スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACIM11-10-23

新しいセクション

[THE CONDITIONS OF FORGIVENESS1]
[赦しの条件]

わたし達が話しているのは「あなたが他者に差し伸べる赦し」に関することなのだと理解すれば正しい答えがより容易に得られるようになります。
これはあなたの下にやって来る赦し(あなたに与えられる赦し)ではないのです。わたし達は、どうすればあなたが社会的に容認されるように正しく振舞えて、だからあなたが赦しに相応しく成れて、それ故にあなたに赦しがもたらされるか、話し合っているのではないのです。

いいえ。そのようなことは(一時的な)満足をもたらすかもしれません。(教えを学び始めた)初期の段階では人々はそのようなことをしようと務めるのです。
しかしこの目覚めのプロセス(あなたが自分の正しいマインドに帰っていくプロセス)は常にギフト(与えること)なのです。
赦しは常に「誰か他の人」に与えられるのです。 何故ならば、あなたが何かを誰かに与えようと思えるように成るまで、愛はあなた達の関係の中に入って来れないのだから。
そして愛が絶対必要な要素なのです。愛があなたの性質なのです。
愛があなたの存在の実体なのです。
あなたの全ての要素/側面は愛の表現なのです。何故なら、あなたの全ての要素は「神が自身を現していること」だから。

だから罪/病/死/苦しみの夢を止めたいと思ったなら、あなたは他の人(あなた以外の人)を気遣って(気に掛けて)いる必要があるのです。
これが絶対条件なのです。 これはこのように働くのです。しかしあなた達はこれには馴れていません。

これは「利己的でないこと/自分本位でないこと/無私」と呼ばれています。
聖人は利己的でなく無私なものです。
例えばアルバート・シュワイツアーなどは無私な人だったと考えられています。
あなたはどうでしょう?
違いますね。 あなたは継続して無私に成り続けることは出来ていません。
何故なら、あなたは「あなた自身のために欲しているもの/こと」があり、それが時間と空間を占めているから。 それがあなたの兄弟から時間を奪っているから。 しかしあなたは、あなたの兄弟の目を見て神を思い出す必要があるのです。

あなたが自分の欲求や必要に注意を払い続け、それらを満たすことに夢中で、あなたの兄弟姉妹のためにスペース(余裕)を空けていなかったなら、あなたは目覚めることから自分を排除しているのです。
しかし、あなたにとって「他の全てのものの神聖」があなた自身{他の全てから分離しているあなた}よりも重要である故に、あなたの神聖が「他の全てのものの神聖」を抱擁している神聖なマインド状態が、あなたの本来の自然なマインド状態なのです。
その状態に帰って行くことがまだ出来ていないのです。

しかし聖なる瞬間の中であなたが兄弟に与えるギフトが彼の目覚めに貢献するのです。
(あなたが兄弟に与える)このギフトこそが、『あなたの存在の[統合性/誠実/Integrity]が(人間的状況とか物質的世界と呼ばれている)いまここにグラウンディングして(父と繋がって)働くこと』の最重要部分なのです。
このギフトは「いまここ/人間的状況内/物理的世界として受け取られている状況内」で働くので、(いままであなたが天国に対する定義を見ていた所に、物資的世界と考えられている所に)天国を見せるヴィジョンの変容をあなたにもたらすのです。
これだけシンプルなのです。

[THE CONDITIONS OF FORGIVENESS.]
[赦しの条件]

これは「あなたが赦される条件」ではなく、「あなたが自分の兄弟を赦す条件」なのです。

[The holy instant is nothing more than a special case, or an extreme example, of what every situation is MEANT to be.]
[聖なる瞬間は、全ての状況の本来在るべき姿でしかないのです。]

聖なる瞬間とは、あなたが自分の独立を放棄して自分の最上の思考や論理を離れて、精霊か父と繋がり「何が真理か知りたい」と願うことなのです。
これは自己主張的(攻撃的)思考者としてのあなたがその状態を手放して、リラックスすることによりそのような状態から抜け出て、静かになり、自己主張的でなくなり、{分離的に}思考しなくなり、好奇心を持って「真理を知りたいと」真摯に願えるようになることなのです。

[The holy instant is nothing more than a special case, or an extreme example, of what every situation is MEANT to be.]
[聖なる瞬間とは、全ての状況の本来在るべき姿を端的に示している一例でしかないのです。]

これは兄弟/庭/川/土地/家/ビル/環境など全ての状況に当て嵌まります。

[. . . every situation is MEANT to be . . .]
[全ての状況の本来在るべき姿]

(聖なる関係とは)あなたが居るそこに在るリアリティのホントの姿の体験なのです。

[The meaning which the Holy Spirit's purpose has given it is also given to every situation.]
[精霊の目的がそれ(特定の聖なる瞬間)に与えた意味(見方)が全ての状況にも与えられているのです。]

聖なる瞬間が与えている意味が、全ての状況にも与えられているのです。
聖なる瞬間に与えられた目的は、ただそこにボーと存在するだけでなく、それは常に何かと繋がるのです。
それ(聖なる瞬間の意味/目的)は、常に何かに関することなのです。
だから(あなたが)聖なる瞬間を許可してそれを抱擁したなら、聖なる瞬間が(リアルな人/リアルなペット/リアルな物との)リアルな関係を抱擁(内包)するのです。

[It calls forth just the same suspension of faithlessness, withheld and left unused, . .]
[それは...不信心を保留すること(不信心を遠ざけ使わないこと)を呼び掛けているのです。]

さて不信心を使う(不信心の実践)とはどういう意味だったでしょうか?
不信心の実践とは、あなた自身の権威と知性と理性を使って、状況や人々を自分の為に操作するあなたの能力を使って、自分で物事の責任を取ろう、自分で物事を起こそうとすることです。
これには神に静かな注意を与えることが含まれて居らず、リアリティに対する神の定義に静かな注意を与えることが含まれて居ないので、これは不信心の実践なのです。
不信心とは、世界に対するあなた独自の定義に夢中に成ってしまうことなのです。
だから精霊の目的は、

[. . . calls forth just the same suspension of faithlessness, withheld and left unused, that faith might answer to the call of truth.]
[...真理の呼び掛けに答えられるように成るまで、不信心(疑い)を保留すること(不信心を遠ざけ使わないこと)を呼び掛けているのです。]

もう一度聞きなさい。
[It calls forth just the same suspension of faithlessness, withheld and left unused, . .]
[それは...不信心(疑い)を保留すること(不信心を遠ざけ使わないこと)を呼び掛けているのです。]

このように不信心を保留することが出来るのです。
不信心を止めて使わない必要があるのです。
不信心を止めて、しかし様子を見て、後日自分の都合に合わせて(状況に対する)コントロール(操り)を取り戻してしまっては駄目なのです。 これを取引の道具にしてしまっては駄目なのです。

[It calls forth just the same suspension of faithlessness withheld and left unused, . .]
[それは…不信心(疑い)を保留すること(不信心を遠ざけ使わないこと)を呼び掛けているのです。]

不信心を二度と使わなくなる必要があるのです。
しかし不信心を保留していても、後日使う為にそれを保ってしまったなら(不信心を完全に手放していなかったなら)、それは「不信心を遠ざけて使わないこと」にはならないのです。これは重要な点です。
精霊の目的は、

[. . . calls forth just the same suspension of faithlessness, withheld and left unused, that faith might answer to the call of truth.]
[それは…不信心を保留すること(不信心を遠ざけ使わないこと)を呼び掛けているのです。]

これが繋がることです。 これがピュアに真摯に求めるマインド状態に自分を保つことを可能にする静寂です。

[. . . might answer to the call of truth. The holy instant is the shining example, . .]
[真理の呼び掛けに答えられるように...。聖なる瞬間は輝けるサンプル(一例)なのです。]

これが輝ける一例なのは、これが唯本当に一働くシンプルなことだからです。
ここには何も難しいことは言われていません。 これが愛なのです。
(この状態から離れて)リアリティ体験に反することをあなたがしている時それを修正することが、これほど簡単なのは驚異的ではありませんか。

[The holy instant is the shining example, the clear and unequivocal demonstration of the meaning of every relationship and every situation, seen as a WHOLE.]
[聖なる瞬間は輝けるサンプルなのです。それは全ての関係の意味(意図)をクリアに疑いよう無くデモンストレートし、全ての状況の全体を見ているのです。]

あなたが独立的存在として行動している時、あなたはあなた自身を全体から切り離しているのです。あなたは自分をそれ(全体)から分離して見ており、自分以外の全てを自分から切り離して見ているのです。
だから殆どの場合「彼等対わたし達、私対彼等」という風に状況が見られているのです。

しかしあなたが聖なる瞬間の中に入って、あなたの独立的権威を放棄し二度と使わなくなれば、全ての分離が消えて、私対彼等(の対立)が消え去って、全てが「わたし達」に成るのです。
これが全体性の体験に成るのです。
そしてこの全体の中でだけ、神の法が全てを統治しているのです。
そしてこの全体内だけで、無敵(不可侵/絶対的安全)が永遠の体験として見えはじめるのです。 何故なら、これ(安全/不死身)が創造自身の変化不可能な特質なのだから。
あなたが独立的な目を通して見た時にだけ、これが(リアリティ全体の不死身が)違うように(成立していないように)見えるのです。
するとあなたは「健全なもの/全体」をあなたかもそうでないように見始めるのです。
するとあなたは「健全なもの/全体」がまるで「健全/全体」ではなくなってしまったかのように振舞い始めるのです。
リアリティの中に居て、(リアリティそのものではなく)あなたがリアリティに対して与えた定義がリアリティなのだとして振舞い始めた時、あなたはリアリティと衝突し、リアリティが非情で不親切であるかのようにあなたは感じ始めるのです。

そしてあなた達は「人生とはそういうものだ!」と言ってしまうのですが、(実際には)そうではないのです。
しかしあなたが目隠しをしたままでリアリティの中を歩き回ること(全てをありのままの姿には見ないこと)に固執し続けるなら、確かに「人生/生命がそういうもの」に成っているのです。
そう振舞っている時、あなたはリアリティと衝突してしまうのです。
しかしリアリティはあなたが期待しているようなもの(痛み/怪我/ダメージ/その他あなたの知覚の中で自信が失われて行くこと)ではありません。

[Faith has accepted every aspect of the situation, . . ]
[信心は状況の全ての側面(要素)を受け入れました。]
静かに父と繋がることで、状況の全ての側面(要素)が受け入れられたのです。
何故なら、それ(信心/父と繋がること)は無限の一体性(唯一性)の体験なのだから。

[Faith has accepted every aspect of the situation, and faithlessness has not forced any exclusion on it.]
[信心は状況の全ての側面(要素)を受け入れました。そして(あなた達の)不信心はそれ(状況)にどのような排除(限定)も加える事は出来ていません。]

そしてあなたがリアリティに対してどのような排除も強制していなかったなら、あなたは否定状態にはおらず、従ってリアリティとは衝突しないのです。
もしあなたが全体を受け入れており、そのどの部分も排除していなかったなら、その場合あなたは無敵/不死身/安全/平和の状態にあるのです。
リアリティのどの部分をも排除しなくなり、リアリティのどの部分をも自分から異なったものとは呼ばなくなった時、それは無限の安堵の息を付くようなものです。
これだけでも聖なる瞬間を持つに足る理由なのです。

[It is a situation of perfect peace simply because you have let it be what it IS. This simple courtesy is all the Holy Spirit asks of you.]
[これはパーフェクトに平和な状況です。 それはあなたがその状況をそれそのままにしたからです。 (それは、状況がその真の姿のままで在り続けることをあなたが許可したからです。)精霊があなたから求めているのは、このシンプルな挨拶(認識)だけなのです。]

だから赦しの条件の中にはこのシンプルな挨拶(気配り)が含まれるのです。このシンプルな礼儀(気配り)とは何でしょうか?
それは、
[Faith has accepted every aspect of the situation, and faithlessness has not forced any exclusion on it.]
[信心は状況の全ての側面(要素)を受け入れました。そして(あなた達の)不信心はそれにどのような排除(限定)も加えていません。]
です。
これが挨拶(認識)の美しい定義です。

[Do not intrude upon it, do not attack it, do not interrupt its coming.]
[真理を変えようとしたり、攻撃したり、(現われ出ようとしている真理を)中断しようとしたりするのは止めなさい。]

[Let truth be what it is. ]
[真理がそれそのものとして現れる(存在する)ことを許可しなさい。]

それ(真理)をあなたの中に届けなさい。
それがあなたの中で響くことがあなたにとって一番大切なことなのです。
何故ならそれが一番知性的なことだから。「真理が何か知りたい」と求めることが知的なことなのです。
そして「真理でないこと/ウソ/誤知覚」によって混乱することを求めるのは知性に欠けることです。
だから、

[Let truth be what it is. Do not intrude upon it, do not attack it, do not interrupt its coming. Let it encompass every situation, and bring you peace. Not even faith is asked of you, for truth asks nothing.]
[真理がそれそのものとして現れる(存在する)ことを許可しなさい。真理を変えようとしたり、攻撃したり、(現われ出ようとしている真理を)中断しようとしたりするのは止めなさい。真理が全ての状況を包み、あなたに平和をもたらすことを許しなさい。(その時点においては)あなたから信心さえも求められていないのです。 何故なら真理は何も求めないから。]

信心とは自信のようなものです。 あなたは真理に対して自信を持つ必要はありません。

[Not even faith is asked of you, for truth asks nothing.]
[(その時点においては)あなたから信心さえも求められていないのです。 何故なら真理は何も求めないから。]

[Let it enter, and it will call forth and SECURE for you the faith you need for peace.]
[真理が入って来ることを許せば、平和の為にあなたが必要としている信心を(真理が)呼び出し、それをあなたの為に確立します。]

だから真理は反論しようのない戒めや理知的主張ではないのです。 真理は能動的な現れ(Presence)なのです。

[Let it enter, and it will call forth and SECURE for you the faith you need for peace.]
[真理が入って来ることを許せば、平和の為にあなたが必要としている信心を(真理が)呼び出し、それをあなたの為に確立します。]

『汝は真理を知り、その真理が汝を自由にするでしょう。』“Ye shall know the truth, and the truth shall make you free.” 2
汝は真理を中に受け入れ、それがあなたに届く(響く)ようにして、それがあなたを自由にするのです。
それが愛の行為として「何が真理か」明確にし、あなたが混乱しなくなり正気が取り戻されるのです。
それには信心が必要なのです。 つまりあなたは二つのステップ(聖なる瞬間)を実践する必要があるのです。

この信心とは、あなたの意志を静まらせて父と繋がりリアリティの情報を父から受け取ることなのです。 これにより、あなたの誤解/誤知覚が(リアリティに対するあなたの誤認識が)真の視界で取り替えられるのです。
真理は、「真理/真実でないもの」を明確に示しそれを無価値にすることによってそれ(真理でないもの)に対するあなたの興味を無くさせることにより、あなたを変えます。
あなたが信心を実践している時、真理がこれをするのです。
あなたの人間的意志を黙らせ「何が真理なのか」父に訊ねることにより、これが起こるのです。
あなたはこれをする必要があるのです。この信心の実践をあなたは行なうべきなのです。
そして父か精霊が(あなたに)応答した時、それがあなたを理解で満たします。(疑いようのないクリアな満足を与え平和をもたらす)叡智であなたは満たされるのです。

[. . . enter, and it will call forth and SECURE for you the faith you need for peace. But rise you not against it, for against your opposition it CANNOT come.]
[真理が入って来ることを許せば、平和の為にあなたが必要としている信心を(真理が)呼び出し、それをあなたの為に確立します。しかし真理に逆らって立ち向かうことは止めなさい。 何故なら真理はあなたの抵抗に反して入ってはこれないから。]

あなたは真理を変えることは出来ず、変更することは出来ず、真理を消すことも出来ません。
あなたは自分の注意を真理から完全に取り外すことが出来るのですが、そうしても真理があなたを統治していることを止めることは出来ません。
しかし(あなたの注意を真理から外した場合)真理の統治が不愉快に居心地悪く感じられるのです。 何故なら、あなたが少しの間狂気に陥るスリル/幻想を楽しもうとしている時に、真理は正気の方向にあなたを動かすのだから。

[Would you not WANT to make a holy instant of every situation? For such is the gift of faith, freely given wherever faithlessness is laid aside, unused.]

