スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉体

フリフリしっぽ さん、
今年も最後でしょうから、ご無礼御免でコメントに対して返答させて頂きます。

<完璧以外は神ではないと知っていると、体験出来ていない事がかえってストレスになりますし、(肉体に老化の様子を見るだけでも凹みます。)まさしくラジの言ったような事も考えてしまうので。

「肉体に老化の様子を見るだけでも」とコメントに書いてあります、
つまり、『あなたは自身を肉体として見ており、だから必然的にそこに老化の変化を見ているのです。 何故なら、「朽ちていくもの」が肉体の定義だからです。』
これが問題なのです。 

あなたが自分の上に老化の様子を見ているのは、あなたが老化という概念を受け入れており、自分の状況をこの概念に沿って解釈しているからです。
つまり腰が痛いとか、肩が痛いとか体験した時に(素早く二つのステップを行う代わりに)それを(人間的状況の当然の結果である)老化現象の結果であると決め付けているのです。
そして、あなたの周りの人達もそのような解釈を受け入れ支持し体現しているのでしょう。
その様な考えを受け入れた後で、二つのステップを行なおうと思っても、大変難しくストレスが溜まるのです。

だから例えば、体が痛い/ダルイと思ったなら「老化現象が云々」と考える前に、そのようなアイディアを受け入れる前に、(慣習的)反応/思考を止めて「父よ、ここの真理は何ですか?」と訊ねるのです。 そして(神から分離している)思考を閉じたまま、答えを待つのです。
神から分離している思考とは、「私は物理的存在で、物質的な体があるからこそ私は存在することが出来ている。 私の存在を成り立たせているのは体であって、神ではない。」という類のものです。
ここには非常に強い催眠効果があり、これを受け入れてしまえば、それ以外の考えや現象が受け入れられなくなってしまうのです。
そしてあなたが周りにいる人々、世界の人々もこれらの考えに催眠術を掛けられており、肉体として生きてお互いの死(親族や知り合いの死)を見ているのです。
つまり(死に行く)肉体という定義を天国の上に被せて、孤児のフリをしているのです。

わたし達は、お互いに対してこのような愛のない振舞いを続けることは直ちに止めるべきなのです。
(年だから、生まれつきだから、遺伝だから、病気だから)と云うような言い立て(主張)にはノー(否)と言わなければいけないのです。


良いお正月をお過ごし下さい。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

私の書き方が悪かったようで失礼しました。

自分を肉体とは思っていないから、病気や老化、死等を経験する必要はないのに(知的概念としてはNOと言っているのに)それらを体験してしまっている。

そして、それは訊いても答えが得られていないという事なので、困って凹んでしまいます。
という意味でした。
だから以前、歯を欠いた際にも、再生してしかるべきなのに訊いても答えが得られない…と思ったのでした。本当は物質ではないので、いわゆる怪我という体験自体もないはずなのにと。

友人達には、老化も死もないんだよ、と言っていますが、まず自分が実証出来ていないから意味がないんです…。

文章が下手で申し訳ありませんでした…。

ありがとうございます。

心情充たされる文章にふれさせていただき感謝いたします。
「ここでの真実はなんですか?」と大切であることを知りながら
辛抱できず、特別な関係の限定された愛の中で恐れを感じながら
エゴに随ってきている。しかし、そこに居心地の悪さを感じるので
『ここでの真実は何ですか・』と繰り返す・・。これでは真実は観得ないですね・・。
この年末、風邪を引きそうで今日は仕事を思い切って休み,ひさかたぶりに
詠ませて頂きました。今の私の心情にしっくりとくる内容で驚いています。
休まなければ、またしばらく目には入らなかったと思います。感謝です。
11月から詠ませていただいてなかったことに気づき、忙しくしていると
過ぎてしまう、過ごしてしまえる怖さを感じました。しかし、必要な時には
下さる導きが在る・・と今日思いました。ありがとうございます。
神さまにも岡上さんにも!!感謝です。意識して,更に問うていきたいと思います。
『ここでの真実は何ですか?』と。

No title

いかにエゴを生き延びさせようと必死のわたしですが(笑)、
そうもいかないですかね~^^;
とはいってもまだ逃げ続けていますが・・・。時間稼ぎして><

今年もありがとうございました☆
大好きなブログです(^o^)

フリフリしっぽさん

<自分を肉体とは思っていないから、病気や老化、死等を経験する必要はないのに(知的概念としてはNOと言っているのに)それらを体験してしまっている。

上記の文章には非常に重要なことが書かれています。 


私が説明を加えることは止めましょう。
下記のテキストをお読み下さい。
http://rajpur.blog13.fc2.com/?mode=m&no=120&cr=06af7fec1560d2a0050c5f34b71f95c8

setsukoさん

こんにちは。

最近聖書を読んでます。

星さん

今年もあとわずかですね。

よいお正月をお過ごしください。

しっぽさんへ

前回のコメントでは余りに無愛想なので追加します。


「自分が体験していること」と「ラジが言っていること」のギャップに落ち込んでも不思議ではないと思います。
 
でも何回か読んでいるうちに、聞いているうちに、どうすれば良いか聞えてくるのです。
その途中で追いつめられた気持ちになることを私は何度も体験しています。

しかし私の場合、悲しくなる前に怒り出してしまうので(そして結局疲れてギブアップするまで怒り続けるので)しっぽさんの気持ちはよく理解できませんでした。
今頃になってやっと「なるほど、悲しくなってしまう人もいるのか」と思い至りました。

すぐに聞こえて来ない答えは、考え疲れ、怒り疲れてギブアップした後に聞こえて来ます。 
ギブアップするまでは静かに聞けていないことが多いです(少なくとも私の場合)。

でも、悲しくなる人は、悲しさの中に居付いちゃうんではないでしょうか? 
そういう時はとりあえず、私に対して(あるいはラジに対して)一回ハッキリと怒ってみたらいかがでしょう?
(八つ当たりで構いません。)
  
悲しさは行き場のない怒りです、一旦怒りのエネルギーとして自分の中から取り出して、それを見てみてください。 

有難うございました!

岡上さん、今年1年も、沢山のラジやACIMに関するメッセージとご自身の体験などを、読ませて戴き、有難うございました。

聖霊や父なる神(霊的本質・ディバイン)に聴く事や、寄付(エネルギーを流す)した事に関して、色々な体験・変化・開放をさせて戴きました。

ラジさん・岡上さん、有難うございました。

どうぞ、2011年が良い年になりますように!

ユニさん

もう日本は年明け頃でしょうか。

あけましておめでとうございます。 

新年早々、おめでたくはない話ですいませんね。

明けましておめでとうございます。

無愛想なコメントとは感じませんでしたが、気にかけていただいて有り難うございます。

フリフリしっぽさん

あけましておめでとうございます。

Happy New Year!
プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。