スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACIM-C16-167.08

下記の文章はJCIM(Jesus’ Course in Miracles, The Course in Miracles Society)の英文を私が翻訳したものです。 {}内に私が得たガイダンスを書き添えています。


ACIM Chapter 16 Forgiveness of Illusions Page 167 Paragraph 8
16章 幻想の赦し(幻想の解除)


Remember that you always choose between truth and illusion; between the Real Atonement which would heal and the ego’s “atonement” which would destroy. The power of God and all His Love, without limit, will support you as you seek only your place in the plan of Atonement arising from His Love. Be an ally of God and not the ego in seeking how Atonement can come to you. His help suffices, for His Messenger understands how to restore the Kingdom to you, and to place All your investment in salvation in your relationship with Him.

あなたは「自分が常に真理か幻想のどちらかを選んでいること」を覚えておきなさい。
癒やしをもたらすリアルなアトーンメント(贖罪/和解)か、破壊を行なうエゴのアトーンメントのどちらかをあなたは常に選んでいるのです。
神の力と神の愛には限りがありません。 そして神の愛から立ち昇ってくるアトーンメントのプラン(和解の計画)の中のあなたの場所(あなたの役割)だけを求め始めたなら、限りない神の力と神の愛があなたをサポートします。
どのようにして(どのようにしたら)あなたのもとにアトーンメントがやって来るか探している時、あなたはエゴの同志(仲間)ではなく神の同志に成りなさい。
彼(神)の助けが必要を満たすのです。 何故なら、どのようにしてあなたのために王国(天国)を修復するべきか、神のメッセンジャーは理解しているのだから。 そして、あなたの全信頼を「あなたと神の関係の中にある救済」へ与えなさい。
何故なら、どのようにしてあなたのために王国(天国)を修復するべきか、どのようにしてあなたの全信頼を「あなたと神との関係の中にある救済」へ与えたらよいか、神のメッセンジャーは理解しているのだから。

{(目覚める前の)あなたの前には常に、エゴの考え方(偽りの見方)と神の視点の両方が与えられており。 あなたはそのどちらかの見方(考え方)を選んでいるのです。
あなたがそのどちらを選んだか、その結果(破壊が起こったか和解が起こったか)を見て判断することが可能です。
神の愛には人間的分別がありません。(あなた個人の推論に依存するのではなく)神のプランだけに従ったなら、あなたは(それが直ぐ目に見えなかったにしろ)必要十分なそして実際的なサポートを得るでしょう。  問題/必要への解決を求めている時、あなたは神の視点を自分のものとして、精霊に物事の判断をさせなさい。 そして他のエゴと結託することも止めなさい。
あなたがどのようにして平和を得るべきか、神のメッセンジャーは理解しています。それは「あなたと神の関係」をあなたが体験し理解することにかかっています。}


Seek and Find His message in the holy instant, where all illusions are forgiven. From there the miracles extends to bless everyone and to resolve all problems, be they perceived as great or small, possible or impossible. There is nothing that will not give place to Him and to His majesty. To join in close relationship with Him is to accept relationships as REAL, and through their reality to give over all illusions for the reality of your relationship with God. Praise be to your relationship with Him, and to no other. The truth lies here, and nowhere else. You choose this or NOTHING.

神のメッセージを聖なる瞬間の中に捜し求めてそれを発見しなさい。 聖なる瞬間の中では全ての幻想が赦されて(解除されて)います。
そこ(聖なる瞬間)の中から奇跡が身を差し伸ばして(拡張して)全ての人を祝福し全ての(それが小さなものでも大きなものでも、難しいものでも簡単なものでも、可能と思われていることでも不可能と思われていることでも)問題を解決するのです。
(聖なる瞬間の中では)神と神の権威に対して信頼を(それに相応しい場所を)与えていないものは何もありません。
親密な関係の中で神と繋がることは、関係(あなたの持っている様々な関係)をリアルなものとして受け入れることです。 そして、あなたと神との関係のリアリティを礎(基準)とし、(あなたの)リアルな関係を通して全ての幻想を明け渡すことなのです。
あなたと神の関係に賞賛あれ(常にあなたと神の関係をまず第一に認めなさい)。 そして「あなたと神の関係」以外のものをたたえる(認める)のは止めなさい。  ここに(あなたが自分と神の関係を認識している場所/瞬間に)真理があるのです。 そしてここ以外にはどこにも真理はないのです。
あなたはこれを選択するか、でなければ無(リアルでないもの)を選択しているのです。