[あなたは全ての状況を聖なる瞬間にしたいと思いませんか?信心のギフトとはこのようなもので、不信心が使われずに脇に退けられた時、自由に与えられるものなのです。]

不信心が使われず脇に退けられる度に、信心のギフトが自在にあなたに与えられるのです。
(真理に対する)代用プランを持たず、(精霊/神から離れた)自分だけの切り札を隠し持たず。(不信心を)放棄することが必要なのです。

[And then the power of the Holy Spirit's purpose is free to use instead.]
[その時(疑いの目的の力ではなく)精霊の目的の力が自由に使えるようになるのです。]

精霊(あなたの正しいマインドにしか過ぎないもの)が「真理が何か」あなたに示した時、あなたはその真理に従おうとせざる得なくなるのです。あなたは真理と共に立ちたいと思うようになり、あなたは真理をシッカリと握らないわけには行かなくなるのです(何故なら、真理が示された今それ以外のことは無意味なのだから)。

[This power INSTANTLY transforms all situations into one sure and continuous means for establishing His purpose, and demonstrating its reality.]
[この力が瞬間的に全ての状態を「彼/精霊の目的を確立してそのリアリティをデモンストレートする一つの継続的で確実な方法」へと変換するのです。]

ええ、この全てがあなたの為に行なわれるのです。真理がやって来て、それ自身を示し、あなたを変えるのです。
精霊の目的が全ての状況内に入って来て、全ての状況を「精霊の目的を確立しそのリアティをデモンストレートする一つの確実で繋がった方法」に変換するのです。


あなた達がこれを行なっていない(体験していない)理由は一つしかありません。
それはあなた達が自分達自身の思考を行うことで障害を乗り越えて行く方が(聖なる瞬間/真理)より価値がある、と考えているからです。

あなた達がこれらの障害と出会っているのは、あなた達にリアリティが見えておらず、あなた達がリアリティに協力しておらず、それと共に流れておらず、それと調和した自然な関係を持っておらず、従ってあなた達がリアリティと衝突しているからなのです。

[What has been demonstrated has called for faith, and has been GIVEN it.]
[すでにデモンストレートされている状態が信心を求めており、求められている信心が与えられたのです。]
もしあなたが二つのステップをしていたなら、もしあなたが真摯に訊ね聞いていたなら、

[Now it becomes a fact, from which faith can no longer BE withheld.]
[そして今これが事実に成り、そこから信心を遠ざけて置くことは最早出来ないのです。]


解りますか? 洞察/理解/啓示がやって来るのです。
それはとてもクリアで、あなたはもうそれ(真理)に対する信心(信頼/理解)を遠ざけて置くことは出来ないのです。
真理を抱擁する(喜んで受け入れる)ことを躊躇することはもはや出来なくなるのです。



[The strain of refusing faith to truth is enormous, and far greater than you realize. But to answer truth with faith entails no strain at all.]
[真理に対して信心を与えることを拒否し続けるストレスは巨大で、あなたが理解しているよりも大きいのです。しかし真理(真実)に対して信心で答えれば、ストレスは全く生まれません。]

(真理に対して信心で答えれば)ストレスは生まれなく成ります。 しかしこのストレスが(現在のあなた達には)刺激的なのです。あなた達はそれに慣れ切っているのです。
あなたはそれ(真理に抵抗することから来るストレス)を愛しており、「自分達はそのようなチャレンジを受けて立つ為にここにいるのだ」と考えています。
その様にあなた達が考えていた場合「全くストレス無くここに居る(存在する)こと」とはどういう意味に成るでしょうか。それは死と同等ということに成るのです。
人生に目的が無くなり、ピンクの雲の上に永遠に乗っているだけなら、それは永遠にお墓の中で眠るのと余り大差ないですね? これらは違う環境で同じような無味さを感じることなのです。
しかしここで言われているのは、そのようなことではないのです。

[To you who have acknowledged the call of your Redeemer, the strain of not responding to His call seems to be greater than before. ]
[自分の救済者(贖い主)の呼び掛けを認識したあなたにとって、彼(精霊)の呼び掛けに呼応しないことは、以前よりも大きなストレスとして見えています。]

これはとても重要なポイントです。誰があなたの[Redeemer](贖い主/救済者)なのでしょうか?
あなたはこれがイエス・キリストのことを指していると考えたかも知れません。
“I know that my Redeemer liveth.”3 [贖い主が生きていることを私は知っています。]
しかしACIMのこの文章の中の「贖い主」は別な人を差しているのです。
誰が贖い主なのでしょうか? あなたの隣に座っている、あなたの真向かいに座っているあなたの兄弟です。 あなたが喧嘩しているあなたの兄弟姉妹です。 あなたが愛を交わしている兄弟姉妹です。

[To you who have acknowledged the call of your Redeemer, . .]
[自分の救済者(贖い主)の呼び掛けを認識したあなたにとって]

あなたがその人の目を覗き込んで(真の気遣いを持ってあなたが覗き込んだ故に)あなたがそこに父を認識するその人があなたの救済者です。
そして父を認識した結果として、あなた自身が目覚めるのです。
あなたが兄弟を(わだかまり/偏見の目ではなく)無垢/純真な目で見ようと考えられるだけ兄弟を愛したが故に、あなたの兄弟はあなたの救済者/贖い主なのです。
そしてあなたの無垢なヴィジョンの中で、兄弟姉妹(あなたの贖い主)の中に父が輝いていることが見えるのです。

[To you who have acknowledged the call of your Redeemer, the strain of not responding to His call seems to be greater than before. ]
[自分の救済者(贖い主)の呼び掛けを認識したあなたにとって、彼(精霊)の呼び掛けに呼応しないことは、以前よりも大きなストレスとして見えています。]

何故でしょう? それは以前まであなたは兄弟が自分の贖い主だとは気付いていなかったからです。 今まで兄弟姉妹は、日々を過ごす上でなんとか関わり合っていかなくてはいけなかった嫌な奴らでしかなかったから。
しかし彼等があなたの贖い主なのだと知った今、もう彼等に対して意地悪で独立的な投射を行なって罪悪感を感じずにいたり、自分の役割を果たしていないこと、をあなたは見逃せなくなるから(以前よりも大きなストレスが感じられるのです)。
だから今兄弟姉妹を憎む事が以前より難しくなっており、兄弟姉妹に最悪の性質を与えたり、彼等に対する間違った結論を(その結論に対する正当化と共に)下したりすることがより難しくなっているのです。

[To you who have acknowledged the call of your Redeemer, . .]
[自分の救済者(贖い主)の呼び掛けを認識したあなたにとって、]
兄弟姉妹の価値を見たあなたにとって、

[. . . the strain of not responding to His call seems to be greater than before. This is not so. Before, the strain was there but you attributed it to something else, believing that the "something else" produced it.]
[彼(精霊)の呼び掛けに呼応しないことは、以前よりも大きなストレスとして見えています。しかし実際にはそうではないのです。以前からストレスはそこにあったのです。 しかしあなたはその原因を何か他のことに求めていたのです。 そして「何か他のこと」がこのストレスを作っているのだ、と考えていたのですが、これは決して真実ではなかったのです。]

これを一番シンプルに言い表せば下記のようになります。
あなたが兄弟を見ている時、「彼はこのような者だ」とあなたが考えた様子に合わせてあなたは彼を見ていたのです。 そしてあなたは彼に対する自分の信念を信じて、あなたの問題に関して(あなた自身の不信心にその原因を求めたのではなく)、彼にその原因を求めたのです。
ここには二つの意味/解釈が示されています。
(一つ目の解釈/解説は)あなたが彼に対して信心を欠いており、あなたは彼から最低のものを期待していた、ということです。
(もう一つの解説は)あなたが「あたかも自分自身で自分の安全や健全に対して責任を負っており、その為に自分の兄弟を敵からの人質として捕らえて拘束し、あなたが自分のマインドを変えるまで、彼には何も出来なくさせておく必要がある」という思考をあなたが実践しているということです。
これら二つの不信心が行なわれていたのです。

[Before, the strain was there but you attributed it to something else, believing that the "something else" produced it. This was NEVER true. For what the "something else" produced was sorrow and depression, sickness and pain, . .]
[以前からストレスはそこにあったのです。 しかしあなたはその原因を何か他のことに求めていたのです。 そして「何か他のこと」がこのストレスを作っているのだ、と考えていたのですが、これは決して真実ではなかったのです。しかし「何か他のこと」が作ったのは悲しみと憂鬱と病と痛みと恐怖の薄暗いイメージと寒い怖れの幻想と灼熱の地獄の夢だったのです。]

何がこれら(幻想)を作っていたのでしょうか?
独立的思考です。独立そのものがこれらの幻想を作っていたのです。
何故なら、父からの独立を主張した途端、あなたは罪悪と怖れを(自分の)状況内に避けよう無く引き入れてしまったのです。 そしてあなたがこの装置{独立思考}を手放すまで、罪悪と恐れはそこに留まり続けるのです。

[For what the "something else" produced was sorrow and depression, sickness and pain, darkness and dim imaginings of terror, cold fantasies of fear and fiery dreams of hell. And it was nothing but the intolerable strain of refusing to give faith to truth, and see its evident reality.]
[しかし「何か他のこと」が作ったのは悲しみと憂鬱と病と痛みと恐怖の薄暗いイメージと寒い怖れの幻想と灼熱の地獄の夢だったのです。しかし実際にはそれらのイメージは、あなたが真実に対して信心を与えることを、そして真実の明確なリアリティを見ることを拒否していたことから来る耐え難いストレスだったのです。]

「真理に対して信心を与えずにいること」が「不信心を実践していること」で、その場合あなたには真理の明確なリアリティが見えなくなってしまっているのです。

[Such was the crucifixion of the Son of God.]
[神の子の磔とはこのようなことだったのです。]
(「神の子」とは)イエス・キリストのことを言っているように聞えるかも知れませんが、そうではありません。
これはあなたの兄弟姉妹のことなのです。

[Such was the crucifixion of the Son of God. His faithlessness did this to him.]
[神の子の磔とはこのようなことだったのです。彼(神の子)の不信心がこれを彼自身に対して行なったのです。]

兄弟の不信心が彼自身を惨めな存在/苦しみのポジションに据えたのです。兄弟のあなたに対する振舞いは、この(不信心の)マインド状態/体験から立ち昇っていたのです。

[Such was the crucifixion of the Son of God. His faithlessness did this to him. Think carefully before you let yourself use faithlessness against him. ]
[神の子の磔とはこのようなことだったのです。彼(神の子)の不信心がこれを彼自身に対して行なったのです。彼に対して不信心を使う前に注意深く考えなさい。]

(あなたが彼に対して不信心を使ったなら)それは盲人が盲人を導いて両者が溝に嵌っている状態なのです。しかしこの状態は回避することが出来るのです。
この状態(兄弟が自身を磔にしており、あなたが兄弟を裁いていること)からは何も良きことは起こらないのです。これは全く時間の無駄で、全く建設的/効果的でない状態なのです。

[Think carefully before you let yourself use faithlessness against . . .]
[...対して不信心を使う前に注意深く考えなさい。]

あなたの兄弟姉妹の不信心が彼等を惨めな状態に陥らせており、彼等の不信心が愛を必要とする振る舞い(愛の呼びかけ=愛を求める行為)を彼等にさせているのです。 彼等(あなたの兄弟姉妹)に対して不信心を使うのは止めなさい。

[Think carefully before you let yourself use faithlessness against him. For he is risen, and you have accepted the cause of his awakening as yours. ]
[彼に対して不信心を使う前に注意深く考えなさい。何故なら彼は蘇り(立ち上がり)、あなたは彼の目覚めの原因をあなた自身のものとして受け入れたのだから。]

あなたがここで(自分の兄弟に対して)不信心を実践せず、信心を実践し父と繋がって精霊から提供されるヴィジョン(真理をあばき示す啓示)を得たなら、あなたの兄弟は健全/十全に見られるのです。 あなたの兄弟が「キリストとして蘇った者」として見られるのです。
彼の神聖があなたに対してとても明白に示されて、それによって彼の神聖と同時にあなたの神聖があなたに指し示されるのです。

[For he is risen, and you have accepted the cause of his awakening as yours.]
[何故なら彼は蘇り(立ち上がり)、あなたは彼の目覚めの原因をあなた自身のものとして受け入れたのだから。]

あなたは自分が与えたものを、自分で保つことが出来るのです。
そしてあなたに保つことが出来るのは認識(アクティブに兄弟の無垢を見つけた結果として「兄弟に対するあなたの体験」内に神を見ること=啓示)なのです。

[You have assumed your part in his redemption, and you are now fully responsible to him.]
[あなたは彼の救出(贖い)に対する自分の役割を受け入れました、そして今あなたは彼に対して完全に責任を負っています。]

こうしてまた「関わり合い」が出て来ました。
何故あなたは彼に対して完全な責任を取ろうとしないのでしょう? 何故あなたは兄弟に対する全部の責任を負おうとしないのでしょう?
あなたのマインド内から彼のどの部分をも排除するべきではなく、どのような意味でも彼をあなたから排除するべきではないのです。
何故あなたは(全く不調和や不協を導入しない、そして兄弟や全ての状況に充足と高揚を与える)愛の現れに成り続ける責任を取ろうとしないのでしょうか?

