スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACIM12-08-11

私は先週皆さんに一つ質問をしました。
「癒やしを拒んでいる人に対してあなたはどうするべきか?」
「病/怪我/事故など不利益として明確に理解されているものを人々が持ち続けようとしないこと」は既に指摘しています。
しかし人々は「(間違った推論/前提を元に)自分で達成しようと決意していること」から癒やされたいとは思っていないのです。
人々は「独立存在/孤児になろうとすること、源を持っていないままリアルに成ろうとすること」から癒やされたいとは思っていないのです。
「独立的存在としてリアルに成ること」を自分の人生の目的としている人は、そのことから癒やされようとは願っていないのです。
人は「この試みを放棄するべきだ(何故ならあなたは既にリアルなのだから)」と聞き入れたくない訳です。 何故なら、彼はまだ自分の主権(権限)の上でリアルに成っていないのだから、だから彼は「自分の権限を使ってリアルに成ろうとすること」を放棄出来ないのです。

「父よ、私は自分のやり方で全てを見たいです。私のやり方で全てを行い、全ての意味を自分で決めたいです。」と神に対して言った途端、彼は「彼自身の正義を証明する必要」に直面したのです。
正義(righteous)とは「自分の権限によって自分自身をリアルにしようとする全てのアイディア」を含んでいるのです。
このようなゴールの最終目的は自己正当(self-righteousness)に到達しようとすることなのです。
これが罪なのです。
罪とは決意を持って「達成不可能なこと(独立/分離)を達成しようとする意図」なのです。

しかし{罪とは}それだけではありません。
「罪とは中毒/耽溺を通して行なわれる行為である」のです。
罪はただゴール/目標であるだけではないのです。罪はただアイディアであるだけではないのです。
罪とは「激しい感情(決意)の力を使って{独立を}達成しようとする意味/意図」なのです。

{分離/独立という}この特定のゴールに向かって人を容赦なく突っ走らせている感情を促進し強化するものは何なのでしょうか?
{神からの独立という}この試みを行なっている者が源を持っておらず彼自身の中から権威/正義を作ろうとしているなら、彼は彼自身をリアルに作ろうとしているのです。彼は彼自身の権威の中で彼自身をリアルにしようとしているのです。
さて彼がこれに成功しなかったならどうなるのでしょうか?
彼はそのような可能性を考慮することさへ出来ないのです。何故なら、彼自身の存在がリアルだと証明する為に彼は{自分をリアルにすることを}成功させなくてはいけないのだから。
だから「これ(自分をリアルに作ること)を達成させようとし続ける事に対する中毒」は「自分がこれに成功しなければ自分は存在出来ないという怖れ」から来ており、それがこの中毒を強化し続けているのです。
つまり彼がこれ(神から分離した自分をリアルにすること)に成功しなかったなら、彼は無の中に消えて行ってしまうのです。
彼は存在しなくなり、彼は死ぬのです。 あなたは死んでしまうのです。
と、そう考えられているのです。
これが{独立的存在に成ろうとし続けることに中毒する}動機になっているのです。
「死への恐怖」や「権威を持ったリアルな者として存在しようとする癒やされない意図」はそれ自身では決して死に絶えないゴールなのです。
これらが自然と消え去ることはないのです。

人はどのようにして{分離の}このゴールを達成しようとしているのでしょうか?
人は考えるのです。
人は考え観察するのです。「自分が観察しているものを自分が創造していない」という事実は無視しながら。
そして「これら(自分達が見ている世界)が何処から来ているか」彼は訊ねないのです。
『勿論これは「ビッグバン」から来ているのです。これは物理的出来事であって、物理的宇宙であって、とても驚異的なものなのです。』 という風に彼は全てを観察したりするのです。
彼は自分のマインドと想像力を使って全てを定義するのです。

