スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson 73

L E S S O N 73

"I will there be light."
[私はそこに光を意図します。]

今日わたし達は、あなた達が神と共有している意志を調べます。
それはエゴの怠慢な望み(そこから闇と虚無が出て来ています)とは違うものです。 
あなた達が神と分かち合っている意志の中には、創造の全ての力があります。

エゴの怠惰な(無力な)望みは、(神とは)共有されておらず、だからどのような力も持っていません。
しかし、(あなたが強い信念を与えている)幻想の世界を作り出していることに関しては、エゴの望みは無力ではないのです。
しかし創造の中では、エゴの望みは無力なのです。 エゴの望みには何もリアルなものは作れないのです。
怠惰な望み(idle wish)と不平/不満(grievance)が、あなたの見ている世界の絵を描いているパートナー達なのです。

エゴの望みがそれ(世界の偽りの絵)を立ち上げ、エゴの「不平を感じる必要/欲求」がそれを維持しているのです。  エゴの不平が世界の絵の中を(「正しい裁き」を声高に訴えてあなたを攻撃しているように見える)人々で満たしているのです。

エゴは彼等(あなたを攻撃しているようにみえているキャラクタ)を使って不平/憤りを持ち込み続け、それを「あなたの意識(気付き)」と「あなたの兄弟のリアリティ」の間に挿入してしまいます。
それらを見ている間、あなたは自分の兄弟を知らず、あなた自身をも知っていません。
(罪がお互いに受け渡されており、その度に不満が高まっている)この奇妙な交換の中であなたの意志は失われてしまいます。 

神の子がその父と分かち合っている意志/意図によって、このような世界を作ることが出来たでしょうか?

神は自分の子供のために天災/悲劇を創造したのでしょうか?
創造とは(神と神の子)両者の意志なのです。
神は、彼自身を殺害する世界を創造したのでしょうか?

今日わたし達は今一度、あなたの(あなた達の)意志に沿った世界に手を伸ばします。
それは神の意志に反抗して(逆らって)はいないので、光がその中に入っているのです。

これは天国ではありませんが、天国の光がそこに降り注いでいます。
暗闇が消え、エゴの怠惰/無力な願いが引き抜かれました。
そてこの世界を照らしている光があなた達の意志を反映/反射していて、だからその意志(光)はあなたの中に在るに違いなく、わたし達はそれを確実に見つけるのです。

世界の絵(現象)に出来るのは(あなた達の)内側のものを鏡のように映すことだけです。
光の源も暗闇の源も外側には見つかりません。
不満(怒り)はあなた達のマインドを暗くし、そこからあなた達は暗くなった世界を見ているのです。
赦しが暗闇を取り外し、あなた達の意志をもう一度設立直し、あなた達に光の世界を見せます。

不満/怒りのバリヤーは簡単に越えられるもので、それがあなた達とその救済の間に立ちふさがることは出来ない、とわたし達は何度も繰り返し言ってきました。 

あなたは本当に地獄に居たいですか? あなたは本当に泣き苦しみ死を体験したいのでしょうか?
これが本当に天国{リアル}だと言い募るエゴの主張/論争は忘れてしまいなさい。
あなた達はそれが本当ではないことを知っています。
あなたはそれを自身の為に求めません。
幻想は一定の範囲を超えては入って(進んで)来れないのです。

苦しみは幸福ではありません。 そしてあなた達が本当に求めているのは幸福です。
それがあなた達の本当の意志なのです。
だから救済もまたあなた(達)の意志なのです。

あなた達は今日しようとしていることを成功させたいと思っています。
わたし達はあなた達の祝福と自主的合意のもとにこれを行ないます。

あなた達が自分たちのために救済を意図していることを思い出せれば、わたし達は今日成功します。
あなた達は神のプランを受け入れようと意図するのです。 何故なら、あなたはその意図を分け合っているのだから。

あなた達は、これに本当に反対できる意志(意図)を持つことは出来ないのです。
そして反対したいとも思っていません。
救済はあなたのものです。 
そしてなによりもあなた達は「自分達が本当は誰か」思い出せる自由を求めているのです。

今日、エゴがあなたの意志の前に力なく立ち尽くすのです。
あなたの意志は自由で、それに立ち向かえるものは何もありません。

だからわたし達は、今日のレッスンをハッピーな自信と共に行ないます。
あなた達の探そうとしているものを見つけられる、そしてあなたが思い出そうと意図しているものが何なのか思い出せる確信がわたし達にはあるのです。
怠惰な望みがわたし達を引き止めることは出来ず、力の幻想を使ってわたし達(あなたと精霊/イエス/神)を引き離すことも不可能です。

今日あなたの意志がなされます。 (あなた達が)天国ではなく地獄を見ているという狂った信念を永遠に終らせます。

わたし達は、神の救済プランだけがあなたの意志と完全に合致しているという認識をもって今日の長い方のプラクティス期間を迎えます。
これはあなた達に無理矢理押し付けられた外部からの意図(目的)ではありません。
これが(神の救済プランが)がここに実存する唯一の目的で、そこであなたとあなたの父は完全に調和しているのです。
あなたは今日成功します。 今日が、地獄から(そして全ての怠惰な願いから)神の子が開放されるための日です。
彼の(神の子の)意志は今彼の意識内に修復されました。 この日、彼は彼の中の光を見て救済される意志を持っています。

あなた自身にこれを思い出させて、あなたの意志をマインドの中でクリアに保つ決意をしたなら、優しく静かな決意を持ってあなた自身に次の事を言いなさい。

"I will there be light. Let me behold the light that reflects God's Will and mine."
[私はそこに光を意図します。 神と私の意志を反映している光を私に見せてください。]

それから、あなたの意志にそれ自身を主張させ、それを神の力と繋がらせ、あなた自身と繋がり直させなさい。
それ以降レッスン中は彼等(神の意志/あなたの意志)のガイダンス(指示)の下に従いなさい。
彼等と繋がり、彼等の先導に従って動いて行きなさい。
そして、より短いプラクティス期間中に、もう一度あなたが本当に求めているものを再度宣言しなさい。

"I will there be light. Darkness is not my will."
[私はそこに光を意図します。 暗闇は私の意図ではありません。]

これを一時間に何回か繰り返してください。
しかし一番大切なのは、あなたが何らかの不満/義憤を感じた時直ちに今日のアイディアを適応することです。

このことが、あなたが不満/義憤/怒りを(闇の中に大切にしまって隠してしまうのではなく)手放す助けになります。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

二つのプラクティス

長いプラクティスと短いプラクティスの両方をするべきなのですが、

各レッスンの文章では、短いプラクティスの周期などが記載されておらず、
確か前の方にレッスン時間の割り振りが、20レッスン分ぐらいつづ書いてあったような気がするのですが、見つかっていません(もしかしたら記憶違いなのかも)。

いきなりワークを途中からはじめた形なので不備もあります。

しかし、私の受け取っているガイダンスは、完璧に出来なくても日米(そして世界中で)協力して最善を行ないなさい、です。

レッスンの長さや周期は、各自が精霊に訊ねてください。
プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。