スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACIM11-12-20

2011年12月20日


真夜中に明晰がもたらされたことには意味があるのです。
幼子キリストが生まれたことには意味があるのです。

それは、比較的惨めな体験をしている人々に対して「全ての人を愛している神が居るのだ」と伝える以上のことだったのです。
『人間的状況と呼ばれている体験を根本的に変えることなく状況を少しマシにすること』以上の理由がこれ(キリストの誕生)にはあったのです。

沢山の人たちがクリスマスの話を使ってきました。
私が現れた理由は「人間的状況はあなた達の生得権ではなく、それはあなた達にとって自然な状態ではなく、それ(人間的状況)は終わる必要がある」と伝える為だったのです。
(しかし)沢山の人達がこの洞察を理解することなく、人間的状況をより過ごし易いものにしようとして、私の人生の話を使っています。
あなた達の体験は変容されるべきなのです。

私は「もしあなたが私を見たのならば、あなたは父を見たのです。“If you have seen me, you have seen the Father.”1」と言いました。

そして私は「私がしたことをあなた達もする、そしてより偉大なこともするのです。“Those things that I have done you would do and greater things.” 2 」と伝えたのです。

何故でしょう? 私は惨めな必滅者(モータル)に特別なギフトを贈ったのでしょうか?
いいえ!

(私がこの言葉を伝えた)理由は、あなたが私の兄弟姉妹だからです。
わたし達はファミリーで、わたし達は同じ「父」を持っているのです。
わたし達は同じ遺産(父から来ているもの)を持っているのです。

私に全てが与えられていて、あなたがより少なく受け取った訳ではありません。
「あなた達の先祖の体験が与えることは出来なかったもの」を私があなた達に与えて、あなた達のマインドを変容させる為に私はやって来たのです。
あなた達の先祖には「夢(人間的状況)から抜け出るステップ(方法)」をあなた達に与えることは出来なかったのです。 しかし夢から抜け出ることがあなた達の生得権(持って生まれた権利)なのです。
私はあなた達のマインドを変える為にやって来たのです。


わたし達は今夜クリスマスのギフト(キリストが与えるギフト)に関することを話します。
どの様にしたら夢から抜け出られるかわたし達は話すのです。あなた達は縛られては居ないことを理解してもらい、どの様にしたら夢から歩き去ることが出来るか話します。
この理解が2012年間取り逃がされ続けることは意図されていませんでした。
私がそこに居た時に、私が地球上に居た時に、わたしがあなた達と話して居た時に、あなた達がこの理解を得るよう意図されていたのです。
そしてこのメッセージは(その後の)2012年間に亘り、私の声が聞き取れるだけ無防備に成れた全ての人達を通して伝わって行くよう意図されていました。
あなたは目覚めるために2012年まで待つ必要はなかったのです。 {私はそう伝えていました。}

私は変化を促す為に来ていたのです。 
(あなた達の先祖のパターンや思考や概念を続けるのではなく)あなた達の中に変化への熱望を燈す為に私は来ていたのです。
そして、わたしが教えるために来たのであれば、あなた達は当然(私が教えようとしていることを)学ぶ力を有しているのです。あなた達は何時でも私が言っていることを理解する能力を持っていたのです。
父によってあなたが抱擁されている愛の意味を把握することは何時でも可能だったのです。
あなたが愛を感じることを自分に許したなら、その愛があなたを「あなたの限定されている概念」から解き放つのです。 
「クリスマス(キリストの誕生)に関して考えたりして、私が話して来たことを考えたりして、そうすることによって人間的状況を耐え忍ぼう(やり過ごそう)とするあなたの意欲」から抜け出ることが可能になるのです。

私がシェアしていることによって、苦しみを緩和することが目的なのではありません。

私が知らせていることによってあなたはそれ(人間的状況)から引き上げられるべきなのです。
苦しみから出て、人間的状況から抜け出て、どのような意識体験に入るべきなのでしょうか?
それは天国とあなたの神聖の体験です。

2012年まで待つ必要はありません。これは今晩起こり得るのです。
明日の夜でも可能なのです。

目覚めのギフトが2012に与えられる訳ではありません。
父が「あなたを創造したこと」により、目覚めのギフトは父によって(すでに)あなたに与えられているのです。


そして(あなた達の夢の中で)私があなた達に合流した時(そして目覚める為に必要なことを知らせた時)、これ(創造のギフト)が強調され強められより完璧に分け与えられたのです。

そして私は今夜ここに居り、コースは毎晩あなたと共に居ます。あなたが毎晩それを参照しそれを思い出せるように。
今夜わたし達が話すことが厩のシーン(キリスト誕生のシーン)の理由だったのです。
これが賢者がそこに来ていた理由なのです。 私の人生があり私の教えがあり私が兄弟姉妹と関わっていた理由がこれだったのです。
これが聖なる瞬間です。
これが(今が)存在(Being)の神聖の瞬間なのです。 これを知らせることが2011年前の{そして現在の}私の目的だったのです。
だから瞬間の神聖を取り逃がさないようにしましょう。

新しいセクションの題名は[THE BASIS OF THE DREAM 3][夢の基盤]です。

何が夢の基礎/基盤なのでしょうか?
あなた達が現在その中にいると教えられている幻想体験の基本は何なのでしょうか?
「父{自分の源}から離縁を得ようとしたあなたの選択」が夢の基盤なのです。
つまり夢の基礎は、あなた達が「自分達の権利に基づいて独立的に存在することが出来る」と想像したこと、そして「決意をもってそれ(離縁)を実行する選択をしたこと」だったのです。
あなたのその決意は固く、それによってあなたは思い出すことを無視し始めたのです。
つまりあなたは自分の神聖/生得権を忘れ、「自分の父/母が誰か」忘れ、天国の体験を忘れたのです。
すると(本来あなたに体験出来る唯一のものである)天国の代わりに、あなたは天国を物理的宇宙/世界として体験し始めたのです。
つまりあなたは天国をあなたが選んだ定義で埋め尽くすように成ったのです。
だからこれは(あなたの独立行為/分離は)、無知に基付いたとてもアクティブな意識体験にあなたを引き込んだのです。
この偽りの体験は、虚無に基づいており、その虚無をあなたは自分の欲した定義群で満たしたのです。 あなたは全てに対して定義を与えたいと欲したのです。何故なら、これらの定義を作りそれをリアルにすることにより、(「本当のあなた」から独立しており、リアリティに対して無意識/無自覚な)自分が(自分の権限によって)リアルに成れるとあなたは考えたから。

これが夢の基盤なのです。
この行為の中であなたは分極化/二分化(対極性、善悪がある状態)を創造したように見えたのです。
しかしリアリティ(天国)は一つです。
そしてそのリアリティの隣に(天国を無視しながらも想像(イマジネーション)によって天国の全てに{神が与えた定義以外の}意味が与えられている)想像的状況が作られたのです。
だからリアリティに対する意識体験{目覚めている状態}があり、リアリティに対する無意識状態というもう一つの状況{幻想状態}がリアリティの他に作られたのです{少なくとも想像上は}。

(作られたように見えている)可能な選択は二つに一つです。{そしてあなた達にとってこの選択は確かにリアルなのです。}
「この二つの選択が可能に見えている状態から、唯一可能なリアリティへの意識(気付き)に戻ること」があなたの救済なのです。
これをすること(人類の目覚めを促進すること、リアリティへの気付きに戻ること)が一番初めのクリスマスの目的だったのです。
だからこれは複雑な問題ではありません。
あなたが天国に対して与えた全ての意味/定義(それらが天国を天国でなく見せています)を包んでいるあらゆる理知的な防御や信念や確信だけが複雑なのです。
これらの細々した定義群や意味付けや信念や確信をあなた達に手放させることが私の役目なのです。
そしてその方法はシンプルです。 それは二つのステップ/聖なる瞬間なのです。

だから「一番初めのクリスマスが起こった理由は、キリストが現れた理由は、聖なる瞬間を故郷への帰り道として示すことであった」と言うことも出来ます。
あなた達が縛り付けられている夢/幻想から脱出するための方法を示していた、と言うことも出来ます。
これがシンプルなクリスマスのメッセージです。

本を読みましょう。
[THE BASIS OF THE DREAM ]
[夢の基盤]

[Does not a world that seems quite real arise in dreams?]
[夢の中でとてもリアルに見える世界が現れることはないでしょうか。]
これは夜見る夢のことを言っています。

[Yet think what this world is. It is clearly NOT the world you saw before you slept.]
[その場合この世界は(この世界のリアルさは)どう考えるべきなのでしょうか?この世界はあなたが寝付く前(夢見始める前)に見ていた世界ではありません。]
夢の中であなたが見ている世界は、寝る前に昼間あなたが見ていた世界とは別のものです。

[Rather, it is a distortion of the world, planned solely around what you would have preferred. Here, you are “free” to make over whatever seemed to attack you, and change it into a tribute to your ego, which was outraged by the “attack.”]
[これは(世界に対するあなたの現在の体験は)あなたの好み{神から独立していたいというあなたの意志}だけに合わせて計画された「世界に対する歪み」なのです。ここであなたは自分を攻撃しているように見えるものを「自由」にでっち上げ、それを(攻撃に対して憤慨している)あなたのエゴを称えるものに捻じ曲げているのです。]

{あなた達がリアリティだと考えている幻想の中では}朝目覚めた時あなた達の上に何らかの状況が起こり、あなた達は傷付き他者から利用され、それを根本的に止めることは出来ないように思えるのです。
しかしあなたが夜寝ている時には、あなたは全てを自分でコントロールしています。
夜の夢の中であなた達は{往々にして}自分の好き勝手を行うことが出来るのです。
{私の体験からは、夜見ている夢の中で自由自在に好きなことが何でも出来る訳ではありません。 人によっては夜の夢を自在に操作することが出来るのでしょうか?   訳注}

[This would not BE your wish unless you saw yourself as one with the ego, . .]
[あなたが自身をエゴと同一のものと見ていなかった限り、あなたはこのような望みは持たなかったでしょう]

{このような望みとは、夜の夢の中に表れている願望です。 訳注}
つまりこれは、攻撃に憤慨しているあなたのエゴを賞賛している状態なのです。
ここで言うエゴとは、つまり「自分自身だけで全てを見ており全てを定義している人」のことです。これは外側のあなたとは異なるエゴ(他者)のことではないのです。
これは「あなたであるもの(真のあなた)」と一致しない振舞いをあなたがしていることなのです。 
これはあなたの神聖を無視して(「あなたが見ているもの」が「あなたの神聖」によって抱擁されていない時)あなたに見えている全ての惨めさに対してあなた自身を防御しようとすることなのです。 その時あなたは自分の神聖を無視しているので、あなたは恐れに抱擁されて(取り囲まれて)しまっているのです。{だから自分が感じている怖れを外側に投射して、そこからリアリティを得よう、体験出来る怖れの現われを感じ取ろうと試みるのです。 訳注}

