スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACIM11-03-20

March 20, 2011 ©NWFFACIM 2011年3月20日


原文テキスト
http://www.nwffacim.org/tgp/forums/thread-view.asp?tid=31173&mid=149656#M149656
オーディオ&ビデオ

参照ページ:  今回はACIM文は読みませんでした。



こんばんは、ようこそ。
先週の主題について話し続けましょう。

この時点で世界の中に現れている(世界の人々が面している)問題は、今の瞬間の中で起こり続けている「根源的間違い」から発生し続けていることを私は説きました。

(ゴンゴンと机を叩きながら)実体(モノ)が(物理的)物質だという信念が、この根源的間違いなのです。 しかし本当はあなた達が体験している全ての物体の実体(構成要素)は物質(Matter)ではなくスピリット(霊)なのです。

スピリット(霊)とは神のもう一つの呼び名なのです。スピリットとは創造の実体なのです。神はスピリットを使って創造したのです。と同時に神はスピリットを創造したのです。

そして創造とは、スピリットという実体が神のマインドンの中にあるアイディアのイメージに沿ってパターン付け(形付け)られていることなのです。

あなたは毎日(神のアイディア群によって)パターン付けされたイメージに直面しているのです。あなたは常に全く神聖な体験のなかに居続けているのです。

しかしあなたはそう信じてはいません。あなたはそう言ってはいません。あなたはその神聖な体験に対して自分自身を与えてはいません。

あなたは実体に対して物質(Matter)という定義を与えており、その定義に信心を捧げているのです。

それは危険なことです。何故なら「それ(スピリット/実体)が本当は何か」否定することにより、あなたは「その本当の体験」を失っているからです。

「それが何か」(というあなたの定義)に対してあなたが与えている信心によって、あなたは何に縛りつけられているのでしょうか?
(あなたは自分の信念に信心を与えてしまっているので)ポジティブ/ネガティブ、平和/怖れ、生/死などといった二元性/対極性(物事を両極端に分離することにより与えられた限定的な意味)にあなたは縛られてしまっているのです。

「ひとつのもの」が対極に分離されてしまっているのは、あなたが「父よ、私は自分の見方で見てみたいです。 父よ、私はこれを自分で定義したいです。」と言ったせいなのです。

「私が自分で定義を作ってみたいです。そして自分の定義に従って世界を創造してみたいです。わたしは私の定義群に従った世界を作りましょう。 私に従う(私に奉仕する)世界です。 「何がリアリティなのか」私が決めたことを反映している世界です。 何故なら私は自分自身でしてみたいのだから。」

すると直ちに二つのものが現れ出てきました。 それは怖れと罪悪です。
対極性(二元性)なくしては罪悪が存在しているように見せることは不可能です。その場合怖れの原因も存在し得ません。

対極性は、神に逆らって行動しようとする決意の中に必然的に現れてしまうものなのです。
これはそれ程驚くべきことでしょうか? 
神に逆らって行動しようとする意思決定が対極性(二元性)を引き出したのです。
すると、(あなたの)それ以降の行為の全てが二元的に(善悪に分かれて)知覚されるようになったのです。

その結果として、あなたは天国の中を歩き回っていて、それに気付いていないのです。
私は(あなたがこれに気付くまで)これを何度も繰り返す必要があります。
(死んだ後ではなく、天の彼方ではなく)「この世界」とあなたがいま呼んでいる所に、いまここに、天国があるのです。 あなたは天国の只中に居るのです。

全てのものの実体はスピリット(霊)であって、物質ではありません。

そして目覚めるために必要なのは「二つのステップ」なのです。

「二つのステップ」とは、「聖なる瞬間」に入って「あなたが信じている全てのこと」に対してあなたが与えている決意を放棄することなのです。 あれこれが物質で出来ており、それは物理的なもの(あるいは生物学的なもの)で{物理法則に従っているのだ}という考えを放棄するのです。

「生まれて、育って、年とって、死ぬ。 何故なら肉体とはそういうものだから(肉体とはそのように定義されているものだから)。」
あなたはそう考えているでしょう(そういう考えを受け入れてしまっているでしょう)。
違いますか?

「それは私の信念などではない。 全ての生物を見てみてみなさい。(みんな等しく死んでいっているではないですか!!)」 と、あなたはそう主張するわけです。
「全てのものは死ぬのです。 わたし達はそれを生命のサイクルと呼ぶことに決めました。」
これは殆ど詩的ですらあるわけです。 (あなたはそんな風に感動したりしていませんか?)