[Fail him not now, for it has been given you to realize what your lack of faith in him must mean to YOU.]
[今彼を見捨てるのは止めなさい(彼を救済しなくてはいけません)。何故なら、彼に対するあなたの信心の不足があなたにとってどの様な意味があるか認識させるためにこの状況が与えられているのだから。]

今彼/彼女を見捨てるのは得策ではありません。
「彼を愛さない悪影響を避ける為に兄弟を愛するのなら、私は兄弟を愛しているのではなく、自分が苦しみたくないから自分の為にこれをしているだけではないか。」とあなたは考えてしまうかもしれません。
しかしこのように理屈をつけて、これを遅らせるのは良いアイディアではありません。
あなたにとって自分の兄弟(姉妹)が十分重要に成り、彼の目を見て、「その中に在るとはあなたが思っていなかったもの」(父/神)をそこに見つけるまで、あなたは目覚められないのです。

これをしない限り、あなたはその影響(神を見ていない悪影響)を受けてしまうのです。
そして彼(兄弟)を愛することがあなたの性質なのです。
兄弟のその本当の姿を見ることが、あなたの性質/本質なのです。
だからあなたが父の視点を訊ねている時、あなたはあなた自身の性質(本来のあなたの自然な視点/あなたの正気)に戻されることを求めているのです。
これはこのように働くのです。

[His salvation IS your only purpose. See only this in every situation, and it will be a means for BRINGING only this.]
[彼の救済だけがあなたの唯一の目的なのです。全ての状況においてこれだけ(彼を救済することだけ)を見るようにしなさい。そうすれば全ての状況は、これだけを行なう方法に成るのです。]
これを赦しのもう一つの条件と呼ぶことも可能でしょう。

[See only this in every situation, and it will be a means for BRINGING only this.When you accepted truth as the goal for your relationship, you became givers of peace . . .]
[全ての状況においてこれだけ(彼を救済することだけ)を見るようにしなさい。そうすれば全ての状況は、これだけを行なう方法に成るのです。真理をあなたの関係のゴールとして受け入れた時、(あなたの父があなたに平和を与えていると同じ位確実に)あなたは平和を与える人に成ります。]

真理をあなたの関係のゴールとして受け入れた時、あなたがその体験をした時、あなたが平和を与える人に成るのです。

[When you accepted truth as the goal for your relationship, you became givers of peace as surely as your Father gave peace to you. For the goal of peace cannot be accepted apart from its conditions, . .]
[真理をあなたの関係のゴールとして受け入れた時、(あなたの父があなたに平和を与えていると同じ位確実に)あなたは平和を与える人に成ります。何故なら、平和の条件を抜きにして平和のゴールを受け入れることは出来ないのだから。]

条件の一つはあなたが状況の全側面を受け入れる信心を実践しており、不信心によるどのような排除もそこでは行われていないことです。
これが平和の条件の一つです。 これが好奇心なのです。

兄弟姉妹があなたの贖い主であることを(あなたが)認識していることが、赦しのもう一つの条件です。
あなたがこれを理解していなければ、兄弟の目を見て「そこに在るとあなたが信じているもの」以外のものを見てみようとする好奇心は発揮出来ないのです。
その場合(あなたが兄弟を扱ったやり方故に、あなたが兄弟と接した方法故に)あなたは「自分自身を新しい方法で認識する機会」を自分から奪っていまいます。
だからこれ(兄弟姉妹があなたの贖い主であると認識していること)が赦しの条件の一つなのです。

[For the goal of peace cannot be accepted apart from its conditions, and you HAD faith in it, you HAD faith in it, for no-one accepts what he does not believe is real.]
[何故なら、平和の条件を抜きにして平和のゴールを受け入れることは出来ないからです。そしてあなたは平和のゴールに対して信心をすでに持っているのです。何故なら自分でリアルだと信じていないことを受け入れられる人はいないから。]

わたし達が話して来たことをあなたが行ない啓示と洞察を得たなら、あなたは平和のゴールに対して信心をすでに持っているのです。

『「それはリアルではない」と自分で信じていること』をあえて探そうとする人は誰も居ません。
そして残念なことにあなた達は罪/病/死を探しているのです。
あなた達はある程度の期間生命を探して、それから死んでいます。 これが受け入れられているのです。
あなた達はそれを信じています。 あなた達はそれに自分達の信心を与えているのです。

あなたがキリストであることを受け入れるのはハードです。あなたが神の息子/娘であることを受け入れるのはハードです。
瞬間的な癒しが可能だと信じることはあなたには難しいことです。失われた手足や臓器が出現出来ると信じることは、あなたには難しいのです。
この闘争に満ちた世界の中で平和を感じるために出来ることが(ポジティブ思考以外に)あると信じるのは難しいことです。
これが難しいハードなことなので、あなたはこれをしてみよう(信じてみよう)とさえしていません。
あなた達は「これが真実だと自分達が信じていること、これがリアルだと自分達で信じていること」だけに注意を払い続けているのです。

そして私がしていること全ては「リアルな、しかし現在のあなた達の定義とは違うこと」を信じるようあなた達を励まし、あなた達自身が作り上げた(そしてあなた達を縛り付けている)現在の定義群からあなた達が自分達自身を解放出来るようにすることなのです。
それらの定義は真理を表してはおらず、あなた達は神の聖なる子供であって、あなた達の生得権(持って生まれた権利)を取り上げることは不可能なので、これらの定義に縛られ続ける必要はないのです。

[Your purpose has not changed, and will not change, for you accepted what can NEVER change. ]
[あなたの目的は変化しておらず、これから変化することもありません。何故ならあなたが受け入れたものは決して変化し得ないものだったのだから]

あなたが聖なる瞬間を実践している時、(真理が真理であるが故に)真理がそれ自身の意思によりあなたのマインドの中に入って来て、あなたがそれ(真理)に抵抗しなければ、あなたのマインドが真理によって変えられるのです。
ここでの要点は、あなたがそれ(真理)に抵抗/反対しないこと、です。

[Your purpose has not changed, and will not change, for you accepted what can NEVER change. And nothing that it needs to be forever changeless can you now withhold from it.]
[あなたの目的は変化しておらず、これから変化することもありません。何故なら「あなたが受け入れたもの」は「決して変化し得ないもの」だったのだから。そして「それ(あなたが受け入れたもの)が永遠に不変であるために必要とされているもの」を「あなたの目的」から遠ざけておくことはもはや出来ないのです。]

これがあなたが期待出来ることなのです。
真理がクリア/明確に成った時、あなたはもうそれ(真理)を二度と手放せないのです。
幻想の中であなたと繋がってくれる他の兄弟を見つけることは出来るでしょう。しかし、あなたが体験したこと故に、あなたはもうそのようなこと(特別な関係)は求めないのです。これが確約されているのです。

[And nothing that it needs to be forever changeless can you now withhold from it. Your release is certain. Give as you have received. And demonstrate that you have risen far beyond ANY situation that could hold you back, and keep you separate from Him Whose call you answered. ]
[そして永遠に不変であるためにそれが必要としているものを、今あなたがあなたの目的から遠ざけておくことは出来ません。あなたの解放は確実です。あなたが受け取ったように、あなたは与えなさい。そして「あなたを押し留めてしまおうとする、あなたを彼から遠ざけて置こうとする(しかしあなたは彼の呼び掛けに答えたのです)」どの様な状況をもあなたは遥かに超えていることをデモンストレート(表明)しなさい。]

あなたの兄弟は常にあなたを呼んで(あなたを求めて)いるのです。
あなた同様に、あなたの兄弟は苦しんでおり、日々のストレスから自由ではありません。あなた達の日々は心配からは解放されていません。あなた達の日々は修正されるべき誤解から自由ではなく、誤解がもたらしているストレスから自由でもないのです。あなた達の日々は、平和な世界の体験で満たされてはいないのです。
であれば、これ(わたし達が今回言ったこと)を真理と認識して、赦しの条件を整え、あなた達の目覚めを早めなさい。

そして先週も言った通り、これはあなたが(アイディアや論理ではなく)兄弟姉妹と関わり合うことを意味しているのです。
そして兄弟姉妹との人間的関わり合いの中に父を持ち込むのです。
それは一体どのようになされるのでしょうか?
あなたが兄弟姉妹と関わっているやり方を変えることによって、です。

何故なら、あなたの兄弟姉妹の目を見て父がそこに現れていることを発見することによって、あなたは父を状況内に持ち込むのだから。
それがマインドの完全な変換にあなたを巻き込むのです。それが兄弟姉妹に対するあなたの知覚と感情を変革するのです。
そしてあなたはそこで自分の中の傲岸が蒸発してしまっていることを見つけるのです。
何故なら、あなたの傲岸さへ消え去れば、どのような排除も無くワンネス(一体性/全体性)が起こるのだから。 その時に赦しの条件の一つが満たされるのだから。

A Course In Miracles (reference pages)
Chapter 17 – Section: THE CONDITIONS OF FORGIVENESS
1 Sparkly Book – p.420 / JCIM – p.176 / CIMS – p. 354
Chapter 17 – Section: THE CONDITIONS OF PEACE
First Edition – p. 345 / Second Edition – p.370
2John 8:32
3Job19:25

「Northwest Foundation for A Course In Miracles」の行動は全て無料で提供されています。 これは無条件に差し伸べられた愛によって実施されています。 ギフトとはその様なものだから。 あなたと同等の方が既にこのギフトをあなたに差し出したので、これらの資料があなたに提示されています。 Raj の指示により、これらの資料が売買される事はありません。 この機関「Northwest Foundation for A Course In Miracles」へ募金される場合、下記のWEBサイトを通して行なうか、あるいは下記の住所に郵送して下さい。


A Course in Miracles Study Group with Raj, October 23rd 2011
© by The Northwest Foundation for “A Course in Miracles” a non-profit corporation.
All rights reserved
PO Box 1490 / Kingston, WA 98346-1490 / USA
Phone: 360-638-0530 Fax: 360-881-0071
Website: http://www.nwffacim.org
E-Mail: paul@nwffacim.org

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

ACIM11-10-15

わたし達が今まで話して来たことは全て関係に関することです。
どのようにしたら不聖な関係を手放し、聖なる関係が持てるようになるのか、わたし達は話してきました。
そして『あなた達が常に「全ての物/者」と関係を持っていること』に関して話してきました。
あなた達は、お互いに対してだけではなく、神の創造の全ての部分、テーブル、椅子、ランプ、空、雲 、全てと関係を持っているのです。

しかし岩や葉っぱと完全に聖なる関係を持つだけでは目覚める事は出来ないことを理解して欲しいのです。
あなたが父から離縁を得て独立的存在に成った時、あなたは自分自身だけでそれをしたのではないのです。あなたが父の前に自分一人だけ立って父を否定したのではないのです。
あなたはもう一人の神の息子/娘と繋がって「自分が見たいように全てを見て、そう見る事によって全てを決定しよう」という決断を二人でしたのです。
「それぞれのことが何か、全てのことの意味、全てのことの働き、そしてどのようにして全てが自分の利益のために使えるか」自分達で決めよう決断したのです。

そしてあなたともう一人の人は「これが樹だと合意しましょう。これが花だと合意しましょう」と言ったのです。 
「全ての生命は(神のマインドから始まったものではなく)過去から始まった進化というプロセスの一部なのだと合意しましょう。」とあなた達は言ったのです。
だからこれはある意味では、あなたとあなたのパートナーが神の前に進み出てお互いと結婚することにより、神から離婚したような感じなのです。
そしてあなた達は一緒に協力し合って独立的存在として振舞い出したのです。 しかしこれは本当は独立的存在という状況では在りませんね? {何故ならあなた達は相互合意の中では繋がっているのだから。}
あなた達二人は一緒に独立する決意をして、お互いと繋がりあなた達の父を離れ、あなた達の父を放棄して、(その直前まであなた達のものでもあった)父の視点/視界を放棄したのです。
こうしてあなた達が天国を去ったので、あなた達は自分達の正気を捨てて(リアリティに反した)相互合意の中で相手と繋がり、リアリティに抵抗するようになったのです。
とてもシンプルでしょう?
あなたの帰還(家路)はあなたが一人ですることでなく、あなたが兄弟姉妹と一緒に行なうことのなのです。
だから「あなたの兄弟の目を見て神を思い出しなさい。“to look into your brother’s eyes and remember God.” 」と書かれているのです。

これが条件なのです。 このようにしてこれ(聖なる瞬間/神聖)は働くのです。

これ(目覚めること)があなたの兄弟姉妹に依存していない(兄弟姉妹と関係ない)事であったなら、これはもっと簡単だったろうと思えるかもしれません。
しかし目覚めは兄弟姉妹とあなたの関係に依存しているのです。

わたし達は先週下記の文章を読みました。

[The power set in you in whom the Holy Spirit’s goal has been established . . .1 ]
[あなたの中に設定されている力は(精霊のゴールが設立されている者の中では)]

あなたが{自分の関係の中に}精霊を呼び込むことを決断した故に


[. . . is so far beyond your little conception of the infinite that you have no idea how great the strength that goes with you. And you can use THIS in perfect safety. Yet for all its might, so great it reaches pas the stars and to the universe that lies beyond them, your little faithlessness your little faithlessness can make it useless, if you would use the faithlessness instead.]
[無限に対するあなたの卑小な概念を遥かに超えているものなのです。 だからどれだけ偉大な力が自分と共にあるのかあなたには理解出来ていません。そしてあなたはこれを(この力を)完全な安全の中で使うことが出来るのです。しかし(星を越えてその彼方の宇宙まで届く)その偉大な力にも関わらず、あなたの不信心(疑い)が僅かでもあれば(あなたがこの力の替わりに不信心を使ったならば)それは不能になってしまうのです。]