[This would not BE your wish unless you saw yourself as one with the ego, which always looks upon itself, and therefore on you, as under attack and highly vulnerable to it.]
[あなたが自身をエゴと同一のものと見ていなかった限り、あなたはこのような望みは持たなかったでしょう(エゴは常にそれ自身を、つまりあなたを攻撃下に在るものとして見続け、自身を攻撃に対して無防備なものとして見続けるものです)。]

[Dreams are chaotic BECAUSE they are governed by your conflicting wishes, and therefore they have no CONCERN with what is true. ]
[夢は混沌としたカオスなのです。 何故なら夢とはあなた達の矛盾している願いによって統治されているものだから。だから夢には真理への配慮は無いのです。]
ここで言う「夢」とは、夜見る夢のことを言っているのです。
「私は怖い。私は無防備に感じる。だから私は、あたかも全てが私に襲い掛かり私を打ちのめしているように見る事を選択する。 全てが私と対立していることを見るのが私の望みだ。」{これがエゴの求めているものです。}
「と同時に、私の中には私には殆どコントロール出来ない何かがあり、それは愛と呼ばれている。」{これが愛を認識し始めている状態です。}
だからそれは平等を求め、自分自身を挿入(主張)して自分自身を守る必要を放棄することなくバランスを確立しようとするのです。
だからここには矛盾している複数の必要(エゴが求めているもの、愛が求めているもの)が隣り合わせに在り(その両方があなたによって)抱擁されているのです。
そしてここには、この状況がもたらす多くの言い訳(事情)があるのです。

[They are the best example the best example you could have of how perception can be utilized to substitute illusions for truth.]
[どの様に知覚を使って真理を幻想で取り取り替えることが可能か示している一番明確な例が夢なのです。]
あなたが自分の「昼間の生活」と「夜に見ている夢」を比べたなら、夜の夢がエゴとその働きをより明確に表していることが解るでしょう。
自分の神聖(生得権)を無視しようと選択した時あなたのマインドがどの様に働いているか、夜見る夢が明確にデモンストレートしています。

[You do not take them seriously on awaking because the fact that reality is so outrageously violated in them becomes apparent.]
[目覚めた時あなたは夢を深刻には受け止めません(少なくともそれを現実に起こったこと程深刻には受け止めないでしょう)。 何故なら夢の中ではリアリティが酷く侵害されて(歪められて)いたことが目覚めた時に明確に解るのだから。]

つまり夜の夢の中で起こる出来事は、あなたの昼間のリアリティを明確に侵害しているのです。
{あなたが目覚める時には}それ(夢の中ではリアリティが破られていたこと)がハッキリ示され、「夢の中であなたを縛っていたもの」からあなたは自由に成るのです。

[Yet they are a way of looking at the world, they are a way of looking at the world, and changing it to suit the ego better.]
[夢はエゴにとってより都合良い様に世界を変えて見せる一つの見方なのです。]
つまり(夜見る)夢は、あなたが昼間に周りを見ている(そして自分にはコントロール出来ない事態をあなたが被っている)方法とは違う見方を提供しているのです。
夜見る夢は、全てを統治したい、「全てが何か」より良く{自分に都合良く}定義したいと望んでいるあなたの為に都合の良い見方を提供しているのです。

[They provide striking examples, both of the ego’s inability to tolerate reality, . .]
[夢は「リアリティを受け入れられないエゴの不寛容」...を示しています。]

夜の夢は、昼間のリアリティを受け入れられないエゴの不寛容を示しています。
「エゴには昼間のリアリティが受け入れられない」と、どうしてわたし達に解るのでしょうか。
何故なら夜にはエゴがリアリティを変化させて、あなたを有罪でなくさせ、あなたを無防備でなく作り、外側に咎を置く(他者に責任を押し付ける)のだから。
夜の夢の中であなたは、闘争(矛盾)をあなたの責任ではないものとし、と同時に(闘争に対する)仕返しをするのです。

[They provide striking examples, both of the ego’s inability to tolerate reality, and your willingness to CHANGE reality on its behalf.]
[夢は「リアリティを受け入れられないエゴの不寛容」と「エゴの為にリアリティを変えようとするあなたの意欲」の両方を示しています。]

夜の夢の中であなたは(昼間に起こっている)リアリティの全ての性質を変えて自分の目的に合わせようとします。 そしてあなたの目的は、あなたの父やあなたの神聖とはまったく一致していないのです。
だから夜の夢に関して考察することが、エゴと人間的状況に関する明晰(洞察)をあなたに与えるのです。

[You do not find the differences between what you see in sleep and on awaking disturbing.]
[あなたは「夜に夢見ている時に見ていること」と「昼間起きている時に見ていること」の違いに驚くことはありません。]
時には悪夢が居残るのです。時には悪夢の怖さが直ぐには消えないのです。 しかしあなたはそれが夢であったことを知っています。
あなたはそれ(悪夢のリアリティ)が(夜の夢から)目が覚めている昼間のリアリティからは異なっていることを知っています。 {ここでリアリティと言っているのは、「天国=リアリティ」ではなく、実感/体感に基づくリアル感のことです。 訳注}

[You do not find the differences between what you see in sleep and on awaking disturbing. You recognize that what you see on waking is blotted out in dreams. Yet on awakening, you do not expect it to be gone.]
[あなたは「夜に夢見ている時に見ていること」と「昼間起きている時に見ていること」の違いに驚くことはありません。何故なら、あなたが起きている時に見ていることは夢の中では不明瞭になっていることをあなたは知っているから。そして目覚めた時それ(夢の中で不明瞭になっていたもの/夢の中の不明瞭さ)が無くなってしまていることをあなたは心配したりしません。]
{「目覚めた時無くなってしまいってるもの」に対する説明がここに述べられていますが、 それに関しては翻訳ですでに対処しているので省略します。訳注}

[You recognize that what you see on waking is blotted out in dreams. Yet on awakening, you do not expect it to be gone. In dreams YOU arrange everything.]
[何故なら、あなたが起きている時に見ていることは夢の中では不明瞭になっていることをあなたは知っているから。そして目覚めた時それが(夢の中で不明瞭になっていたもの/ことが)無くなってしまていることをあなたは心配したりしません。夢の中であなたは全てをアレンジ(演出)しているのです。]

[People become what you would have them be and what they do YOU order.]
[人々はあなたの願望(あるいは怖れ)に従って動き、彼等はあなたの(エゴの)命令に従って行動します。]

ここを注意深く読んでください。 ここを良く理解して、これがリアルであると解るように。
上記の文章は夜の夢を説明しています。
これをそのまま昼間の状況に当て嵌めて複雑に理解しようとしてしまうのは止めなさい。
上記の文は夜に見る夢の状況を説明しているのです。

[People become what you would have them be, and what they do YOU order. No limits on substitution is laid upon you.]
[人々はあなたの願望(あるいは怖れ)に従って動き、彼等はあなたの(エゴの)命令に従って行動します。(夢の中では)あなたの代用(何かを何かで置き換える行為)に対して何も限定されておらず、あたかも世界全体があなたに与えられており、あなたの意志をそのまま反映しているように見えます。]
{夢の中で}あなたは特定の人を、自分の好みに合わせて嫌なヤツにも偉大な聖人にも出来るのです。
その人をとても素晴らしい人物にした次の瞬間には最低の人物に作り上げることも可能なのです。 夢の中ではあなたは彼をどの様に人にでも出来るのです。
あなたは彼(本当の彼)に対する代用を自由に持ちいることが出来るのです。

[No limits on substitution is laid upon you. For a time, it seems as if the world were given you, to make it what you will. You do not realize that you are ATTACKING it, trying to triumph over it and make it serve you.]
[(夢の中では)あなたの代用(何かを何かで置き換える行為)に対して何も限定されておらず、あたかも世界全体があなたに与えられており、あなたの意志をそのまま反映しているように見えます。(夢の中で)あなたは自分がそれを(夢の中の世界を、あるいは昼間の世界を)攻撃しており、それに対して勝利しようとしており、それを自分にかしずかせようとしていることに気付いていません。]
夜夢見ている時あなたは自分が昼間の世界を(違う形に変えることにより)攻撃していることに気付いていません。
夜夢見ている時あなたは、昼間の世界に対して違う意味を与えて自分を無罪にしようと試みているのです。
誰か他の人を有罪にして「正義(仕返し)を求めている自分」を無罪放免にしようとしているのです。
しかしそうしている間あなたは「夢の状況から放免されるには目覚ましが鳴る必要がある」と気付いていないのです。 
あなたの中から何かが湧き上がり、あなたがベッドから起き上がり、全ては夢だったので何かから放免される必要はないと気付く必要があるのです。
解りますか? 
わたし達はまだ夜の夢に関して話しています。

[Dreams are perceptual temper tantrums, in which you literally scream, "I want it THUS!"]
[夢とは「私はこのようにしたいのだ!」とあなたが叫んで駄々をこね続けている状態なのです。]
ここでもまだ夜の夢に関して話しています。
「私が物事を決めよう。物事がどの様であるべきか私が決めるのだ。」とあなたは夢の中で主張しているのです。

[And thus, it seems to be. And yet, the dream cannot escape its origin.]
[このようにしてこれ(夢)が成立しているように見えるのです。しかし夢がその根源を逃れることは出来ません。]
夢の根源とは何でしょうか?
夢の根源は「父よ、私は自分の見方で見てみたいです。父よ、私はあなたから離縁したいです。父よ、全てが何か私一人で決めたいです。」とあなたが言ったことなのです。
その地点であなたは「自分が権威者に成った」と自分に思い込ませ、「全てに対して自分が与えた意味(定義)がそこに存在する全ての意味なのだ」と自分に思い込ませたのです。

[Anger and fear pervade it and in an instant, the illusion of satisfaction is invaded by the illusion of terror.]
[怒りと怖れが夢の中に浸透しており、一瞬にして満足の幻想が恐怖の幻想に侵害されてしまうのです。]
あなたの夢は信頼出来ないのです。
それは安定しておらず、一定した視界は提供しておらず、シーンが変わる時にはその少し前の出来事とは繋がりが無いのです。 しかし夢の中ではあなたはそれを疑問にさえ思いません。

[For the dream of your ability to control reality by substituting a world which you prefer IS terrifying.]
[何故なら、リアリティの代わりとしてあなた達が望んだ世界を代用することにより(リアリティを「自分達が望んでいる世界」と取り替えることにより)リアリティをコントロールしているように見えるあなた達の夢は怖ろしいものだから。]
リアリティをコントロールしようとしてあなたは父からの離縁を望んだのです。
あなたがそう言った(そう願った)途端に二つのことが現れました: 怖れと罪悪です。
その後に起こった事はすべて怖れと罪悪で味付けされています。
それらがあなた達の夢のストーリーの全てのフレーバーです。 違いますか?