そのように考えて「間違え」に対して、それがとても理屈に合っているように思い、その間違えを受け入れているのです(そうするのが「人間」の宿命/責任なのだとお互いの合意を取り付け合いながら)。

私が言っていることを聞いて、自分の自信を放棄し譲る意志を使って、あなたの常識的な知覚を脇に退けて、今まで体験して来なかったような事が在り得ると思えるように成りなさい。 あなたがたった今天国の中にいると思えるように成りなさい。 あなたは常に、これがより容易に出来るようになるチャンスに直面し続けています。


あなたが直面している全ての「もの/こと」はスピリット(神のもの)で出来ているのです。
(それは本当は物質ではないので)「それは物質でしかない」という確信をあなたが放棄した時、今までとは異なる体験が得られるのです。

私はポールの顔を叩いたり、誰かの鼻を殴って、それらが物質であることをデモンストレート(表現)することが出来るでしょう。
物質は(物質というアイディアは)対極化されているので、それを使って傷つけることが出来るわけです。 (それが絶対可能でそれが唯一の可能性だとあなたは信じていることでしょう。)

しかし(スピリットという実体で出来ているものとしての)これらの手はお互いの間を通り抜けることが可能なのです。
ポールの現在の定義群は、このシンプルな真理がデモンストレートされることを許可していません(もしそれが出来たなら彼はきっととても喜ぶでしょうが)。

あなたが触れる感じられる叩ける全てのものは物質ではなくスピリット(霊)なのです。
だから(死んで天国に行ってからではなく)今日あなたの触れているものがスピリットなのです。 あなたはこれを深く認識し実感出来るようにならなければいけません。この理解を自分の奥深くまで届けなさい。 

あなたの目の前にはとても興味深い仕事が来ています。
これは楽しく興味深いだけでなく、これは全く理に適ったものなのです。
幻想ではなく真理を体験することは全く理に適ったことです。何故ならば幻想は怖れ/対極化/対立をもたらすから。 しかしあなたはそのようなものは求めていません。
そしてもしあなたの見ているもの/感じているもの全てがスピリット(神のもの)で出来ているなら、(あなたが見ている感じている)「それそのもの」の体験の中に入って行くことよりも良い行動が在り得るでしょうか。 何故なら、そうした時あなたは神の法が全てを統治している場所に居るのだから。
その時あなたは対極化が存在していない場所に居るのです。 その時あなたは再生やあがない(救出)が可能な場所にいるのです。物体の変容や癒やしが可能な場所にあなたはその時居るのです。 

私はパターンという言葉を使いました。
神がアイディアを持っている時それはパターンだからです。
それは(そのパターンを形作ったマインドにとって)体験可能な認識可能な見える触れるパターンなのです。
そこには全く対極化が無いのです。

この特定のパターン(例えば「手」)とあの特定のパターン(例えば「シャツ」)の間に分極化(違い)は無いのです。
あるいは、この特定のパターン(携帯電話)とあの特定のパターン(ガンマ線)とその特定のパターン(腎臓)とあそこの特定のパターン(テーブル)には違い(紛争)が無いのです。

そして各パターンは理解可能なアイディアなのです。
神のマインドの中に理解可能なアイディアが沸き起こるのです。

その時点でそのアイディアはすでにパターン(ひな形/形態)なのです。
そしてパターンは、それを作ったマインドにより理解され認識されるのです。

そしてマインドが作った「全て」も(つまり創造の全ても)その各パターンを理解認識することが出来るのです。
何故なら、神のそれぞれの創造は「神である意識」を体現しているので、新しいパターンを理解認識し体験することが出来るのだから。
だからこの新しいパターンは合一(Unity)の共有されている体験なのです。

しかし「父よ、私は自分のやり方でやりたいです。」とあなたが言っている時、「父よ、私自身で定義したいです」とあなたが言っている時、理解可能で体験可能なパターンとしてこのアイディアを自分の中に沸き起こらせることがあなたには出来なくなってしまっているのです。


あなたは「自分自身で創造を一から開始する能力」は有していないのです。

だから、あなたが物事に対して自分の定義を与えている時、あなたは神がすでに与えたパターンを改名しているだけなのです。 「神がすでに成っているもの」に対して異なった名前を与えているのです。 あなたがこれをしている時(特定の物事を改名している時)、あなたとそのもの/ことの関係は対極化されてしまうのです。 何故なら、神がそこで成っているアイディア/パターンとは異なった定義を、あなたはそれ(物事)に対して当て嵌めようとしているのだから。

