スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン75ガイダンス

GUIDANCE~LESSON 75


質問: このレッスンを感じ取ることが上手くいっていません。 これに関して話して下さい。
答え: 勿論です。これに関して話しましょう。これを書き取りなさい。


質問: そもそも「私は世界を赦しました」 “I have forgiven the world.” とはどういう意味ですか? 

答え: 光が来た(光が来ています)と私が言っている時、これは「あなたのマインドに光が来ている」という意味であることをあなたは理解していますね。
質問: ハイ、そして...。

答え: そして、これは「あなたのマインド」に理解をもたらすだけでなく、(あなたのマインドの中の)「(これはあまり正確な言い方ではないけれど)リアリティの体験」にも光を当てるのです。

エゴが夢の条件を設定しました。
もちろんこれらの条件はリアルな力を持ってはいません。
これらの条件はあなた(達)がそれに合意を与えている限りにおいて、あなた(達)を統治することが出来るのです(あなた達に影響を与えることが出来ているのです)。

(夢にとって不可欠な)第一条件は、それが(エゴが夢に与えた条件が)完全に全てを統治していることです(全てに対して適応されていることです)。
エゴの条件が夢の中では絶対なのです。
そして「物質」とか「物理的条件」と呼ばれているもの(状態)がリアルであると、エゴの(夢の)条件は主張するのです。

この「事実」が(殆どの人達に)等しく信じられてしまっています。 幾多の癒やしを体験しているクリスチャン・サイエンスの信者さえもがこれを信じてしまっています。 そうでなければ、誰も死の体験を持たず、生きるために食べる必要さえも感じないのです。

人が何かを信じている時(たとえ、それに対する反証が述べられていても)その「信じられていること」が「信じている人々」を統治してしまいます。
しかし、人は(そのような統治には同意を与えずに)常に自身の信念の限界を押し広げ続けるべきなのです。

それぞれ一つ一つの奇跡を大切にし、あなたのもとに来るそれぞれの理解/癒やしを大切にしなさい。
何故なら、これらが目覚めをもたらすのだから(これらが目覚めなのだから)。
そしてそれぞれの真理のデモンストレーション(実証) が有効(現実)であり重要であることを認めなさい。
だから私は「爪のささくれが癒やされることは癌が癒やされることと同じように真理をデモンストレート(表明)しているのです」と言ったのです。
奇跡に難しさの違いはありません。 全てが最上なのです。 
レッスンを始めましょう。



L e s s o n 75 The light has come. [光が来ています。]

1 The light has come.
[光が来ています。]

これは明確でしょう。 「光」は何処にも行きはしませんでした。 「光」は常に存在し、与えられ続けています。

あなたの「考える目」(あなたはそれを自分のマインドと呼んでいます)が新しい情報に対して、いま硬く閉じられてしまっています。 
(その目を開けて)リアリティに確実な足場を与えなさい。 
(現在まだ)あなた達を統治しているルール(法則)は、(夢見ている者の信念システム(世界観)を通して)夢の中に戻ってきた者達全員に対して細心に教えられ続けているのです。

それら(のルール)を言葉として明確に喋って教えなくても、信念は簡単に伝達してしまうのです。
どのようにしてこれが可能なのでしょうか?
あなた達は夢のマインド(夢によって条件付けられたマインド)を抱えて(夢から)去り、夢のマインドを抱えて夢の中に再度入っているのです。 もしそうでなければあなたは夢の中には居られません。

助けるためにここに来ている者達は、ここにいる人達に受け入れられるよう、この夢のマインドをある程度受け入れる必要があります。

だからあなたも(他の人達と同様に夢から)歩いて出なければいけないのですが、(あなたにとっては)これはより容易なのです。 何故なら(あなたは)この夢のマインドをそれ程安易に受け入れてはいないのだから。

気落ちしてしまうのは止めなさい。 夢のマインドはそれ程頑強なものではありません。
これはただの信念システム(世界観)なのです。
そして信念は変えることが出来ます。 私があなた達全員に求めた「譲る少しの意欲」があれば信念は変えられるのです。 勿論たくさんの意欲があればなお素晴らしいです。

(話題を戻して)あなたの光は常に存在しています。 あなたはそれをマインドに迎え入れる意欲を持つだけで良いのです。
ここで言う「意欲」とは、「喜んでする」というだけでなく、「神の現れをもたらすためにシッカリ立つ」ことをも意味しています。

[You are healed and you can heal. ]
[あなたは癒やされており、あなたは癒やすことが出来ます。]

これを把握することは難しく思えるかもしれません。
しかしあなたはすでに数々の癒やしを体験しています。 自分の手に負えなく見えた問題が解決されることも体験していますね。
もしあなたがこのような体験を全くしていないなら、どうして(あなたと繋がっている)私にこのような言葉が言えたでしょうか?