[Your attempts to blot out reality are very fearful, but this you are not willing to accept. And so you substitute the fantasy that REALITY is fearful, not what you would DO to it.]
あなた自身の意味と定義をリアリティの上に重ねて、[リアリティを消し去ろうとするあなた達の試みはとても怖ろしいのですが、あなた達はこの事実を認めようとはしていません。だから「あなたがリアリティに対してしようとしている事が怖ろしいのではなく、リアリティが怖ろしいものだ」という幻想をあなたはその(リアリティの)代わりに代用しているのです。]
あなた達はこれを昼間もしています。

[. . . you substitute the fantasy that REALITY is fearful, not what you would DO to it.]
[...あなたがリアリティに対してしようとしている事が怖ろしいのではなく、リアリティが怖ろしいものだという幻想をあなはその(リアリティの)代わりに代用しているのです。]
「あなたの日常が怖ろしいものなのだという幻想」を「リアリティに対してあなたがしようとしていること」の代用にしているのです。
つまり「あなたがリアリティに対してしようとしていること」はあなたにとって怖ろしいことでは無いのですが、「あなたがリアリティに対してしようとしていること(つまり代用)」がリアリティを怖ろしくしているのです。

[And thus is guilt made real.]
[そしてこれによって罪悪がリアルに作られているのです。{これによって罪悪に実感が与えられているのです。}]
「父よ、私は自分のやり方で見てみたいです。父よ、全てに対する定義を自分で決めたいです。父よ、私のやり方でやりたいです。父よ、私はあなたから離縁したいです。」とあなたが言った時、神のリアリティがあなたにとって怖ろしいものに成ったのです。
何故なら(父からの離縁を選んだ途端)「神のリアリティ」が「全てが何か自分一人で決めるあなたのやり方」を邪魔するように成ったから。
それが怖れや罪悪とあいまって、あなたは自分の状況を「神の歪み無い真理(リアリティ/天国)に対して自分を防御しなくてはならないもの」と知覚するようになったのです。
それに対して「私が苦しんでいる体験/状況は、私がしたこと(父から分離しようとしていること)がもたらしたのではなく、世界の中で起こっているように見える恐ろしいことが原因なのだ。」と言っている時、あなたはリアリティ(リアリティの真の姿)に対する意識的気付きを自分に対して隠しているのです。
(しかし世界の中で起こっているように見える恐ろしいことは、あなたが独立した視点から全てを見た時にそう見えているだけなのです。)
あなたは独立状態の中であなた自身を確立しようとしているのですが、それが怖れと罪悪のフレーバー(後味)を引き出しているのです。
全ての本当の有り様に対する自分の体験を不明瞭にすることにより、あなたは罪悪を自分にとってリアルにしたのです。
あなたは(独立から切り離すことが不可能な)罪悪を実体験として自分の為にリアルに作ったのです。 何故なら(独立を目指している)あなたは自分の視界の中で「独立という幻想からの脱出口」をブロックしているのだから。

[Dreams show you that you HAVE the power to make a world as you would have it be, and that because you WANT it you SEE IT. ]
[好きなように世界を作る力が自分にはあると夢はあなたに示すのです。 あなたはこれを求めているので、あなたはこれを見るのです。]
これが夜の夢なのです。 自分の自由に世界を作れるということが、それが夢で在ることを証明しているのです。 あなたが見る全ての夢はこのようにして起こっています。

[And while you see it, you do not doubt that it is real.]
[これ(あなたが好き勝手に作った偽りの世界)を見ている間あなたはこれがリアルであることに疑いを抱かないのです。]
そうでしょう?
あなたが夢の中にある時、あなたはそれがリアルだと思っておりそれを疑ってはいません。

[Yet here is a world, clearly within your mind, that seems to be OUTSIDE [you].]
[しかしあなたのマインドの中には明確に一つの世界があり、これが(あなたの)外にあるように見えているのです。 ]
(夢の中で)自分が命令を下している世界の中に、自分のマインドで作っている世界の中に、あなたは自分を見つけるのです。 そして(あなたが夢の中で体験する)この世界があなたの外に成立しているように見えるのです。
そしてこれは無慈悲な/厳しい世界で、あなたはそれを上手く操作しており、あなたを止められる者はそこには居ないのです。 あなたが途中で目覚めて正義を行なう(仕返しをする)チャンスが奪われない限り。

[. . . here is a world, clearly within your mind, that seems to be OUTSIDE. You do not respond to it as though you made it, nor do you realize that the emotions which the dream produce MUST come from you.]
[これが(あなたの)外にあるように見えているのです。 あなたは自分でこれを(世界に対する歪み/夢)を作ったようには振舞っていません。そしてこの夢が作っている感情があなたから来ていることにも気付いていません。]
上記の文章はまだ夜の夢に関して述べています。 これはあなたが夜寝ている時に見る夢の記述なのです。

[It is the figures in the dream and what THEY do that seem to make the dream. You do not realize that you are making them act out for YOU, for if you did, the guilt would not be theirs, and the illusion of satisfaction would be gone.]
[これら(あなたの感情を示している者達)は夢の中の形(人形)なのです。 これらの形がしていることが夢を作っているように見えているのです。あなたは自分が彼等にあなたの都合の良いように振舞わせていることを理解していません。 もしあなたがこれを理解したなら罪悪は彼等のものではなくなり、満足の幻想は消えてしまうから。]

もしあなた自身がこれら全てを発生させていることを(彼等/夢の中の人形を自分の都合の良いように振舞わせていることを)理解したなら、そして他者に責任を押し付けることが出来なくなったなら、あなたは「自分の中の変化こそが必要とされているのだ」と気付くのです。

[In dreams these features are not obscure. You seem to waken, and the dream is gone.]
[(あなた達が夜に見ている)夢の中ではこれらの特質が明確に現れています。(朝になれば)あなたは目覚めたように感じ、夢は消えていったように見えます。]

下記がキーポイントです。
[Yet what you fail to recognize is that what caused the dream has not gone with it.]
[しかしあなたが認識していないのは(朝目覚めたとあなたが思っている時点でも)夢を発生させている原因がまだ去っていないことです。]
朝目覚めた時、あなたが夜に見ていた夢の一部はまだ消え去っていないのです。

[Your wish to make another world that is not real REMAINS with you.]
[リアルではないもう一つの世界を作りたいというあなたの願いはあなたと共にまだ存在しているのです。]

そして次の文章を言い足しましょう。
[それ(夢)があなたと共に残るのは、あなたが夜夢見始める前にそれ(幻想的願い/リアルではない世界)がすでに示されていたからです。]
夜の夢を見る前に昼間あなたが体験していたことも{夢/分離の願望}の一部で、それは昼間も消えてはいないのです。

[And what you seem to wake to is but another form of this same world you see in dreams.]
[そしてあなたが目覚めてその中で存在しているように見えている世界は、夢の中であなたが見ているものと同等の世界なのです。]
このメッセージを知らせて目覚めを促進するために私は来ていたのです。
一番初めのクリスマスはこれを知らせるためのものだったのです。
これがキリストの誕生の目的だったとあなたに理解出来たなら、今でもこれこそが(聖なる)目的なのだとあなたに理解出来るでしょう。
そしてあなたはクリスマスの意義に対して今までよりもより深く関わり始めることでしょう。


もう一度聞いてください。
あなたが朝目覚めた時、
[Your wish to make another world that is not real REMAINS with you.]
[「リアルではないもう一つの世界を作りたい」というあなたの願いは、あなたと共にまだ存在しているのです。]

[And what you seem to wake to is but another form of this same world you see in dreams.]
[そしてあなたが{朝}目覚めてその中で存在しているように見えている世界は、夢の中であなたが見ているものと同等の世界なのです。]

つまりここでは「あなたが夜の夢から目覚めて昼間自分はもう夢見ていないと思っている時でも、あなたはまだ夢見ているのだ」と言っているのです。
だから夜の夢の状況から得られた理解から(どの様にして夜の夢が成立しているか理解することにより)、昼間の夢(目覚めている状態と普通呼ばれていること)の意味がクリアに成るのです。

[Your wish to make another world that is not real REMAINS with you. And what you seem to wake to is but another form of this same world you see in dreams.]
[リアルではないもう一つの世界を作りたいというあなたの願いはあなたと共にまだ存在しているのです。そしてあなたが目覚めてその中で存在しているように見えている世界は、夢の中であなたが見ているものと同等の世界なのです。]

[All your time is spent in dreaming.]
[あなたの全ての時間は夢の中で費やされているのです。]
昼間でも夜でもあなたの全ての時間は夢の中で費やされているのです。
これは良き知らせなのです。 何故なら一旦この可能性が受け入れられたのなら、現在あなたが全てを知覚している方法(それがあなたを苦しめ、縛っているのです)から瞬間的に開放され得るように成るのだから。
そして目的は解放なのです。 一番初めのクリスマスの目的は{そして今ここの目的も}この解放を促進することだったのです。。

[Your sleeping and your waking dreams have different forms, and that is all. Their CONTENT is the same. ]
[寝ている時の夢と起きている時の夢は異なった形をしています。 違いはそれ(形)だけです。夢の内容そのものは同じなのです。]

夜の夢にしろ、(目覚めた状態とあなた達が呼んでいる)昼の幻想にしろ、
[They are your protest against reality, and your fixed and insane idea that you can change it. In your waking dreams, . .]
[これら夢の内容はリアリティに対するあなたのプロテスト(抗議/反逆)であり、リアリティを変えようとしているあなたのキチガイ染みたしつこい希望なのです。あなたの(本当の目覚めではなく)目覚めた夢の中では、]
私が言っていることを受け取って「おお!そうか。 私は本当に盲目に違いない。 私は救い様がないんだ。」と考えて、自分自身に対するネガティブな定義を下し始めるのは止めなさい。
あなたがするべきは、自分の夜の夢と昼の行動に関して冷静に考慮し、そこに共通する事項を発見し、「夜の夢から目覚めることが可能な様に、昼間であってもそこから目覚める必要がある何らかの事柄が存在しているのだ」と理解するべきなのです。
これがクリスマスのメッセージです。

[In your waking dreams, the special relationship is your determination to keep your hold on unreality, and to prevent yourself from waking.]
[あなたの(本当の目覚めではなく)目覚めた夢の中では、特別な関係が特別な場所を占めています。特別な関係とは(本当の目覚めではなく)目覚めた夢を真実にしようとしてあなたが使っている方法なのです。]

もう一度聞きなさい、
[In your waking dreams, the special relationship is your determination to keep your hold on unreality, . .]
[あなたの(本当の目覚めではなく)目覚めた夢の中では、特別な関係が特別な場所を占めています。特別な関係とは(本当の目覚めではなく)目覚めた夢を真実にしようとしてあなたが使っている方法なのです。]

