(自分の兄弟姉妹に不満を抱いているのです)。
兄弟姉妹の神聖に対するあなたの理解の中に、あなたの神聖に対する理解が(それらは分離することなく同時に)存在しているのです。

さてこれはあなたの為に精霊が持っているゴールのより広いアイディア(その宇宙的性質)を示しています。
何故ならこれは「あなたが誰か/自分が誰か」あなたが思い出すことだけではなく、あなたの兄弟姉妹が本当は誰なのか(何なのか)思い出し、それを認識することで兄弟姉妹を(そしてあなたの関係を)癒やすことだからです。
だから「これは自分に関することだ」とあなたが考えていたことが必然的に「あなたと他の人に関すること」に成るのです

さて今晩はここまでにしましょう。
次の箇所に取り掛かる前に少し時間を置きましょう。
これはシンプルなことなのですが、複雑に見えてしまうかもしれません。
今週はわたし達が今晩読んだことと共に居てください。
(今晩読んだことに基づいて行なわれるであろうわたし達の今週のワークが)自分の目覚めに対するあなたからのより硬い決意と、今週以降に現れる世界状況に対するあなた達の反応に関する、下準備となることでしょう。
何故ならこれは新しいやり方だから。 これは新しいやり方で行なう必要があるから。 
それをあなた達は居心地の悪さとして感じているのです。
しかしこの居心地悪さは、あなたとそして全ての人達が「現在起こっているように見えている問題の正反対を起こす方法」を持っていることを証明しているのです。問題を作っているその行動の反対を行なうことによって、問題が解決出来るのです。

洞察(Insight)がその違いをもたらすのです。
何故なら洞察とは、他の人々も認識することが出来るものなのだから。
そして洞察は(云わば)伝染し、学ばれ、グローバルに広がり、凄く早い速度で伝達されるのです。
だからわたし達が聖なる瞬間と赦しの実践をよりクリアにしていくに従い、今週は今までとは何か違うことを楽しんでしてください。

I love you all.

A Course In Miracles (reference pages)
Chapter 17 – Section: PRACTICAL FORGIVENESS
1 Sparkly Book – p.415 / JCIM – p.174 / CIMS – p. 350
Chapter 17 – Section: SETTING THE GOAL
First Edition – p. 340 / Second Edition – p.365
2John 8:32

「Northwest Foundation for A Course In Miracles」の行動は全て無料で提供されています。 これは無条件に差し伸べられた愛によって実施されています。 ギフトとはその様なものだから。 あなたと同等の方が既にこのギフトをあなたに差し出したので、これらの資料があなたに提示されています。 Raj の指示により、これらの資料が売買される事はありません。 
この機関「Northwest Foundation for A Course In Miracles」へ募金される場合、下記のWEBサイトを通して行なうか、あるいは下記の住所に郵送して下さい。


A Course in Miracles Study Group with Raj, August 20th 2011
© by The Northwest Foundation for “A Course in Miracles” a non-profit corporation.
All rights reserved
PO Box 1490 / Kingston, WA 98346-1490 / USA
Phone: 360-638-0530 Fax: 360-881-0071
Website: http://www.nwffacim.org
E-Mail: paul@nwffacim.org


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

ACIM11-08-06

2011年8月6日

あなたはどの様な一週間を過ごしたでしょうか?
聖なる瞬間の実践が出来ましたか?
意識的に二つのステップをしようとした時、聖なる関係を体験する為に聖なる瞬間を持とうとした時、あなた自身が酷い振舞いをしてしまっていることに気付いているでしょうか。 自分の立場を守るためにイニシアチブ(主導権)を取ろうとして、他者から非難されてしまうような行動をあなたは取らなかったでしょうか?
インスピレーションの流入がシンプルに体験出来なかった人は居ないでしょうか(ある意味ではそうなって当然なのです)。
今晩はその様な人の為に(あなたの中のこの部分に対して)話しかけましょう。

何故なら(その様な体験をしている)あなたこそサポートを必要としているのだから。
運命があなたに不愉快な人生という不運を与えているのではないと知るべきなのだから。
あなたが何か間違ったことをした訳ではないと知る必要があるのです(たとえばあなたは私の指示に従おうとして、その結果あなたは他者から非難されてしまったのです)。
これは別に驚くには当たらないとあなたは知るべきなのです。

