スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎と風

雨の夜、タクシーに乗りました。
人の良さそうなメキシコ系の運転手が唐突に話しかけてきました。
「オーラの色は7個あるいは12個、青いオーラは...、赤いオーラは...、そして黄色は...。 それを24個に分ける人もいる。」
「へー、そうなの。」 私は疲れており適当に聞き流しています。
彼は気にする風でもなく、「あなたは既に知っているのだね?」と言うのです。 そして次々にスピリチュアル系の情報を教えてくれるのです。
その度私は「OK」と生返事。 すると彼は「あなたはこれも既に知っているのだね?」と言うのです。
そのうちタクシーは小高い丘を登り出しました。 こんな所を通るはずだったのでしょうか?
運転手は彼自身の過去に関しても教えてくれます。 私はただ「OK」と頷いていました。
でも、ふと私も自分のことを話したくなったのです。「私の話が聞きたいかい?」 
運転手は「OK」と言いました。

一つ目の話:
そこはアラスカの離れ島です。 私は木で組んだ窮屈な檻の中に入っています。
男たちがその檻をかかえて小高い丘の上に登り、それを台の上に据えました。
そして私を燃やしたのです。 私は怒りと共に燃え上がりました。
燃えながら私は誓いを立てました。 「私は風になって戻ってくる、そして全ての樹木を吹き倒すだろう。」
なぜ私は生贄でなくてはならなかったのか?

二つ目の話:
私はアズテカの王子です。 (運転手:おお、俺はアズテカの戦士だった! 私:ハイハイ、分かったから、少し黙って聞いていなさい。)
私の聖なる仕事は神に捧げものを与えることです。
でも私はもう厭き厭きしています。
犠牲を捧げることは、それは爪を切るぐらい簡単なことです。 それは髪を切るぐらい雑作ないことです。
それでも私はこの義務にウンザリしています。
どうして私はその様なことを続けなければいけなかったのか?


「話は終ったよ。 で、どうしてなの?」
「運転手: それは、人々に愛を教える為だ。」
「?」
「運転手:あなたは人々に愛を教えたのだ。」
「??」

彼の言ったことは私には全く理解出来ませんでした。
でももう少し訊いてみましょう。
「私はしなければならない事はすでに全部した。 何故私はまだ生きているのか?」
「運転手:お前にはまだパッション(情熱)がある。 」
「?」

私はメキシコに行ったことは一回しかありません。
でもアラスカへは何度も行きました。 
冬には時速50キロの暴風が大木をなぎ倒す雪の世界です。
突然吹き荒れる風に驚かされながら、セスナに乗ってあの小高い丘のある離れ島にも行きました。 そこにある多くの樹木を切り倒す為に。
これも幻想なのでしょうか? そうなのかもしれません。
まだ続きがあるのかもしれません。 それも良いでしょう。

そしてアズテカの戦士は私の為に車を運転してくれたのです。 私が神と和解出来るように。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。