さて特別な関係とは何でしょうか?
それはあなたが神をないがしろにして(神をのけ者にして)他者と関わりを持っている時のことです。
つまりそれ(特別な関係)は、神に対してあなた自身を無意識/無自覚にしようとする振舞いなのです。それはあなたの神聖に対してあなた自身を無自覚にしてしまう振舞いなのです。それはあなたのパートナーやその他の人々の神聖に対して自分を無自覚/無意識にしてしまう振舞いなのです。
これが特別な関係です。
特別な関係の目的は「目覚める為に必要なことが何か」あなたに解らなくしてしまうことなのです。 
これをシンプルに受け入れて、これ以上複雑には考えないで下さい。
そうすればあなたのマインドを変えることは容易です。

[In your waking dreams, the special relationship is your determination to keep your hold on unreality, and to prevent yourself from waking. And while you see more value in sleeping than in waking, you will not let go of it.]
[特別な関係とは「リアルでない状態を保持し続けよう、そしてあなた自身が目覚めてしまうことを阻止しようとしている」あなたの決意なのです。あなたが目覚めることよりも眠り続けることにより多くの価値を見ている限り、あなたはそれ(眠り)を手放そうとはしません。]
これが破壊的なのです。
そしてこれに対する答えが「二つのステップ/聖なる瞬間」で、それは「父よ、ここの真理は何ですか?」とあなたが言って聖なる関係の体験を招き入れる方法なのです。
「聖霊よ、私がこの人を見て思い出すことを助けて下さい。 彼が昨日何をしたか思い出すのではなく、十年前に何をしたか思い出すのではなく、先祖代々彼の家族が私の家族に対して何をして来たか思い出すのではなく、今の彼の真理は何ですか?
彼の真実を私に体験させてください。私の定義や確信や彼に対する傲岸な裁きを抜きにして(本当の彼が私に体験出来るようにしてください)。
私は真理が知りたいのです。 私は彼(彼女)を見て神を思い出したいのです。」

[The Holy Spirit, ever practical in His wisdom, accepts your dreams, and uses them as means for waking. YOU would have used them to remain asleep. We once said that the first change, before dreams disappear, is that your dreams of fear are changed to happy dreams. That is what the Holy Spirit does in your special relationship.]
[しかし常に実際的な知恵を用いる聖霊は、あなたの夢を受け入れて、それを目覚めの方法として使うのです。あなたはこれらの夢を使って寝続けようとしていたのです。わたし達は以前に次のように言いました。「夢が消え去る前にあなたの怖れの夢はハッピードリームに変えられる。」あなたの特別な関係の中で聖霊はこれを行なうのです。]
そして「何がリアルなのか」聖霊が暴き知らせたことに対してあなたがより正直に成ったなら、より具体的なことが示されるのです。

[He does not destroy it, nor snatch it away from you. Your special relationship will remain, not as a source of pain and guilt, but as a source of joy and freedom.]
[聖霊はあなたの特別な関係を破壊せず、それをあなたから取り去ることもありません。しかし聖霊は特別な関係を(あなた達とは)違うように使って、それを「聖霊の目的があなたにとってリアルに成るように助けるもの」にするのです。]

[It will not be for you alone, for therein lay its misery.]
勿論、[それはあなた一人だけの為のものには成りません。 何故なら(特別な関係が)あなた一人だけのものであることの中に、その惨めさがあるのだから。]
これが人間的状況をもたらしているのです。
あなたが父から離縁したことを修正する為に「真夜中の明晰が、厩のシーンが、(三人の)賢者が呼ばれていたのです。」 そして独立に対するあなたの固執が修正され、謂れのない惨めさからあなたが自由に成り、あなたの神聖に対する無意識体験が修正されるのです。

[Your special relationship will remain, not as a source of pain and guilt, but as a source of joy and freedom. It will not be for you alone, for therein lay its misery. As its unholiness kept it a thing apart, its holiness will become an offering to everyone.]
[あなたの特別な関係は残ります、痛みと罪悪の源としてではなく、喜びと自由の源として。それはあなた一人だけの為のものには成りません。 何故なら(特別な関係が)あなた一人だけのものであることの中に、その惨めさがあるのだから。その(特別な関係の)不神聖がそれを別け隔てるものにしており、その(聖なる関係の)神聖が全ての人達への捧げものに成るのです。]

“Peace on Earth, goodwill toward men.”

「地球に平和を、そして人々に善意を。」

(地球の平和と人々の善意以外のものは何も引き出さないようになる為の)知覚/認識の変化、振舞いの変化、兄弟姉妹に対するあなたの考えや振舞い。

Goodwill(善意/良き思い)とは、あなたが兄弟の目を見て神を思い出している時に起こっていることです。

これが「人々に善意を、兄弟姉妹に善意を、あなたの敵に善意を」というフレーズの意味なのです。


あなたが聖なる瞬間を実践することにより、あなたの特別な関係が精霊に手渡され、
[Your special relationship will be a means for undoing guilt in everyone blessed through your holy relationship.]
[あなたの特別な関係が、あなたの聖なる関係によって祝福された全ての人達の罪悪を解除する方法になるのです。]
今ここであなたがこの要点を理解したことにより、あなたがクリスマスのメッセージを受け入れたことにより、あなたの特別な関係が祝福されるのです(あなたの特別な関係が聖なる関係へと変容されるのです)。 

[It will be a happy dream, and one which you will share with all who come within your sight.]
[これがハッピードリーム(幸福な夢)に成り、あなたはこれを目の前に来る人達全員と分け合うようになるのです。]

何かを明晰に見て喜びで満たされた時、あなたはそれを分け合わずには居られないのです。 それは自然と起こることなのです。

時にはあなたが喋らない事が、あなたが反応/反発しない事が、これをもたらします。 
そして彼等(兄弟姉妹)にも違いが解るのです。彼等もあなたと一緒に居ることを喜ぶのです。「昔のあなた」を体験せずに。

[Through it, the blessing which the Holy Spirit has laid upon it will be extended. Think not that He has forgotten anyone in the purpose He has given you.]
[聖霊がこの関係の上に与えた祝福が(この関係を通して)差し伸べられる(拡張される)のです。(聖霊があなたに与えた役割の中で)聖霊が誰かのことを忘れてしまっていると考えるのは止めなさい。]
これは特別なギフトではありません。これはあなただけが特権的に排他的に得るものではありません。
あなたが彼のギフト(聖霊のギフト)を得た時、あなたが神の視点の真理を感じた時、全ての人がそれによって触れられるのです。

[Think not that He has forgotten anyone in the purpose He has given you. And think not that He has forgotten you to whom He gave the gift.]
[(聖霊があなたに与えた役割の中で)聖霊が誰かのことを忘れてしまっていると考えるのは止めなさい。そして(聖霊からこのギフトを与えられている)あなたのことを聖霊が忘れていると考えるのは止しなさい。]
何故なら、あなたが与えたものをあなたは{自分のものとして}保つことが出来るのだから。
あなたが自分の独立を放棄して「父よ、ここの真理は何ですか? 聖霊よ、私が兄弟の目を見てそこに本当にあることを思い出せるように助けてください。そこに居る神を思い出せるように。」と言った時にあなたが受け取る祝福。 {これがあなたが他者に与える祝福です。}
「あなたが他者を祝福したこと」によってあなたは祝福されるのです。

[He uses everyone who calls on Him as means for the salvation of everyone. And He will waken everyone through you who offered your relationship to Him.]
[聖霊は「聖霊に呼び掛けた人達全員」を使って全ての人達を救済する方法を作るのです。そして聖霊は(聖霊に自分の関係を捧げた)あなたを通して全員を目覚めさせるのです。]
もしあなた一人だけでなく、あなたも、あなたも、あなたも、あなたも、全ての人達がこれをしていたならどうでしょう?

[If you but recognized His gratitude! Or mine through His!]
[もしあなたに聖霊の感謝が解ったなら! あるいは聖霊を通して私の感謝が解ったなら! (これを解ってください。)]
あるいは、あなたの変容を体験している兄弟姉妹の{感謝が解ったなら!}

[For we are joined as in one purpose, being of one mind with Him.]
[何故なら、わたし達は目的の中で一つに繋がっており、聖霊と一つのマインドに成っているのだから。]

[Let not the dream . . .]
[夢が...]
これは夜眠っている時の夢ではなく、あなたが父からの独立を主張した結果として起こっている白昼夢(幻想)のことです。

[Let not the dream take hold to close your eyes. It is not strange that dreams can make a world that is unreal.]
[夢があなたを捕まえあなたの目を閉じてしまうことを許すのは止めなさい。夢が「リアルでない世界」を作ってしまっていることは不思議ではありません。]
この「夢」は{夜見る夢だけでなく}昼間の夢(幻想全体)を指しているのです。 

[The WISH to make it is incredible.]
[「リアルでない世界を作ろう」という望みが信じ難いものなのです。]
リアルではない世界を作ろうとする願いが狂気なのです。それは達成不可能で、この願いがそれ(世界)を奇妙で信頼出来ないものにしているのです。

[Your relationship has become one in which the wish has been removed, . .]
[あなた達の関係の中からはこの望みが取り除かれています。]

あなたが聖なる瞬間を持ち聖なる関係を確立し、それ(霊)があなたを満たすことを許した時、
[Your relationship has become one in which the wish . . .]
[あなた達の関係の中からはこの望みが取り除かれています。]
「この望み」とは、リアルではない世界を作ろうとしていたあなたの望みです。

[Your relationship has become one in which the wish has been removed, because its purpose has been changed from one of dreams to one of truth.]
[あなた達の関係の中からはこの望みが取り除かれています。何故なら、この関係の目的は、夢の目的から真理の目的へと変えられたからです。]
これが起こっている時(あなたの関係の目的が変えられている時)あなたはこれに関しては確信が持てないかもしれません。 何故なら、全てが上手く行っており全てが新しい意味を持っている時、それが「いわゆるハッピードリーム」なのかも知れないとあなたは考えるから。

[You are not sure of this because you think it may be THIS that is the dream. You are so used to choosing between dreams you do not see that you have made, at last, the choice between the truth and ALL illusions.]
[これに関して自信が持てていないのは、これが(あなたの関係が真理の目的を持つように変えられているということが)夢だとあなたが考えているからです。あなたは幾つかの夢の中から一つの夢を選ぶことに慣れ切っており、自分がやっと真理と全幻想の中から(真理を)選んだことにまだ気付いていません。]
何故なら、それ(あなたがやっと真理を選んでいること)はあなたにとっては{まだ}明確ではないから。
「変容の課程もまた夢の続きにしか過ぎず、自分はまだ全く目覚め始めてはいない」と考えてしまうことも可能なのです。

[Yet Heaven is sure. This is no dream. Its coming means that you have chosen truth, and it has come because you have been willing to let your special relationship meet its conditions.]
[しかし天国は確実なのです。これは夢ではありません。天国が近づいていることが、あなたが真理を選んだ証拠です。あなたが自分の特別な関係にこの条件(天国の条件)を満たさせたので天国が来ているのです。]