昔私が話したことを覚えていますか。
あなたが天国の門に近づいた時、エゴは何をしようとするでしょうか?
あなたのエゴは天国の門の周りにガーゴイル(鬼/こけおどし)を配してあなたを脅し天国の入り口から去らせようとするのです。
このガーゴイル(脅し)はリアルなものではないのです。
これは映画館の中の映像のように投射されているだけなのです。

それでも往々にして、この投射はその目的を達成してしまっています。
この投射は、天国の門をくぐろうとしているあなた達を阻止しようとする試みなのです。
しかしあなた達はガーゴイル(脅し/脅威の投射)に取り合わずにそのまま門をくぐって天国に入ることも可能なのです。
それらは遊園地のお化け屋敷のように、実行力を持たない怖れ/脅しとして働いているだけなのです。

問題なのは、現時点のあなた達には「それがリアルでないとは確信することが出来ていない」ということです。
だからあなた達は躊躇してしまい、脅しにより示唆されていること(こうしなければ安全が脅かされると言われていること)をしてしまっているのです。
そしてガーゴイル(投射)は聖なる関係の正反対の行為をさせようとしてあなた達を脅しているのです。 聖なる瞬間に起こるインスピレーションの流入の反対をするようあなた達をけしかけているのです。

ガーゴイル(自分の中の脅威を外に投射している状態)は遠まわしに示唆するのです。
誰かがあなたの尊厳を踏みにじっており、不親切で、悪意を持っているとあなたに思わせるのです。
それは何とかしてあなたを聖なる瞬間から切り離し、あなたに彼等(他者)を攻撃させ、自分の尊厳のために立ち上がり、尊敬を要求させようとするのです。

ガーゴイル(投射/脅し/示唆)は「彼等には修正が必要だ」と言い立て、「あなたがその修正を行なわなければいけない」と言うのです。
あなたはそれを感じ、立ち上がって喋ろうとします。
すると聖なる瞬間が無くなってしまったように見えます。
あなたが垣間見ていた聖なる関係が消えてしまったように見えます。
するとどうなるでしょう?
するとあなたは騙されて、修正が不可能な場所で修正を行おうとしてしまうのです。
こうして、その時何かとても意味深く親密なことが起こっていることを認識する代わりに「自分の外」に居る誰かを攻撃してしまうのです。

その時あなたは自分の平和を手放す選択をしているのです。
その時あなたは聖なる瞬間を放棄しているのです。
その時あなたは聖なる瞬間よりも(あなたの正気よりも、あなたの目覚めよりも)より重要な何かを見つけてしまっているのです。
あなたは何か(聖なる瞬間より)重要なものを見つけており、そこで修正が出来る(とあなたは考えてしまったのです)。
だからここで注意する必要があるのです。

孤児のマインド(エゴの条件付け)に出来るのは一つのことだけです。
それはあなたの注意をあなたの父から逸らせることです。
エゴは、あなたの中であなたの神聖(あなたの真理/あなたの神聖/あなたの本当の状況)を照らしているもの(父)から、あなたの注意を引き剥がそうとするのです。
これがエゴの働きなのです。

しかし、あなたのマインドの中では、これは神の否定として働いているのではなく、自分自身から何か重要なことを作ろうとする(自分の偉さを証明する)言い訳(理由)として働いているのです。

これを覚えておくことが重要です。
何故なら、自分の中から何か価値在るものを作ろう、何か有効な価値ある者に成ろうとすることが(そうしよう、そうしたいという衝動/エネルギー/動機が)あなたを狂気の中に留めているのです。
これが「あなたの中であなたの永遠の神聖をあなたに照らして示しているもの」からあなたを切り離してしまっているのです。
(しかし「あなたの中であなたの永遠の神聖をあなたに照らして示しているもの」が、あなたのマインドがクリアに成る為に、あなたのマインドが真理を知る為に、あなたのマインドの中に必要不可欠な唯一のものなのです)

だから今週(あるいは先週)あなたが容易に気を逸らされていたり、意地悪に傲岸に成ってしまっていても、気落ちしないで下さい。

それが起こった時あなたは「何故私はこのようなことをしているのだろう。私はこのような人ではない。私はこのようには普段振舞わない。これはノーマルではない」と感じていたでしょう。
それは確かにその通りなのです。 これはノーマルではないのです。

そしてこれが起こっている時あなたは逆にこう気付いているべきなのです。
「おお、エゴがこれ程暴れて私の気を逸らそうとしているなら、私はとても重要なことに近づいているに違いない。 エゴが私に自己防御と反感と反発を行わせようとしているなら、私は何かとても重要なことに近づいているに違いない。 私は何かを(少なくともある程度は)上手くやっているに違いない。」