その結果、あなたがテーブルと呼んでいるものは(沢山のアイディアを抱えている)あなたの体が通り抜けられるアイディアではなくなってしまうのです。 
だから(このようにして)、あなたが不注意にテーブルにぶつかって足を挫いたり、つまずいて頭を打って死んでしまったり出来るようになっているのです。 このようにして、対極化されている体験が、死を作っている体験が、持てるようになっているのです。

それ(死/病/罪)が可能なのは、あなたがそう考えたからではなく。 あなたが「それ」(体/もの/こと)と不正直に関係しようと固執しているからです。 あなたは「それそのもの」とは関係/対峙しないようにしようとしているのです。

するとその時、本来対極化(二分化)の不可能なものが、他の全てのものに対して純粋で調和的な関係を体現することしか出来ないものが、「破壊的なもの」に成ってしまうのです。

これは原子にも当てはまります。
これはガンマ線にも当てはまります。
「太陽はガンマ線を放射している。太陽は紫外線を発光している。 太陽は人に対して有害なものを発している。 人が太陽に長くあたり過ぎると...(健康を害する)。 強力なソーラー・フレアが発生したなら...(色々と障害が生じるだろう)。 だから破壊的なものが存在しても、それは自然で当然なのだ。 これも神の創造の一部なのだ。」

失礼ですが、全く違います! それ(破壊的なもの)は神の創造ではないのです。

それ(破壊)は、(全てのものに定義を与える権威を自分は持っていると主張している時)あなたがそれ(もの/こと)を体験する一つの方法なのです。

実体同士の対極性(二元性)があなた達を統治してしまっていることを止めるべき時なのです。
そして実体の中にある(実体の中に想定されている)対極性があなた達を統治してしまっていることを止めるべき時なのです。
今あなたは新しいビジョンを(勇気を持って)見るべき時なのです。
今あなたは聖なる瞬間をあえて意識的に実践するべきなのです。

何故でしょう? あなたが父の視点に譲れるようになるためにです。

何故なら、あなたが父の視点に譲ることは、あなたが自分自身をあなたの原初の視点に戻すことだから。

するとあなたは、万が一原子発電所から放射能の漏洩があった時でも、あなたも牛も草木もどのようなネガティブな影響も受けない場所(マインド状態)にあなた自身を戻しているのです。

それは何故でしょう。 葉っぱの原子は、草木の原子は、牛の原子は、ミルクの原子は、それらは何なのでしょうか? それらはスピリット(霊)という実体なのです。

それは(対極化されていない)ひとつの実体(Substance)なのです。

それはひとつの実体で、沢山の形を示していますが、それらの形はお互いと完全に調和しているのです。 何故なら、それら(葉/牛/原子炉など様々な形)は「ひとつ」の意志を体現(表現)しているのだから。

神の共同創造者としてのあなたの役割は、それら全てを見てそれらを「それらそのもの以外のもの」と呼び続けるのを止めることです。

そして「それら(あなたの見ているもの)に対するあなたの定義」に決意/信任を与えて、「それらそのもののリアリティ」に逆らい続けながら、それを(あなた自身の意図と目的を遂げる為に、あなたがそれらに与えてる定義を)得ようとし続けることを止めるのです。
今これを止める時なのです。
止める時が今なのです。

そしてACIMの生徒達は、これが(定義を放棄しスピリットを解放することが)目覚めのプロセスの一部ではないと考え続けることを止めるべき時なのです。これが聖なる瞬間の中で起こることなのだと認識出来るようになるべきなのです。

「私の意志ではなく、父よ、あなたの意志がなされますように。」と言った時、再生とあがない(救済)を得ることがあなたに本来備わっている性質であると解るようになるべきなのです。
これだけシンプルなのです。

「放射能の空気が少し漏れて、もしかしたらその県の牛の細胞がダメージを受けて、もしかしたらそのミルクは悪化しており、もしかしたら彼等はミルクを供給することは出来なくて。 もしかしたらその小さな地域の草木はダメージを受けていて、もしかしたらその地域の動物は奇妙な形に成ってしまうかもしれない。」

何故でしょう。 それはパターンが干渉されたから(悪影響を受けたから)です。 (そうあなた達は考えているのではないですか?)