「お父さん、私は真理が知りたいのです。私はリアリティを体験したいです。私は兄弟姉妹の神聖を体験したです。 聖霊よ、私を助けてください。」とあなたが言ったから、あなたは自分の関係に天国の条件を満たさせたのです。
これをした時あなたはリラックスしており、あなた自身のコントロールを譲ることにより『天国が「あなたと兄弟姉妹と全ての人と全てのもの」を祝福出来る条件』をあなたの関係が満たせるようにしたのです。

あなたが聖なる瞬間を持っている、あなたがクリスマスの意味/意図を掴み取っている、
[In your relationship the Holy Spirit has gently laid the real world; . .]
[あなたの関係の中に聖霊が優しくリアルな世界を置きました。]

聖霊がリアルな世界をあなたの関係の中に置いたのです
そしてもしあなたの関係が排他的なもの(プライベートなもの)ではなく、兄弟姉妹の全員と分かち合われていたなら、聖霊はこの宇宙的文脈(範囲)内にリアルな世界を優しく置いたのです。

そしてより多くの合一(unity/統一)が体験され、より多くの喜びが感じられるのです。何故ならより多くの兄弟が参加し、目覚めている人達にはもはや孤独(繋がりの無さ)が感じられないのだから。

[In your relationship, the Holy Spirit has gently laid the real world; the world of happy dreams, from which awaking is so easy and so natural. For as your sleeping and your waking dreams represent the same wishes in your mind, so do the real world . . .]
[あなたの関係の中に聖霊が優しくリアルな世界を置きました。(そこから目覚めることが容易でとてもナチュラルな)ハッピードリームの世界を聖霊があなたの関係の中に置きました。あなたの寝ている夢と起きている夢の両方があなたのマインドの中の同じ希望を示している様に、リアルな世界...]
神の真っ直ぐなリアルワールド。 天国。

[. . . and the truth of Heaven join in the Will of God. The dream of waking is easily transferred to its reality. For this dream comes from your will joined with the Will of God. And what this Will would have accomplished has never NOT been done.]
[と天国の真理は神の意志の中で繋がっているのです。目覚めの夢(ハッピードリーム)は簡単にリアリティに変換されるのです。何故ならこの目覚めの夢は(神の意志と繋がった)あなたの意志から来ているのだから。そして「この意志(神の意志と繋がったあなたの意志)が達成しようとしたことが行なわれなかったこと」は今までに一度もないのだから。]

これはどういう意味でしょう?
これは「あなたはパーフェクトなポイントの後ろに居るのではなく、そこに向かって進んでいるのでもなく、あなたはパーフェクトなポイントにすでに居り、あなた自身をそのポイントから理解するべきである。」と言うことです。

そしてこれがクリスマスの意味なのです。

これにこのホリデーシーズンを祝福させなさい。{クリスマスに対するこの理解をもって、この祭日を祝福してください。}

I love you all. And I look forward to being with you next time.


1John 14:9
2John 14:12
A Course In Miracles (reference pages)
Chapter 18 – Section: THE BASIS OF THE DREAM
3 Sparkly Book – p.427 / JCIM – p.178 / CIMS – p.359
First Edition – p. 350 / Second Edition – p.375

「Northwest Foundation for A Course In Miracles」の行動は全て無料で提供されています。 これは無条件に差し伸べられた愛によって実施されています。 ギフトとはその様なものだから。 あなたと同等の方が既にこのギフトをあなたに差し出したので、これらの資料があなたに提示されています。 Raj の指示により、これらの資料が売買される事はありません。 この機関「Northwest Foundation for A Course In Miracles」へ募金される場合、下記のWEBサイトを通して行なうか、あるいは下記の住所に郵送して下さい。

A Course in Miracles Study Group with Raj, December 20th 2011
© by The Northwest Foundation for “A Course in Miracles” a non-profit corporation.
All rights reserved
PO Box 1490 / Kingston, WA 98346-1490 / USA
Phone: 360-638-0530 Fax: 360-881-0071
Website: http://www.nwffacim.org
E-Mail: paul@nwffacim.org

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

CIA とACIM

CIA とACIM (なるほどエキサイティング!!)

インターネットを少し探すとヘレンさんの相棒のウイリアム(ビル)セットフォードさん(William Thetford)は昔CIAの職員だったという記述を良く目にします。

確かに大学を出てからCIAに所属していて、CIAを止めて大学に雇われてからも(そしてヘレンさんと一緒に働いている時期にも)CIA系の組織からFunding(研究資金)を受け続けていたそうです。
セットフォードさんが昔CIAに雇われていた話はかなり前から喧伝されていますが、これ(彼がCIAに就職しその後CIAから請負のプロジェクトをしていた事)を否定する声明文はどの団体からも提出されていないので事実だと思われます(というか、これに関してはFIPなども概ね事実として認めているようです)。


CIAでの彼の主要な仕事はPersonality Assessment System(PAS)(行動と性格を結びつける評価システム、プロファイリングのようなものでしょうか)の学術研究。

スパイ容疑で中国政府に拘束されていた女性を迎えに香港に。
http://acim-archives.org/Myths/index.html#part_1
(上記は残念ながらリンク切れです)


学生時代にはマンハッタン・プロジェクト(原爆実験)に秘書として関与
(CIAでの)彼の元ボスは洗脳プログラムやLSD実験などのスキャンダルで新聞沙汰{これが一番怖れを引き起こしているのだと思われます。}
http://www.miracles-course.org/joomla/index.php?option=com_content&view=article&id=171:the-first-acim-teachers&catid=35:tony-articles&Itemid=60

上記の本は、ACIMはCIAが作った洗脳プログラムを応用したものという噂が米国で広がったことに対応するためにFIPが独立した伝記作家に依頼してセットフォードさんの伝記を書いてもらったようです。 その結果としては、洗脳プログラムに直接関わった証拠はないけれども、確かにCIAに務めていたようです。


地味な振りして学者版007ですな。
こういうことは正々堂々と経歴に書いておいて欲しいですね。
これらの情報はACIMを誹謗している人達からではなく、真剣にACIMを学んでいる団体のWEBから入手しました。 二番目のリンク先はFIP公認(というかFIPの協力のもとに書かれた)のBill Thetford の自伝本のレビューです。 

私も一応アメリカの大学を出ていますが(物理専攻でした)、CIAからもFBIからもIBMからも(ついでにどの大学の大学院からも)お呼びがかかりませんでした。 ヤッパリ成績が悪過ぎたのね。トホホ。


以下は後年セットフォードさんがインタビューに答えて上げたACIMの12の特徴です

1) Manifesting Love  
愛を顕在化させる。 愛を現す。

2) Letting Go Of Fear  
怖れを手放す

3) Forgiving Ourselves And Others  
わたし達自身と他者を赦す

4) Training The Mind     
マインドを整える

5) Shifting Perception     
知覚/認識をシフトさせる

6) Viewing Sin As A Mistake Rather Than As A Punishable Offense
罪を(懲罰するべき犯罪としてではなく){修正可能な}間違いとして考える

7) Relying On An Inner Guide  
内なるガイドに任せる

8) Using Meditation To Quiet The Mind  
マインドを静かにさせるために瞑想する

9) Viewing Jesus As A Resource Rather Than A Savior
イエス(キリスト)を救世主としてではなく、助けの源として認識する。

10) Correcting Christianity’s Basic Teachings
キリスト教の基本教義を修正する

11) Recognizing That We Are Eternal Beings
わたし達が永遠の存在であるということを理解する

12) Experiencing Joy And Happiness
喜びと幸福を体験する

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

ACIM11-12-04

2011年12月4日

少し前に「あなたの注意が神の宝なのです」{あなたが神に注意を与えることが、神の喜びなのです}と読みました。
これはただ単に聞えの良い言葉ではなく、意味深い事実を述べているものなのです。
これはただの概念ではなく、あなたに関する事実を表してる言葉なのです。
あなたの注意が神の宝なのです。 
そしてあなたの注意/意識を父(神)に与えることが、あなたの救済なのです{あなたに救済をもたらすのです}。
これが奇跡のコースのシンプルな内容なのです。これがコースのレッスンなのです。
要約すればこれがコースの学びのアルファでありオメガ(始まりであり終わり)なのです

わたし達は長い間、二つのステップと聖なる瞬間に関して話して来ました。
「あなたは聖なる瞬間を通して目覚めることを一人だけですることは出来ない」と話して来ました。
あなたは兄弟姉妹(創造の何らかの部分)との関わりにおいて聖なる瞬間を持つ必要があるのです。

自分の思考プロセス(あなたの行動を動議付けている論理/結論付け)を放棄するためにあなたが静かに成って(神/聖霊/ガイド/イエスから)ガイダンス(指示)を尋ねた時、あなたが真理を知りたいと求めた時、真理が暴かれることをあなたが求め願った時、あなたは「父の声を聞く」のです。
その時あなたは(創造のオリジナルな原初の動きをあらわしている)「生きている水」を体験するのです。 それは記憶とは全く関係のない体験なのです。
それはあなた達が自分達に教えてきた事とは、あなた達が作り上げて来た事とは、あなた達がお互いと作り上げて来た合意とは、全く関連していません。

次のように言ってみましょう。
あなたが自分の記憶を元に日常の全ての行動を行なっていた場合、あなたは生きている水(今、今、今起こっている「創造の原初の自発的動き」)の場所から全てと関わってはいないのです。
そしてもしあなたが生きている水と繋がっていなかったなら、 もしあなたが今の創造の動きから自分の体験を得ていなかったなら、あなたはまだ眠っているのです。

(その場合)あなたは神の視点と繋がっておらず、だから意味のあることは何も起こっていないのです。
(その場合あなたは)神の今、今、今、今の表現を体験するあなたの生得権から切り離されてしまっているのです。 神の視界を今、今、今体現しているものからあなたは離れてしまっているのです。
自分の記憶に依存することが便利で、そうすることに慣れ切っており、それが安心感をもたらしていると感じているなら、「Inception」という映画が示していたように、現在あなた達はリアリティ以外のレベルで働いて(機能して)いるのです。

あなたはそれ(自分の記憶に依存すること)を続けるべきではないのです。
それ(記憶)はリアリティが起こっている場所ではないのです。
(あなたが全てを自分の記憶と論理で保持している)そこでは変容は起こり得ず、そのやり方では記憶のレベルから(そしてあなたの使い古した性癖から)抜け出ることは出来ないのです。
そしてあなたはリアリティ以外のレベルに存在するように創造されてはいないのです。
あなたは、生きている水のレベル(生きている水が居る)以外の場所で働くよう(生きるよう)作られてはいないのです。(今ここで起こっている)神の創造の生命力{があなたの生命力で}、神の視界があなたの本当の視界なのです。 神の視界を自分のものとすることが、神の表現としてのあなたの生得権なのです。