あなたは確かにそうしているのです。
あなたは二つのステップをしようとしており、父からこの状況(この関係)に対する真理を聞こうとして聖なる瞬間を持っているのです。
あなたは何か正しいことをしているのです。
あなたは目覚める為に必要不可欠なことをしているのです。
だから(問題が起こっているように見えても)驚かないで下さい。

しかしあなたはここで注意深く成らなければいけないのです。
何故ならエゴがやって来て「ええ、わたし達はここでとても重要なことをしています。わたし達はこれを上手く処理出来るでしょう。もしかしたら、あなた(私)はイエス以来始めて目覚めた人に成れるかもしれません。そしてあなた(私)の目覚めが世界全体への祝福と成るでしょう。」と言ってしまうから。
そうなるとあなたのプライドは高まり、聖なる瞬間や聖なる関係を行なうことがとても素晴らしいこととして感じられ始めるでしょう。

この罠に嵌ってしまうのは止めなさい。
その時あなたが注意深くしていたなら、この「会話」があなたとエゴの間で起こっていて「どのように威厳を保ちながらこの状況を処理するか」学んでいる時、あなたは自分が精霊と話してはいないことに気付くのだから。
その時あなたは(自分の静けさの中で父の声を聞いている)聖なる瞬間を持ってはいないのです。 父/精霊により満たされてはいないのです。
だからあなたは気をつける必要があるのです。

聖なる瞬間を一旦手放してしまった場合、あなたはどの様にしてそれに戻るのでしょうか?
聖なる瞬間を放棄して感情的に成っている時、自分の意志を発揮することから満足を得てしまっている時、彼(彼女)が聖なる瞬間/聖なる関係を求めていても(エゴが彼等をあなたに敵対するものに見せてしまっており)あなたが彼等から自分を守っている時、あなたはどの様にして聖なる瞬間を取り戻すのでしょうか?

もしそうすること(聖なる瞬間に戻ること)が難しいなら、わたし達が話して来た真理を定期的に読むことをお勧めします。
このテキストを読み返してください。あなたが英語に堪能ならオーディオ・ファイルを聞いても良いでしょう。
これを毎日一回(あるいは二回)読んで(聞いて)下さい。
確かにこれは毎回約一時間も続く長いものです。
あなたはこれには値しないでしょうか?
あなたにはこれより重要なことが待っているでしょうか? 
あなたがしなければ世界が崩壊してしまう様な仕事があなたにあるでしょうか?
しかしあなたが自分の目覚めの為に働かなければ、あなたは(少なくともあなたの知覚にとっては)すでに崩壊してしまっている天国の中に住んでいるのです。

狂気の人にとって正気を取り戻すことは常に難しいことです。
それは正気に返ることが難しいからではなく、これには研ぎ澄まされた注意が必要で、あなたが狂気に陥って居る時そうする理由を見つけることは難しいからなのです。
そしてあなたは「私はキチガイなので、これらのことを理解することは出来ないのです。」と言ってしまいかねないのです。 でもそれは出鱈目です。なかなか気の利いた台詞ですが、それを信じるのは止めなさい。

だから(二つのステップを続けることを)自分に思い出させ続けなさい。
このテキストを毎日一時間読むことが出来ないなら、5分読むだけでも構いません。
そうすれば自分の注意を何処に置くべきか思い出すことが出来るでしょう。
そして出来る限り訊ね聞くことを続けるのです。

あなたの成長/学習にこれ程の注意を与えることは重要ではないようにあなたには見えているかもしれません。 しかしこれは重要なことなのです。
あなたがこのプロセスに信心を与えられるように、私はこれをあなた達に知らせているのです。
これをする理由が本当にあるとあなたに感じられるように。このワークがあなたに出来るように。

本を読みましょう。
[The experience of an instant, however compelling it may be, is easily forgotten if you allow time to close over it. ]
[一つの瞬間(聖なる瞬間)の体験は、それがどれだけ圧倒的(納得出来るもの)でも、時間がそれを覆い隠すことをあなたが許してしまえば、それは簡単に忘れ去られてしまいます。]

あなたはどの様にして聖なる瞬間を時間の中に閉じ込めてしまっているのでしょうか?
あなたは記憶を使ってこれをしているのです。
何かが起こった時あなたは記憶をもとにそれに反応/対応し始めてしまうのです。
その時あなたは時間の中におり、聖なる瞬間の中から出てしまっているのです。

