スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chapter 7

2月12日 金曜

ポール: 貴方が今日私と一緒にいてくれたのを感じました、特に車をドライブしている時。  意識存在と思われる所に留まったまま、ドライブして帰って家の中に入り仕事を始められたのは楽しかったです。 まるで運転試験を受けている様な気分でした。

今日受け取ったマテリアル(文献#1)はとても面白いです。 これらはそれ程難解な本ではありませんが。 読んだ事との一体感をとても感じています。

私のマインドの中には沢山の質問や希望やエゴイズムやあれこれがあります。 これらをより大きくしたいとは思いません。

私からは何も質問しない事にします。 私が学ぶべき特定の事があり、とても特定の事を貴方が話そうとしていると感じるからです。 貴方の指示に良く従えるように成りたいのです。

貴方が初めから私に望んだ二つの事があり、私はそれを快く放棄する事が出来ないでいます。 それは喫煙とコーヒーです。 しかし自分に出来る限りの事をして、これらの性癖を直しましょう。

では静かに成ります。 しかしその前に、貴方から感じた愛のコミュニケーションは表現不可能だと言いたいです。
それは例えば、家の中にいて涙が流れてきて、とても感謝する気持ちに成るのです。

私が貴方を愛し始めていると言っても嘘には成らないでしょう。 それを貴方に知って欲しかったのです。 では口を閉じます。

ラジ: ポール、私は貴方を愛しています。 今回貴方が言葉を得られなかったのは、私が「愛という言葉」を使ったとき、その意味を表現する言葉は存在しないからです。 しかし貴方はそれを感じる事が出来ます。今の時点では言葉は不必要です。

そして貴方の言う通り、考慮するべき沢山の事があります。 色々な事が起こっており、貴方は置き去りにされるのではないかと恐れています。

貴方が注意深くしている事は賢明です。 貴方が強い個人的欲望を持っている事を私は理解しています。 それらの欲望に、「それについて私が言う事の正しい理解を妨げさせまい」という貴方の意志を頼もしく思っています。
貴方自身(の個人的考え)を聞く位なら何も聞かないほうがマシと考えていますね。 それは賢明な考えです。

勇気を持って自分に聞こえてくる事を信頼しなさい。 今日私が貴方を通してスーザンに語りかけていた時の様に(#2)。 少し勇気が要りましたが、貴方には勇気があり、貴方はそれをやってのけました。 それと同じ事を今もしなさい。

ポール: OK

[長い沈黙]

ラジ: ポール、貴方が今体験している事(そして私が描写している事)を口で言ってみてください。

貴方は青い光が頭の周りにあるのを体験しています。 これを私はビジュアルに、と同時に言葉で貴方に知らせようとしています。 この青い光は、貴方に降りてきているエネルギー・フィールドです。 ポール、これを信頼しなさい。

この青い光は、浄化するエネルギー・フィールドで、これを使って貴方のコロナ(またはオーラ)を安定させようとしています。

ここで本当にコントロールを手放しなさい。 私が使う言葉を理解できなくても構いません。 それらに関する説明を貴方が以前に聞いていたとしても構いません。

今夜は、私が「貴方の想像」では無い事を証明しましょう。 私は「貴方がまだ知らない事」、「まだ聞いたことの無い事」を教える為にいるのです。 これを行なう為には、貴方は本当に手放す必要があり、貴方は手放しています。

意識存在としての貴方自身の気付きの中に入る必要を感じたなら、何時でも躊躇せずにそうしなさい。 誰も貴方を咎める人はいないでしょう。 これをしている時の貴方が不器用だと笑う人は皆無です。

貴方のコロナは額の第三の目の辺りにあります。 このエネルギー・フィルド/パターンは受信機と発信機の両方の役割を果たします。 青い光でこれを安定化させる事で、今後のセッションにおいて、貴方がビジュアルなイメージを容易に見られるようにします。 そして、これらのイメージによって、貴方は私の言っている事をより正しく理解出来る様に成ります。

貴方は大いなる信心を持っています。 貴方は水に沈むかもしれないと思いながらも、そこへ足を踏み出して、自分が沈まない事を見つけました。 これらの体験は貴方に閃きをもたらす為に存在しました。 これらは、知識からだけでは得る事の出来ない安心をもたらす体験でした。