(生きた水のレベル以外の)他のレベル内でどれだけ旨く機能出来るとあなたが考えていたにしろ、その場合あなたは夢の中に居るのです。 その場合あなたはリアリティ内には居ないのです。
だからどれだけそれが調和的に(平和に)見えても、どれだけそれが機能的/生産的に見えても、あなたはそこでまだ眠っているのです。それはまだ夢なのです。

だからより大きな視界を、夢以外のレベルからの視界を、誰かが持って来なくてはいけないのです。
生きている水のレベルから来ている誰かが「あなたは夢見ている」とあなたに告げて、あなたの注意を十分に引き付け、あなたは(それを幻想的な考えとして退けるのではなく)真摯に{全てを/リアリティを}見直せなくてはいけないのです。
何故なら、あなたが今居る夢のレベル内であなた達が開発して来たものは、とても良く巧妙に作られており、その価値を示す確証があなたには明確に見えているので、それら(あなた達が作り上げた幻想)を置いて夢から立ち去る正当な理由をあなた達は見つけられないでいるのだから。

罪/病/死が起こっている限り、{全てを}見直してみる必要があるのです。 
(あなたの世界の中に)罪/病/死が表れている限り、あなたが毎日使っているあなたの視界/視点に異を唱えチャレンジすることが必要なのです。
先週わたし達が話した「感謝の根拠(確証)が見えていない時に感謝を行うこと」をし始めている方達が沢山居ます。
「神など存在しておらず。答えなど無く。罪と病と死が全ての存在を基本的に統治していることなのだ。」とあなたに示している状況/状態/チャレンジに面して、神の本当の真理を知りたいと願うこと、を多くの人達がしているでしょう。
そして多くの人達が(真理の確証が表れる前に真理に対して信心を与えた結果として)変容を体験しています。 

しかし生きている水のレベルと繋がらなくても上手く出来る(上手く生きて行ける)と感じている人達が居たことは私も知っています。

物事に対する自分達の能力と度量が十分あると感じていて、しかし{私の言うことを聞いて信じた結果は、繋がろうとすることの実践は}より多くの惨めさをもたらしてしまい、これをすればする程より難しくなり平和は得られていない、と感じている人達も居ますね。
夢のレベルであなた達が作ってきたルールに従うことは(少なくとも今までに比べて)平和をもたらさなくなっています。 
そして必要以上にあなたの体験は酷く成っているように見えます。
しかし「外側の」状況が{あなたを}統治していた訳ではないのです。
「生きている水のリアリティがあなたに与えられていないレベル」の中で働くことに固執していたから(あなたの体験は酷く感じられていたのです)。

あなたの真ん中にある祭壇(あなたの中の聖なる場所)に向かって何が真理か父から(聖霊から)知らされるよう求めること(選択すること)があなたを罪/病/死から解放するのなら、何故あなたはそれをしようとしないのでしょうか?
これが幻想的で上手過ぎる理屈に合わない話に聞えたにしても、これは罪/病/死からの解放を約束しているので、何故これを試してみないのですか?
あなたのガイドか聖霊か父と一緒に決断(判断)すること、自分の中で内的決意を行なうこと、聖なる瞬間の本当の方法を真摯に実践することを行ってみては如何でしょう?
それをしない理由は無いのです。
これはとてもシンプルなことです。
これは幻想から抜け出るとてもシンプルな方法です。
今までこれを知っていた人は誰もいなかったかもしれません。
しかし私はこれを言い続けているのです。
そしてコースも色々な言い方でこれを言っているのです。
だからあなたはこのアイディアを聞いていて、この可能性に対して無知ではないのです。
そして私は幻想から抜け出る道を示しているので、あなたが私を信頼したならば、あなたはリアリティに対して無知のままでは居なくなるのです。
これが(どこへも移動せずに、死んでから天国へ行くのを待つことなく)天国の体験を持つ自由への道なのです。


本を読みましょう。
[Heaven is restored to all the Sonship through your relationship, for in it lies the Sonship, whole and beautiful, safe in your love.1]
[あなた達の関係を通して、天国が全ての神の子達の為に修復されるのです。何故なら、あなた達の関係の中に(あなた達の愛によって守られた、十全で美しい)神の子の共同体が在るのだから。]

[再読] [あなた達の関係を通して、天国が全ての神の子達の為に修復されるのです。]
この文章は、あなたと兄弟姉妹の関係に関して言っているのです。
あなたが(自分で兄弟姉妹を見る前に、兄弟姉妹に関する真理を知りたいと求めて)父と向き合って真理を証言し、その上であなたが兄弟姉妹を抱擁している関係{を通して天国が修復されるのです}。

父が「兄弟姉妹の真理をあなたに暴き示すこと」をあなたが許可し、それがもたらした「あなたの中の気付き」を通して兄弟姉妹の神聖を発見し、(あなたが兄弟姉妹の真理を知っているが故に)兄弟姉妹の神聖を(疑いを持つことなく無条件に)兄弟姉妹の中に認識するのです。

朝目覚めた時あなたの機嫌(気分)がとても悪かったなら、あなたはそれからの一日に思いを巡らし、窓の外を見て、妻や亭主や犬を見て、その時あなたは何も良いものは見つけられないのです。{何故なら、あなたの機嫌が悪くて、その機嫌の悪さが全てを色付けしていたのだから。}
(機嫌の悪い気持ちをあなたがそのまま保ってしまったなら) 何も良いことは起こらないのです。
反対に、もしあなたが目覚めた時に気分が良く(ポジティブな意識が持てていたなら)、窓の外を見て、亭主や女房や犬や猫を見て、あなたはそこに喜びを見るのです。 満足の可能性を、平和の可能性を、喜びの可能性を見るのです。

だから{上記と同等の働きにより}、
[Heaven is restored to all the Sonship through your relationship . . .]
[あなた達の関係を通して、天国が全ての神の子達の為に修復されるのです。]

あなたが他の人との間に持っている聖なる関係によって、神の子の共同体(Sonship)全体に対して天国が修復されるのです。

これは例えば、あなたがとても落ち込んだ気分で目覚めて起き上がって少し歩いた時、何かが起こってあなたの視界が変り、全てが急に変ってあなたの見ている全てのものが喜びの可能性で輝いて見えるようになることと似た感じなのです。
あなたの聖なる関係の変容の中で、あなたの視界(知覚)が変るのです。
父の視界であなたが満たされ、父の視界に抵抗しないことにより(父の視界/視点以外のものを持つ権利を主張しないことにより)、父の視界が自分の視界に成ることをあなたが許したなら、その結果として世界全体が(天国へと)修復されるのです。
誰かひとりの人の為に(自分の為に考えて自分の結論を下し物事をコントロールしようとする)あなたの権利を放棄することが出来たなら、その結果として世界が天国へと修復されるのです。

勿論「あなた達が自分の為に考えて自分の結論を下し物事をコントロールしようとする事」は全てリアリティ(生きている水)のレベル以外の所で行われています。だからそれらはリアリティ内では全く行われておらず、あなた達は眠っているだけなのです。

[Heaven is restored to all [all] the Sonship . . .]
[天国が神の子の共同体全てに修復されるのです。]

あなた達が見ている全てのものに関するリアリティ体験が戻って来るのです。

[. . . through your relationship through your relationship, for in it lies the Sonship, . .]
[あなた達の関係を通して、...何故なら、あなた達の関係の中に(あなた達の愛によって守られた、十全で美しい)神の子の共同体が在るのだから。]

あなたが見ている全ては、光明を得たあなたの視界からクリアに見ることも出来るし、曇りガラスを通してぼんやりと見ることも出来るのです。
これは二つ種類の視点/視界のどちらかを選ぶことなのです。これは二つの別々なレベル(に見えているもの)の中から一つを選ぶ事なのです。生きている水のレベルか、幻想/夢のレベルか{あなた達は常にどちらかを選んでいるのです}。

[Heaven has entered quietly, for all illusions have been gently brought unto the truth in you, and love has shined upon you, . .]
[天国は(あなたの求めに)答えて(あなた達の関係の中に)静かに入って来たのです。何故なら全ての幻想はあなた達の中の真理の下に優しく引き出されて、愛があなた達を照らしており、...]

生きている水のレベルに自分の注意/意識を与えようと決意したあなたの意欲が{あなた達の関係の中に天国を招待したのです}。

[. . . all illusions have been gently brought unto to the truth in you, and love has shined upon you blessing your relationship with truth. God and His whole creation have entered it together.]
[何故なら全ての幻想はあなた達の中の真理の下に優しく引き出されて、愛があなた達を照らしており、あなた達の関係を真理で祝福しているのだから。神とその創造全体が一緒に、あなた達の関係の中に入って行ったのです。]

「でも、ポールにもそのようなことは出来ていないし、ジョーだってしていないし、誰某にも出来ていない。私は物凄く努力しているけれども、何にも聞こえては来ないのです。」
そのような脚本を使い続けるのは止めなさい。 
{聖なる瞬間を実践する、生きている水のレベルに自分の注意を与える}意欲を持ち続けるのです。
何故なら、神が実在し、あなたは一人ではないのだから。
あなたは必滅者(肉体)ではなく、神の聖なる子供なのだから。
この瞬間父があなたに成っており、「(聖なる)あなたが誰か/何か」という知識は全て聖霊に預けられているのです。 そして聖霊とは(あなたが生きている水から切り離されたレベルに居るフリをしている間安全に保管されている)あなたの正しいマインドにしか過ぎません。

(あなたは)今のレベルからは自分のガイドとは繋がれないフリをしており、自分の神聖に対する認識やそれを体現することは出来ないフリをしているのです。
『ここではそんな体験は出来っこない、これが私の「言葉/真理/定義」だ。』 と言う訳です。 
しかし、これこそがあなたの脚本なのです、と言うことも出来ますね。
この脚本に沿って行動し続けたなら、それは今まで通りそれ程愉快ではないことでしょう。

[How lovely and how holy is your relationship, with the truth shining upon it!]
[真理がそれ(あなたの関係)を照らし出している時、あなたの関係は何と愛らしく神聖なのでしょうか!]