[The experience of an instant, however compelling it may be, is easily forgotten if you allow time to close over it. It must be kept shining and gracious in your awareness of time, but not concealed within it.]
[一つの瞬間(聖なる瞬間)の体験は、それがどれだけ圧倒的(納得出来るもの)でも、時間がそれを覆い隠すことをあなたが許してしまえば、それは簡単に忘れ去られてしまいます。あなたはそれ(聖なる瞬間)を自分の時間意識の中で覆い隠すのではなく、自分の時間意識の中で輝かせ優しく親切にしておかなければいけないのです。]

聖なる瞬間を実践して聖なる瞬間の中に留まっている時、(あなたが時間の中に居続けているように見えても、時間の中で出来事が起こり続けているように見えていても)あなたの視点は時間とは全く関係ないものなのです。
時間やその中で起こっていることは(聖なる瞬間の中に居る)あなたの視点とは関係(接点)が無いのです。 何故なら、その時あなたは途切れることなく聖なる瞬間の中で父/精霊と繋がり続けることを選んでいるのだから。

このようにしてあなたは自分の時間意識の中で聖なる瞬間を輝かせ続けるのです。 このようにしてあなたは聖なる瞬間が時間の中に隠されてしまわないようにするのです。

[The instant remains. But where are YOU?]
[その瞬間は残り続けます。しかしあなたは何処に居るのでしょうか?(あなたは何処に行ってしまうのでしょうか?)]

あなたは聖なる瞬間の中に居るのでしょうか? それともあなたは時間の中に居るのでしょうか?

あなたは「(自分一人では)何も知っていない所」に居てインスピレーションに満たされているでしょうか? それとも自分で全てを定義して自分自身が定義され尽くしている「知っている場所」に居るのでしょうか?
あなたは何処に居るのでしょう? あなたは聞くことを止めてしまって考え出しているのでしょうか? あなたは何処に居るのでしょうか?


[The instant remains. But where are YOU? To give thanks to each other is to appreciate the holy instant, and thus enable its results to be accepted and SHARED.]
[その瞬間は残り続けます。しかしあなたは何処に居るのでしょうか?(あなたは何処に行ってしまうのでしょうか?) お互いに対して感謝を与え合うことが聖なる瞬間を尊ぶことです。 そうすることで、その結果(聖なる瞬間の結果)が受け入れられ共有されるのです。]

お互いに対して感謝を与えるとは、感謝の心を持つということです。
あなたが愛の感謝の心持(アティチュード)にある時、そこにから湧き出てくる行動には矛盾がないのです。
そこでは意地悪(反発)は分け与えられておらず、そのような行動もないのです。
それ故に、あなたの神聖(そしてあなたのパートナーの神聖)に関して表明されていることを行動に移す(それをあなたとパートナーが表現する)チャンスが与えられるのです。

勿論あなたのパートナーがどの様な態度でいるかは(リアリティには影響が無く)関係ないのです。 何故なら(あなたが自分のパートナーの中に見てる酷い態度ではなく)あなたの注意や行動こそが関係の中の癒やしの動きを統治しており、それらが(あなたの見事な攻撃に晒される心配をすることなく)パートナーが(神と、そしてあなたと)繋がれる環境を提供するのだから。

しかしあなたは相手の矛盾点を上手く突くことに長けてしまっているのです。
あなたはどうすれば相手の弱点をパーフェクトに突き崩すことが出来るか知っているのです(相手はそれで納得はしないかもしれないけれど)。
相手(パートナー)はあなたが彼の弱点を突いていることに気付きさえせず、だからあなたは彼を眼くらまして、聖なる瞬間を実践して聖なる関係を続けなくても済むようにしてしまおうとするのです。
あなた達は自制心無くお互いを簡単に自動的に攻撃してしまいます。

[To ATTACK each other is not to lose the instant, but to make it powerless in its EFFECTS.]
[お互いを攻撃しても(聖なる)瞬間を失うことにはなりませんが、その効果(結果)を失くしてしまうことになります。]

次のように表現してみましょう:
目を閉じて御覧なさい。
目を閉じた時、あなたは自分が意識している(気付いている)ことを認識しています。
この気付き(意識)が聖なる瞬間なのです。
別の言い方をするなら、あなたの気付き(意識)が聖なる瞬間が体験されている場所なのです。
気付き(意識)が聖なる瞬間のアリーナ(領域)なのです。