そして彼は兄弟姉妹を(そして全てを)評価し、兄弟姉妹に対して結論を持つのです。そしてこの結論の正しさは「兄弟姉妹が兄弟姉妹自身の正義(正しさ)をどのようにデモンストレートするか(話し振舞うか)」によって測られるのです。
「権限とコントロールが実行出来るように自分の正義/権威を証明しようとデモンストレートしている者」がこの中毒の中から(このゴールの中から)作り出されているのです。
そして「他の人々もそれぞれに彼等自身の正義/権威を証明すること」を彼は求めるのです
だから自分のリアルな独立性と正義/権威を上手く証明出来なければ死んでしまうという内的怖れがあるだけでなく、{独立的視点を持ち独立的行動を取っている彼に対して}彼自身の正義/権限を証明するよう他の人々が要求してくるのです。
正しさ/権威を証明しそれを社会的に(会社の中で、国家の中で、グループの中で)実現しようとすることが競争環境を作りこの中毒を煽り続けるので、彼の中毒は他の人々によっても強化されるのです。{独立を試みている人はそのような世界に住んでいるのです。}
この中毒は内的な死への怖れ故に起こっているのですが、「社会の中でお互いに対して(そして自分の中の検査官に対して)自分の権威/正義を正しくデモンストレートする必要」によってこの中毒(狂気)が保たれてしまうのです。

これを理解することが大切です。
このような神の子同士のやり取り(関わり合い)には騙し(欺瞞)が付きまといます。
これは正直ではないのです。
何故なら{この状態では}「自分自身のことを無効だと感じていること、神聖/全体性の中に自分を確実に据える生得権を感じていないこと」を人々全員がお互いに対して表明せずにそれを隠蔽してしまっているのだから。
だれもこれ(自分がリアルではないという感覚)を認めようとしないのです。
「神が自分達にマインドと体と自由意志を与えており、それを使うことが自分達の権利なのだ」と人々がお互いに対して言い合っているのです。
それが{神から分離したマインド/体/意志を使うことが}自分達の権利であるだけでなく、それが自分達に求められていることで、これを実行することが自分達の任務である{と考えられているのです}。

そして人々は「自分が空虚を抱えて生きていること」に関しては黙っているのです。
「私は独立的に振舞うように創造されているのだ。私はこれをする為に創造されたのだ。自分の権威を進化させる為に私は生まれてきたのだ。」と言うのです。
そして正義がコントロールの為に使われることは(そして正義が必ずしも全員の最善の利益の為に使われないことは)明言されないのです。
だから「コントロールしようとしている者」は「それと同じ権限(同じ中毒/同じ行為)を執行している他の者達」に対して油断なく注意していなくてはいけないのです。
だからこの質問に対する答え(真理)は誰からも喜ばれないのです。
あなたが導き(答え)を求めた時あなたに示される真理は、往々にしてこのようなものなのです。 あなたが得る答えは往々にして、あなた達の信念/信心/自信と対立するものなのです。

私は、私がかつて弟子に言ったことによって「癒やしを拒んでいる人に対してあなたはどうするべきか?」に対する答えを述べましょう。
「歓迎されない村々に行った場合、そこを去って“汝らの足から埃を払いなさい“と私は弟子達に言ったのです。
これは「あなたが村を出る時{歓迎されていない場所から去る時}、その村に関する全てを払い落とし、そこで起こったことはそこに置き去り、別の場所に行きなさい」という意味です。
私はこの通り言ったのではなく、このように記録されてる訳ではありませんが、
「{あなたがどこかに行く場合}あなたが歓迎される所に行きなさい。あなたが撥ね付けら拒否されている所からは去りなさい。」ということが要点なのです。
「あなたが別ち合おうとしている真理が否定されない所に行きなさい。癒やされることを拒んでいる人達のマインドを変えようとするのは止めなさい。」
これはスピリチュアルではないように聞えますか? これは神聖ではないように聞えますか? これは愛ではないように聞えますか?

