スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹

「岡上さんが公開した方が良いと思われるなら、そうされても構いませんが…。」

とフリフリしっぽさんが上記のように言ってくださったので、そして大変ありがたいご質問なので、その一部を公開しお答えします。


質問:「お腹を壊しても、〈神からの独立を主張しているからだ。ラジの話は私には実践出来ていない。〉と思い、〈素晴らしい人生の方々は、病からも老化からも解放されているのかな?もしそうでなければ…??〉と考える状態なので、」


答え:例えば「自分が神から独立を主張したからお腹を下したのかもしれない」と考えた時点で人は確実に神から分離しているのです。お腹を壊すこと自体そして疑問を持つこと自体は別に構わないのですが、自分の状況を自分で断定してそれを理由に自分を責めることは(そして他者の状況を理由に他者を責めることも)罪の使用なのです。 何故なら人はその時一人で考えて自分の状況を自分で決めているのだから。 
{私もこの間違いは(この間違いも)良く起こします。 例えば「ポールさんがお金に困っているのは彼自身の行いがまずかったからなのではないか」と考えてしまう訳です。 しかしそう考えるのではなく、私は神に訊ね聞くべきなのです。この真実は何なのですか?と。そして答えが聞え理解されるまで訊ね聞き続けるのです。そして例えポールさんのリクエストに心から応えることが出来なくとも、例え彼に対してノーという必要が聞えたとしても、自分を(そして彼を)責めないのです。 フリフリしっぽさんのおかげでこれがより明確になりました。ありがとう}

お腹が壊れたと思ったなら、不安に成る前に祈れば良いのです。 「神様何が起きているのですか? 神様お腹を直してください。」  しかし祈りながら思考を続けていたなら(自分の健康状態を自分一人で決め続けることを続けていたなら)、それは神に祈っている状態ではなく、仰る通り自己主張の状態なのです。 
私自身はとてもお腹が非常に痛く成ったならお医者さんに行くだろうと思いますよ。その時に成って見ないと実際は解らないけど。


「素晴らしい人生の方々」って私のことかしら~。 {エェ!!違うの~。 でもここではそう言うことにしておきましょう。}
「素晴らしい人生の方々(つまり私ね)」は病気は気にしないですね。 病気や老化は期待していません(というか、最近はあんまりそれらのことを考えなく成って来ています)。 病気に成ったら成ったでなんとかするでしょう。 でも「病は気から(人の健康状態はその人の心待ちを反映している)」というのはかなり当たっている筈です。 

ではここで聖霊/神に訊ね聞いてみましょう。 この真実は何ですか?
「あなたは自分の評価をご自分で決めています。 自分で自分の評価を決めるにはどうしても他者との比較が必要です。 これは全てあなた自身が行なっていることなのです。 自分に対する評価、他者に対する評価、全てあなたが決めているのです。あなたが決めなかった(受け入れなかった)評価があなたを縛ることは在りません。 それは違う! とあなたは言うでしょうか? 世間が社会が親が評価を決めたのだ! 自分は評価される者でしかないのだ! 
しかしあなたが評価されているように見えている時あなたは評価に参加しているのです。 あなたの内的思考が躾けられ、あなたの意識が常に神を向いているように成れば、あなたは他者の評価には参加しなくなり、他者から評価される対象としてのあなたは居なくなるのです。」
と聞えました。へーそうなんだ?
でもこれって私(岡上)への回答ですね。 でもこの答えの方が私の行った考察が少ないから、ま、これでいっか。 
以上です。

あ、そうそう昔胃弱体質だった私が作った詩があるから乗っけときましょう。

お腹が下ったサー大変
胃弱は厠に籠もり切り
胃腸が異様に弱いのよ
胃弱はシクシク泣きました

子供の頃、下痢が一ヶ月続いた事があってその時は死ぬかと思ったよ。
でもチャンと生きてますヨ。



追伸:
ある時障害を抱えた青年が居て、イエスの弟子がイエスに「この者が問題を抱えているのは、彼が罪を犯したからですか? それとも彼の両親が罪を犯したからですか?」と訊ねたそうです。
するとイエスは「そのどちらでもない。それは神の技が現れる為(神の栄誉が称えられる為)である。」と言ってその青年を癒やしたそうです。

つまりイエスは病/罪の原因は見ていない(認識していない)のです。
イエスはそこにパーフェクトな存在が居ることを認め、それを表現したのです。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。