だから聖なる瞬間は常に存在し続けているのです。
聖なる瞬間は常にそこに在るのですが、殆どの人達はそれに注意を与えていないのです。 何故なら人々は自分で考え出した方法で救済を得ようとすることに夢中に成っているから。

だから. . .、
[To ATTACK each other is not to lose the instant, . .]
[お互いを攻撃しても(聖なる)瞬間を失うことにはなりませんが、]

何故なら聖なる瞬間は常にそこに在り続けて居るのだから。 それはあなたの意識そのものなのだから。 しかし、

[To ATTACK each other is not to lose the instant, but to make it powerless in its EFFECTS.]
[お互いを攻撃しても(聖なる)瞬間を失うことにはなりませんが、その効果(結果)を失くしてしまうことになります。]

聖なる瞬間の効果(結果)とは、自分が体験していること(自分と対面し対立している者)の神聖と調和した行動をあなたがする様に成り、これにより今まで気付いてこなかった自分の神聖にあなたが気付き、その明晰な理解の上にあなたの振舞いが行なわれるように成ることなのです。
上記が聖なる瞬間の効果なのです。
しかしあなたが聖なる瞬間を放棄して、聖なる瞬間に留まる代わりに思考して、自分の思考/判断/概念に基づいて行動した時、あなたは聖なる瞬間を無効にしているのです。その時あなたは聖なる瞬間の効果を無にしているのです。

このことが(何が聖なる瞬間なのかが)白黒ハッキリして来ました。
聖なる瞬間と聖なる関係が約束していることがハッキリして来ました。
それはあなたとあなたのパートナー(相手)が自分達の正気を取り戻すことなのです。 これが意味深いことなのです。

(目覚めたいと願っているあなたにとって)それに対する全ての努力には価値があり、それは報われるのです(直ぐにはそう体感されなくとも)。
自分の今までの性癖を使って日常をやり過ごしてしまうのではなく、注意深く意識を保って、自分が期待していた以上のことが起こっていないか、今まで自分が見ていたよりも多く「神が成ってもの(こと)」が現れていないか見たいと努力することには価値があるのです。 そしてこの体験を得るまで諦めるべきではないのです。

[To ATTACK each other is not to lose the instant, but to make it powerless in its EFFECTS. You HAVE received the holy instant, but you have established a condition in which you cannot USE it. ]
[お互いを攻撃しても(聖なる)瞬間を失うことにはなりませんが、その効果(結果)を失くしてしまうことになります。 あなた達は聖なる瞬間を受け取ったのです。 しかしあなた達はそれが(聖なる瞬間が)使えない条件を設立してしまっています。]

その条件とは何でしょうか?
これはあなたが自分の注意を(聖なる瞬間の中から)引き抜いて他の場所(あなたが自分の源と繋がっていない状態)に移してしまうことです。


[As a result, you do not realize that it is with you still. And by cutting yourself off from expression, you have denied yourself its benefit.]

[その結果、あなたはそれが(聖なる瞬間であるあなたの意識が)今も自分のもとに在ることに気付いておらず、自分をその表現から切り離し、その利益を自分に対して否定しているのです。]

映画を見たいなら映画館の外には居られないように、あなたが得たいと思う体験を否定している状態を引き出し続けてはいけないのです。

[You reinforce this every time you attack each other, for the attack must blind you to YOURSELF. And it is impossible to deny yourself, and recognize what has been given and received by you.]
[お互いを攻撃する度にあなた達はこれを強化してしまいます。 何故なら攻撃することはあなた自身を盲目にせずにはおれないから。 (他者を攻撃することによって)あなた自身を否定しながら、あなたに与えられているもの/あなたが受け取ったものを認識することは不可能です。]

あなたが否定しようとしている自己とは何でしょう?
それはあなた自身でしかありません。
現在あなたは自分のことをただの人間、モータル(必滅者)、罪/病/死の対象に成り得るものと考えて(定義して)いるのです。
しかしこのようにあなたが定義している「あなた」は、本当は神の子なのです。

必滅者(惨めな孤児)としてのあなたが(そのような体験をしているあなたが)そこで二つのステップ(聖なる瞬間)を行い、インスピレーション(真理)の流入を体験したのです。
これが与えられており、あなたはそれを受け取ったのです。
そして今あなたは、これを(真理を)自分のマインドの中に留め置くか、自己意志表現(そして自分を有利/優位なポジションに据える為の操り)の楽しみの代償としてこれを放棄することになるのです。
この二つの可能性のどちらかをあなたは選ぶのです。

[You stand together in the holy presence of truth itself. ]
[あなた達は共に真理そのものの聖なる現れの中に立っています。]