そうではないのです。
あなたが聖なる瞬間の中に入って行った時、「ここの真理は何ですか?」と聖霊かガイドか父に訊ね聞いて真理があなたに示された時、それは『「聖なる行動はこうであるべきだという」あなたの知覚/認識』に基づいた行動をあなたがすることは意味していません。
そのように考え行動してしまった場合、あなたは自分の知覚の隙間から漏れ聞いたことを元に真理を解釈しようとしてしまい、意図されていないこと(するべきでないこと)を実践しようとしてしまいます。

あなたが注意深く訊ね聞いていて、「助けを求めながらそれを受け取りたがっていない人」によってあなたが使われていたなら、あなたは理性/知性を手放すべきではないのです。
あなたは次のように言うべきなのです。
『あなたが私と一緒にしようとしていることは正直なことではありません。あなたは答えを求めているけれども、{あなたが明言していることとは}他の目論見/目的があなたにはあるので、あなたは答えを受け入れていません。
あなたが本当に真実を知りそれを受け取りたいと思ったなら、その時はまた知らせてください。
しかしそれまでは「あなたと行動を共にし、あなたによって操られ、あなたの欺瞞に満ちた行動を承認する」訳には行きません。』

これがルールなのです。物事が働く筋道があるのです。
{これについて説明しましょう。}
例えば、内的ガイドというものがあるとポールが始めて聞いて、彼は定期的に座って内的ガイドを求めました。
数週間に亘り彼はこれを毎晩行ないました。時には一日に数回。
しかし彼は何も聞き取りませんでした。
ある時点で彼は焦れ出し嫌気を起こし、そこにいる誰かに向かって「ここに座りっぱなしで訊ね続けて何も聞えないでいるようなことをしている訳には行かない! こんなことをしている暇は無いんだ。」と言いました。
しかし彼はその夜も答えを得ませんでした。
しかしその後の24時間に彼は理解し出したのです。 彼の短気と要求は「彼が自分で物事をコントロールしようとする場所(状態)に居ること」を示していると。
彼はコミュニオン(霊的交歓)を自分で起こそうとしていたのです。
彼は自分が宇宙の腕を捻ろうとしていること(世界を操ろうとしていること)を理解したのです。
そしてそのようなことをしても上手く行かないと彼も気付いたのです。
次の日彼は謙虚に座りました。
「もし毎晩何の答えも聞えないまま座り続けることを何年も続けなくてはならないとしても、そうしよう。何故なら私はwillfulness(自分の意志を通そうとすること)を持ち込もうとは求めないから。」
私が直接彼に話しかける前に「自分の意識を押し付けようとすることが自分のガイドと話すことを完全にブロックしてしまう」とポールは悟ったのです。

だから独立存在に成ろうとしていながら(自分のマインドに過ぎない)聖霊と繋がろうとした時、あるいは自分のガイドと繋がろうとした時、あるいは神と繋がろうとした時、その人のwillfulness(自己意志の強い主張)がそれをブロックしてしまったならコミュニケーションが起こらないのです。
彼のwillfulness(自己主張)は言わば不調和を作り、(ガイダンスを求める度に誰にでも必ず与えられている)答えが聞えなくなってしまうのです。

これは、このように成っている(このように働く)のです。
あなたがガイダンスの中にwillfulness(自分で操作したり決めようとしたりすること)を導入したなら、あなたは何も聞かないのです。
もし村が真理を歓迎しないのであれば、村人は何も聞かないのです。

ポールが私を聞くことが出来ていてそれをあなた達に伝えているのでない限り、その行動の中には欺瞞(うそ)があるので、それに関わることは不適切なのです。
だからあなたは理性を持ってこう言わなければいけないのです。
「いいえ、それは出来ません。しかし真実を受け入れる用意があなたにあるのなら、あなたが本当に変わることを求めているのなら、その時私も参加しましょう。わたし達は話し一緒に過ごし、そこには癒やしがあるでしょう。」