今夜私は貴方に言う事があります。 貴方は私に何かを無理強いしている訳ではありません。 現時点では、自分の意志を捨てようと言う貴方の行為が、返って邪魔になっています。 貴方はただ手放して後の心配をする必要はありません。 今夜は手放す事が一番大切なのです、ポール。

ポール: (手放すのが)怖いのです。

ラジ: それは私にも感じる事ができます。話し始める前に、貴方の中で私への愛が育っている事が感じられると言いましたね。

第一に、もし貴方の中に信頼が無ければ、その愛は育てられません。 私は貴方を助けガイドする為にここにいます。 もし貴方が私を誤解する事があれば、私は直ぐ貴方にそれを知らせるでしょう。

このプロセスがとても大きなステップに思える事は私にも理解出来ます。 もし私を正しく聞く事が出来なければ自分がとても愚かに思えるという、貴方の恐れは解ります。 しかしポール、ここに居るのは我々だけです。 この会話は、私が許すまで書き出されず公開もされません。だから貴方が馬鹿らしい行為をしていると考える人は誰も居ません。 

少し時間を取ってリラックスし、貴方自身の中に入りなさい。 今日の午後ドライブしている時の心配の無い感覚を思い出してください。 私が手助けしましょう。

ポール:[瞑想中にエネルギーが額から入り、それが顎まで届き、首でブロックされる。 それを首からクリアする為に時間がかかり。その間も会話がありましたが、それは記録されていないません。]

ラジ: 解りますかポール? 彼(神)には「自分が体験した事を疑わず躊躇なく、他の人に伝えられる人」が必要なのです。(#3)

これをするには、自身(セルフ)に対する貴方の信頼が試されます。 今必要な事は貴方が自身を信用し、それに対して寄り掛かることです。  (貴方)自身が絶対的完全である事に対して依存し、それに寄り掛かりなさい。

なかなかそう出来ないのは、貴方が一時的に自分の三次元的イメージに囚われているからです。 三次元のイメージを形作っている、アイディアや概念の総体に貴方は囚われています。

貴方は、意識存在としての貴方自身と繋がる必要があります。 貴方は自分がこれを出来ると知っています。 何故なら、たった今私が貴方と話しているこの時、貴方はそれをしているからです。

これが出来ているのは、私が言おうとしている事を貴方が恐れていないからです。

ポール、貴方は何時も私より二、三歩先を行こうと試みています。
しかし貴方はキリストの二歩先を進む事は出来ません。

彼(神)とマスター達が、貴方を通してコミュニケートしようとしている時、彼らは、貴方に口を開けて「彼らから知った事」を躊躇無く言ってもらう必要があります。

貴方がこれを今流暢に出来ると期待してはいません。
現時点で、貴方は一番初めに話したときよりも滑らかに、私の意味を翻訳しています。
しかし初めの時には、自分の聞いている事が「自分の想像で作り上げたものではない」と信じる、信心が貴方には必要でした。

貴方が今日のレッスンを落第してしまうかもしれないと心配しているのは知っています。しかしこれはテストではありません。 もし今夜上手く行かなければ、次の機会に続きをするだけです。 我々は出来る様に成るまで続けるだけです。

マイクロフォンを下に置いてください。 今から指示をいいますから。

私が今から言う事を恐れるのは止めなさい。私が言う事が、貴方の世界と余りにかけ離れているので、貴方の生活が全く変わってしまうと恐れるのは止めなさい。

「シンプルにしなさい。シンプルにしなさい。シンプルにしなさい。」と言うモットーを覚えておけば、神が(貴方の元に)戻って来てしようとするのも、物事を「シンプルに、シンプルに、シンプルにする事」なのだと気付くでしょう。

神の為に貴方がするべき事も、とてもシンプルなことです。

さあ。マイクを離して、少しの間シンプルに成って見なさい。

ポール:[しばらく瞑想する。]