あなたがこれを(聖なる瞬間を)実践して、これを意図している時...、

[Here is the goal, together WITH you. ]
[あなた達と共にここにゴールがあるのです。]

「あなた達と共に」、つまり「あなた」と「あなたが聖なる関係を持とうとしている人」(あなたとあなたの相手)の両方と共に(ゴールがあるのです)。

[You stand together in the holy presence of truth itself. Here is the goal, together WITH you.]
[あなた達は共に真理そのものの聖なる現れの中に立っています。あなた達と共にここにゴールがあるのです。 ]

だから必要なものは全て揃っているのです。

[Think you not the goal itself will gladly arrange the means for its accomplishment? ]
[あなたは、このゴールそのものがその達成方法を喜んで整えるとは考えていないのですか?]
{上記の文章の方が原文に対する忠実な翻訳だと思います。翻訳者}

[ゴール(目的)そのものが、その達成方法を設立していると考えるのは止めなさい。(あなたの関与/努力なくして、ゴールが自動的に達成されることを期待するのは止めなさい。)]
{ラジは上記のように理解している模様です。 翻訳者}


これは希望的観測ではないのです。
これは誰かが夢想してACIM(ア・コース・イン・ミラクルズ)として書き出したものではないのです。
「あなたが物事に与えている定義」を超えているリアリティがあり、それは「あなた達が作り上げているルール」を超越している法則に従って動いているのです。
あなた達にとっては独立がとても重要なので、このような法則にあなた達が縛られていることは耐え難いことに思われていますが、事実この法則があなた達の救済なのです。

あなたが罪/病/死/怖れ/嫉み/怪我/欠乏の不在を表明し体現し表現していることを統治している法則(があるのです)。
これらの法則が「あなた達は神の子であって、それ以外の何者でもない」と言っているのです。
そして神の子は自分達に相応しいもの全てを持っていて、彼等は欠乏状態には成り得ないのです。

これらの法則は縛り付けるもの(限定)ではないのです。
しかし罪/病/死以外にも、(神の子としての)あなたには持てないものがあります。
それは父に反して表明する自己意志です。それは物事の在り様に反して表明されている自己意志です。
あなたは独立性は持てないのです。あなたが自分一人だけで権威を持つことは出来ないのです。
上記の文章は全て同じことを違う言い方で言っているだけです。
だから「自分には好き勝手なことをなんでもする権利がある」と感じている人にとっては確かにこれは過酷で暴虐的なものです。
躓いて転びたいなら彼はそのように出来るでしょう。 しかし躓かず転ばないようにしたいなら彼はそのようにも出来るのです。 それを選ぶのは彼次第で、他の人が彼の為にそれを選ぶことは出来ないのです。

確かに父はあなたに躓き転ぶ権利を与えています。
もし望むなら愚かな振舞いをする権利を父はあなたに与えています。
父は、あなたがそう求めている限り、自分には父が居ないフリをして通すことをあなたに許しています。
しかしあなたがそのような体験を得られるのは、幻想の中だけなのです。
「幻想の領域に存在してその中で働くこと」を求めなくなるまで、あなたはそのような体験をし続けるのです。
あなた達はこのような状況にあるのです。
これに関してわたし達は話しているのです。
わたし達はこれに関してより詳しく説明しているのです。

[Think you not the goal itself will gladly arrange the means for its accomplishment? ]
[あなたは、このゴールそのものがその達成方法を喜んで整えるとは考えていないのですか?]

何がゴールなのでしょうか?
ゴールは(あなたの正しいマインドによって)あなたがあなたの正しいマインドと再会することなのです。 (あなたが捨ててしまった、しかし本当に捨て去ることは出来なかった)あなたの正気の大部分とあなたが再融合することなのです。
あなたの正しいものは実際には捨て去られてはおらず、それは現在でも正常に働いています。
物事(リアリティ)の働きは(あなた達が正気を捨ててしまった積りでいる)今でもそのままなのです。
そして物事/リアリティの働きは全て、あなた達の正気を実現させることをその目的としています。

このゴールは神によって設置されたのです。
(あなたがそう信じていても、いなくても)このゴールは「物事の在り様」によって設定されているのです。
だからあなたは明晰/光明を体験しているのです(例えそれが私の言葉を通してだけであったとしても)。
この光明(光)があなたをあなたの正しいマインドに動かし戻すのです。
何故なら、神が全てで、あなたはやっと離縁を取り消したいと思える地点に辿り付いたのだから。父無し子(源を持っていない者)として振舞うことを止めたいと思えるように成っているのだから。
これが良きことなのです。