勿論、聞く意志を持っている人達に話すことは大切なことです。
何故なら真実を聞いたそれぞれの人達が、気付きを体験した各人が、自分の独立を手放してガイダンスを求め、自分の最上の思考よりもガイダンスを尊んだなら、その時自分自身の中に照らし出される父の視点/視界の徳により、変革の使徒に成るのだから。
こうして眠っていた神の子供達がより多く目覚めるのです。
その結果として夢の一体性の同志感覚が薄れるのです。
そして「自分達の独立的スタンスや狂気と中毒の有効性」に対するサポートを感じて来た者達も、自分達の決意が緩んで行くことを感じるのです。 何故なら兄弟姉妹間で相互合意が解除されることにより、このような{独立と中毒への}決意をサポートし続けることが難しくなるから。
そうなったなら私の弟子達が去っていた村も、あなたが関わり合いを止めた人達も、明晰/癒やし/修正を瞬間的に体験し出すのです。
あなたは「真理を聞きたいと思っていない人達、真理に対して論争を挑みたがっている人達、質問に次ぐ質問を続けてあなたに難題を出し彼等を助けようとするあなたのジレンマを見て楽しんでいる人達」に絡め取られる訳にはいかないのです。
これに付き合うこともある程度の満足をあなたにもたらすかも知れません。
そしてあなたが使われていること(彼を助けようとしているあなたに葛藤を抱えさせて彼が楽しんでいること)を理解するまである程度時間が掛かるかもしれません。
しかし理性があなたに訪れて、無駄なことを続ける必要はないと理解しあなたは「ノー」と言うのです。
そしてあなたはその周辺(その葛藤)を去り、未だ辺りに漂っているやり取りの残骸を振り払うのです。
あなたがそこを去ったなら、あなたはそれ(今まで行なわれてきたこと)に対して怒らないのです。
あなたはそこを去らなくてはならないのです。何故ならそれが必要なステップなのだから。
これはとてもシンプルに白黒ハッキリしたことなのです。
これが理性であり、ここにはストレスがないのです。
あなたは欺瞞に満ちた不正直な関わり合いに対して「ノー」と言い、今後の関わり合いが正直であることを求めるのです。
これが神聖なことです。

本を読みましょう。

[It can indeed be said the ego made its world on sin.]2
[まさしくエゴはその世界を罪の上に作り上げたと言うことが出来るのです。]

父からの独立状態内では、第一に独立した自己(リアルに成る為に必要とされる能力を有した者)が想像されたのです。
こうして作り上げられたこの自己がエゴと呼ばれており、これがこの世界を罪の上に作っているのです。
エゴは何の上にこの世界を作っているのでしょうか? 罪とは何なのでしょう?
罪とは「独立的に正義(正当)に成ろうとする中毒的な狂気のゴール」なのです。
そしてこの試みに失敗した場合それは死(無存在、完璧な失敗)を意味しているので、このゴールに絶対失敗出来ないように成っている{考えられている}のです。
そのようにして{そのように考えることで}この中毒が最大限に保たれ続けているのです。
エゴはこの上に{独立的な正義に成れなけれが自分は消滅してしまうという考えの上に}世界を作っているのです。
エゴはこの観点から世界がどのようなものか決めているのです。

しかし罪深いことが実際に行われた訳ではないのです。
しかし「おお、彼は彼女と不道徳なことを行なった!{誰かが罪を実行している}」あなたはそう考えて{憤慨して}気を逸らしてしまっているのです。
これは「罪に対する修正」を妨害すること{分離/独立に対する修正から注意を逸らしてしまうこと}なのです。
何故なら「彼が彼女と不道徳に振舞っていること{誰かが罪深く振舞っていることに対してあなたが憤慨している状態}」から「あなた自身が完全にリアルな独立存在に成ろうとするゴールに中毒していること」に気付くことはとても難しいから。

[Only in such a world could everything be upside-down.]
[このような世界の中だけで全てが逆さまになることが可能なのです。]
180度引っくり返ってしまって、罪/病/死が命/真理/愛に取って替わって(置き換えられて)いるのです。
 
[This is the strange illusion which makes the clouds of guilt seem heavy and impenetrable.]
[これが罪悪の雲を重く硬く見せている奇妙な幻想なのです。]

