スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chapter 17

2月21日 日曜 午後

ポール:我々の会話を書き出したテキストを読み返しました。 とても面白いです。 非常に首尾一貫してると思います。 これを読むと、私が今日いる状況がよりハッキリ判る気がします。

貴方がここ数日話している事が、最初の頃にも話されていたのは興味深いです。 しかし今読むと、より多くの意味が見出せます。 我々が話し始めてから起こった全ての事に感謝したいです。

ラジ: どういたしまして、ポール。 
しかし、これはただ単に情報を書き出しただけのものではありません。 重要なのはテキストそのものではないのです。 テキストは我々が話してきた事をある程度表現しているでしょうが、貴方が実際に体験している事の方がより重要です。

「貴方の意識の中で体験されている、意味/意図のコミュニケーションが鍵なのです。」


ポール: 判りました。貴方の言うとおりです。

私の末の娘が、自分のガイドとコンタクトしたいと言っています。
私が貴方とコンタクトした時のプロセスを彼女に説明したのですが、彼女にはそれをするだけの辛抱はないかもしれません。 貴方から彼女にこのプロセスに関して話してやってくれませんか(ジュディにしてくれた様に)?

ラジ: 喜んでウェンディと話しましょう。 彼女には、自分のガイドと話す事が、彼女が今考えている以上の体験だと判って貰いたいです。

彼女は、書き取りのテスト中に自分のガイドに居て欲しいようです。 
彼女には、自分のガイドとコンタクトする為には、リラックスして、自分の都合に当て嵌めようとしない事が大切だと言ってあげてください。

彼女が自分のガイドとコンタクトする(あるいはガイドが彼女とコンタクトする)時には、自分の中の(何かを無理矢理達成しようとしていない)静かな場所に居なければ駄目だ、と言ってあげてください。

「何かを無理矢理やろうとする意欲」がコンタクトする事の邪魔になるのです。 彼女のガイドがコンタクトできるのは、彼女が完全に静かに成っている時だけです。

彼女が自分のガイドとコンタクトする意志を表明し始めたなら、彼女のガイドはただちに、彼女の「抑制されていない熱意」を静め、彼女が求めるものを求めた時に得られるよう助けはじめるだろう、と言って上げて下さい。

彼女はこれを全部一人きりでする必要はありません。

静かに成る事、放棄する事、物事が起こるべき時まで待つ事、は彼女にとって殆ど不可能に思えている事を、彼女のガイドは理解しています。 だから彼女のガイドは(無言で見えないうちに)彼女がどうすれば「静かに成り聞く事が出来る様に成るか」学ぶ手助けをするのです。

これは不可能ではないと彼女に伝えてください。 しかし彼女は、彼女のガイドが一番得意な方法で彼女にアプローチする事を許可しなければいけません。 これをする事がウェンディーにとって一番上手く行く方法です。

もちろん、彼女が私とコンタクトしたい場合もこれと同じです。 私は彼女と話せるのを楽しみにしています。 彼女は真剣にそうしようと思っているので、私は注意して待っていましょう。

彼女は、コミュニケーションの回路が開かれるまで、自分自身に対して辛抱強くしていなければいけません。

ポール: ありがとうラジ。 感謝します。

数日前に私の供給と話して以来、私の「存在」のその他の要素(aspects)と話すことも出来るのか知りたいと思っていました。

例えば、私の直感と直接話す事は可能でしょうか?  今までのように、時たま直感を得るのではなく...。

ラジ: 質問はそこまでで区切らしてもらいましょう。 貴方の質問が多くなりすぎて、混乱してしまう前に。

以前言ったように、実際に行われている事はただ一つだけです。
その一つの事とは、貴方「自身」が『「貴方」の無限性』(「貴方」という「ひとつ」)として無限{無数}に表現され、無限{多数}に見られ/体験されている、という事です。

「貴方」はすべて貴方自身に与えられており、それを「貴方自身」として直接体験する事が可能です、それを「貴方自身」として意識的に(理解し)体験する事が可能です。

貴方の質問に対する答えは、「はい、貴方は貴方の直感と直接コンタクトする事が出来ます」です。

それだけでなく、貴方が知りたいと考えている貴方「自身」のどの様な部分にでもコンタクトしてみる事をお勧めします。

ポール: それは見える物体(動物、樹木、テーブル、椅子、ランプ、電球など)にも当てはまるのですか?