「時間」が実際には存在していないことをもう一度思い出しましょう。 
時間が重要な指標になっている夢の中でも、このこと(「時間」の不在)は有効なのです。

たとえば、時間をたたむことで事故の瞬間を削除してその発生を消して、事故を「回避」することが出来ます。 
忘れないで下さい。 (あなた達が体験している)これら全ては夢なのです。 そして夢には実体/リアリティがありません。

もしあなたが癒やしの道を歩いていなかったなら、あなたはコースを読んではいなかったでしょう。
その場合わたし達がこの会話をすることもなかったでしょう。
その場合私があなたにクリスチャン・サイエンスを勉強しなさいと言ったとき、あなたは私を無視したことでしょう。 
(あなたは私の声を無視しませんでした、だから)あなたにはとても意欲があるのです。


時間は実際には存在していないので「あなたは癒やされており、あなたは癒やすことが出来る。」と私は自由に言えるのです。
そしてあなたはこれを自在に理解し行動に移すことが出来るのです。
しかし(あなたの娘の)サラのことを、癒やしのより難しいケースとして考えるのは止めなさい。 {思うような癒しが今まで彼女のために受け取れて来なかったと、たとえあなたが考えていたとしても。}


もう一度言いましょう。

[There is no order of difficulty in miracles,]
[奇跡に難度の違いはありません。] 

私を聞こうとしているあなたの意欲が奇跡なのです。 そしてあなたがこんなに容易に私を聞けていることもまた奇跡なのです。

ここで一旦中止してサラのアップルソースを作るためにお店に行きなさい。
あなたが戻ってきてから、また再開しましょう。


[The light has come. ]
[光が来ました。]

光は決して何処へも行きませんでした。
夢がそれを(光を)あなたの視界から遠ざけているように見えていただけなのです。

[You are saved, and you can save. ]
[あなたは助けられており、あなたは助けられるのです。]

そして
[You are healed, and You can heal. ]
[あなたは癒やされており、あなたは癒やせるのです。]

これらが真実です。
そしてあなた達の(無意味な馬鹿げた)夢にもかかわらず(それに影響されることなく)真理は常に真理なのです。

[You are at peace, You are Peace Itself, – and – therefore, you bring peace with you wherever you go. ]
[あなたは平和の中にいます。 あなたが平和そのものなのです。 だからあなたは自分が行く全てのところに貴方の平和を持っていくのです。]

あなたは何を見ようと意図しているのでしょうか?


[Darkness and turmoil and death have disappeared. The light has come. ]
[暗闇と騒動と死は消え去りました。 光が来たのです。]

譲る意志をもってあなたの意欲をあなた自身に示しなさい。 注意深く聞き続け、その指示に従い続けることによって、自分の注意を全てそれに与えることによって(あなたの意欲をあなた自身に示しなさい)。

そしてもし夢が来ているように見えたなら、直ぐ私と精霊に向き合いなさい。 
そして病/罪/痛みの絵が見えていたとしても、わたし達が示したことと共にいなさい。 
それらは(あなたにも危険が降りかかるかもしれないという示唆は)エゴがあなたの注意を捉えようとして投げてよこすエサなのです。


(悲惨な絵に注意を奪われ続けるのではなく)あなたのマインドを(冷静に)保ちなさい。 私と共に正しく居続けなさい。
そうすればあなたは安全なのです。

そしてこの優しくハッピーな視点から、あなたは世界をその見せかけの恐怖から赦す(解除する)ことが出来るのです。 そうすることによってあなたは「与えるため(for giving)にここにいること」が出来るようになるのです。 
これが真の赦し(Forgiveness)なのです。
怖ろしいことが起こっているように見えているその場に神を認めることが赦しなのです。

これがわたし達を「次のレッスン」へ、そして「永遠の光の基盤」へ導くのです。

[There are no laws but God's.]
[存在している法則は、神の法則だけです。]

{訳注: この文は被災者支援を軽んじているのではなく、恐怖の伝達を断ち切ることの大切さを訴えています。 わたし達はどのような状況を見たとしてもそれにひるむことなく、平和をもって支援するべきなのです。}

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

S さんからのメール

Sさん (小文字のsさんとは別の方です) が同意してくださったので、
下記のメールをアップロードします。


私は原爆が落ちた長崎県出身です。
そして私のその高校は浦上天主堂、平和公園と長崎市内のなかでも原爆投下に近い場所にありました。長崎は“祈りの街”でした。

私が今回 思うこと―。 それは『戦争の完結』です。

ラジが今回のGuidanceで。この出来事とまた、これに対するサンローズさんの祈りにおいて、彼女が(祈る人すべてが)日本、アメリカ両方の国の真理を知ることになる―、と言っいたのは、ひとつには この両国の原爆が関係しているものと思われます。
この地震で 今や日本の原発問題は 世界に隠しようがありません。
問題を露呈しているだけでしょうか………。いいえ。日本は自らを震わし、「苦しみの終わり」のメッセージを地球全体、人類全てに“再度”、送っているのです。日本の地が犠牲の場所などではなく、奇跡の場所、奇跡の温床だったのだと三度目のメッセージを送っているのです。本当にこれが“三度目の正直”にしてほしい…。
正気を忘れた神の子の狂気。それはひとことでいえば「戦争」という言葉につきます。

…そして
原子力=神の力を神の子どもたちが戦争ではなく、今度こそ平和に安全に使える知恵を世界中の神の子どもたち全体で創造するChance(Gift)が、今、差し出されているのです。

精霊に預けっぱなしだった神の子たちの正気がようやく ようやく 私達に戻ってきています。

だからあなたヒロが 言ったように原子力=神の力をおそれたりしてはいけないのです。
本当に漏れているのは(放射能)過去の戦争で癒されることなく残ったままの人類の苦しみ…。
ここに今度こそ、「ふり」ではない「完全な赦し」を、私達世界全体、全人類が求められているはずです。

人間がもっとも 恐れていること。それは自らに宿している神の力(愛)です。

それは よきものでしかない神から引き継いだもの。
私達は神そっくりに偉大で圧倒的なのです。

Egoの横暴によってこの素晴らしいGiftには覆いをかけられ
その神の力は いつのまにか触れてならない爆弾になってしまったのです。

人間は自らに“爆弾”を抱え、それが猛威を振るうのを恐れてきました。

一刻も早くそれは爆弾という脅威ではなく神の無限の愛を詰め込んだ、聖なるGiftだと思い出さなければいけません。

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。