[It is just this same discrepancy between the purpose that has been accepted and the means as they stand now which seems to make you suffer, but which makes Heaven glad. ]
[「受け入れられた目的」と「現時点での方法」の違いと同等の食い違いがあなたを苦しめているように見えますが、それが天国を喜ばせているのです。]

食い違いを体験しているのは、あなた(あなた達)が一度に二つの異なる視点から見ているからです。
あなたの中の正気/神聖は、聖なる瞬間と聖なる関係の存在を認識しています。
あなたはそれが存在していることを完全に否定してはいないのです。
その結果このアイディアが意味深いものとしてあなたに届いているのです。
このアイディアがあなたの深い所に届いているのです。

あなたの一部はこれを認識しており「完全に目覚めることとは神に譲ることだ」と認識しているのです。
これはより実際的には、あなたの自己(Self)に譲ること、(あなたの正しいマインドにしか過ぎない)精霊に譲ることなのです。

これが(最終的解決をもたらす/最後までやり通すべき)方法なのです。
精霊に譲ること、あなたの正しいマインドに譲ること(がわたし達の行なうべき方法なのです)。

しかしもう一つの視点(見方)が存在しています。
それは(あなた達がとても慣れ親しんでいる)孤児の視点です。
あなた達孤児はコントロールと権威の放棄を狂気として見ているのです。

だからあなた達は闘争/葛藤を持っているのです。
あなたの正気を体験する二つの異なった方法があるように見えているのです。
一つの方法は自分一人自身で考えて自分のエゴに聞くことで、もう一つの方法は自分のエゴと自分で作った権威を放棄し父に譲ることです。
そして父に譲ることが…、

[. . . stand now [as that] which seems to make you suffer, but which makes Heaven glad.]
[現在の...があなたを苦しめているように見えますが、それが天国を喜ばせているのです。]

あなたはこれを理解する必要があるのです。 でなければ、あなたは苦しみが混乱が終る前にこの試みを止めてしまうから。
だから(まだ混乱が続いており、平和や安全が上手く現れてはいなくとも)これを続けるように私はあなた達を即しているのです。

[If Heaven were OUTSIDE you, you could not share in its gladness. Yet because it is within, the gladness, too, is yours.]
[もし天国があなたの外にあったなら、あなたはそれを喜びの中で分かち合うことは出来ません。しかしそれはあなたの中にあるのです。だから喜びもあなたのものなのです。]
それはここに在るのです。

[You ARE joined in purpose, but remain still separate and divided on the means.]
[あなた達は目的の中で繋がっています(目的を共有しています)。しかし、その(実現)方法においてまだ分かれており離れているのです。]

何が困難をもたらしているかがここに記されています。
それは方法に対する誤認識(誤解)なのです。
これが問題を起こしているのです。

これはとてもシンプル(純粋)で、故に理解することが難しく思えますが、
目覚めの方法は、聖なる関係を得る方法は、二つのステップを行なって聖なる瞬間を実践すること(だけ)なのです。
二つのステップとは、マインドのお喋りを止めて「父よ、ここの真理は何ですか?」と訊ね聞くことなのです。

聖なる瞬間(あなたの静けさとあなたの質問の受胎の中)にインスピレーションと真理の流入が起こり、全てに対するあなたの知覚が変化して、今まであなたが物理的世界/宇宙として考えて来たものを見て、そこに(今まで考えたこともない程より多くのあなたを保持している)天国を発見することなのです。

あなたに起こったこの啓示によって、世界の中の振舞いが、世界の中の全てが(シフトするのです)。
そして聖なる瞬間とその中の真理がその表現を得て、するとそこであなたは聖なる関係を持つのです。
これらが目覚めへのシンプルなステップなのです。 罪/病/死の体験や思考を全て放棄するステップなのです。

これはその全努力に値することなのです。
毎日の生活の中で(今まであなたが見ていたよりも)神のより多くを見ようとする好奇心を忘れないようにする努力の全ては報われるのです。

あなたは(自分の)方法にこだわっており、あなたは(正しい)方法から目を逸らされているように見えますが。しかし...、

[Yet the goal is fixed, firm and unalterable, and the means will surely fall in place BECAUSE the goal is sure.]
[しかしゴールはしっかりと揺ぎ無く設定されています。 そしてゴールが確実なので、その方法も正しい所に落ち着くのです。]