あなたが僅かの不信心でも使ったなら「あなたと共にある偉大な力」は不能に成ってしまうのです。

信心とはあなたが精霊と繋がることです。
信心とはあなたが父の視点/視界を呼び込みそれと繋がることです。
信心とはあなたの独立を放棄すること、考えるあなたの能力を放棄することです。
「あなたの考える能力」{神から分離して一人だけで思考する能力}という方法を受け入れ使うことにより、あなたと兄弟姉妹は自分達を独立存在(自分達が孤児な状態、自分達が真理に対して無知な状態)として設立したのです。

(父/「全てに意味を与えている者」に訊ねること無く)あなた一人で考える行動が、全てに対するとても歪んだ体験をあなたに与えています。
あなた達は兄弟姉妹達とパートナーシップを持っているように見えていますが、あなたは兄弟達からも独立しており、一緒になってしかし独立的に行動しており、だから一見調和的に振舞っているように見えているのです。
あなたは完全に自己防御状態にあり、それは全く繋がっていない状態にあるのですが、一見兄弟姉妹達と合一しているように見えるのです。
わたし達はこのこと(特別な関係)に関して話して来て、この状態から離れることが目覚めなのだと言ってきました。
少しでも考えてしまうことが、神から完全分離/独立している行動なのです。
あなたがほんの少しでも{自分だけの、神と共有していない}思考を持っている時、それは父からの完全な離脱なのです。

目覚めることとは、つまり信心の実践とは、再び繋がり直すことなのです。
しかしこれはただ「父よここの真理は何ですか?」と言って父と繋がることだけではありません。「精霊よ、(それを体験することが私の当然の権利である)真理の叡智で私を満たしてください。」と言うことだけが全てではありません。
あなたは真理を知りたいと求めて、それにより知り得た体験/理解の基盤から(あなた自身が兄弟を愛していることを知り、その理解/体験から)兄弟と関わり合えるよう(兄弟を見れるよう)になるべきなのです。
目覚めるためには「目覚めようとするあなたの目的」があなたの兄弟である必要があるのです。 {あなたは「兄弟の為に目覚めたい」と思えるようになる必要があるのです。}
これはとても美しいことです。
そしてこれはあなた達の通常の意識/意図ではないのです。
インスピレーションの(霊に満たされた)瞬間に、情熱の瞬間に、エエ{これが熱望されるのです}。

さて、
[. . . your little faithlessness . . .. . . can make it useless, . . . if you would use the faithlessness instead.]
[あなたの不信心(疑い)が僅かでもあれば(あなたがこの力の替わりに不信心を使ったならば)それは不能になってしまうのです。]

不信心によって不能になってしまう「それ」とは、精霊によってあなたに設定されて(与えられて)いる力です。

[Yet think on this, and learn the CAUSE of faithlessness: You think you hold against the other what he has done to you.]
[これに関して考えてみなさい。そして不信心の原因を学びなさい。{不信心の原因は}『「他者があなたにしたこと」を理由にあなたが他者を非難している』とあなたが考えていることなのです。]

葉や花や木などがあなたに対して不信心を持っておらず、それらはあなたに対して何の不信心も表明してはおらず、それらは思考や意見や見識で自らを飾らずにそれら自身をそれそのままにあなたに示しており、(あなたを本当に愛している)父の意図をあなたに輝き届けている、と理解することは素晴らしいことです。 
しかしあなたの兄弟達は(父から分離した)自分達の目的/理由を持っており、だからあなたを{父のようには}愛してはいなくて、だから兄弟達は不信心を使ってしまうのです。 そしてあなたも自分の兄弟に対して同じことをしているのです。

[. . . think on this, and learn the cause of faithlessness: ]
[これに関して考えて見なさい。そして不信心の原因を学びなさい。]

「自分の最上の考えを基に兄弟へアプローチしよう(働きかけよう)」というこの意欲(不信心)は何処から来ているのでしょうか?
何故あなたは、父の視点/視界と繋がって兄弟へアプローチしよう(兄弟と関係しよう)とする代わりに、不信心を使ってしまうのでしょうか?

[You think you hold against the other what he has done to you. But what you really blame him for is what YOU did to HIM.]
[{不信心の原因は}『「他者があなたにしたこと」を理由にあなたが他者を非難している』とあなたが考えていることなのです。
しかしあなたが彼を非難している本当の原因(理由)は「あなたが彼に対して行なったこと」なのです。]

[あなたが彼に行なったこと...]
精霊や父と繋がらないことを選択して、全てを自分の最上の思考/理論/判断に基づかせている時、あなたは意地悪なマインドの中に居るのです。 何故なら、その時あなたは怖れていて、それ故にあなたは自己防御的なマインドに成っていたのだから。
(あなたが父/精霊と繋がっていない時)あなたは怖れを体験しているのです。 そしてあなたが怖れを体験していたのは、あなたが父を離縁して、父からの離縁状態がもたらす怖れ(自分が傷付いてしまうかもしれないという怖れ)を感じているからなのです。

[It is not HIS past but YOURS you hold against him.]
[あなたが彼を非難し嫌っている原因は、彼の過去の行いではなく、あなたの{過去}の行い故なのです。]

ここに状況がより詳しく述べられています。
まず第一に、あなたを怖れさせる理由を彼が提供している故にあなたは彼(兄弟)を嫌う(非難する)のです。
しかしあなたが怖れを感じている本当の理由は彼の行動ではなく、父から独立した状態(源から切り離された状態)で彼を見ることをあなたが選んでいるのであなたは怖れているのです。 これが傷つき易さの体験(不死身でない体験)なのです。

だから、
[. . . what you really blame him for is what YOU did to HIM.]
[...あなたが彼を非難している本当の原因(理由)は「あなたが彼に対して行なったこと」なのです。]

あなたが彼に対して行なったこと(行なっていること)とは、「あなたの独立のレンズ」そして「あなたの怖れと罪悪のレンズ」を通して彼を見ること(あなたの歪んだマインドの枠組みを使って彼を定義/判断すること)なのです。
これがあなたが彼(兄弟)に対していることなのです。
だからあなたは自分の意地悪でネガティブで自己防御的な見方/態度/姿勢を彼に投射するのです。
それからあなたは自分自身の見方(態度)を信じて、「彼に責任がある! 彼が悪いのだ!」と言うのです。

しかし彼は神の聖なる子供なのです。
しかしあなたが彼を見てその目を覗き込んだ時、あなたは彼の過去を見て、彼の人間性(過ち)を見て、彼の欠点を見るのです。
しかしあなたが見ている欠点は、あなたが彼に投射しているものなのです。何故なら、あなたはその時彼と本当の繋がりは持っていなかったのだから。
それは愛ではなく、それは合一(ひとつになること)ではなく、それはパートナーシップではなく、それは関係でさえもないのです。
これは誰かとの関係から抜け出ようとする試みなのです。この狂気が解りますか?
これは独立的に一緒に成ろう(分離したまま一緒に居よう)とする試みなのです。
あなたが彼に対してこれ(独立的な見方を投射すること)を行なっており、これ(あなたが彼に対して投射したこと)故にあなたは彼が嫌いなのです。 あなたが彼を怖れているのはこれ故(あなたが投射を彼に対して行なっているから)なのです。

[. . . what you really blame him for is what YOU did to HIM. It is not HIS past but YOURS you hold against him. And you lack faith in him because of what YOU were.]
[あなたが彼を非難している本当の理由は、..あなたが彼に行なったことが原因なのです。そしてあなたの過去故に、あなたは彼を疑っているのです。そして「あなたの過去」故に、あなたは彼を疑っているのです(あなたは彼に対して不信心なのです)。]

自分の父を離縁しているあなた、独立していることを選んでいるあなた、独立状態を保った上で重要な者に成れると考えていたあなたは、
[Yet you are as innocent of what you were . . . . . . as he is.]
[あなたは(彼同様に)過去に自分であったものから無罪なのです。]

あなたは「これが自分だとあなたが考えていた状態(そしてこう成りたいとあなたが考えていたこと)」に対して無垢/無罪なのです。
ここに奇跡の答えがあるのです。「あなたは、彼と同様に(彼と同じだけ)無垢なのです。」

『何故あなたはそれ(自分が彼と同じだけ無垢であること)を見ようとしないのでしょうか?』 あなたはこの質問を自分にする必要があります。
この質問に対する答えは一つだけです。
『それ(あなたと兄弟の同等の無垢)を見ようとしない理由などありません。』
答えはひとつだけで、それは「それ(無垢)を見ようとしない理由など無い」です。
そしてそこにあなたの救済が在り、そこに彼(兄弟)の救済があるのです。何故なら、彼の無垢を見ようとすることが、あてどない道にあなたが嵌り込んでしまうことを阻止するのだから。

[. . . you are as innocent of what you were, as he is.]
[あなたは過去に自分であったものから無罪なのです。彼もそうであるように。]

あるいは「自分は過去にこうであったに違いない」とあなたが信じていることから、あなたは無垢/無罪なのです。
このアイディアはとても衝撃的なものです。
このアイディアはあなたを打ちのめしてしまうのです。
このアイディアはあなたのマインドを大きく押し広げるのです。このアイディアはあなたのマインドの限定を手放させるのです。
あなたは彼と同等に無罪なのです。
彼はあなたと同じ位無垢なのです。
(あなたが彼と共に関わっていた、そして自分の関係の意味を決める為にあなたが使っていた)意地悪な卑小な視点からあなた自身と彼(兄弟姉妹)を解放することがあなたから求められているのです。
「私がこうしている(こう考えている)ことには正当な理由はない。私は、自分がこうしている理由を捜し求める必要はない。私はただ『自分の兄弟が私と同じに無垢なのだ』、『神の聖なる子である私は、彼と同等に無垢なのだ。神の聖なる子である彼女/彼と同じだけ私は無垢なのだ。』という可能性を考慮してみれば良いだけなのだ。」とあなたが言えるようになる必要があるのです。
解りますか? あなたは違ったパースペクティブ(視点/視界)にシフトして、今までの無意味な視点を放棄する必要があるのです。

[What never was is causeless, and is not THERE to interfere with truth.]
[実際に起こらなかったことには原因がなく、それは存在しておらず、それが真理の邪魔をすることもないのです。]

あなたが自分の兄弟に関して言っていること、彼の責任/間違いだとあなたが責めていること、あなたが彼に投射して彼に責任を与えていること、には原因が無いのです。
それはリアルではないのです。それは想像上のものなのです。それだけなのです。

[What never was is causeless, and is not THERE to interfere with truth.]
[実際に起こらなかったことには原因がなく、それは存在しておらず、それが真理の邪魔をすることもないのです。]

だから真理は邪魔されなかったのです。
だからリアリティ/天国(あなたはこれを自分の中に届けるプロセスの中に居るのです)は、あなたに届く(響く)ために待っているのです。
何も向上させる必要はないのです。 あなたの「嫌なヤツ」である兄弟は、なにか自己改革して神の子に成る必要などないのです。
彼はただ、あなたによって神の子として真摯にシンプルに認識される必要があるだけなのです。
これが「兄弟の目を見て神を思い出すこと」のあなたの役割なのです。
オープンに成って、兄弟(姉妹)の神聖があなたに届く(響く)ことが可能な場所に居ること。 必要なのはそれだけなのです。

[There IS no cause for faithlessness, . .]
[そこには不信心の原因は存在しておらず、]

不信心の原因は存在していません。
信心の原因(理由/必要)がそこには存在しているのです。
これは「暗闇の原因は存在しておらず、光りの原因が存在している」と言うようなものです。
暗闇はたんに光の不在でしかなく、それは現れ(存在/実在)ではないのです。
同様に、不信心も現れ(存在)を持ってはいないのです。 不信心には原因が無いのです。
不信心には原因が在りませんが、しかし真理/信心には原因があるのです。
この原因が「この原因の目的を分け合っている全ての状況内」に入って来ているのです。

そして存在している全ての状況は神の目的を分け合っているのです。何故なら全ての本当の状況は「神が動いていること/神が現れていること」なのだから。
しかし「神の目的を分かち合っている全ての状況」が、現在あなた達に「神の目的を分かち合っていること」として体験されているとは限りません。
全ての目的をあなたのプライベートでパーソナルな視点から決めようとしている場合、あなたの状況は「神の目的を分かち合っていること」としては体験されないのです。
その場合、あなたは真理を見ず、あなたは真理と関わるポジションにはおらず、あなたは状況/関係のリアリティと関わり合うポジジョンには居ないのです。

[The light of truth shines from the center of the situation, . .]
[状況の中心から真理の光が輝いており、]

例えそれがどのような状況であっても、それは天国が天国としてあなたの前に現れている状態か、そうでなければ、それは「あなたがその状況に対して与えている定義」に従って天国が現れている状態なのです。

しかし、
[The light of truth shines from the center of the situation, and touches everyone to whom the situation's purpose calls.]
[状況の中心から真理の光が輝いており、真理の光りが「この状況の目的が呼び掛けている全ての人」に触れています。]
 
あなたに見えているこの宇宙/世界が進化の受動的な連鎖反応ではないことが解りませんか?
これは神のアクティブな現れ(神の能動的出現)が無限に(際限なく)表現されており、表現しており、愛を拡張し、その意味をあなたに無条件に差し出しており、意図的にあなたを抱擁していることなのです。
それは「神の現れの目的が神の現れそのものを放射する(光り届ける)ことだから」だけではありません。
神の現れが「神の現われであるもの」を放射するのは、あなたとの関係の中でそれ(神の現れの放射)をしてあなたが神の現れを在るがままに体験出来るようにする為なのです。 この目的が神の現れの中に組み込まれているのです。
壁が、床が、カーペットが、あなたが今直面している全てのものが、それらのその神聖故にあなたを愛しているのです。
それら全てが「それら自身の意味をあなたにコミュニケート(伝達)しよう」という意図を持ってあなたを抱擁しているのです。
その意味とは「今この瞬間に父によって設定されており、父が自身を表現し父の表現が体験されること」を意図してのです。