罪悪の雲?  つまり自分で行なっているとあなたたが想像している罪悪です。
あなたが想像/空想している罪悪は、あなたが(独立存在に成ることに)未だ成功していない結果なのです。  
(一生懸命努力しているにも関わらず)自分のゴールに失敗しているから、罪悪が存在しているようにあなたは想像しているのです。
この罪悪は「父よ、わたしは自分のやり方でやりたいです。私はもうあなたの視界/視点には興味がありません。」と言って父を離縁しようとしたあなたの行動から必然的に起こっているもの(あなたの思考から切り離せないもの)なのです。
{独立的に存在しようと試みる}その中毒性故に、あなた達には存在の喜びが体験出来ておらず、全てに覆い掛けられている重く硬い存在の苦しみが体験されているのです。これは陰鬱なものです。

エゴが作っている世界の基盤の頑丈さは
[The solidness this world's foundation seems to have is found in this. For sin has changed creation from an Idea of God to an ideal the ego wants; . .]
[この世界の基盤の見かけの頑丈さはこれ(罪の幻想)の上に築かれているのです。何故なら、罪が創造を「神のアイディア」から「エゴが求めているアイディア(理想)」...に作り変えているのだから。]

エゴがリアルでない宇宙を作れた訳ではないのです。

[For sin has changed creation from an Idea of God to an ideal the ego wants; . .]
[何故なら、罪が創造を「神のアイディア」から「エゴが求めているアイディア(理想)」...に作り変えているのだから。]

これ(罪が創造を作り変えていること)は意識のシフトであって、それが実際に天国/創造を変えた訳ではなく、天国/創造に対する体験を変容させたのです。
だから{癒しが起こっても}宇宙が消え去る訳ではなく、「正当/正義に成ろうとすることへの中毒が起こしている歪み」が創造の真の姿をブロックしており、この中毒が手放された時創造が現れ出るのです。
あなたが自分の独立を手放して父と繋がり、父からの答えを受け入れる意欲を持って訊ね聞くまで、創造のありのままの姿は見えないのです。

[For sin has changed creation from an Idea of God changed creation from an Idea of God to an ideal the ego wants; a world IT rules, made up of bodies, mindless and capable of complete corruption and decay. ]
[何故なら、罪が創造を「神のアイディア」から「エゴが求めているアイディア(理想)、マインドを持たない体達によって作り上げられている世界、エゴが統治している世界、完全に堕落し腐敗することが可能な体の世界」に作り変えているのだから。]

リアリティ/天国を変えることは不可能なので、実際に世界/リアリティが変わった訳ではなく、世界/リアリティに対する知覚が変えられたのです。
罪/病/死(つまり人間的状況)はパーフェクトな創造に対する誤知覚なのです。

[If this is a mistake, it can be undone easily by truth.]
[もしこれ(このエゴの世界)が間違いであるなら、これは真理によって簡単に解除出来るのです。]
これが罪ではなくエラー(間違い)であるなら、これは修正可能なのです。

[If this is a mistake, it can be undone easily by truth.]
[もしこれ(このエゴの世界)が間違いであるなら、これは真理によって簡単に解除出来るのです。]

「私にはそんなこと(間違いの修正)は全く起こってない!」とあなたは言ってしまうでしょうか?
しかしそのような傲岸な意識を持って真理を(ガイダンスを)聞き取ろうとしないようにしなさい。
「このようなことは私には簡単ではありません。」と云うような傲岸で愚鈍な見方を持ち込むのは止めなさい。
そのような考えは感情なのです。それはアイディアなのです。
それは評価であり、そのエネルギーによってあなたは聞くことが出来なくなっているのです。
だからこれ(疑い)は有益では無いのです。
そうではなくあなたは「私はそれを感じられる」と言うべきなのです。