「これはとても残念なことでした。 しかし神様、これが日本全体でなくてよかった。これが日本の北側の小さい地域で局部的に起こったことだからまだ助かった。」

これは病的な考えです!
そのような姿勢は(あなたのマインドの中から)撲滅するべきです。 このような思考が自分の中で起こっている時、あなたはそれに(それが神を反映している思考ではないと)直ぐ気付くべきなのです。

「もしかしたらより多くの放射能の空気と粒子を放出しなければならなくなるかもしれない。その可能性もある。 科学者はアメリカの西海岸の放射能レベルが微量上がっていることを発見している。ホンの少しだけ、それ程の量ではないけれど。 誰かに悪影響を与える程ではないけれど。」

しかしこう聞けば、アメリカの西海岸側に住んでいる人達は、少し離れた視点を放棄せざる得なくなることでしょう。

「ウーン。 これがそちらで起こっているのですか? 大変ですね。 この程度でなんとか収まったことを神に感謝しなくては。」 (という考えを放棄せざる得ないでしょう。)

「神様、これは私が考えていたより悪くなってます。 私の住んでいる所の放射能レベルが、私の靴の放射能レベルが...(あがってる)!」 (というようなシナリオを密かに怖れている人もいるかもしれません。)


しかし良いですか?
そのような終末論的シナリオはもしかしたらここでは起こらないでしょう。 
しかし(そう聞いて安心して「今まで通り」を受け入れ続けるのではなく)明晰さが必要なのです。
聖なる瞬間を実践する必要があるのです。あなたの健康/身体/エージングプロセス/その他に対して凡庸(世間一般の常識)を受け入れて満足してしまわない必要があるのです。
これら(災害/加齢/病/罪/あなたの退屈な日常)は全て目覚めへの呼びかけ(目覚めを促している声)なのです。

あなたの対峙している今がチャンスなのです。 今まで以上に真理に入って行って、ラジカルなもの/ことに対してオープンに成ること、そしてあえて「ここにある全ての実体はもしかしたら物質ではないかもしれない。」と言えるように成るべきなのです。 
そして何か異変が発生しているように見える時には、以前よりこれ(聖なる瞬間)が行ない易くなっているはずです。「これをあえてしてみよう、聖なる瞬間を実践するべきだ」と考えられる理由が見つかるはずです。

「ここにある全ての実体はもしかしたら物質ではないかもしれない。もしかしたらそれは創造そのもの(神の動き)なのかもしれない。 もしかしたらそうなのかも。

自分の注意を『創造の(今まで私が教えられて来たものより)よりクリアな体験』に忠実に与え続けることが私に相応しいのかもしれない。

もしかしたら再生とあがない(救済)を見るれるよう期待するべき時なのかも知れない。」

あがない(redemption)とは何でしょうか?
それは原初(の状態)に戻ることです。

スピリチュアルなオリジナル(源の霊)に戻ること(と言いましょう)。
父が作ったオリジナルなパターンに戻るのです。
今の中で永遠に不変なアイディアを父が抱いたのです。 そしてそのアイディアは永遠に新しくあるのです。 それは一瞬一瞬の中で新しく成り続けているのです(常にオリジナルなパターンが霊として注入され続けているのです)。

それ(父の作ったオリジナルはパターン)は死/病/罪を行なうことは不可能なのです。
だから「私の肝臓がそのパターンを失ってしまった(肝臓の構成要素がダメージを受けた)。」などと言い続ける必要はなくなるのです。

「新しいパターンが常に発生し続けています。 その新しいパターンは、古いパターンの機能とは相容れないのです。だから私はこのパターンの変化によって死んでしまうでしょう。」 (とあなたは考えているのでしょうか?)

それは正しくありません。 
それはあなたが神の共同創造者に成っていることではありません。
それはあなた自身が創造者に成ろうと試みている状態なのです。

「この肝臓はスピリットで出来ているのではないとしましょう。そのオリジナルのパターンを侵害しているこのもうひとつのパターンを私は癌と呼びましょう。 そしてこの二つのパターンは両立出来ないものと私は決めました。 だからそれらは最終的に破壊に至るのです。 私はそう言いましょう。私はそれを信じましょう。私はそれを怖れましょう。私は死ぬまでこの信念の中に住んでいましょう。何故なら、それ以外の所に住む理由を私は持っていないから。」 (このようにしてあなたは自分自身が創造者/神に成ろうとしているのです。)

そう考えそう振舞うことが、コースの生徒の、真理を求める生徒の、態度だとあなたは思いますか? 上記のような思考/状態が(あなたが読んできた本の中に書いてある)聖なる瞬間の結果だと思いますか?