あなたは常に環境/状況内に居り、それは愛のサークル(循環)、愛の抱擁、(もしあなたが自分の役割を果たしているなら)愛が与えられ受け取られることなのです。
あなたが「兄弟の目を見つめて神をそこに見る」役割を果たしていたなら、あるいは「花を眺めて神を見る」役割をあなたが果たしていたなら、世界があなたを抱擁しているギフトがあなたにより受け取られ、あなたがそれ(ギフト)を認識していることが「あなた達が分け合っている愛をそれ(花)に与え返す(ギフトを返す)こと」なのです。
それ以外のどのような「概念/定義群/(あなたが持ち込む)卑小な意地悪な意味」をも挿入することなく(あなたが世界から受け取ったギフトを与え返すのです)。
だから、これは与える事と受け取る事のサークル(循環)なのです。

[That Cause has entered any situation which shares Its purpose. The light of truth shines from the center of the situation, and touches everyone to whom the situation's purpose calls.]
[この信心の原因が、この(信心の原因の)目的を分け合っている全ての状況内に入って来ています。状況の中心から真理の光が輝いており、この状況の目的が呼び掛けている全ての人に触れています。]

「状況の目的」とは何でしょう?
「状況の目的」とは状況を設定したときに父が決めた目的です。
それは神が自身を伸ばしていること、神が拡張していることです。

[The light of truth . . . . . . or God . . .. . . shines from the center of the situation, and touches everyone to whom the situation's purpose calls. [And] It calls to EVERYONE. ]
[状況の中心から真理の光{あるいは神}が輝いており、この状況の目的が呼び掛けている全ての人に触れています。これが全ての人に呼び掛けています。]

だから、それ(真理の光り)は全ての人に触れているのですが、全ての人達がそれを体験しているわけではありません。
ギフトを前にして、人が自分の定義を(ギフトの中/前に)挿入することによってギフトを「何か他のもの」に変えてしまえば、「そのようにしてギフトの意味を変えている人」には神が見えなくなってしまいます。

[It calls to EVERYONE.]
[これが全ての人に呼びかけています。]

状況内の目的が全ての人達に呼び掛けるのです。
それだけではなく、これは愛の呼び掛けでなのです。これは「その中であなたが愛のギフトで抱擁されている」意識的な愛の抱擁なのです。

[There is no situation which does not involve your WHOLE relationship, in every aspect and complete in every part. You can leave nothing of yourself outside it, and keep the situation holy. ]
[あなたの関係全体(の全要素)が全ての状況に対して完全に関わっているのです。あなたが自身のどこか一部でもこの関係の外に置いたなら、この状況を神聖に(十全に)保つことは出来ません。]

あなたが自分の思考や信念や意見を挿入していてそれらに完全に従っている限り、あなたはあなた自身の一部を状況/状態/天国の外に置き続けているのです。
あなたはあなたのマインドの一部を分離して、あなた自身の定義や意味でそれ(あなたのマインドの一部)を満たし、それらの定義や意味を状況に当て嵌めているのです。
だからその場合、あなたは兄弟の眼の中に(あるいは花や虫や土の中に)神を認識することに対して「あなた自身の全体」を与えていないのです。

[You can leave nothing of yourself outside it, and keep the situation holy. For it shares the purpose of your whole relationship, and derives its meaning from it. Enter each situation with the faith that you give to each other, or you ARE faithless to your own relationship. ]
[あなたが自身のどこか一部でもこの関係の外に置いたなら、この状況を神聖に(十全に)保つことは出来ません。何故なら状況はあなたの関係全体の目的を分け合っており、そこから(あなたの関係全体の目的から)その意味(その存在理由)を届けているのだから。あなた達はお互いに信心を与え合いながら状況の中に入って行くべきなのです。でなければあなたは自分の関係に対して不信心なのです(信心を与えておらず疑っているのです)。]

そしてわたし達は、あなたと花や岩の関係ではなく、あなたとあなたの兄弟姉妹の関係に関して話しています。

[Enter each situation with the faith that you give to each other, . .]
[あなた達はお互いに信心を与え合いながら状況の中に入って行くべきなのです。]

信心とは、つまりあなたが父と繋がった場所から(その場で起こっている事に対する)父の視点を求めている状態のことです。

[Enter each situation with the faith that you give to each other, or you ARE faithless to your own relationship. ]
[あなた達はお互いに信心を与え合いながら状況の中に入って行くべきなのです。でなければあなたは自分の関係に対して不信心なのです(信心を与えておらず疑っているのです)。]

こうして(お互いに対して信心を与えなければ)あなた達は天国の中に入って行けないのです。 その場合、あなた達は自分達の目の前で変容を見ることが出来ません。
その場合、病が健康で取り替えられたり、失われている手足や臓器が(手術などを経て)修復されたり、二分化(分極化)が健全(全体性)で取り替えられたりすることが見えないのです。

[Enter each situation with the faith that you give to each other, or you ARE faithless to your own relationship. ]
[あなた達はお互いに信心を与え合いながら状況の中に入って行くべきなのです。でなければあなたは自分の関係に対して不信心なのです。]

このようにして(お互いに信心を与え合わずに状況の中に入って行くことにより)夢が継続され続けているのです。
このようにしてあなた達は自分達の正気に帰ることを拒否しているのです。
このようにしてあなた達は全ての状況から「その中で神を認識して、あなた一人の意志への固執を手放して、あなたが父の視点と調和出来るように」呼びかけられている事を回避してしまっているのです。

[Your faith. . . your joined state . . will call the others to share your purpose, as this same purpose called forth the faith in YOU. ]
[この目的があなたから信心を求めており、あなたの与えた信心(あなたが神と繋がっている状態)があなたの目的を受け取り分かち合うよう他の人達に呼びかけるのです。]


さてわたし達はまた「関わり合い」という言葉に帰って来ました。
あなた達は現在地球上で何が起こっているかとても良く解っています。
そこでは関わり合いが呼び掛けられています。 そこには関わり合いの必要が表明されています。
つまり、関わり合いの呼び掛けが、関わり合いの必要を前面に引き出しているのです。
人によってはこれをゴチャゴチャした紛争と見ており、人によってはこれをネガティブ(否定的)に見ており、人によってはこれを救済と見ています。
しかし要点は、全ての人達が自分達の家に閉じこもってプライベートな思考を持ち「エジプトの春が、ここではなく、エジプトで起こっていて助かった!」と考えている訳ではないということです。
「マイ・ゴッド、私も関わり合わなくてはいけないかもしれない。私は椅子から立ち上がって、電話を掛けて、人々の集まりに参加して、カメラに写って(何かここで起こっている重要なことが見られるよう)注意を引かなくてはいけないかもしれない。」
つまり(そのような)関わり合いが必要なのです。

[Your faith will call the others to share your purpose, . .]
[あなたの与えた信心があなたの目的を受け取り分かち合うよう..呼びかけるのです。]

あなたが父と繋がり(それがあなた自身の正気なので)父の視点を求めて、
[. . . will call the others to share your purpose, as this same purpose called forth the faith in YOU. And you will see the means you once employed to lead you to illusions transformed to means for truth.]
[...あなたから信心を求めており、あなたの与えた信心があなたの目的を受け取り分かち合うよう他の人達に呼びかけるのです。そしてあなたは「一度は自分を幻想に導く為にあなたが使っていた方法」が「真理の方法」に変換されることを見るのです。]

自身を幻想に導く為にあなたが以前使っていた方法とは、そしてあなたを真理に導くことにも使える方法とは、何でしょうか?
それはあなたの注意/意識の使い方なのです。
あなたが自分の注意を与えている方法(方向)が、(幻想を導くか/真理を導くか、という)状況内の違いをもたらすのです。
あなたの注意をあなたのプライベートな最上の思考に与えることがあなたを幻想に導きます。
しかしそれと全く同じ注意を父に与えることが、あるいは「精霊よ、ここの真理は何ですか?」と言ってあなたの孤立を破ることが、あなたを真理へと導くのです。

だから、
[. . . you will see the means you once employed to lead you to illusions transformed to means for truth.]
[...あなたは「一度は自分を幻想に導く為にあなたが使っていた方法」が「真理の方法」に変換されることを見るのです。]

どれだけこれがシンプルか解りましたか?
あなたは何か新しいことを学ぶ必要は無いのです。
あなたは自分の注意を「ここ(自分の思考)」から「そこ(父の視点)」に移すだけで良いのです。
そしてあなたはすでに「どのようにすれば自分の注意を使えるか(移せるか)」知っています。
これに関しては何も新しく学ばなくて良いのです。
だから、これはとてもシンプルなことなのです。

(ラジは下記の一文章を飛ばしました。)
[真理は信心を求め、信心は真理のための空間(余裕)を作ります。]

[When the Holy Spirit changed the purpose of your relationship by exchanging yours for His, the goal He placed there was extended to every situation in which you enter, or will EVER enter. And every situation was thus made free of the past, which would have made it purposeless.]
[精霊が(あなたの目的を彼の目的で置き換えて)あなたの関係の目的を変えた時、「彼(精霊)がそこに置いたゴール」が「あなたの入って行った(そしてこれから入って行く)全ての状況」へと差し伸ばされた(拡張された)のです。]

だからあなた達の地球上で起こっている事柄は過去を手放す方法(機会)なのです。
しかし抗議するだけでは、声を上げるだけでは、協力して繋がり合うだけでは十分ではないのです。
繋がることが、「父よ、ここに求められていることは、ここに呼び掛けられていることは何ですか?」と訊ねながら関わり合う必要があるのです。 
全ての人達が、出来るだけ沢山の人達が、父に訊ねて自分達の繋がりを(父の視点/視界で)照らし出す必要があるのです。

「父よ、変容をもたらす真理は何ですか? 父よ、何が(複雑な理解ではなく)シンプルな要点なのですか? 何が(その上で全体像がシフトできる)回転軸なのです。 私にインスピレーションを下さい(私を霊で満たしてください)。何故なら、私はそれを分け合いたいのだから。何故なら、私は平和を求めているのだから。 私に答えてください。私の為に真理を照らし出して、シンプルな答えをください。」
と言うのです。
何故でしょう? あなたが安楽椅子に座って(テレビなどで放映されている)物事の真理を知って「オオ、あなた達がこれを知ったなら、あなた達は驚き、これは止まるでしょう。」{これは皮肉だと思われます。 訳注}
だから、あなたの関係の中にそれ(聖なる瞬間やそこで示される真理)をアクティブに取り込まなかったなら、聖なる瞬間の実践や真理を見ること学ぶことは全く無意味なのです。

[Your faith will call the others to share your purpose, as this same purpose called forth the faith in YOU.]
[この目的があなたから信心を求めており、あなたの与えた信心があなたの目的を受け取り分かち合うよう他の人達に呼びかけるのです。]


「では、これは実際に他の人達との関わり合いに発展して、私の目的(つまり父の目的)を彼等と共有しなくてはならないのですか? えー! でも私は仕事をしていて、私には責任があって、私には面倒を見なくてはならないことがあるのです。私は自分の人生をとても論理的にとても知性的に設定しており、そこには秩序があるのです、関わり合いはその全てを壊してしまうでしょう!もし私のすることが、私の目的を他の人達とシェアー(共有)することに繋がるなら、そして私の目的はいま神の目的で、...しかし私はそのようなことは求めませんでした。」{とあなたは考えてしまうかもしれません。}

しかし「父よ、私は離縁を求めます。父よ、私は自分の見方で物事を見てみたいです。」と言った途端、あなたはこの必要(神の目的のもとに他者と関わる必要)を自分にもたらしたのです。 何故ならあなた達は故郷に戻る必要があるのだから。
あなたは永遠に狂気の中に居続ける訳にはいかないのです。 そして一秒たりとも狂気を体験する理由はどこにもないのです。

[When the Holy Spirit changed the purpose of your relationship by exchanging yours … the one you made up ... for His, the goal He placed there was extended to every situation in which you enter, or will EVER enter. And every situation was thus made free of the past, which would have made it purposeless.]
[精霊が(あなたの目的を{あなたが自分ででっち上げた目的を}彼の目的で置き換えて)あなたの関係の目的を変えた時、「彼(精霊)がそこに置いたゴール」が「あなたの入って行った(そしてこれから入って行く)全ての状況」へと差し伸ばされたのです。このようにして全ての状況が(それを無目的にしていた)過去から解放されたのです。]

今起こっていることが、無目的(無意味)なことを終らせるのです。

[You call for faith because of Him Who walks with you in EVERY situation. ]
[全ての状況内をあなたと共に歩んでいる彼故に、あなたは信心を求めたのです。]

「彼」とは精霊です。 「彼」とは「父/神」であり、あなたの兄弟姉妹です。

[You call for faith because of Him Who walks with you in EVERY situation. ]
[全ての状況内をあなたと共に歩んでいる彼故に、あなたは信心を求めたのです。]

彼(兄弟姉妹/精霊/父)故に、あなたは繋がることを求め、繋がることを要求するのです。
しかしあなたの兄弟姉妹がキーなのです。何故なら、彼/彼女なしではあなたは故郷に帰れないから。
彼/彼女とあなたが一緒でなければ、(あなたが拒否していることをしてくれる他の人を彼が探し出すまで)彼は故郷に帰れません。
「まだ引き出されていないこと」を状況内に引き出そうとしてくれる人が必要なのです。

[You are no longer wholly insane, nor no longer alone. For loneliness in God MUST be a dream. ]
[あなたは最早完全に狂気ではなく、孤独でもないのです(孤立してもいないのです)。何故なら神の中では孤独は夢でしかないから。]

さて、あなたは何時でも決して孤独ではなかったのです。
しかしあなたは自分が孤独だと考え、自分が孤独だと感じていました。
しかしそれはあなたが「父よ、私はこれを自分でしたいです。だから放っておいて下さい。」と言ったからです。
「私は安楽ではありません。しかし自分の前に据えた運命を手放すほどの不快感は感じていません。わたしはまだギブアップしたくありません。」{とあなたは言っているかもしれません。}
しかしこれは(このような考えは)もはや何も正当化していないのです。

目覚めはもうそこに迫っていて、あなたには選択権がないことを(あなたが目覚めを拒否することは出来ないことを)私は言いましょう。
何故なら目覚めは急激に起こっており、変容は急激に起こっており、故に「幻想/分離を保つ(幻想を有効にし続ける)為に繋がっている人達」は急激に減少しているのだから。 そして現状維持を続けることはより困難に成って行くのだから。

