スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L E S S O N 72

L E S S O N 72


"Holding grievances is an attack on God's plan for salvation."
“Grivevance (ハラを立てること)は、神の救済プランに逆らうことです。”


わたし達はエゴの救済プランが神の救済プランに反するものであることを見てきましたが、それ(エゴの救済プラン)が神の救済プランに対する攻撃であり、神のプランを意図的に破壊する試みであることはまだ示してきませんでした。 

この攻撃の中では、本来はエゴのものである属性(性質)が神に対して押し付けられています。 そしてエゴには神の属性(性質)が現れているように見えるのです。

エゴの基本的な望みは、神に取って代わることです。 
つまるところエゴとはこの望みを物理的に体現しているものなのです。

マインドの周りに体を集めて、それらを分離させて孤独に保って、(本来マインドを閉じ込めるために作られている)体を使わなければ他のマインドと繋がることが出来ないように見せているのは、この(神に成り代わりたいという)望みなのです。

コミュニケーション(伝達)を限定(制限)することは、コミュニケーションを拡張する最上の方法ではありません。 
しかし、エゴはこれをあなたに信じ込ませようとします。

(コミュニケーションに対して)体が持ち込む限定は明らかですが、「不平/不満を持ち立腹すること(holding grievances)が何故神の救済プランに対する攻撃なのか」それはあまり明確には理解されていないでしょう。


ではあなた達がどのようなことに対して立腹しているか見てみましょう。
それは(あなたを立腹させているのは)常に(誰かの)体がすること(したこと)に関するものではありませんか?
(あなたは常に、他の体がしたことに対して立腹しているのではありませんか?)
例えば、誰かがわたし達の嫌いなことを言うのです。 誰かがわたし達に嫌気を起こさせるようなことをするのです。 
誰かが彼の攻撃的な思考を行動で現しているのです(そうして「裏切って」いるのです)。


(このように考え振舞っている限り)わたし達は、その人そのものとは関わっておらず、「その人が体を使って何をしているか」ということだけに注目しているのです。
その場合わたし達は、彼をその限定(限界)から開放することに失敗しているだけではありません。 
その場合わたし達は、それを(彼の体や彼の体の振舞いを)彼と取り違えて、彼をそれに(彼の体に)縛り付けているのです。 
そうして彼と「彼の体として見えているもの」を一つのものとして受け取っているのです。
このようにして神が攻撃されているのです。 
何故なら、神の子が体でしかなかったなら、神も体でしかないに違いないから。
創造物から全く異なった創造者など在り得ません。{創造された者は、創造した者を表現しているのです。}

もし神(源)が体であるならば(一旦そう仮定してみましょう)、神の救済プランはどのようなものに成るでしょうか? それは死以外のもので在り得るでしょうか?
なのに(神は)彼自身を死の著作者ではなく生命の著作者として見せようとしているわけです。
彼(神)は嘘つきで騙す者なのです。 空虚な約束に満ち、真理の代わりに幻想を提供しているのです。 (もし神(源)が体であるならば)

体に関する表面上のリアリティ(実感)故に、神に対するこの見方には説得力が与えられています。
そして確かにもし体がリアルなら、この結論から逃れることは不可能でしょう。

そしてあなたの全ての不満/義憤が「体がリアルである」と言う主張を成り立たせているのです。
それは(あなたの不満は)あなたの兄弟の真の姿を全く無視しているのです。
それは(あなたの不満は)彼(源/神)が体だというあなたの信念を強め、それを元に彼(神)を断罪するのです。
それは、彼(神)の救済は死に違いないと主張し、この攻撃(的主観)を神に対して投射し(投げつけ)、彼(神)に責任を負わせようとします。
(猛り狂った猛獣達が餌食を求めており、慈悲の心が入って来れない)この細心に整えられたアリーナ(劇場)の中でエゴがあなたを助けようとします。

{エゴは次のように言うのです。}
「神はあなたを体として作ったのだ。 いいとも。 これを受け入れて喜ぼう。
体として体が提供しているものをあなた自身から取り除こうとするのはやめるべきだ。
例え僅かなものでもあなたが得られるものを受け取るべきだ。 神はあなたに何も与えなかった。 体だけがあなたの救世主(救済)なのだ。」

これ(体)が神の死であり、これ(体)があなたの救済です。
あなたが見ている世界の統一見解はこれなのです。 だからある種の人々は、体を憎み、それを傷つけそれを侮辱しようとします。 また別の人々は、体を愛し、それを賞賛し高めようとします。

それは(神のプランは?)あなた自身に対する概念の中心にあるものなのですが、あなたは神の救済プランを攻撃しており、神と神の創造に対して不平/不満/憎しみを懐いて、真理の声が聞こえないようにして、それを友達として迎え入れないようにしようとしています。
そして、あなたが選んだ救世主が彼(神)の場所に据えられてしまっているのです。
あなたが選んだ救世主があなたの友達になり、彼(神)はあなたの敵になっているのです。