あなた達はそのようなことを話してきたのでしょうか?  あなたはそのような体験を欲しているのでしょうか?
いいえ、違います。

コースの目的は、コースが述べていることをあなたに体験出来るようにすることなのです。

「神がどのように物事を創造しているか」あなたに体験出来るようにすること、その体験があなたの持って生まれた権利なのです。 何故なら、あなたは物理的な生物/臓器の塊ではないのだから。

あなたは物質/物体の中に閉じ込められているものではないのです。
(あなただけでなく)人々は怠惰過ぎ怠慢過ぎるのです。少しは生気を使い始めるべきなのです。目の前の機会を使って目覚め始めるべきなのです。


豚インフルエンザと放射能と夏風邪と冬風邪の間にどのような根源的違いがあるというのでしょうか。

「おお! それは世界中でいま流行っている。 それは人々に感染し。それが影響を与えてしまう。 人がそれによって死んでしまうことさえある。」(そういう意味でも、それらははつまるところ全く同じなのです。)

あなた達の多くは、風邪や豚インフルエンザは祈りで癒やすことができると確信しています。
二つのステップの実践(聖なる瞬間)を通して癒やすことが出来ると信じています。
しかし、癌や放射線の被曝などに対してはそれが出来るとあなた達はまだ言っていません。


「この有毒な効果を変化/無効化することは出来ない。」(とあなた達は言っており、そう信じてしまっています。)

あるいは正反対に、「自分の免疫システムが十分強靭だから悪影響を跳ね除けることが出来る。」と言っているわけです。  しかしこれもまた対極化なのです。

これは「ひとつのものがネガティブな力を持っており、他のものがポジティブな力を持っており、ネガティブな力を跳ね飛ばすことが出来る」(という信念でしかないのです)。

その場合まだあなたは対極化(二元論)の中にいるのです。
その場合まだあなたは戦争/闘争の中にいるのです。

その場合まだあなたは「父よ、(あなたの定義/パターンを受け入れるのではなく)私は自分自身でそれを定義したいです。」と言って独立宣言を続けているのです。

(その場合)あなたはそこから踏み出して、「父よ、ここの真理/真実は何ですか?」とあなたが言っている場所にはまだ移行していないのです。


しかしあなたが上記のことを言ったなら、スピリットという実体の無害性(善良性)がそこであなたに示されるのです。

そこであなたは、対極性が存在しておらず、ものの間に(対立している)極性がなく、(拘束ではなく)愛の繋がりがあることを感じ体験することが出来るのです。

それは抱擁する愛の繋がりなのです。
全てが全てに対して、全ての周りで、全てを通してコミュニケートしているのです。
偉大なるひとつの愛の共同体(Union)の中で、全てがひとつのイベント(出来事)として表現されており、(そこでは)愛が与えられており、愛が受け取られているのです。

あなたが「父よ、私はもはや自分の定義で遊んでいたくはありません。ここの真理は何ですか?」と言って、父があなたに愛の状態(Union)を示したとき、あなたはその体験とそのフィーリングを自分の中に受け入れるのです。 それが(あなたの中に)入って来たとき、あなたは再び「神の法が全てを統治している場所」に居るのです。

その時あなたは、放射性を帯びた雲や豚インフルエンザの病原菌やその他の感染性のある有害な物質が全く悪影響を持つことの出来ない場所、そのような可能性が全く存在していない場所に居るのです。

チェノーブルの土地がダメージを受けている(ダメージを受けたと示し続ける)必要はないのです。 そこの土が何万年もの間(癒やしを必要とし続ける)不毛で人を寄せ付けない場所に成っている必要はないのです。

日本で起こったダメージ(被害)が癒やされるために長い時間が必要なわけではないのです。
その地の人達が、これからの人生(それは短いものではなく永遠なのです)において自分達の健康に不安を懐きながら過ごす必要は無いのです。
今回の事故があったからといって、それらの人々が癌の発生を恐れながらこれら生きていく必要などないのです。
しかしこれは日本だけに限定されていることではありません。

あなたが放射能のせいではない癌にかかっていたとしても、(お医者さんからは)タバコが原因で(あるいはその他の原因で何となく自然と)癌に成ってしまっていると言われたとしても、
そのような怖れ(脅威)の下で、あと一日であろうとも過ごす必要は無いのです。 一日たりとも、そのような怖れを懐いて過ごす必要は無いのです。

何故でしょう?
何故なら、他の実体と衝突してしまい悪化をもたらすような実体は存在していなからです。
存在しているのは、たった一つの実体(Substance)だけなのです。