その効果をあなた達は世界の中に見ています。
そこに秩序が見えないからといって、そこにプランが見えないからといって、それを直ぐに見過ごしてしまわないで下さい。
それをやり過ごしてしまわずに、どのようなプラン/目的/ゴールがあるのか聞き始めてください。状況の中からどのような呼び掛けがなされているか聞き始めてください。
何故なら、神が全ての中心に居るのだから。
何故なら、全ての状況は天国をクリアに見ているか、そうでなければ天国を誤認識している状態なのだから。

だからジャッジメント(断罪/断定)を行なうのは止めなさい、何故ならジャッジメントは誤認識/誤解なのだから。
そして「何が答えなのだろう? 何が私の役割なのだろう?」と訊ね始めなさい。

だから皆さんは実際に何か行動してください。実際にカウチから立ち上がって、わたし達が話しているアイディアに基づいて誰かに触れてください。
そのアイディアとは「答えを探し始めるべきだ」ということです。 「我々は真理を欲している」と言っている人達がお互いと衝突している有り様から見えている「答えが起こっているプロセス」に対して批判的になるのではなく(行動を通して答えを見つけ始めてください)。

[You whose relationship shares the Holy Spirit's goal are set apart from loneliness because the truth has come.]
[あなたの関係は精霊のゴールを分け合って(受け入れて)おり、あなたは孤独から守られています。何故なら真理が入って来たのだから。]

あなたと兄弟(姉妹あるいは世界)との関係は[精霊のゴールを分け合って]います。 それはあなたが「父よ、ここの真理は何ですか? 精霊よ、ここの真実は何ですか?」と言ったからです。

. . . are set apart from loneliness because the truth has come. ]
[...あなたは孤独から守られています。 何故なら真理が入って来たのだから。]

あなたが真理を訊ね、それを真摯に求め、答えに聞き入ったなら、そして明晰な答えがやって来るまで耳を澄ます(答えを期待する)ことをやめなかったなら、その時真理がやって来るのです。

[Its call for faith is strong. ]
[それは力強く信心を求め呼びかけています。]

何が信心を呼びかけているのでしょうか? それはあなたの関係です。
あなたと同胞の関係が、信心を求め呼びかけているのです。
あなたとイタリア/シンシナティ/シアトル/日本/インド/他の地の同胞との関係(が信心を強く呼びかけているのです)。

[Its call for faith is strong.]
[それは力強く信心を求め呼びかけています。]

何に対する信心でしょう? それは何か対象物に対する信心ではなく、それは繋がることへの呼び掛けなのです。
信心は繋がることの「意味/意義」で、それは繋がった結果として起こる「意識が目覚める(インスピレーションを受け入れている)あなたの体験」として示される「意味/目的」なのです。
これが信心なのです。

[Its call for faith is strong. ]
[それは力強く信心を求め呼びかけています。]

状況が、あなたの関係が、呼びかけているのです。
ゴールは、全ての状況の呼び掛けは、アクティブに生きている神の現れで、神に対する認識を求め呼び込み引き付けているのです。
この体験を歪ませて罪/病/死/物質的世界におとしめる誤解が生じないよう、神のこの呼び掛けは求めているのです。

[Its call for faith is strong. Use not your faithlessness against it, for it calls you to salvation and to peace.]
[真理は力強く信心を求め呼びかけています。それに対して不信心を使うのは止しなさい。何故なら真理はあなたを救済と平和へと導いて行くのだから。]

[Use not your faithlessness . . .]
[不信心を使うのは止しなさい。]
あなたの独立(分離)を使うのは止めなさい、あなたのプライベートな思考を使うのは止めなさい、あなたの最上の概念を使うのは止めなさい、関わり合いを避けてしまうあなたの言い訳を使うのは止しなさい。

[Use not your faithlessness against it, for it calls you it calls you to salvation and to peace.]
[それに対して不信心を使うのは止しなさい。何故なら真理はあなたを救済と平和へと導いて行くのだから。]

何があなたを救済と平和へ導くのでしょうか?
状況に対する信心の呼び掛け(状況の中で信心を実践することを呼びかけている声)がそれをするのです。

さて現在、繋がることへの明確な呼び掛け(要求)がなされています。
これは兄弟姉妹に反対する為の繋がりではなく、国と国を対抗させる為の繋がりではなく、一つの経済圏が他の経済圏より優位に立つことの為の繋がりでもありません。
これは精霊/父と繋がって真理で満たされることを求める繋がりです。
「不平等/不正直/(人々の誠実な表現/体験をダメにしてしまう)全てのこと」への癒やしに直接貢献する「答えで満たされること」を求める繋がりです。

人としてより正しく(まっとうに)成ることに関して、あなたも自分の役割を担っているのです。
兄弟姉妹と関わり合ってそこに神を見る「あなたの役割」を果たしてください。
「兄弟姉妹と関わり合うことにより神を思い出すこと」を意識的に選択する「あなたの役割」を果たしてください。
何故なら、彼(兄弟)と繋がり彼を招待したなら、あなたが表現したシンプルな真実が彼に受け入れられるようになり、それによりあなた達両者が変容され一緒に故郷へ帰れるようになるのだから。
つまり天国のど真ん中である(しかし世界/宇宙と見えている)あなたが今居る「そこ」にシッカリと立って、今までとは全く違う新しいやり方でそこに存在し、全く新しい視点を持ったなら、その時あなたの動機は「圧倒的な愛」に成るのです。

それ(愛)は圧倒的で、巨大で、それがあなたの中から溢れ流れ出てくるのです。
あなたはそれを押し留められないのです。 あなたはそれを流れ出させる必要があるのです。
あなたはそれ(愛/霊の流入)を呼び掛けとしなくてはいけないのです。
その状況を体験した人々が「私の意志ではなく、あなた(神)の意志がなされますように」と言って目覚めと繋がるように、呼び掛けが必要なのです。


A Course In Miracles (reference pages)
Chapter 17 – Section: THE NEED FOR FAITH
1 Sparkly Book – p.419, Last Par. / JCIM – p.175, Last Par. / CIMS – p. 353, Par. 71
Chapter 17 – Section: SETTING THE GOAL
First Edition – p. 344, 2nd Full Par. / Second Edition – p.369, Par. 8


「Northwest Foundation for A Course In Miracles」の行動は全て無料で提供されています。 これは無条件に差し伸べられた愛によって実施されています。 ギフトとはその様なものだから。 あなたと同等の方が既にこのギフトをあなたに差し出したので、これらの資料があなたに提示されています。 Raj の指示により、これらの資料が売買される事はありません。 この機関「Northwest Foundation for A Course In Miracles」へ募金される場合、下記のWEBサイトを通して行なうか、あるいは下記の住所に郵送して下さい。

A Course in Miracles Study Group with Raj, September 24th 2011
© by The Northwest Foundation for “A Course in Miracles” a non-profit corporation.
All rights reserved
PO Box 1490 / Kingston, WA 98346-1490 / USA
Phone: 360-638-0530 Fax: 360-881-0071
Website: http://www.nwffacim.org
E-Mail: paul@nwffacim.org

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

ACIM11-10-1

わたし達は一年以上、聖なる瞬間(二つのステップ)について話して来ました。

聖なる瞬間の実践とは、あなたが自分の思考(プライベートな考え)お喋りを黙らせて、あなたの父に(あるいは精霊に)あなたの注意を向けて「ここの真理は何ですか?」と訊ねることです。
聖なる瞬間の実践とは、あなたの最上の裁き(判断/思考/論理)から外に出て、(物事の)意味を有効にしようとするあなたの架空の権利/能力を放棄して、静けさの中で父と繋がりそして父の視点が流入して来る体験を求めることです。
この神の視点(霊)の流入は父から直接くるか、(あるいは父の視点をあなたの視点として示すことをその役割としている)精霊を通してやって来ます。

つまりわたし達は「繋がること」そして「繋がっていないこと」に関して長く話して来ました。
そして今わたし達は信心と不信心に関して話しています。これにより聖なる瞬間に対するよりクリアな視点がもたらされています。
「神の聖なる子供としてのあなた」と「自分の父から離縁して、とても長いこと孤児として存在し続けているあなた」の違いがより明らかにされて来ました。
「神の子(それが本当のあなたなのです)として存在すること」が信心で、「源を持っていない孤児として存在すること」が不信心なのだと理解出来る所まで我々は来ています。

多くの言葉を使って来ましたが、これはシンプルなことなのです。
これは信心と不信心の二つの言葉に要約されるのです。
信心とは、父(あるいは精霊)に譲る行為を通してあなたが父(あるいは精霊)と繋がることなのです。 信心とは、父(精霊)に従うことの中で父と繋がることなのです。
それは何故でしょう?
何故なら、精霊とはあなたの正しいマインドにしか過ぎず、精霊の使命はあなたの生得権(何にも邪魔されずに、父の視点をあなたの視点として持つこと)をあなたにあばき示すことだからです(だから精霊に譲ることが父に譲ることで、それが信心をもたらすのです)。

これはシンプルになって来ています。
あたかも独立した存在であるかのように振舞う(働く)ことをあなたが選択している時、あなたは不信心なのです。 その時あなたは全く父に精霊に訊ねていないのです。
(その場合)あなたは日々を自分の最上の行動で乗り越え、そしてもしかしたら(明日自分がもう少し過ごし易くなるように)兄弟姉妹をより上手く操作出来るように学ぼうとするのです(たとえそれによって兄弟姉妹の明日がすこし過ごし辛くなったとしても)。
このように(信心と不信心が)よりシンプルに理解出来るように成って来ています。

もしかしたらあなたは「今までと同じやり方で日常と対処しなくてはならないので、聖なる瞬間には/信心を持つことには余り多くの時間を割くことが出来ない」と考えているかもしれません。
毎日頻繁に聖なる瞬間を実行することが出来ても、「ここでのゴールは、聖なる瞬間をこれから毎日(週7日24時間)ずっと続けることなのです。永遠に続けることなのです。」と私が言ったなら、あなたは「なんと! それは余りに無茶な要求だ。」と感じるかもしれません。

しかしこのように考えてみてください。これは何か不自然なことをすることではないのです。だからこれは本当に利をもたらすことなのです。

例えば次のようなことを考えてみてください。
あなたがアメリカから飛行機に乗って外国に行ったとします。そしてあなたはイギリスかオーストラリアに行き飛行機を降りてレンタカーで車を借ります。するとあなたは急に今までとは逆の車線を走ることになるのです。(アメリカは左側通行でイギリス/オーストラリアは右側通行です。 訳注)
それだけでなく、あなたは今までとは逆の方向に歩道を歩き、逆サイドのドアを使わなくてはならないのです。もしそうしなければ、あなたは車や人や物体と衝突してしまいます。

だからあなたがオーストラリアや英国への旅を楽しみたいなら、あなたは常に注意を払わなくてはならないのです。 ちょうど、聖なる瞬間を常にし続けてくださいと私が言っているように。何故でしょう?
何故なら、オーストラリアや英国に滞在している間に気をつけていたなら、あなたは衝突はせず、他の人と争うこともないのだから。あなたはこうして快適な楽しい時間が持てるのです。
同様に、あなたが聖なる瞬間を実践し続けたなら、あなたは安楽な喜ばしい時間を持つのです。

あなた達全員は(聖なる瞬間を一日中実践する為に)必要とされるだけ注意/意識を払う能力を持っているのです。
聖なる瞬間に注意を払っていないことが、父や精霊と繋がらないことを選択していることが、全てのことを罪/病/死としてあなたに体験させているのです。
これが実体(substance)を物体(不確実な壊れ易い不安定な物質)としてあなたに体験させているのです。
それはあなたが孤児に成ることを選択しているからなのです。
それはあなたがあなた自身の最上の判断に依存しているからなのです。
それはあなたがあなたの源を無視しようとしているからなのです。あなたの正しマインド(あなたの正気)を無視することをあなたが選んでいるからなのです。

あなたが車を運転している時に対向車線に注意を払わなかったなら、あなたは事故を起こして死んでしまうかもしれないので、だから注意を払うことが必要でしょう。
同様に、あなたが不信心を実践していたなら、自分が世界に与えた定義を基準にして世界の中に存在することをあなたが選んでいたなら、あなたは死の可能性に直面し続けることになるのです。

だから聖なる瞬間を実践する利益は大きなものなのです。
そして聖なる瞬間を拒否し続けることから来る不利益もとても大きなものなので、聖なる瞬間を(信心を持つことを)常に意識的に選び続けない理由は無いのです。
あなたが常にあなたの父と一緒に世界の中に居続けることが、あなたが父(あるいは精霊)の手を握り続けることが、あなたが自分の正気に留まることなのです。

だからわたし達はリアルな変化について話しているのです。
わたし達は今までとは異なる振舞いをすることに関して話しています。
あなたがアメリカから出発してオーストラリアか英国に降り立ったなら、(車を運転する時には)あなたは今までとは違う行動をする必要があるでしょう。
ACIM(A Course In Miracles)の生徒達は、自分達の振舞い(行動)を変える必要があるのです。
そしてわたし達が今読んでいる箇所は、不信心から信心に変わること、「独立を実践すること」から「あなたの父(あなたの正気である精霊)と繋がりそれと一緒に成ること」への変化に関して話しています。
つまり、今までとは本当に違うことをする必要があるのです。

現在の問題は、あなた達が自分達にはオプション(神に譲るか自己意志を通すか選択する余地)があると考えていることです。
合衆国に住んでいると考えているあなた達は、自分達は(精霊/神に)注意を払う必要はないと考えているのです。 何故ならあなた達はすでに運転の仕方を知っており、道のどちらを運転すれば(歩行すれば)良いか知っていると考えているのだから。
だから、どのようにして孤児として振舞えば良いか知っているあなた達は、不信心を実践する方法をすでに知っているのです。
あなた達は自分達に、信心へとシフトする新しい努力を行なうか、今まで通りの振る舞いを続けるか、どちらかを選ぶ選択肢がある(どちらを選んでも構わない)と考えています。
それはオーストラリアや英国に着いた後で、注意深く意識を払って、その地で適切な振舞いに譲らなくても大丈夫なオプションが自分達にはある(と考えるぐらい滑稽で不適切なのです)。

