スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選択/被害者

質問:
大量殺人がありましたが、何故あのようなことが起こるのでしょう。
ラジの説明も読んでみましたが、あれだけでは私は満足出来ません。もっと解り易く説明してください。
あのような場合でも「Innocent Victim /自分の意志で出来事に参加していない被害者」は居ないのですか?

答え:
この説明にはChapter27のThe Hero of the Dreamとあなたがそれについて書いた「スクリプト」が有用です。

例えば被害者の一人に軍人がおり、自分の奥さんを庇って亡くなっていると仮定してみましょう。
彼は生前から「テロリストから人々を守って死にたい」と言っていたとしましょう。
その場合、彼は「テロリストから人々を守るヒーロー」に成りたかったのです。
そしてこのようなヒーローに生る為には悪役(アンチヒーロー)が必要です。
何故なら、「テロリスト」が居なければ「自身の死を持ってテロリストから人々を守ったヒーロー」に成ることは出来ないから。
そのように考えたなら、その人は「テロリスト」を自分の為に必要とするようになります。

今回のテロリスト役はマッドサイエンティストだったと仮定してみましょう。
秀才科学者が自分を証明するために一生懸命勉強してきました。
しかし少しづつ心のバランスが崩れ始めて、科学者で居ることが出来なく成ります。
それでも自分を証明する必要は彼の中に依然として残っています。
彼は今までより一層強い疎外感を懐いており、世界に対して自分を示す強烈な欲求が彼を捉えてしまいます。

このような二人が出会います。
悪役はその準備を万全に整えて。 そして善玉も日頃から準備は怠りません。
彼等は、自分達が望んだ目的の為に相手を存分に利用するのです。
これが罪の魅力/牽引力(attraction of gilt)の一例です。
出来事に参加する人達は全員自分自身のスクリプトを持っています。問題は、自分が何をしているか十分意識出来ている人が不足していたことです。

さて幼い被害者が居たとしたどうでしょうか?
一般常識では幼い者は物事/出来事にあまり関与していないと考えられています。
しかしどれだけ若くても人のマインドは、自分に関する選択と決意を行なっています。
体は小さく弱く見えても、人のマインドは「神と繋がること」も「無知の中で他者と繋がること」も可能で、この選択を常に行っています。
だから人の「年齢」は関係ありません。  
母が私を生んだ時、彼女は「現在のあなた達の社会では結婚が許されていない位」非常に若かった。しかし彼女は私を生むことに同意しそれを求めたのです。
彼女はImmaculate Conception (完璧に愛を受け取り受け入れること)を行い私をもうけたのです。彼女の年齢はその障害には成りませんでした。

何故これを言うことが重要なのでしょうか?
あなたは例外なく全ての人の中に神聖を見る(神の性質を認める)必要があるのです。
全ての人が神と繋がる選択権を持っていること、これをあなたは全ての人達に対して認めなくてはいけません。
何故なら、あなたが他者に与えなかったものを、あなたは自分で受け取ろうとしないから。
全ての人が神と繋がる選択権を常に有しています。これはあなたの助けを必要としている人が存在していないという意味ではありません。


あなたの体験から実例を一つ上げましょう。

あなたが小学二年生頃、体育で野球を行い、あなたのミスのせいであなたのチームは負けてしまいました。 しかし野球のルールに疎いあなたは、自分がミスをしたことも、そのせいで試合に負けたことにも気付きませんでした。
怒ったあなたのチームメートの一人が石をあなたの方角に投げました。
すると両方のチームの子供達が真似して石を投げ始めました。
その一つがあなたの目の端に当たりましたね。
石を投げた男の子は慌ててあなたに駆け寄り謝ってくれましたが、あなたは黙って彼を軽蔑しただけでした。
あなたは「無罪な被害者/自分で出来事に加担していない被害者/不当な罰を受けている者」に見えますね。

あなたはその少し前に私(イエス)のことを考えていました。
私が十字架に掛けられていることを考えていました。
「自分がイエスだったらどうだろうか? 自分が無垢な殉教者であったならどうだろうか? 自分はどう感じるだろうか?」とあなたは考えていました。
あなたは磔刑になることは出来なかったけれど、石打の刑を演じてみたのです。

しかしあなたは自分のマインドと自分の体験の間の関連を強く意識しては居ませんでした。
だから自分の考えとは無関係に体験が起こっているように見えていたのです。
だから自分が無垢な被害者(選択権を持っていない者/状況に左右されているだけの者)に見えるのです。

これに気付くことが重要なのです。 二度と大量殺人が起こらないように。
「自分は世界の被害者だ」と人々が思わなくなるように。
自分の体験が自分の思考と関連していることを人々が明確に理解したなら、
「だらしない考え/自己中心的な願い」持つ人達は大量に減るでしょう。

「人を裁かないようにしなさい、そうすればあなたは裁かれない。」

+++++++

あなたはまだ迷っている。
たまたま/偶然/事故があり得るのではないかと考えている。
偶然何かが起こる可能性を考慮しなくては、間違ったことを言ってしまうのではないかと怖れている。
しかし全てはそれぞれの選択に基づいて必然的に起こっていることなのだから、迷うのは止めなさい。



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すべては必然、完璧、ということがとてもわかりやく表現されていますね。

ジーニーさん



ありがとうございます。

Re: タイトルなし

フリフリしっぽさん、

あなたの質問にお答えしたいです。
あなたの質問を一般公開しその上でお答えしたいのですが、宜しいでしょうか?

お知らせください。


岡上浩巳

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。