それはスピリットという実体なのです。それは神のもの(実体)なのです。

だから、これ以上対極的(善悪の)誤解や闘争/葛藤を続ける正当な理由はないのです。
これが真理なのです。これをあなたが受け入れ、これの中に休まり浸ったなら、この真理があなたの体験の中に流れ込んでくるのです。 そしてあなたは瞬間的癒やしを見るでしょう。
しかし、もしあなたがこの真理の全容を直ぐに受け入れられなかったなら、ゆっくりと現れる癒やしが見られるかもしれません。

いずれにしろ、あなたは毎日変容/再生/あがないを絶対期待しているべきなのです。 たとえその時重大な非常事態が起こっていようと。

あるいはあなたの指の先にイボが出来ているだけだったとしても、「こんなものは何でもないから」と言って、その異変/異常を容認するのは止めなさい。 
私はイボが大変なことだと言っているのではありません。

「ヘイ! あなたは神の娘/息子ではなかったのか!!」 と私は言っているのです。

(あなたの指を含めた)あらゆる所を見て、創造が完璧に現れている愛らしさを発見することがあなたの生得権(持って生まれた当然の権利)なのです。

そのような体験をし始めるまで、あなたは諦めてはいけないのです。

もしあなたが今まで「自分の人生は退屈で目的意識が持てない」と思ってきたなら、本当はあなたは実はとても恵まれていることが今わかったのです。 何故なら今までは退屈だと思っていた時間が実は大変重要なことのために使えるのだ、と今わかったのだから。

さて最近の中東情勢に対して少しコメントします。 何故ならあなたはそれに対する真理を知っているべきだから。

癒やしが起こっています。知性がやって来て無知に取って代わることを興味をもって観察しなさい。

しかし知性を現していないものは気安くハッピーに去るつもりはないでしょう。
あなた達にとっても、古い性癖を手放すことはイージーではありません。
国の古い性癖もまたイージーには去っていかないかもしれません。

(神の子達全員が体験しているべき知性/慈愛/尊厳を表現していない)性癖を解除する変化をもたらすための努力が必要なのです。

知性/慈愛/尊厳を体験していない神の息子/娘はそれら(知性/慈愛/尊厳)の体験を勤勉に掴み取る必要があるのです。 ちょうどいま中東の人達がそれを勤勉にしているように。


コースが教えていることを話すだけでは十分ではありません。
それを体現(表現)しなさい。 そして必要なワーク(仕事)を行ないなさい。
古きを手放して、新しいものを抱擁し、新しいものへ信任(コミットメント)を与えなさい。
何故なら天国は「あなたが現時点で体験していること」よりもとても優れており素晴らしいのだから。

しかしあなたはすでに今天国を体験しているのです。あなたは今天国の只中に居るのだから。
しかしあなたは天国を見てはいないのです。 何故なら、あなたはまだ天国を見たいと思えてはいないから。あなたは(まだ)あなた自身の定義群を見たいと欲しているのです。

死の向こうにあるのが天国だと信じてしまわないことがとても重要なのです。
どこか遠くに在る所や状態が天国だと信じてしまわないことがとても重要なのです。

何故ならそう信じたならあなたは天国のど真ん中にいて、それを見ることが出来ず今まで通り寝続けてしまうから。

それ(夢)に対してチャレンジせず、それ(神を反映してない体験)に異を唱えず、それ(天国以外の体験)を受け入れて、それ(夢)以外の体験が出来るということに全く気付かずにいて苦しんでしまう必要はないのです。

このことに対して癒やしを得ることは何と素晴らしいことでしょう。

あなたは常に何かを体験しており、その体験に関して癒やしを得ることは素晴らしいことです。
それはとても重要なことです。

神が存在していないとは誰も考えられなく成るような癒しが起こるのです。
それが変容をもたらします。
問題が現れている場所(部分)だけではなく、人類全てに対して変容が起こるのです。

そしてこの地球上の全員は、今体験されているより遥かに大きな喜びを体験する必要があり、その体験にあたいするのです。

だから喜びへの変容に対するあなたの役割を果たしなさい。

あなたがそれ(喜びの変容に対して自分の役目を果たすこと)を目的としてア・コース・イン・ミラクルズ(ACIM)に(真理に、神に)興味を持ってきたのでなかったのなら、あなたは取り違えています。


I Love You.

あなたが聖なる瞬間を実践出来るように私はあなた方一人一人と繋がりましょう。
来週お会いすることを楽しみにしています。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。