あなたの注意が神の宝です。 あなたが自分の注意/意識を神に与えた結果として、あなたが意欲的に自分の注意を(あなた自身にではなく)神に与えた結果として、あなたは自分が満たされていることを発見します。 あなたと(あなたと共に聖なる関係を持っている)もうひとりの人の上に真理が輝くのです。
天国はそれ(あなた達の関係の上に輝いてる真理)を見て、それ(真理)をあなたが自分達のもとに来させたことを喜ぶのです。
違う言い方で上記を言い表せば、「兄弟姉妹全員がそれ(輝く真理)を見るのです。」
わたし達全員は常にお互い全員と意識的に繋がっています。
そして眠っている人達は、{神の子の共同体によって}空白として体験されるのですが、これは勿論間違っています。
だから(目覚めている)わたし達には、それが空白ではないことが良く分っているのです。 (眠っている)あなた達は(目覚めている)わたし達を無視しているのです。
あなた達は、自分達の正しいマインド(正気)とリアリティを体験する以外のことを意識的に選んでいるのです。
しかしわたし達はそれを見ています{わたし達はそれを理解しています}。
そしてあなたが真理の光を自分のもとに来させた時、わたし達はそれを知り喜ぶのです。
わたし達はあなた(達)を待ているので、あなたが真理の光を受け入れたと知ることは(わたし達にとっても)喜びなのです。

(言ってみれば)わたし達は、あなた達がパーティーに参加することを待っているのです。
あなた達がリアリティ(そこではわたし達全員が「わたし達が知っていること」を知っています)と繋がり、それをわたし達と平等に分け合うことを待っているのです。
あなたが意識的に自分のガイドと繋がろうとしていて、それに失敗しているとあなたが感じている時でも、(あなたの繋がろうという意欲が)わたし達には喜びなのです。
その時あなたは、あなたの注意/意識を(あなたをブロックしてしまうぐらい硬く密度が濃いとあなたが信じている)場所に与えようとしているのですが、その場所があなたをブロックしてしまうことは本当は不可能なのです。
あなたが(神に注意を与えることを)継続し続けて、『「あなたが対峙しているもの」はあなたを失敗させてしまうぐらい硬い(確実なものである)』というアイディアに負けなかったなら、あなたは成功するのです。
それは確実なのです。

それから私は下記のことも言い足しましょう。
わたしが言っていることが答えなので、あなたの注意が神の宝なので、真理があなたの救済である事を聴けるようにあなたが自分の注意を神に与えていた場合、聖なる瞬間の実践の成功は完全に保証されているのです。

私が言っていることのロジック(論理)が、このことを続ける上であなたを助けるでしょう。

しかしあなたには私があなたを抱擁している愛により一層依存して欲しいのです。 何故なら、それ(愛)は論理よりも確実にあなたに変容をもたらすのだから。

[The universe within you stands with you, together.]
[天国があなた達の関係を見て、あなた達がそれを自分のもとに来させたことを喜んでいます。]

しかし天国はただそこに居てあなたを観察している訳ではないのです。
「ハイ、私はあなたが何をしようとしているか理解しています。あなたがどこに居るか見えます。あなたは私と共にいて、2フィート程離れています。 あなたは少し私より背が低くて...ウーム。」
これは一緒に居ることではありません。 これが分離して観察していることです。

あなたの中の宇宙はあなたと共に一緒に立っており、あなたと離れてはおらず、あなたと宇宙の間には何も無いのです。そこにはどのような分離線もなく、(あなた達の間には)どのような薄い膜も挟まれてはいないのです。 それは「ひとつ」なのです。


[And Heaven looks with love on what is joined in it, . .]
[そして天国が...その中で繋がっているものを愛を持って見ているのです。]

これが意味を体験すること(意味深い体験)なのです。
それは何か神聖なる感覚(神聖に感じられるもの)なのです。
そしてあなたは(死んで天国と呼ばれている所に行くのではなく) ここで神聖とパーフェクションのフィーリング(感覚)を得るのです。

あなたの全ての瞬間は「聖なる瞬間が働きあなたが変容される機会」なのです。 あなたの全ての瞬間が「(聖なる関係をあなたと共に築いている)兄弟姉妹に対して光明を得る機会」なのです。
兄弟姉妹の神聖を間違いなく認識し、その体験の中であなた自身の神聖を認識し、この二つの認識の中で神を思い出すのです。
あなたはこの視点を通して全てを見て、あなたのマインドの中で全てが真理/天国と一致していること(統合されていること)を発見するのです。

これら全てには信頼が必要です。
あなたは記憶には依存せず、あなたが今まで知ってきたことには依存せず、(より有用であるはずの)最新の知識にも依存しないのです。
あなたが自分の安全保障だと考えてきたものを放棄した時、(あなたは)より最新のよりパワフルでより有用でより成功をもたらす{知識/論理/情報}には依存しなくなるのです。
だから私はあなたに「知られていないもの(生きている水)」の中に入っていくよう求めているのです。
「成る程、生きている水ですか。 真理に対する意識的な気付きですな。 父の視点? それが何かはさておいて。」
人によっては優雅にこれを疑っており、露骨に疑っている人達もいます。
だからあなた達は異なったレベルの懐疑を持ち出しているのです。

しかしあなたは(このことに)意欲を与えられる場所まで到達する必要があるのです。
(自分の最上の判断や自分だけで考える能力よりも)あなたが兄弟姉妹を気遣った故に、あなたはこれをする理由を得るのです。
解りますか?

[Whom God has called should hear no substitutes.]
[神に呼び掛けられた者は、代用品を聞くべきではないのです。]

神は代用品は受け入れません。 あなたは神の子なのです。
(神から離れた)あなたが「自分は誰だ」と決めたこと、「自分はどの様に成りたい」とあなたが勝手に決めたこと、が(あなたが父とあなた自身の間に置いている)代用品なのです。
あなたは、父が創造しなかったものに成ろうと選択したのです。
(より正確には)あなたは「父が創造しなかった何か/父には創造出来なかった何か」に自分が成ったフリをすることを選んでいるのです。  これが父の子の代用品なのです。

[Whom God has called should hear no substitutes.]
[神に呼び掛けられた者は、代用品を聞くべきではないのです。]
代用品に成っているあなたさえも聞くべきではないのです。
あなたがでっち上げた代用の隣人も聞くべきではないのです。
今そこに神が本当に成っている者(状態)に取って替わる代用品を認めるべきではないのです。

[Whom God has called . . .]
[神に呼びかけられた者/神が呼びかけている者]

つまりあなたが二つのステップを行なって神/聖霊の声(神を現している声)を聞いて真理を発見した時、あなたは神に呼びかけられているのです。
その時あなたは目覚めの中に呼び込まれているのです。あなたは目覚めて意識を取り戻すよう呼ばれているのです。

[Whom God has called should hear no substitutes.]
[神に呼び掛けられた者は、代用品を聞くべきではないのです。]

あなた(達)が作り上げた代用品達をもう聞き続けるのは止めるべきです。

[Their call is but an echo of the original error which shattered Heaven.]
[彼等(代用品)の呼びかけは、天国を粉々に砕いた原初の間違いのエコー(こだま)なのです。]

「しかし父よ、私は自分のやり方で見てみたいです。 父よ、私は自分でやりたいです。父よ、私は離縁したいです。」{これが原初のエラー(原罪)のエコーです。}
(この様に言って)分離し得ないものの中に人工的な分離を導入したことにより、天国の平和が粉々に砕けたのです(実際にそうなった訳ではありませんが、ここではそう表現しておきましょう)。 天国に対する意識体験が砕けたのです。 何故なら(父からの分離を意図し始めた途端)あなた達は『「父が全てに対して与えた意味(定義)」に取って代わる代用品』を作り始めたから。

[Their call is but an echo of the original error which shattered Heaven. And what became of peace in those who heard?]
[彼等(代用品)の呼びかけは、天国を粉々に砕いた原初の間違いのエコー(こだま)なのです。この原初の間違いを聞いた者達の平和に何が起こったでしょうか? ]

代用を続けるように言い立てる呼び掛けを聞いた者達の身に何が起こったでしょうか?
彼等の平和に何が起こったでしょうか?
あなた達は(こうして)平和を失ったのです。
そしてあなた達は漂い来る平和の欠片を得ることしか出来なく成っているのです。
それは時にはゆっくりと時には直ぐにやって来ます、しかしそれ(断片的平和)は常に何らかの不満/不平等をあなたにもたらし、安定した確信と安全は得られないのです。

[Return with me . . .]
[私と共に...帰りなさい。 ]

代用品を作り使っている全ての人達は私と共に戻りなさい。
(例えあなたの注意が神の方向に、私の方向に向けられていたとしても)代用品の呼び声をまだ聞いている人達は、私(イエス)と共に帰りなさい。

[Return with me to Heaven, walking together out of this world . . .]
[私と共に天国に帰りなさい。 この世界の中を一緒に歩いて、]
この夢のレベルから私と一緒に歩いて出なさい、と言っても良いでしょう。

[Return with me to Heaven, walking together out of this world and through another to the loveliness and joy the other holds within it.]
[私と共に天国に帰りなさい。 この世界の中を一緒に歩いて、他の世界の中も歩き抜けて、もう一つの世界の中の愛らしさと喜びに到達しなさい。]

わたしはその為にここにいるのです。 「私と一緒に来て私を繋がりなさい。」と言う為に。そしてあなたの正しいマインド(正気)である精霊もこれを言っているのです。

[Return with me to Heaven, walking together . . .]
[私と共に天国に帰りなさい。 この世界の中を一緒に歩いて、]

一緒にです。 あなたは自分一人でこれをする訳には行かないのです。
あなたは(生きている水が湧き出している)「知っていない場所/地点」に立つ必要があるのです。そこではあなたの全ての体験が完全にオリジナルで全く記憶からは(過去からは)来ていない場所に立つ必要があるのです。

[Return with me to Heaven, walking together out of this world and through another to the loveliness and joy the other holds within it. Would you still further weaken and break apart what is already broken and hopeless?]
[私と共に天国に帰りなさい。 この世界の中を一緒に歩いて、他の世界の中も歩き抜けて、もう一つの世界の中の愛らしさと喜びに到達しなさい。あなたはすでに壊され希望を失っているものを一層壊し分離しようとし続けるのですか?]

つまり、あなたは夢のレベルに残ってそれを操作し続けようとするのですか?
(あなたは意識を失っており夢の中に居るのに)自分が何かを達成していると考え、自分が何かを達成しているが故に自分が正当な存在になっていると考え続けるのですか?

その場合あなたは、あなたが知っていないギリギリの場所(知りたいと求めるあなたのマインド/生きている水のレベル)には居ないのです。
そこに現れ出るものは、その場所(あなたがまだ知っていない場所)で体験されることは、その瞬間に取り繕いようなくオリジナルなのです。 何故なら、(その時)あなたは神と共に(新しいものが出現する)創造のポイントに立っているのだから。

[Would you still further weaken and break apart what is already broken and hopeless? Is it here that you would look for happiness?]
[あなたはすでに壊され希望を失っているもの(救いようのないもの)を一層壊し分離しようとし続けるのですか?]