ラジ: ええポール、マイトレヤはこの惑星にいます。 彼は自身をあらわにするでしょう。 しかし、マイトレヤという個人がここにいると彼自身を表明するのではなく、キリストの光/エネルギー/愛がここにいると自身を現すのです。 それは能動的な生きている存在/現われです。 それは地球の全人類の魂を洗いそして癒す為にここに居ます。
それは、貴方が人々をヒーリングしている時に行っている事を、ここでより大きな規模で行うのです。 それは浄化です。

そうです。 それは全てを秩序立てて並べ置き、周辺のエネルギー・フィールド/パターンを乱す事無く、バイブレーション(振動)が高くなるように計らいます。

貴方は自分の手を本能的に信頼しなければいけません。 そうして自分の手を使っている時、貴方は(意識存在としての)自分自身の意識体験と共に留まらなければいけません。

貴方は自分のヒーリング・ワークに強い信心を持ち、多くの技術と確信を持っています。 ワークを行っている人に誤ってダメージを与えてしまう事を心配する必要はありません。
「彼」が現れるまで、貴方が自分の手で行なっている事を、貴方がどのようにして行なっているか(貴方に)説明される事はありません。

貴方は今まで通りに仕事を続け、「どの様にやればいいか知っている」直感的意識を信頼しなければいけません。 貴方個人では、それがどの様に働いているか、そこで何が起こっているか解らなくても。 これは貴方の直感の管轄です。

今夜以降貴方のヒーリング活動はより活発になるでしょう。
自分を宣伝するのは止めなさい。 しかし貴方自身の「正しい時と場所と人」の認識が貴方を導くに任せて、ヒーリング・セッションを行いなさい。

貴方は常時よりクリアな理解を得ていおり、それをどの様に現せばよいか本能的に知っています。 それは、彼が現れる準備として「人類の思考と気配を整える事」に貢献する事に成ります。 その効果は貴方が想像するよりも遥か遠くまで届きます。

ポール、貴方が知っている事と共にいなさい。 必要でない限り、それを公開するのは止めなさい。 貴方が一緒にいる人が(我々がどんな時代に生きているかに対して)どれだけ気付いているかは問題ではありません。何も言う必要は無いのです。

ヒーリング効果(各エネルギー・センターのエネルギーを調和させ整理する事)はある意味で、それを受けている個人とそして世界に対して、パン全体を発酵させる僅かなパン種(イースト菌)の役目をします。

「自分の手の間に通っているのがキリストの白い光だ」という貴方の認識は正しいです。 この時点ではそれは他の色ではありません。 この光が変容のワークを行います。 これが彼のワークをします。 だから貴方は自分がこれをしていないとハッキリ解るのです。 しかし、行われている事が彼のワークであり自分が彼の使用人であるという貴方の認識が、今までよりもより偉大な力と可能性を貴方のワークにもたらします。

この知識と共に留まりなさい。 この事を、貴方がワークを行なっている人達に知らせるのは止しなさい。 それでも彼らはそれを感じ体験します。

これがどう働いているか貴方が説明できないのは、自分がやっている事のメカニズムや機能を貴方が全然理解していないのは、貴方に対するプロテクションです。

何故なら貴方個人に実績を与えようとする傾向が現れるからです。 しかし貴方は自分はしていないと知っているので、貴方はそれを自信を持って否定する事が出来ます。

彼らが信じなくても、「個人のエネルギー・レベルを持ち上げてその体と意識を調和させる事で」必要なワークはなされ、彼が来る道が開かれます。 貴方は「自分はこれを白い光として体験している」と彼らに言えばいいのです。 彼らも自身でサイキック・ヒーリングやハンド・ヒーリングなどの本を参照して確認する事が出来ます。 この説明で十分です。

しかし、もし貴方が「より詳しく調べるべき」と(内部から)指示されたなら、それに従いなさい。

意識存在(意識としてある事)の四時次元レベルに留まり、発生する様々な精神的反応に入り/迂回し/通り抜けなさい。 この様にして、人としての貴方自身のエゴ感覚を無くして、貴方は彼に仕える事が出来ます。 貴方がこれを完全に成し遂げたいと思っている事は知っています。 こうする事で、貴方は「彼の力が上手く通り抜けられる」透明度を得ます。 