だからわたし達は変化に関して話しています。
そして大問題なのは、あなた達が自分達にはオプション(選択する余地)があると考えていることです。
そう考えてあなたは「うーん、難しいことは明日しましょう」と言ってしまっているのです。
「今日は、昨日までの方法を続ける事にします。」こう言ってあなたは不信心に留まってしまい、あなたの信心の体験(その中で神の法が全てに行き渡っている聖なる瞬間の体験)から不在になってしまっているのです。
だから行動(振舞い)の変化が求められている地点にわたし達は居るのです。

そして次のことも考えてみてください。
あなたが(アメリカから)イギリスやオーストラリアに着いて飛行機から降りても、全ては(大体)同じように見えるでしょう(道路は大体同じ様子でしょう)。
道の真ん中には白い線が引いてあり、道の両脇にはパーキングのスペースがあるでしょう。
(それと同様に、聖なる瞬間を実践している時も)すべては前と同じように見えるのですが、それに対するあなたの振舞い(対応)は異なるのです。

するとどうなるでしょう?
あなたは(そこでは特定のやり方で全てを行なっていた)合衆国(今までのやり方)を去って飛行機から降り、そこで(聖なる瞬間内で)全ては今までと全く同じに見えるのですが、あなたは今までとは違う風に物事を行なう必要があるのです。
何が起こったかと言うと、あなたは敷居(境界線)を跨いだのです。 世界に対する特定の意味付けから、同じ世界に対する別の意味付けにあなたは移行したのです。 

目覚めることは「あなたが親しんでいる世界から天国(他の世界)へ移行すること」ではなく、孤児として(独立的権限者として、不信心を実践している者として)あなたが今まで体験していたと同じ世界の中で、あなたが信心を実践し世界を違う風に見て、世界に対する今までとは違う意味を体験し、世界に対して今までとは違う振舞いをすることなのです。

これが重要なのです。 
変換することは、違う人に成ろうとしたり、違うタイプの魂に成ろうとしたり、(無知な必滅者ではなく)目覚めた存在に成ろうとしたりすることよりも容易です。
そしてあなたは、このアメリカからイギリスへの移行/変換を(これは比喩ですが)しなくてはいけないのです。 
この選択(常に神に訊ね続け神の意志に譲り続けること)を行なっても、あなたはイギリスやオーストラリアへ旅行した時程の変化は感じられないかもしれません。 それでもあなたは、自分の振舞いを変えるべきなのです。
だからあなた達は他国(今までの自分達の習慣外のルール)へ寄り掛かって行かなければならないのです。 あなたが自分のことをまだ必滅者だと考えている時に、神の子として振舞う方法に注意を払い続けなくてはいけないのです。 あなたを注意してくれる人が居なくても、あなたは自分で注意し続けなくてはいけないのです。
自分は変らなくてはならないとあなたに感じさせる出来事、マインド的に今までとは異なる振舞いをしなくては成らない、そして身体的にも異なる振舞いをしなくてはならない、とより強く感じさせることは見えていないかもしれません(何故なら世界は今までと変っていないように見えているから)。
しかし、これをすることがあなたに求められているのです。
そしてわたし達が今夜も関係について話しているのは、関係の中で関係に対して信心や不信心が実践されているからです。

そして主に二つの理由で、私はこの主題に関してコース(ACIMのテキストそのもの)とは少し異なるアプローチを行ないます。 あなたはここで私が知らせる視点を必要としており、(この視点によって)あなたは他者との関係に対してこの視点を当て嵌める(移行させる)ことが出来るようになるのです。

さて、あなたは全てと関係持っているのです。あなたはあらゆるもの全てと関係を持っています。
あなたが今ジョギングをしていようと、座っていようと、あなたはあなたの環境の中で全てのものと関係を持っています。 あなたが「そこに存在しているもの全て」を知っていなくとも、あなたは全てと関係を持っているのです。 
そしてあなたは、あなたの体と関係を持っているのです(あなたの体と関係を築いているのです)。

先週わたし達は下記の文章を読みました。
[. . . the goal of holiness was set for your relationship, . . 1]
[あなたの関係のために神聖のゴールが設定されており、]

神聖のゴールとは、あなたの関係の神聖(十全性/健全性/全体性)を学ぶことです。
わたし達はあなたと兄弟姉妹との関係について主に話して来ました。
しかしあなたは(あなたの体を含む)全てのものと関係を持っているので、この文章内にはあなたの体に関することも説明されているのです。
これをより良く理解する必要があるのです。何故なら、より多くの癒やしが起こる必要があるのだから。 しかしあなた達は自分達の兄弟姉妹や世界を不信心と共に眺めているので、癒やしはあまり起こっていないのです。 
あなた達はそれら全てを自分達だけの視点から見ており、「真理を知っている者/あなたの神性を知っている者」と繋がらずに見ているのです。 あなた達は『存在する全てが「神/父母/あなたの源(その中にあなたがあなたの存在を持っているもの)」の無限の表現と実現だと知っている者』と繋がっていない状態で全てを眺めているのです。
さて、先週読んだ文節のはじめに戻って読み返しましょう。

[Every situation in which you find yourself is but a means to meet the purpose set for your relationship.]
[あなたの全ての状況は、(あなたの関係の為に設定されている)目的を満たす方法でしかないのです。]

さて誰が「あなたの関係の目的」を設定しているのでしょうか?
この関係の目的をあなたが自分で設定していたなら、あなたは不信心を実践しているのです。それはあなたが、あなたの源から独立して振舞っているということで、あなたは源と繋がっていない状態で自分に役割(働き)があるかのように振舞っているということなのです。

[Every situation in which you find yourself is but a means to meet the purpose set for your relationship.]
[あなたの全ての状況は、(あなたの関係の為に設定されている)目的を満たす為の方法でしかないのです。]

あなたの関係の為に設定されている目的とは、あなたがそれ(あなたの関係)を信心から、信心を通して、信心の中で、体験することなのです。
「あなたと関係を持っている者/物」に対してあなた個人の自信を持つのではなく、「自分自身の源/父/精霊から分離したものとして自分を体験していない(自分を見ていない)マインド状態」で関係を体験することが、あなたの聖なる関係の目的を満たすことなのです。
これがあなたの正しいマインド(これがあなたの父の目的と意味/意図)と繋がることなのです。 
(存在する唯一の世界の中であなたが信心と共にある時)このようにしてあなたと繋がったあなたの正しいマインドが、あなたの父の目的と意味/意図を全ての中に反映させるのです。
不信心なマインド(不信心な振舞い)から信心のマインド(信心のある振舞い)にあなたが移行した時、これが起こるのです。


[Every situation in which you find yourself is but a means to meet the purpose set for your relationship.]
[あなたの全ての状況は、(あなたの関係の為に設定されている)目的を満たす為の方法でしかないのです。]

であれば、あなたの関係は「健全/全体であること/十全」を体験する為に設定されているのです。
そしてもしあなたが不信心な状態からこの状態(十全な体験/あなたの関係の目的が満たされること)に移ったなら、それはあなたの体が癒やされたように見えるのです。
あるいは、兄弟姉妹とあなたの関係や、あなたとあなたの膝/肘/心臓/すい臓などとの関係が癒やされたように見えるでしょう。 {ここで「癒やされたように見える」と言っているのは、本来全ては常に十全で在り続けており、あなたの知覚の歪み故にそれらが病んで見えているからです。}

[Every situation in which you find yourself is but a means to meet the purpose set for your relationship. See it as something else, and you ARE faithless.]
[あなたの全ての状況は、(あなたの関係の為に設定されている)目的を満たす為の方法でしかないのです。それ以外のものとしてあなたの関係を見たなら、あなたはその時不信心なのです。]

あなたがオーストラリアに着いて、レンタカーを借りて運転し出して。
右の車線を見てそれを対向車線と考えたなら、左車線を走ろうとしたなら、その時あなたは不信心を実践しようとしているのです。あなたは意識的にあることを拒否しているのです。
そしてあなたはリアリティ(物事が働いている有り様)へあなたの注意を引き戻そうとする体験をするでしょう。

あなたはリアリティを「何かそれ以外のもの」として見るべきではありません。
あなたはあなたの世界と宇宙を天国以外のものとして見るべきではありません。
何故なら、そうした場合あなたは不信心を実践しており、実体が(崩壊や消滅が可能な/不安定な/危険な)物質に成ってしまい、それはあなたに対して脅威的に成り得るのだから。

しかしあなたが(繋がることに固執して)信心を実践したなら、あなたは父の法則が全てを統治している場所におり、実体(substance、物を構成しているもの)がスピリット(霊)/現れ/神のエネルギーであることを発見するのです。
そこには一つのものしか存在してません。 それを私は実体(substance)と呼んでいます。
この実体を不信心(父と繋がっていない状態)を通して見たなら、それは物質として見えるのです。
しかしこの実体を信心を通して見た時、あなたはスピリットを見るのです。

しかし父と繋がって自分の体(膝、心臓、すい臓、肘)と共に意識的に存在出来るようにエネルギーと注意を与える意欲が持てるようになるまで、あなたはスピリットを見ることが出来ません。
あなたは自分の体と関係を持っており、あなたは自分の体を見てそれを(あなたの最上の判断ではなく)父と一緒に見る努力をする必要があるのです。
ストレスを受けている時、あなたの最上の判断はあなたの最悪の裁きに成ります。あなたはその結果を見るでしょう。
実体に対するあなたの体験は、あなたが使っている(信心/不信心いずれかの)視点によって色付けされるのです。

多くの人達が「コースは身体的癒しとは関係ない」{コースは身体を否定している}と考えていることは私も知っています。
しかし身体的癒しとは、精霊によって示された(暴かれた)真理によってあなたのマインドが満たされ、あなたの知覚がシフトし、あなたの意識(志向)が変化することなのです。
(実体を物質だと考えていた時あなたが持っていた)実体に対する恐れは、あなたが(精霊/父と)繋がり信心を持った結果として、平和にその居場所を譲るのです。

そしてあなたはスピリット(霊)を体験します。 スピリットは怪我したり、損なわれたり、脅されたり、破壊されることは不可能なのです。

これを誤解しないでください。
「コース・イン・ミラクルズは癒やしとは関係ない」などという怠惰な考えに陥らないでください。
あなたがイギリスやオーストラリアに行った時問題が生じてしまうのは、あらかじめ決められた考え方(習慣)をあなたがすでに持っているからです。
あなたは反対側の車線を運転しなくてはならないと信じてしまっているのです。

あなた達は「自分達の中の何かが真理である」という概念を持っています。
「自分はスピリット(霊)でソール(魂)で、それは基本的に永遠だ」とあなた達は考えています。
しかし「自分の体は、それは肉体で物質で、それは死ぬもので、永遠ではない」とあなた達は考えているのです。
これもまた思考(概念)です。
これが現存している概念で、あなた達は自分達の聖なる瞬間の中にこの概念を持ち込んでしまっているのです。
聖なる瞬間を実践する中で、あなたはそのような(自分達が物質で出来ているというような)概念を抱擁し(受け入れ使用し)続けることは出来ないのです。
何故ならこの概念が、「あなたとあなたの体」の関係をあたかもあなたと体が分離しているかのように作っているのだから。
「あなたとあなたの体が同一ではなく(あなたの体があなたのアイデンティティを示しているものとして存在しているのではなく)、体は大きく育って年老いて弱くなって病気になって死ぬ以外のことは出来ない」と体に対するあなた達の概念は言っているのです。

このような関係が不信心から立ち昇って来ているのです。
これは不健康な関係なのです。 これはあなたが「自分の体に対する感謝/認識」を常に軽減させ続けている状態なのです。
これは単に感謝の軽減だけではなく、あなたが年を取るにしたがい体を怖れ始めることなのです。

(以前も言ったように)あなたの体は、あなたの個人性の可視性と可触性(見える様子と触れる様子)なのです。
あなたの個人性(individuality)は神から発生しているものです。
あなたの個人性は神の現れなのです。 そして神とは「その個人性が永遠であると同様にそれ自身(神自身)も永遠である」と自己を示すものなのです。
何故なら神の全ては、それ(神)を指し示しているものなのだから。 (神の全てが)それ(神)を指し示すことにより「あなたの個人性が体験されること」が生成されているのだから。

さて不信心から信心へと移行するにつれ、「馴れ親しんできたやり方に戻ろうとしてしまう傾向」に対してあなたは注意深くなる必要があります。
丁度オーストラリアのガスステーションに居てそこから右折しようとした時、自分に近いほうの車線に入ろうとしたなら、あなたの中の何かが「ストップ、止めなさい! それをしてはいけません(確かにそれはあなたの慣れ親しんでいるやり方だけれど)。あなたは遠くの車線に行かなくてはいけないのです。」と言わなくてはならないように。

信心を実践する為にあなたは注意深くなる必要があります。 そして神の法が全てに行き渡っている場所の中に入るには、「私は自分の体は信頼出来ない。自分の体には自信がもてない。」と言ってしまいたくなるアイディアが起こっている時に注意深くなっている必要があるのです。
「私の体は朽ち果てつつある。私は遅かれ早かれ死ぬだろう。 そして死が近づいているようだ。」 
あなたはそのような思考に気付いて、あなた自身がそのような思考/信念の塊に成ってしまわないようにするべきなのです。 
そのような概念の塊になってしまって、聖なる瞬間を体験することに失敗して驚いている場合ではないのです。

だからあなたは注意深く意識を払う必要があるのです。
そしてあなたが自分の体(健康)を疑い出したなら、癒しが不可能だ(期待出来ない)とあなたが考え始めたなら、あなたは自分の中で「これは嘘っぱちだ、私はこれを受け入れない!」と言う必要があるのです。
「ラジは、私(あなた)の体の実体はスピリット/霊だ、そして私(あなた)の体が私(あなた)の聖なる個人性の可視性/可触性であって、だから体には永遠の聖なる役割(働き)があると言った。 そして私は自分の中で大きな怖れを作っている思考にこれ以上関わるのは止めよう。私はそれらの思考を良く知っており慣れ親しんでいるけれども。 それらの思考を私は今まで強化して来たけれども。」 とあなたは言えるのです。

あなたは何か今までとは違うことはする必要があるのです。それが必要なことなのです。
そして今までのやり方を続けてしまわないようあなたは注意深く成る必要があるのです。