ラジ: ポール、もうすぐ貴方にも「全てがひとつ」と明確に判るようになるでしょう。 それらはどれ一つとして、物理的な塊として存在する物体などではありません。 貴方の「存在」の全てが生きているのです。{この文章は動物や木や家具などが存在していないとは言っていません。 訳}

それら全ては、貴方の「存在」を形作っている活動的知性(生命)を反映しています。 それらは(貴方が三次元的視覚から捉えている様な)限定された様子では存在していません。

貴方の実体が何時でも貴方に与えられている様に、貴方の体験は何時でも貴方に与えられています。  これは貴方の実体や体験が、ただ単に「貴方の目で見られるように」与えられている、というだけではありません。

貴方はそれらを意味として/手触りとして/色として/意図や意志として、広大なレンジ(範囲)で体験する事が出来るのです。

上記の言葉はそれらの意味/意図の体験を表現するには不十分です。   貴方が自身をそれらに対してオープンにして、はじめて貴方はそれらの意味/意図を体験します。 でも私の言った表現はある程度のヒントには成ったでしょう。

次の質問は?


ポール:次の質問は、私の母とスーザン(妻)に対するヒーリング・ワークに関してです。

最近は、はじめの頃ほど私の手の中に暖かさを感じなく成りました。

時にはいつもより暖かく感じることもあるのですが。 しかし、他の時にはそれほど手が暖かく成らず、(そのような時)私はワークが既に終了していると感じるのです。

より手が暖かくなるセッションの場合、それは何を意味しているのでしょうか?

ラジ: ポール、貴方がこの質問をしている時点で既に自分のマインドの後ろの方で気付いている様に、この件に関しては貴方が貴方自身の中から感じていることだけを元に行わなければいけない事です。 これ以上この質問には答えられません。


ポール: ありがとうラジ。 次の質問です。 私自身と妻と私の母の関係は、何故この様なのでしょうか?
 
ラジ: はい、ポール。 答えは貴方が期待しているよりもずっと簡単です。

貴方が私を聞けずにいる時、「それは答えが(貴方が期待しているよりも)シンプルだからなのだろう」と考える様になっているのは喜ばしいです。

そうすれば貴方は私の言う事がすぐ聞けます。 貴方はこれを良く学んでいます。

貴方の質問に答える前に、貴方には「注意サイン」を使えるように成って欲しいのです。

「注意サイン」は、貴方が違う視点(答えや気付きが判るようになる場所)へと動けるように貴方に注意を与えているものです。

それは貴方が今「色々な状況で私を聞き続けられる様に学んでいる事」と同じ位簡単に出来る様になります。

では貴方の質問に答えます。

(人間)関係は、無限の「ひとつ」が織り成す「ハーモニー」と「関わり合い」で出来ています。
貴方の視点からの貴方「自身」、スーザンの視点からのスーザン「自身」、貴方の母親の視点からの彼女「自身」などから「ひとつ」が構成されています。

以前も言ったように、何が起こっているか四次元的視点からクリアに見る事が出来たなら、「貴方が三次元的関係として見ているもの」が実は完全に調和していることが判るでしょう。

貴方が「外側」に見ているものは、我々の「存在」の完全な一体性とハーモニー(調和している関わり合い)の限定された光景なのです。
{貴方が自分の外側に見ている事柄は、(一つに統合されており、それが調和して関わり合っている)我々の「あり方」を貴方が限定して見ているだけなのです。}

我々がマインドの外から見る事を離れたなら、物事が「現れている様子」を見ようと選択したなら、我々は自分達自身を困難な状況に据えてしまいます。

何故なら、パーソナルな(個人的)関係は基本的に『我々の「全体」』に対する不親切で厳しい誤認識(誤解)だからです。

これが、個人的関係が我々の耐え忍ぶ最も不満足な(ガッカリする)体験に成りえる理由です。

物事を三次元的(分離/孤独/独立)に見る事と、物事を個人的(パーソナル)に見る事は別の事です。

個人的な枠組みを使わずに、三次元的な視点で物事を見る事は可能ですが、個人的な感覚には常にエゴイズムの(独善的)感覚が伴っています。

個人的感覚が、我々の「ひさし/ふるい」に成り、それを通して我々は「他者」や世界の体験を見る/する様になってしまいます。 すると我々は「彼ら/それら」をとても不自然なゆがみと共に知覚する事になります。

これは動物を同系交配させ続ける事の様なものです。 とても近しい種族だけで交配し続けると、それは自身をサポートし続けるだけの広さを失ってしまいます。 それは脆弱で痴呆的になります。 これが個人的感覚に基づいた人間関係が続き辛い理由です。

