スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chapter 11

2月17日 水曜

ラジ: ポール貴方は、「自分がいま既に就職している事」を良く解っている所に留まれる様、努力する必要があります。

これが大いなる信心を必要とする事は理解出来ます。 特に「貴方の周辺の人達がそれが絶対的法則だと信じている」三次元に限られた視点から来ている様に見える要求に、貴方が飲み込まれてしまいそうになっている時には。

貴方が「自分は既に完全に就職している(仕事をしている)」と認識したとき、貴方は正しく認識したのです。
この「完全」のフィーリングを与えるのは、聖なる愛の行動です。

貴方がこの空気の中で進んで行けば、この「完全」が貴方によりハッキリ感じられるように成るでしょう。 それを表現するときには「完全」以上の言葉が現れるでしょう。

貴方が完全に一人きりなのに、貴方の仕事場が既に活発で、貴方が既に就職していると感じているのは正解です。
貴方の行動/行為は、貴方が意識存在のポイントだけから行動する時のみ機能します。

貴方が、意識存在(四次元の人)としての「貴方の存在」の観点から働こうとする意思に比例して、過去に貴方に対してなされている様に見えた(限定された/特定の)三次元的要求が減っていきます。

以前、貴方は朝6時に起きて、夜10時まで勤勉に働いて、書き取りをしていました。
貴方の今の仕事は(貴方が無限の英知/真理/全ての知識の源として認識する様になった)その無限の辺境に自分の注意を勤勉に与える事です。

貴方とスーザンが今日の午後理解したように、イエスは「私がドアです。」と言いました。 #2
私が今朝スーザンに言った様に、彼女が私の中に見た英知は私のものではありません。 私はドア(入り口)なのです。

貴方とスーザンはドアに成る事を学んでいます、神と言う(貴方の本当の存在)無限への入り口です。 これをしながら、貴方達は何を何時するべきか知るようになります。 貴方達は本当に知るのです。

{個人的}マインドから行動する事は、三次元の観点からは成功している様に見えます。
しかし貴方が(それに)成功している様に見える理由は、その視点(枠組み)からは何も起こっていないからです。

全ての行動は意識のポイント/マインドから行われています。 三次元の視点から眺めたとき、それは見えるように{三次元の意識のあり方を表して}現れています。

だから貴方達両者は、三次元の(限定され、分離された)視点から立ち上ってくる悲鳴や要求(訴え)を無視できなければいけないのです。

エゴが完全に欠如している所に注意を与えて、全ての意識的思考の縁にある錘の様に立っていなさい。

「貴方の存在の意識体験」としてマインドが自身を開いていく事を見ていなさい。 それ以外の方法で成就(満たされる事)を体験する事は出来ません。

もし貴方がどの様な事をすれば良いか解らないでいて、答えが得れらる迄どの様な事もしたくないと感じているなら、「我々が会話している時に貴方が行なっていると同じ事」をすれば良いでしょう。

貴方は自分の質問を言って、それから「答え」と言います。 答えが返ってくるのを完全に期待しながら、貴方は「答え」と言っています。 

つまり貴方は、会話が始まるまで書き出す事を待っては居ないのです。 貴方は、自分が私と話したがっている事を知っており、だから一番初めのステップを自分から行うのです。

貴方は、自分が意識存在に成っている場所に届いてから、そのステップを行います(「答え」と言います)。 貴方は全てに対してこの様に取り組むべきです。 その場所(意識存在)に意識を届けて、それから実際の行動を始めるのです。 電話をかけたり、誰かのオフィスを訪ねたりするのです。

その時点に成ったとき自分がどの様な行動をとるか知らなくても、行動(のステップ)を始めなさい。

意識存在として全てを行い、その問題の解決への流れが進んでいる事を貴方は見つけるのです。

マインドの外に出て(マインドとして)全てをして、全てに成りなさい。


ポール: 私が何らかのニュースレターを発行する事を考えていると、ご存知でしょう。
貴方と私はこれをするべきでしょうか?

ラジ: それは可能です。 数日後にまたこの質問をして下さい。

ポール: 現時点では、これ以上の質問はありませんので、我々が話した事を顧みてみたいと思います。 きっと今晩また貴方と話したくなると思います。
本当は出来るだけ沢山の時間、貴方と話して居たいです。 これ以外の仕事/就職に時間を取られる事がないのなら。

ラジ: それで結構です。 後でまた話せるのを楽しみにしています。


_________________
#1 私はビジネスの一環として法廷レポーターの為に書き取りをしていました。
#2 John 10.9.  (ヨハネの書)

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。