{あなた自身の静寂の中に神のメッセージが知らされます。 そこには間違った考えが表されていません。 奇跡は聖なる瞬間の中に存在し、そこから自身を差し延ばしてあなたの意識に奇跡(問題の解決)を与えます。 あなたの静寂の中では、神に逆らった考えは起こりません。
あなたは神が創造したものなので、あなたという存在は神との関係によって成り立っているのです。 あなたと神の関係が一番根源的なもので、あなたはそれを体験し認める必要があります。 あなたは神と一体に成る体験を自分に許可する必要があります。 何故なら、あなたは自分と父/神の関係を拒否し、そのために幻想を作ったのだから。 だから、あなたが聖なる瞬間(自分の中の静寂/神とあなたの関係が成り立っている場所)に留まり、自分の幻想を否定したなら、幻想は消えてなくなります。} 


“Forgive us our illusions, Father, and help us to accept our true relationship with You, in which there are no illusions, and where none can every enter. Our holiness is Yours. What can there be in us that NEEDS forgiveness when Yours is perfect? The sleep of forgetfulness is only the unwillingness to remember Your forgiveness and Your Love. Let us not wander into temptation, for the temptation of the Son of God is not Your Will. And let us receive only what YOU have given, and accept but this into the minds which You created, and which You love. Amen.”

『我々の幻想を赦して(解除して)ください、お父さん。 そしてあなたと我々の本当の関係が我々に受け入れられるよう助けて下さい。 あなたと我々の関係の中には全く幻想は無く、その中に幻想が入ってくることも不可能です。
我々の神聖はあなたのものです。 そしてあなたの神聖は完璧なのです。 ならば我々の中に「赦しを必要とするもの」が在り得るでしょうか?
忘却の夢は「あなたの赦しとあなたの愛を思い出したくない」という思いでしかないのです。
我々は誘惑の中に彷徨い入ってしまうことは止めましょう。 何故なら、神の子を誘惑することはあなたの意志ではないのだから。
そして「あなたの与えたもの」だけを我々が受け取るようにしてください。
(そして我々は「あなたの与えたもの」だけを受け取るようにしましょう。)
そしてあなたが創造したマインドの中に、あなたが愛したマインドの中に、あなたが与えたものだけを受け取りましょう。
アーメン。』

{この文は「我々が神の与えてくれているものだけを受け取り、それ以外は受け取らないように助けて下さい。」と願っていると同時に、「我々は神の与えてくれているものだけを受け取ります」と宣言しています。 このようにして、あなたの意志と神の意志を一つにするのです。}



上記の文を書いてから散歩に出ました。
私は何者かに自分を認めてもらいたいと思っています。
それが得られない時には気分が落ち込むものです。
世界に対する自分の影響力を作って、自分を他者に認めてもらいたい、
そのような自分(世界から分離したエゴを)を作り上げたいと考えているようです。

でも、もしそのような自分が初めから存在していなかったらどうでしょう?
自分を認めてもらいたいと思っている私(あなた)は存在しています。
しかし世界と神から分離した私(あなた)が全く存在していなかったならどうでしょう?
分離しているフリを続けている限り、分離の考えに基づいた現象が現れます。そのような状況がとてもリアルに揺ぎ無く存在し続けているように見えます。
しかし思考/推論を止めた時、そのような世界(そのような考え)以外のものがあるとわかるのです。
そして諦めないことが必要なのです。 分離的な酷い状況が続いているように見えても、聖なる瞬間を実践し続けるのです。 「父の意志が天国でなされており、それが地球でもなされているのが見えるように。」

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

岡上さん、こんにちは。

『私は何者かに自分を認めてもらいたいと思っています。』・・・
そうなんですね。

私は、『何者にも否定されたくない。』気持ちが大きかったようです。
今、目の前にその現象が起きています。(笑)

諦めません。どこまでも二つのステップですね。

みぃさん

否定されたくないという気持ちや、認めてもらいたいという気持ちを自分だけの感覚/認識(それに基づいた知識)をもとに乗り越えようとしてしまう。 
それをラジはエゴの救済プランと呼んでいるようです。

私が神の意志を否定(無視)している時に、
私は否定されたくない、認めてもらいたいと感じるみたいです。

改訂

翻訳を一部書き直しました。
プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。