何度もエゴイズム/独善性という「ふるい」にかけて歪められてしまった個人的関係が破滅する時にも、それを気持ちよく体験する事は不可能です。

個人的関係を終わらせようとすれば、その個人感覚に浸っている人に非常な苦痛を与える事は避けられません。

(人間)関係を本当に解決する唯一の方法は、苦痛を感じている人が「個人的関わり合いの感覚」を放棄する事です。

そうして、人間関係を(その関係者達の存在を成り立たせている)正常な宇宙的/普遍的ハーモニー(調和)に戻すのです。

私はこの様な表現を何度も貴方に言っていますが、実際にどの様にすれば良いか、貴方はまだ明確に判っていません。

個人的感覚を築こうとする事は、ハエ取り紙を並べるようなものです。 それはいじればいじる程くっ付いてしまいます。

個人的な感覚を放棄する唯一の方法は、内側にある静かな注意深い「場所」に入って、貴方の「存在」(が無限の視点から自身を見ていること)の流入に聞き耳を立てるのです。

初心者なら瞑想をしてこれを行う事が出来ます。
そこから貴方は物事をありのままに見るだけでなく、物事をありのままに体験する事ができます。
この体験内には、物事に対する個人的感覚が存在していません。

{物事そのものではなく}個人的(パーソナルな)感覚が、貴方を苦しめているものです。

話を貴方の質問に戻すと、実際には貴方と奥さんとお母さんが共同で一つの調和のある行動を行っているのです。

貴方達一人一人は、各人の気付きあるいは信念に従って、お互いとの関係を体験しています。

しかし貴方は、貴方の「聖なる成就」の為にこれを経験しているのです。 この体験は、『貴方達が「それぞれの個人的感覚から自由になる事」を意識的に発見できる地点』まで貴方達一人一人を導いて行きます。

貴方の母親は、安全のフィーリングを自分に供給する為に、「三次元的なマインド構造」{思い込み}を築いてきました。

ポール、貴方が「マインドから存在する/マインドの外に出ている体験」を積むほどに、自分の母親の「三次元的マインド構造」{思い込み}が見えるように成って来ています。

貴方はマインドから存在している/マインドの外に出ているだけで、それを見えるように成ってきています。 貴方は、その構造の倒壊を助ける事に成るかもしれません。

それが取り除かれれば、貴方のお母さんは、自分の「存在」の既に整った様相や機能を調べて、それらを自分が意識的に整えてているのかどうか(三次元的視点から)調べる事が出来る様に成ります。

貴方が「そうなる様にしよう」と自分からは押さず、直感的に貴方自身がそれ(静かなもの)に成ったのは正解でしした。

(奥さんの)スーザンも、「自分がこれをどの様に体験するか」に責任を持っています。

彼女は自分の環境に対するコントロールを放棄する機会を得て、「彼女の義理の母と呼ばれている人」に対して沢山の思いやりが必要だと理解する可能性を得ています。 彼女もまた、自分の三次元的環境に対するコントロールを(不恰好に見えても)失いながら、彼女自身を愛し、彼女自身に対して居親切である必要があります。

スーザンと「彼女の義理の母と呼ばれる人」の双方が強い個人感覚を持っています。 だからこそ「誰かを誹謗する立場」に立つ人は必要とはされていません。 というか「誰かを誹謗する事」こそ、生命/生活に対する(酷く醜い)個人的感覚の一部だと理解する必要があります。

ポール、貴方が気付いている様に、貴方と貴方のお母さんの間の人間関係は対立したものではなく愛に基付いています。

貴方は「個人感覚がリアリティの知覚を遮っている」と本当に判るように成り始めています。

貴方が意識存在に成るに従い、幻想のドラマと本当のリアリティの両方が明確に成って来ています。

貴方は、「貴方のお母さんと呼ばれている人」が体験している信念の周りを動き、それを通り抜けられる様に成って来ています。

貴方は「マインドの外から行動する事」に慣れるに従って、「貴方の母が弄んでいる信念体系」を崩す手伝いが出来る様に成るでしょう。

このプロセスが彼女を破壊する事はありません。

前にも言ったとおり、この問題の解決は「意識存在」としてあの(静寂の)「場所」の中に入り、出来るだけ意識的にそこに留まる事で達成されます。

これだけが、この事態を解決する視点をもたらし「存在のリアリティ」に同調しながら解決する事を可能にします。

ポール: ラジ、現時点ではこれ以上の質問は有りませんので、ここで一旦止めます。
少し後でまた話したいと思います。 どうもありがとう。 

ラジ:どういたしまして。 よい午後を。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。