既に言ったように貴方のヒーリング・ワークはとても成功します。 これにより、人々が想像したり意識したりしているよりも、もっとも効果的に抵抗を低下させる事になります。 これをすることでパン全体に発酵菌を広げる事になります{聖書の比喩}。

ポール、貴方は本や雑誌などの刊行物は読まないで下さい。 スーザンには、彼女が読んでいる内容を貴方に話さないよう頼んでください。

何故なら、それらの情報に接すると、(私はその様な事は言っていないのに)「私が貴方に特定の住所へ行ったり、特定の人と会ったりする様求めている」と貴方が誤解する可能性があるからです。

少し前、貴方は自分を怖がらせ、私が聞けなくなってしまいました。 私は今、貴方に重大なニースを知らせましたが、ご覧の通り、貴方にとってそれは理解不能でも不可解でもなかったでしょう。

「シンプルにとらえる事が大切」だと自分の頭とハートに知らせなさい。

しばらくの間、メディアや本や「それらに関する会話」から自分を隔離していなさい。 私が言うまで社会的に冬眠していなさい。 貴方と「貴方がヒーリングを行なう人達」以外には、これら(スピリチュアルなワーク)の話題に関しては距離を置いていなさい。 貴方の状況内のこの要素を整理してください。 現時点では私以外の情報ソースは遮断して下さい。

貴方にも判るように、「他の場所」から情報を得る事は、貴方の中に間違った期待を生んでしまい、貴方の成長を阻害します。

少し立ち止まって考えてみれば、前の会話のテキストを読み直してみれば、我々が既にかなり前進した事が解るでしょう。

私とそして『貴方の「意識存在」としてある意識的体験』だけに限定する事で、貴方は驚かされること無く、理解が困難なことを体験せず、我々はとても自然に前へ進んで来ました。

私のメッセージをスーザンに伝えた事は、貴方にとって新しい体験でした。 それには、小さな(信念の)ジャンプが必要でしたが、貴方はそれを見事に行ないました。 それは理解しがたい事ではなく、難しい事でもなかったでしょう? しかし一週間前に、重要なメッセージを伝える必要を感じたなら、貴方は拒否反応を起こし、凍り付いてしまい、何も聞けなかったでしょう。

今日貴方が私のメッセージをスーザンに伝えたとき、貴方は深い意味を共有していたのです(貴方がそれに気付いていなかったにしろ)。 貴方は軽々とそれをしました。 それはスムーズに上手く行われました。

ポール:[テープ操作を間違えた為に、ここの内容は消えてしまっています。]

ラジ:アニー・サリバンがヘレン・ケラーを小屋に連れて行って家族のインプットやコミュニケーションから隔てたとき、ヘレンは(彼女の盲目と聴覚障害を克服する為に)サリバン先生に完全に依存しなければならなく成りました。(#4)

貴方は今、その様な立場に居ます。 貴方はそれに気付いていて、そうする事を厭っていません。 ありがとう。 貴方の協力に感謝します。 そして私はそれが貴方の心からきている事により一層の感謝の念をいだきます。

貴方がこれをしているのは、私がマスターだと知性によって信じ、だから「そうする方が賢明だ」と考えたからではありません。 もしそうなら、これは上手く行かないでしょう。

だから私が貴方に知らせるまで、貴方は「自分の目的が何だか知らないかのごとく、そして貴方のヒーリング・ワークをしている時、それにどの様な効果があるか自分では解らないものとして」進んでいってください。

これは貴方にとっては難しい事ではありません。 ヒーリングのセッション中に私とコンタクトしたくなったら、躊躇せずそうしなさい。私は喜んで貴方と一緒に働きます、我々は二人とも道を整える為に働いているのだから

貴方にもわかるでしょう。 円の中に円があり、パターンの中にパターンがあるのです。
貴方が「彼の使命を満たす為に」貴方の使命を満たす事が、私の使命を満たす事に成ります。 この様にシンプルなのです。 そして最後のステップが、彼が彼の使命(目的)を満たし(成就し)、それが我々の使命(目的)をより満たすのです。