いいえ、あなたはそれに飽きています。 
これは楽しいことではないのです。あなたは楽しんではいないでしょう。
あなたはそれ程楽しく過ごしてはいないでしょう。
{神から離れているのならば}あなたは喜びは体験してないはずです。あなたは安全を体験していないでしょう。
あなたは不可侵性(不死身)やその全ての祝福(罪悪の不在/怖れの不在)は体験していないでしょう。

[Is it here that you would look for happiness?]
[あなたは「ここ」{全てが粉々に分離している所}で幸福を探そうとするのですか?]
それ(分離している世界の中で幸福を探そうとすること)はあなたが本当に求めていることではないのです。

[Or would you not prefer to heal what has been broken, and join in making whole what has been ravaged by separation and disease?]
[そうしようとするのではなく、壊されているものを癒やし、分離と病によって破壊されたものを十全(健全)にすることに加わりませんか?]

現状維持や最低限の状況で満足するのはやめなさい。
それで満足する必要はないのです。その反対をすることこそが、「あなたであるもの」の性質故にあなたの責任なのです。
あなたが可能だと考えていることを越えて行きなさい。
記憶や記憶の上に作られている信念のレベルを超えて伸び上がりなさい。 未知の狭間に立って、生きている水の表現が(あなたの意識体験として)あなたの中に流れ込めるように。

[You have been called, . .]
[あなた達は...呼びかけられています。]

そうなのです。 しかしこれをエゴ的に受け取ってしまわないよう気をつけてください。
確かにあなたは呼ばれています。 
勿論全ての人達が呼ばれているのですが、それでもあなたが呼ばれているということが{偉大な呼びかけに応えて偉業を成し遂げられるかもしれないと}あなたを特別に感じさせてしまわないように。
「キチガイのように振舞うこと」を決めた途端、神の持ち物以外のマインドを自分で持っているかのように振舞うことを決めた途端、神の宝である注意以外の意識を自分が持っているかのように振舞うこと決めた途端、あなたがそのような志向を受け入れた途端、分裂が起こりあなたの正しいマインドがあなたのものでなくなったように感じられ出したのです。 そしてその瞬間に、あなたの正しいマインドである聖霊があなたを呼び始めたのです。
「あなたがこの不可能なことを達成することは出来ません。 あなたがしようとしていることは不可能です。私の声を聞きなさい。私はあなたを正気に戻します」と聖霊が言い始めたのです。
だからあなたは呼びかけられているのです。
あなたが自分の父から離縁しようとした時点から、あなたは呼び掛けられ続けているのです。

[You have been called, together, to the most holy function that this world contains.]
[あなた達は一緒にこの世界の中の一番神聖なる役割を担うよう呼びかけられています。]

これは素晴らしく聞えますね。
しかし{この文章が言おうとしていることは}(あなたの正しいマインド/正気でしかない)聖霊があなたのマインドを完全に取り戻すようにあなたに呼び掛けているということなのです。 あなたの最も神聖なる役割を果たすよう聖霊が呼びかけているのです。
神の子(それが本当のあなたなのです)としての役割を果たすようにあなたは呼びかけられ求められているのです。

[You have been called, together, . .]
[あなた達は一緒に...呼びかけられています。]

聖なる関係の中で繋がったあなた達二人は、
[. . . to the most holy function that this world contains.]
[この世界の中の一番神聖なる役割を担うよう(に呼びかけられています。)]
これが全ての人達の注意に値するシンプルなゴール(目的)なのです。

[It is the only one which has no limits, and reaches out to every broken fragment of the Sonship with healing and uniting comfort.]
[この役割だけが限定を持っておらず、癒やしや一つに戻す慰めと共に、神の子の共同体の全て隅々にまで届くものなのです。]

あなたは惨めになること(惨めに感じること)に忙しく、自分が感じている不満の仕返しをすることに忙しくしているかもしれません。

しかしあなたの神聖なる役割は、
[. . . one which has no limits, and reaches out to every broken fragment . . .]
[この役割だけが限定を持っておらず、...全て隅々にまで届くものなのです。]

これは慈悲と気遣いのように(慈悲/気遣いとして)、「分断されているすべての所」に届くのです。
操りを伴わず、優位を得る為にではなく、愛を持って、(これは全ての場所に届くのです)。

[. . . reaches out to every broken fragment of the Sonship with healing and uniting comfort. This is offered YOU, in your holy relationship. Accept it here, and you will give as you have accepted.]
[癒やしや一つに戻す慰めと共に、神の子の共同体の全て隅々にまで届くものなのです。あなた達の聖なる関係の中で、これがあなた達に与えられているのです。これを「ここ」で受け取りなさい。 そうすればあなたは自分が受け入れ受け取ったように与えられるように成るでしょう。]

あなたが朝機嫌良く目覚めて周りを見回している時、あなたは良い機嫌(気分)を与えているのです。
あなたはこれに関して考えることはしていないでしょう。
「私は、あそこにいるロビンに良い機嫌(意識)を与えよう。むこうにある花に良い機嫌(気持ち)を与えよう。 この美しい空に良い機嫌(気分)を与えよう。」
いいえ、あなたは別にそうは考えず、あなたの良い機嫌(気分)が全てに対するあなたの体験を自然と整えるのです。

{同じように}聖なる関係の体験が、あなたの全体験を整えるのです。
あなたの聖なる関係の神聖が、あなたの全ての体験に与えられるのです。
あなたはそうせずには(全てに対して聖なる認識を与えずには)いられないのです。 これがあなたの行動に成るのです。
そしてこれには努力は不要なのです。 何故なら、これは自然と起こることなのだから。
ゆえにこれは驚異的なのです。
そしてこれは全ての人に当て嵌まるのです。
全ての人が聖なる瞬間を実践するべきで、全ての人がこれに成功出来るのです。

[The peace of God is given you . . .]
[神の平和があなた(達)に与えられています。]
そしてあなたがそれを受け取ってそれを感じている時、あなたはそれを全ての人々に与えているのです。

[The peace of God is given you with the glowing purpose in which you join. The holy light that brought you together must extend, as YOU accepted it.]
[(その中であなた達が繋がっている)大きく育ち続けている目的と共に神の平和があなたに与えられています。あなた達を引き合わせている聖なる光をあなた達が受け入れるに従い、この聖なる光が差し伸ばされて(拡張されて)行くに違いないのです。]

さてあなた達は、私が今夜話したことを受け取って自分達の概念に当て嵌めてしまう傾向があります。
そして既存する概念を使う事は、聖なる瞬間に入ることではありません。それは(あなたがあらかじめ知ってはいない)生きている水のレベルではありません。
これ(聖なる瞬間)をしようとしている時、あなたはバランス感覚を得ようとして自分の(既存の)概念を持ち込んでしまうのです。
しかし聖なる瞬間(二つのステップ)の中であなたは、未知の中に踏み入れてバランスを失い、今まであなたが聞いていなかったことがあなたに示されるのです。
これをした結果何が起こるか、あなたには予測出来ないのです。
これをした結果自分が何をする事になるか、あなたは知らないのです。

わたし達は「関わり合い」について話して来ました。
それは不正の(カオスの)真っ只中で兄弟姉妹と対峙して、兄弟姉妹を見て神を思い出す(そして彼等の真実を証言する)方法を見つけられるだけ、兄弟姉妹を愛することなのです。

(現在季節は冬ですが)いま地球の上に春が訪れています。
兄弟姉妹がお互いを見て、自分達が声を持っていることを思い出しています。
物事がスムーズに運んでいる時には、多大な要求がされていない時には、人々は満足してリラックスする傾向があります。
そしてリラックスするあまり忘れてしまう傾向があるのです。
物事があまりにスムーズに運んでいると、自分達の生得権(当然の権利)を忘れてしまい、全てのことに対する(真理を)要求する必要があることを忘れてしまうのです。
そして人が声を持っていること(人には声がついていること)を忘れてしまうのです。
兄弟姉妹の証人に成る必要を忘れてしまう傾向があるのです。
(たとえ誰がそれを始めたにしろ)危機の中で、不正の中で、兄弟姉妹のために「父よ、ここの真理は何ですか? 父よ、ここの必要は何ですか?」と言う必要があるのです。


あなたの中にある生きている水の動きによって、(不正な法律に対して)石を投げたり不正に対して立ち上がったりする必要があると発見したなら、
不正に奪い取られた誰かの家の庭を占拠する必要があると発見したなら、
人々と一緒に「NO」と叫ぶ必要があると発見したなら、
でもそれ(解決)は当然不可能だとあなたが考えたなら、
何故なら、それは金融システムであり、世界の成り立ちであり、あなたはそれには手出しが出来ないからと考えたなら、
それ(あなたが考えたこと)は真理ではないのです。

聖なる瞬間を実践した結果として、聖なる関係を確立した結果として、あなたは人の尊厳を思い出させる(普通でない)ことをするよう求められるかもしれません。
(困っている人々が)兄弟姉妹愛の表明を体験することなく、不正をただ受け入れるしかないと考えて自分を騙してしまう必要がないように、兄弟姉妹の尊厳の為に立ち上がることが必要とされるかもしれません。
真理/正義/安全を証言する為に、他者を犠牲にする強欲が存在していないことを証言する為に、脅威が存在していないことを証言する為に、一人が他者の為に立ち上がること(そして多くの人達が多くの人達の為に立ち上がること)が要求されるかもしれません。

今晩わたし達は美しい言葉を読みました。
それらの言葉をどのように実践することになるか、前もっては解りませんが、それを怖れないでください。
あなたがあえて聖なる瞬間を持ったなら(生きている水のレベルに行ったなら)、あなたの生活は変容をもたらし、喜びをもたらし、最上を引き出し、エキサイティングに成り興味深くなるのです。
それがどのようなことに成るかあなたには前もって解らなくて幸いなのです。何故なら、もし前もって解ったなら、あなたはそれをとても限定されたものにしようとしてしまうから。

I love you all.
聖なる瞬間の実践は素晴らしくエキサイティングなことに成るのです。
それを抱擁してください。


A Course In Miracles (reference pages)
Chapter 18 – Section: SUBSTITUTION AS A DEFENCE
1 Sparkly Book – p.426, 2nd Par. / JCIM – p.178, 2nd Full Par. / CIMS – p.358, Par.11
Chapter 18 – Section: THE SUBSTITUTE REALITY
First Edition – p. 349, 3rd Full Par. / Second Edition – p.374, Par. 11

All of the activities of the Northwest Foundation for "A Course In Miracles" are provided without charge or obligation. This is possible because of thoughtfulness, love extended without conditions. Such is the nature of Gift. As a result these materials are available to you, because someone like you has already gifted you with them.
And, at Raj's instruction, these materials will never be sold.
If you would like to add your thoughtfulness and love, to gift others with the availability of these materials, you're invited to make a tax-deductible contribution at our website, or send it to our address,both of which are shown below.

A Course in Miracles Study Group with Raj, December 4th 2011
© by The Northwest Foundation for “A Course in Miracles” a non-profit corporation.
All rights reserved
PO Box 1490 / Kingston, WA 98346-1490 / USA
Phone: 360-638-0530 Fax: 360-881-0071
Website: http://www.nwffacim.org
E-Mail: paul@nwffacim.org

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。