今日わたし達は救済に対するこのような馬鹿げた攻撃を止めるのです。
そして(神の)救済を喜んで受け入れましょう。
わたし達の逆さまの知覚(認識)は、わたし達の平和を妨げてきました。
わたし達は自分達自身を体の中に見て、わたし達の外側に真理を見ようとして来ました。
体の限定によって、{わたし達は}あなたの意識から除外されてきました。

今わたし達は別の見方でこれ(真理)を見ようとしています。
真理の光はわたし達の中にあります。 それに関して心配する必要はないのです。
体を持たないことは、わたし達の自然な状態なのです。
わたし達の中に真理の光を認めることが、自然な状態を認めることなのです。
わたし達の中に真理の光を認めることが、わたし達をわたし達自身そのものとして認めることなのです。
わたし達自身を体から離れたものとして見ることで、神の救済プランに対する攻撃を止めて、それを受け入れられるようになるのです。 そして、これが受け入れられている全てのところで、これがすでに達成されているのです。

今日の長い練習期間は、神の救済プランがすでにわたし達の中で達成されていることを認識するためのものです。
この目的を成し遂げるためにわたし達は「攻撃すること」を「受け入れること」で取り替えなければいけません。
わたし達が神のプランを攻撃している限り、(わたし達のための)神のプランは理解出来ません。
だからわたし達は、わたし達には理解出来ていないことを攻撃しているのです。
わたし達は裁き(判断)をわきに退けて、わたし達のための神のプランが何か訊ねるのです。


"What is salvation, father? I do not know. Tell me, that I may understand."
「父よ、何が救済なのですか? 私にはわかりません。 教えて下さい。 私に理解出来るように。」

そして、彼(神)の答えをわたし達は静かに待つのです。
(今まで)わたし達は「神のプランが何か?」聞くことを待たずに、それを攻撃してきました。
わたし達は自分達の不満を大きな声で叫んで夢中になっており、彼(神)の声に耳を澄ませて来ませんでした。
わたし達は、自分達の不満/不平/疑念を使って自身の眼を潰し、耳を塞いできました。

今わたし達は見て聞いて学ぶのです。 「父よ、何が救済なのでしょう?」 "What is salvation, Father?"
これを訊ねなさい、そうすればあなたは答えを得るでしょう。
求めなさい、さすればあなたは見つけるでしょう。

わたし達はもはや「何が救済なのか、どうすればそれが見つかるか」エゴには訊ねていません。 わたし達は真理に対してこれを訊ねているのです。
その時あなたは正しい者に訊ねたのだから、(そこから得られる)答えが真実であることに自信を持ちなさい。
あなたの自信が揺らぎ成功への希望が消えそうになる度に、あなたの質問をあなたの要求を繰り返しなさい。
そして「(無限を作り出している)無限な創造者に対して質問していること」をあなたは覚えていなさい。 
この方が自分自身そっくりにあなたを(あなた達を)創造したのです。

"What is salvation, Father? I do not know. Tell me, that I may understand."
「父よ、何が救済なのですか? 私にはわかりません。 教えて下さい。 私に理解出来るように。」
彼は答えます。 だからそれが聞えることに自信を持ちなさい。

(これは今までより長いワークなので)今日一日は、一時間に一回か二回の短い練習時間を設ければ良いでしょう。 下記がそのエキササイズ(ワーク)です。


"Holding grievances is an attack on God's plan for salvation. Let me accept it instead. What is salvation, Father?"

“ハラを立てること/怒ること/憎むことは、神の救済プランに逆らうことです。 それ(神のプラン)を受け入れられるようにして下さい。 父よ、何が救済なのですか?”

こう言ってから、(出来れば眼を瞑って)一分程静かに待って、彼(神)の答えを聞きなさい。

ACIM ワークブック、スパークリー版より

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ガイダンス 

原子力も神の力

原子力を怖れるな。
それは放射能として現れていても愛である。
それによって損なわれる者はいない。

あなたは原子力で出来ている。
あなたが原子炉なのだ。
その象徴が顕わに成っている。 


それが飛び出そうとしている。
その時破壊を見る必要はない。

撒いた種は刈り取らななければならない。
間違った概念は正しい真理で取り替えられなければならない。

修復する前に必要なことがある、それに抵抗するな。
あなたはそれに抵抗するな。 何が起こっても怖れるな。
これも夢の放棄を助けてくれるチャンス。

原子力発電所は神に近い場所。
自分を物理的存在だと考えている人間が怖れている場所である。

神は原子炉の中から出ようとしている。 体からマインドを開放しようとしている。

問題は原子炉がどう反応するかではなく、人々がどう反応するかである。

原子力発電所の爆発は誰かの責任/失敗ではない。 

他者を責めるのはやめなさい。  
責任者を探し責めようとするのは止めなさい。
プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。