何故なら、ルール(原則)が存在しているのだから。
何故なら、神が作った通りに全ては存在しており、それ以外の可能性は無いのだから。

[And you will share the gladness of the Sonship that it is so. As you begin to recognize and accept the gifts you have so freely given to each other, . .]
[そしてあなた達は神の子の共同体の喜びを(それが存在するという喜びを)共有するのです。 あなた達がお互いに対してとても自由に分け合ったギフトを認識し出し受け取り出したなら、]

聖なる瞬間の中に留まりそれを手放さず、他者を攻撃しないことによって、これをしたなら...、

[. . . you will also accept the effects of the holy instant, and use them to correct all your mistakes and free you from their results. ]
[あなたは聖なる瞬間の効果(結果)を受け入れ受け取るのです。 そして、それを使ってあなたの全ての間違いを正し、それら間違いの結果から自身を解放するのです。]

これが関係を癒やすのです。そして、これは全てを内包しているのです。
これはあなたのパートナーだけではなく、兄弟姉妹の全員と創造の全てを(この解放の中に)内包しているのです。

[And learning this, you will have [also] learned how to release ALL the Sonship, and offer it in gladness and thanksgiving to Him Who gave you YOUR release, and Who would extend it THROUGH you. ]
[これを学んだなら、あなたは神の子全員を解放する方法を学んだのです。そしてあなたはあなたに解放を与えた彼に喜びと感謝の中でこれ(神の子全員)を捧げ、彼はあなたを通してこれ(解放の学び)をより広げるのです。]

こうしてあなたは、自分の誤認識(間違った知覚)の中に閉じ込めていた全ての兄弟姉妹(神の子)を解放するのです。
こうしてあなたは自分の誤認識(間違った知覚)を精霊に差し出すのです。
すると精霊がそれら全てに対する(その真の姿に対する)インスピレーションをあなたに照らし返すのです。 そしてあなたを孤児院から(独立状態から、罪/病/死から)完全に導き出すのです。

今私を聞いていても(読んでいても)あなたは明日にはこれを忘れてしまうかもしれません。
あなたは時間の中に、思考の中に引き戻されてしまうかも知れません。
何か居心地の悪いことが起こり「そうそう、私は二つのステップを行わなければ」と言うまで、あなたは自分の古い性癖の中に引き戻されてしまうかもしれません。

あなたはこれを忘れてしまい、以前の状態に後戻りし、そして(自分がするべきことを)思い出すでしょう。
しかし、もう少し自分に厳格になることにより自身の帰郷を早めなさい。
折に付け(ACIMの本やこのテキストなどを読んで)自分に思い出させることにより、ある程度のストラクチャ(規律)を作って(聖なる瞬間の中に留まり続けられるようにしなさい)。 
知的な意識としてだけでなく、フィーリングと共に自分が本当にしたいことを思い出せるように。自分の道を失ったり、道に迷うことはしたくないと思い出せるように。

I love you. I love you all.

いずれにしろ今週あなたは何かをしていることでしょう。
あなたは全く何もしないでいることは出来ません。
だから今週はこれを(今回わたし達が話したことを)して下さい。
これはそれ程難しいことではありません。
これをするにしろ、しないにしろ、いずれにしろあなた達は何らかの形でエネルギーを使うのだから、このことにエネルギーを使い努力を与えてください。

A Course In Miracles (reference pages)
Chapter 17 – Section: THE HEALED RELATIONSHIP
1 Sparkly Book – p.415, 1st full Par. / JCIM – p.174, 1st Par. / CIMS – p. 349, Par. 54
First Edition – p. 340, 1st full Par. / Second Edition – p.364, Par.12

All of the activities of the Northwest Foundation for "A Course In Miracles" are provided without charge or obligation. This is possible because of thoughtfulness, love extended without conditions. Such is the nature of Gift. As a result these materials are available to you, because someone like you has already gifted you with them.

And, at Raj's instruction, these materials will never be sold.

If you would like to add your thoughtfulness and love, to gift others with the availability of these materials, you're invited to make a tax-deductible contribution at our website, or send it to our address, both of which are shown below.


A Course in Miracles Study Group with Raj, July 30th 2011
© by The Northwest Foundation for “A Course in Miracles” a non-profit corporation.
All rights reserved
PO Box 1490 / Kingston, WA 98346-1490 / USA
Phone: 360-638-0530 Fax: 360-881-0071
Website: http://www.nwffacim.org
E-Mail: paul@nwffacim.org

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。