ポール、今のところ、このコミュニケーションをスーザンとは分け合わないで下さい。 スーザンには、私が良いと言うまで「貴方が、このコミュニケーションの仔細を彼女やそれ以外の人達には教えない事」を知っていて欲しいのです。

[スーザンに向かって]スーザン、ポールと私の間のこの新しいプライバシーは、貴方を疎外する目的で行われる訳ではありません。 サリバン先生がヘレン・ケラーを離れの小屋に連れて行った事が、ヘレンの両親に対する誹謗ではなかった様に。 ヘレンが身体上の障害を乗り越えて進む為には、なんの干渉もなく全てのエネルギーがサリバン先生からヘレンに流れ込む必要があったのです。

ポールが修道院に入るわけではありません。 彼は長く家を出る訳でもありません。 彼は今まで通り、家族関係の中で普通の活動を続けます。

しかし彼は自分を(ある意味で)隔離します。 この主題に関する情報ソースを私だけに限定できる様に、彼は修練する必要があるのです。 これに関しては進行速度が益々速くなるので、ここ数週間ポールは迅速に滑らかに動く必要があります。

スーザン、私が貴方に今日の午後話した事を覚えていてください。 私は何時でも貴方と一緒に居ます。 そしてポールも何時も貴方と共にいます。 彼に起こっている事や彼を通して起こっている事を話し合う事は構いません。 しかしそれらの事を、本やメディアなどの情報と照らし合わせて、それが同じだとか、どう違うとか彼には言わないで下さい。この隔離は一時的なものですが、彼が出来るだけ短時間に沢山進むためには、とても重要な事です。

「我々の会話のテキストを貴方に読ませない」という要求を、今取り下げます。 しかしポール対して、貴方が読んでいる本の内容に基付く感想や批評やアドバイスは控えてください。

貴方にも、今起こっている事に関して役割があります。 間違った期待、間違った希望、「来るべきもの」に対する過剰に賞賛的イメージは、ポールの進行と有効性を不必要に妨げます。

今から日曜までの間、一日最低一回貴方は私と直接話してください。 これは命令ではありませんが、私はそう願います。

ポールは「どの様にしてキリストの光をサポートし、三次元世界の侵入点になるか」学んでいます。 これの価値は、これが現れる様子がとても普通に見えるという事にあります(事実これはとてもノーマルなのです)。(#5)

これからの一週間半、貴方はポールをサポートし、毎日私が貴方と話して貴方をサポートします。 これからの一週間半は、ポールにとって急激な成長の時に成ります。 これをもたらすには、我々三人一緒の力が必要です。

この過程で、スーザン、貴方と私は毎日一緒に過ごす事が出来ます。 質問があるなら躊躇せずに訊ねてください。
もし必要なら一日一回にはこだわらず、何回でも私にコンタクトしてください。 そして一日必ず一回は一緒に話しましょう。 それから、このプロセスを誰かに言ってはいけません。

[ポールに向かって]このテープを数回は聴き直しなさい。 会話を書き写したテキストも数回は読みなさい。
今回、貴方が「私を聞く能力を遮断した」事は、将来にもまた起こりえます。 少なくともその可能性は存在しています。 どの様にしてそれが今夜起こったか、そして何故起こったか、念想して(考えて)みなさい。 将来また同じ事で足をとられない様に。

もうだいぶ遅くなりましたね。 では、おやすみなさい。

_________________
#1 Crème, Benjamin, The Reappearance of the Christ and the Masters of Wisdom; Bailey, Alice A., A Treatise on Cosmic Fire.   (ベンジャミン・クレームとアリス・ベイリーの著作)

#2 数日に渡り、私はスーザンの為に質問し、ラジとの会話の後に彼女に答えを教えたりしていました。 しかしラジは今日、彼が私にスーザンへの答えを教え、それを私が同時に彼女に伝えるよう要求しました。

#3 Refer to Crème, Benjamin. The Reappearance of the Christ and the Masters of Wisdom. (ベンジャミン・クレームの著作に言及しています)

#4 このコメントは数日前にテレビで見た「The Miracle Worker」(奇跡の人)という映画に関するものです。

#5トランス状態になる必要がないと言う意味です。

(数字の付いている注釈はポールが書いたものです)

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。