{ラジは下記に示すテキストをここで省略しており、読みませんでした。}
[あなたの不信心(疑う心)を使うのは止めなさい。それを自分の中に受け取り、静かに眺めてみなさい。 しかし疑いを使うのは止めなさい。不信心は幻想の召使であって、その主人の(幻想の)忠実な僕なのです。不信心を使ったなら、それはあなたを幻想に直接導くことでしょう。それがあなたに与えようとしているものに誘惑されるのは止めなさい。それは(ゴールに対して邪魔するのではなく)あなたがゴールに与えている価値に障害を与えるのです。不信心が捧げている幻想の平和を受け取るのは止めなさい。その捧げものを見据えて、それが幻想であると認識しなさい。]


[The goal of illusion is as closely tied to faithlessness . . .]
[幻想のゴールは不信心と強く繋がっているのです。]

そして繋がらないこと(分離していること)が不信心なのです。

[The goal of illusion is as closely tied to faithlessness as faith to truth.]
[信心が真理と繋がっているように、幻想のゴールは不信心と強く繋がっているのです。]

このような文章を読んだ時あなたは「信心を真理にすること」が要点だと思ってしまっているかもしれません。
しかし、この文章を良く見てみれば「信心が真理と強く結ばれている(関連している)」と言っていることがわかります。
信心(父か精霊と繋がることを実行すること)は真理と硬く結ばれています。だからあなたが聖なる瞬間を実践している時に神の法が全てを統治するのです。 その場所(その瞬間)に神の法則が行き渡るのです。何故なら信心は真理と近く結ばれているのだから。
繋がることを「神の創造のパーフェクション(完璧性)を体験すること」から切り離すことは出来ません。 あなたは神の創造から分離しておらず、あなたのどの部分も神の完璧な創造から分離してはいないのです。

下記が実際に書かれているテキストです。
[If you lack faith in anyone to fulfill, and PERFECTLY, his part in any situation dedicated in advance to truth, YOUR dedication is divided.]
[(あらかじめ真理に対して献身されている/捧げられている)何らかの状況内で誰かがその役目をパーフェクトに満たすことに対する信心をあなたが欠いていたなら、あなたの献身は分離してしまっています。]

今晩のキーワード(体)をこの中に挿入して読んだなら。

[If you lack faith in [your body] to fulfill, and PERFECTLY, [it’s] part in any situation dedicated in advance to truth, YOUR dedication is divided.]
[(あらかじめ真理に対して献身されている/捧げられている)何らかの状況内で「あなたの体」がその役目をパーフェクトに満たすことに対する信心があなたに欠けていたなら、あなたの献身は分離してしまっています。]

あなたの体はあなたの個人性の可視性と可触性なので、一番最初(創造された瞬間)から献身を持っているのです。 それは真理に対して捧げられているのです。
あなたの体は「あなた」をパーフェクトに指し示す能力や意図と共にここにあるのです。
それがあなたの体の役割(働き)なのです。 あなたの体の機能は、神の現れをパーフェクトに指し示す(アイデンティファイする)ことです。
もし「体がその役割を果たすこと」に対するあなたの信心が不足していたなら、あなたの献身は分離してしまっているのです。
だからあなたの肘/膝/心臓/すい臓/その他の体の部分が、あなたに問題を与えているように見えているなら、あなたの献身が分離していないか調べるべきなのです。
あなたは関係に対して何を与えているのでしょうか?
「えーと、これは唯の物理的体で、後数年したら私は死んで、私の霊が解き放たれるのです。」
そのような考え(をあなたの関係に対して与えること)は生命の今の豊潤を取り逃がしてしまうやり方です。
あなたが信心を実践したなら、今は常に生命の豊かさで満ちているのです。

[And so you have been faithless to each other, and used your faithlessness AGAINST each other.]
[だからあなた達はお互いに対して不信心なのです。 そしてお互いに対して不信心(疑い)を使っているのです。]

この場合(健康などに関しては、あなたと体の関係では)あなたの体があなたに対して不信心なのではなく、あなたがあなたの体に対して不信心だったのです。
「自分は神の子であり、自分の個人性が体と呼ばれているものによってパーフェクトに指し示されて(現されて)いる」ということをあなたが見て受け入れるまで、あなたは不信心をあなたの体に対して実践し続けているのです。
体に対するあなたの怖れや疑いが、体に対する攻撃なのです。
そしてあなたの体があなたの疑いを変えることは出来ません。
もちろん、あなたが実践している不信心が、あなたの体があなたの聖なる個人性の可視性と可触性に成ることを止めることは不可能です。しかし体に対するあなたの不信心は、あなたの体の体験を惨めなものにして、死と呼ばれている体験(とそれに伴う苦しみ)をあなたにもたらすように見えるでしょう。
そしてそのような体験はあなたの生得権ではないのです。

読み続けましょう。
[No relationship is holy unless its holiness goes with it everywhere.]
[関係が神聖である為には、その神聖がその関係と共に全ての場所に行く必要があるのです。]

信心によってこれが起こるのです。
全てのものの神聖(健全/十全/全体)は全てのものと一緒に全ての所に行くのです。
それは(全てのものの神聖が全てのものと一緒に全ての場所に行くのは)はあなたが{あなたと神の関係に}意識/注意を払っているからなのです。 
それはあなたが(馴れていない)道路の左側を運転していて、運転を間違えてしまえば問題が起こる{と考えて、あなたが道路に/全てに注意を払っているから、全てのものの神聖があなたと一緒に全ての場所に来ているのです。 あなたが自分の注意を払っているそこ(道)に、あなたは自分の安全を見ており、自分の安全/十全/全体を体験しているのです}。

そしてあなたは信心を実践して、信心をより揺ぎ無く実践することを学んで、あなたの関係の神聖(健全/十全/全体)が「あなたの信心」と共に全ての場所に行くようになるのです。

[As holiness and faith go hand in hand, so must its faith go everywhere with it.]
[関係が神聖である為には、その神聖がその関係と共に全ての場所に行く必要があるのです。]

簡単にこれが出来る時だけでなく、一日が終って子供達が寝付いた後だけでなく、あなたが家に帰って上司が睨んでいなくなってからだけでなく、{神聖が常に全ての場所に行く必要があるのです。}

そして神聖と信心は一緒に育てられるのです。

[As holiness and faith go hand in hand, so must its faith go everywhere with it. The goal's reality will call forth and ACCOMPLISH every miracle needed for its fulfillment.]
[関係が神聖である為には、その神聖がその関係と共に全ての場所に行く必要があるのです。ゴールのリアリティは、その(ゴールの)成就に必要とされる全ての奇跡を呼び出しそれを達成します。]

物事(リアリティ)の働きが、全てを統治しているのです。
そしてあなたが物事の働きに逆らっていないなら、

[. . . will call forth and ACCOMPLISH every miracle needed for its fulfillment.]
[その(ゴールの)成就に必要とされる全ての奇跡を呼び出しそれを達成します。]

すい臓の機能回復、肘の癒やし、心臓の問題が消え去ること、膝の故障が直ること、が達成されます。

[ゴールのリアリティは、]
それはあなたが設定したゴールではなく、父が設置したゴールです。
[その(ゴールの)成就に必要とされる全ての奇跡を呼び出しそれを達成します。]
これは絶対的な宣言なのです。

これは何の成就でしょう? ゴールのリアリティの成就です。 父の意志が達成されることです。

[Nothing too small or too enormous, too weak or too compelling, but will be gently turned to its use and purpose.]
[何も小さ過ぎることはなく、大き過ぎることもなく、細か過ぎることはなく、重過ぎることはなく、弱過ぎることはなく、激し過ぎることはなく、全ては優しくその目的の為に使われるのです。]

あなたがゴールのリアリティを邪魔しなくなれば、それが(あなたの問題が)「ゴールのために仕えるもの」に優しく変えられるのです。 (今まであなたが作っていた問題が)大きな問題でも小さな邪魔でも、それらが「リアリティが使うもの/神の意志の目的/神の意志が使うもの」に変換されるんのです。

[The universe will serve it gladly, as it serves the universe.]
[宇宙が喜んでこの目的の為に便宜を図り、]

これは約束ではなく、事実を述べているのです。
この文章は、あなたを常に統治している事実を述べているのです。

[The universe will serve it gladly, as it serves the universe. But do not INTERFERE.]
[宇宙が喜んでこの目的の為に便宜を図り、この目的が宇宙の為に便宜を図るのです。しかし邪魔をするのは止めなさい。]
ここにそう書かれています。

[The universe will serve it gladly, as it serves the universe. But do not INTERFERE.]
[宇宙が喜んでこの目的の為に便宜を図り、この目的が宇宙の為に便宜を図るのです。しかし邪魔をするのは止めなさい。]

あなた達はどのようにして(目的の成就を)邪魔しているのでしょうか? 
不信心に戻ってしまうことによってです。
そしてこれは「あなたが信心を持っていない...あなたが信心を使っていない...あなたが不信心を実践している」という意味ではないのです。いいえ。
これはあなたが不信心な状態に戻ってしまっている、あなたが自分だけの思考を行なっている状態に戻ってしまっている、という意味なのです。
あなたは(慣れ親しんだ)独立のぬかるみに戻ってしまっており、(あなたが繋がることを拒否している)その独立的な状態から人生と対処しようとしている(という意味なのです)。
時間をとって繋がること(それが信心であり、それが神の法が全てに行き渡っている場所にあなたを置くのです)をあなたが拒否している(という意味なのです)。
これはとてもシンプルでクリアです。 これはよりシンプルになって来ています。
真理がより説得力を持ち始めています。

[The power set in you in whom the Holy Spirit's goal has been established is so far beyond your little conception of the infinite that you have no idea how great the strength that goes with you. And you can use THIS in perfect safety.]
[あなたの中に設定されている力は(精霊のゴールが設立されている者の中では)無限に対するあなたの卑小な概念を遥かに超えているものなのです。 だからどれだけ偉大な力が自分と共にあるのかあなたには理解出来ていません。そしてあなたはこれを(この力を)完全な安全の中で使うことが出来るのです。]

その中で(精霊のゴールの中で)神の法が行き渡っているのです。
その中で(完全な安全の中で)であなたの正気があなたに戻されるのです。
その中で(あなたと共にある偉大な力の中で)あなたの弱点/致死性が消えて、怖れや罪悪を呼び出さない新しい視点で置き換えられ、怖れと罪悪が引き起こしているように見えている全てのことが解除されるのです。

もう一度読みましょう。

[The power set in you in whom the Holy Spirit's goal has been established is so far beyond your little conception of the infinite that you have no idea how great the strength that goes with you. And you can use THIS in perfect safety. Yet for all its might, so great it reaches past the stars and to the universe that lies beyond them, your little faithlessness can make it useless, if you would use the faithlessness instead.]
[あなたの中に設定されている力は(精霊のゴールが設立されている者の中では)無限に対するあなたの卑小な概念を遥かに超えているものなのです。 だからどれだけ偉大な力が自分と共にあるのかあなたには理解出来ていません。そしてあなたはこれを(この力を)完全な安全の中で使うことが出来るのです。しかし(星を越えてその彼方の宇宙まで届く)その偉大な力にも関わらず、あなたの不信心(疑い)が僅かでもあれば(あなたがこの力の替わりに不信心を使ったならば)それは不能になってしまうのです。]

「あなた自身のために考えること、自分のために定義を作ること、自分で結論を出すこと、どうすれば世界の中で兄弟姉妹を操作して(たとえそれがあなたの世界の中の全てを犠牲にしたとしても)自分をより高く出来るか(より良く出来るか)知ること」を愛する選択をあなたがしたなら、

[Yet for all its might, so great it reaches past the stars and to the universe that lies beyond them, your little faithlessness can make it useless, if you would use the faithlessness instead . . .]
[しかし(星を越えてその彼方の宇宙まで届く)その偉大な力にも関わらず、あなたの不信心(疑い)が僅かでもあれば(あなたがこの力の替わりに不信心を使ったならば)それは不能になってしまうのです。]

もしあなたが「その偉大な力」の代わりに、プライバシーを使いたい、独立(的状態)を使いたい、自治的存在を使いたい、プライベートな権威を使いたいと思ったなら(それは不能になってしまうのです)。
あなたは今ここに「神の法が全てを統治していること」を見れるよう期待するべきなのです。
あなたが関係を持っている全て(それにはあなたの体も含まれます)に対して、神の法が行き渡っていることを表現するべきなのです。

自分の関係の神聖(健全/十全)に対してあなたは目覚めるよう運命付けられているのです。
あなたはそれ(あなたの関係の神聖)を呼び込む必要があります。
(あなたを縛り続けている)不信心の性癖を実践することを拒否することによって、あなたのマインドを「この目覚め」の体験に対して整えるべきなのです。
「神の法が広がり全てを統治すること」は今ここで起こっている出来事なのです。
あなた達全員は、意識的に自分達の意識を他の場所(神の法が行き渡っていない場所)に与え続けることによって、これ(神の法が全てを統治すること)を取り入れる(受け入れる)ことを拒否し続けないようにならなくてはいけないのです。
目覚めることは、知覚の変換とも呼べるものです。
実存している唯一の世界は二つの異なった視点から眺めることが可能なのです。
その唯一の世界が信心のレンズ(唯一の真なるレンズ)を通して見られた時、そして不信心がそこに存在していない時、知覚の変換が起こるのです。


A Course In Miracles (reference pages)
Chapter 17 – Section: THE NEED FOR FAITH
1 Sparkly Book – p.419, 2nd Full Par. / JCIM – p.175, 7th Full Par. / CIMS – p. 353, Par. 69
Chapter 17 – Section: SETTING THE GOAL
First Edition – p. 343, Last Par. / Second Edition – p.369, Par. 6

「Northwest Foundation for A Course In Miracles」の行動は全て無料で提供されています。 これは無条件に差し伸べられた愛によって実施されています。 ギフトとはその様なものだから。 あなたと同等の方が既にこのギフトをあなたに差し出したので、これらの資料があなたに提示されています。 Raj の指示により、これらの資料が売買される事はありません。 この機関「Northwest Foundation for A Course In Miracles」へ募金される場合、下記のWEBサイトを通して行なうか、あるいは下記の住所に郵送して下さい。

A Course in Miracles Study Group with Raj, October 1st 2011
© by The Northwest Foundation for “A Course in Miracles” a non-profit corporation.
All rights reserved
PO Box 1490 / Kingston, WA 98346-1490 / USA
Phone: 360-638-0530 Fax: 360-881-0071
Website: http://www.nwffacim.org
E-Mail: paul@nwffacim.org

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。