フィーリングと感情には違いがあるのです。
あなたが憤慨して怒っている時、あなたが憂鬱に成っている時、あなたが嫉んでいる時、あなたは感情を体験しているのです。
これらの感情は魂(ソール)とは全く関係ありません。
しかしフィーリングは魂とだけ関係しているのものなのです。
フィーリングは愛/喜び/平和/驚きなのです。 
フィーリングとは「(どのようなことにも邪魔されることなく)良きことを認識していること」なのです。
あなた達が普段フィーリングと呼んでいる「感情」は、あなた達がマインドの中に大切に保っているもので、それはマインドの中に長い間持ち続けることが出来るものなのです。
あなたはそれ(感情)を感じることが出来るので、それ(感情)を表明することがあなた自身を正直に表現することなのだと考えられています。
しかし感情はあなたをリアリティ体験(天国と天国の意味を感じること)から遠ざけてしまう誤解であり誤謬なのです。

[Any mistake can be corrected, if truth be left to judge it. But if the mistake if the mistake is given the STATUS of truth, to what can it be brought?]
[もし真理にその裁き(判断)を任せなたら、どのような間違いでも修正出来るのです。しかし、もし間違いに対して真理のステータス(地位)が与えられている場合、この間違いを何の下に持って行けば良いのでしょうか? ]

「正義に成ろうとするゴール」に対して真理のステータスが与えられていた場合{修正が起こらないのです}。
間違いに対して真理のステータスが与えられていた場合、間違いが「最上権威者」に成っており、だから間違いがあなたを統治してしまうのです。
こうして死の恐怖(リアルな独立存在に成ろうとして失敗することに対する恐怖)から立ち昇ってくる中毒から解放されなくなってしまうのです。
しかし「独立存在に成ろうすることに対する中毒からの解放」が目覚めなのです。
これがアトーンメント(贖罪/和解)なのです。

[The "holiness" of sin is kept in place by just this strange device.]
[罪の「神聖」はこの奇妙な装置(間違いに対して真理のステータスが与えられていること)によって保たれているのです。]

「奇妙な装置」とは何のことでしょう?
「間違いを真理(正義)のステータスまで引き上げてしまうこと」がこの装置なのです。

[As truth it is inviolate, and everything is brought to IT for judgment.]
[真理というステータス(立場)が与えられている(真理として認識されている)罪は不可侵で、全てがその下に持って来られて裁かれるのです。]

一生懸命全てが罪の下に持って来られているのは{あなたが思考から全てを判断しているのは}、これを(全てを罪の下に持って行くことを)執拗に明確に理論正しく行ない続けなければ、あなたが権威を持った独立存在としてリアルに成ることが遅れてしまい、あなたが死んでしまう{と信じられている}からです。

間違いが真理のステータスに引き上げられている限り、
[As truth it is inviolate, and everything is brought to IT for judgment.]
[真理というステータス(立場)が与えられている(真理として認識されている)罪は不可侵で、全てがその下に持って来られて裁かれるのです。]

しかし、
[As a mistake, IT must be brought to truth.]
[しかし間違いとして認識された罪は真理の下に持って行かれます。]

あなたが間違いを真理の下に持って行こうとしていないのは、あなたが間違いに決意/信心を与えているからです。
だからあなたが信じている間違いには「罪」という言葉が当て嵌まるのです。
何故なら、{そうしている時}あなたは眠り続けることに決意を与えているのだから。しかし眠り続けることに成功することは不可能なのです。それは達成不可能なのです。
そしてあなたが間違いの影響下に居る時、あなたはその間違い(独立を達成することが可能だという考え違いとそれに付随した誤解)を認識することが出来ないのです。

[It is [however] impossible to have faith in sin, for sin IS faithlessness.]
[罪に対して信心を持つことは不可能です。何故なら罪こそが不信心なのだから。]

そして不信心とは『「自分は父から独立している」とあなたが主張し、あなた自身に依存しようとすること』なのです。

[Yet it IS possible to have faith that a mistake can be corrected.]
[しかし「間違えが修正出来る」ということに対して信心を持つことは可能なのです。]

だから全人間的状況は、あなた自身の権威の下に何者かに成ろうとする試みは、達成不可能であると私は言っているのです。
だから「これ(神からの独立)を達成出来ると考えているあなた達の中毒的信念」は間違いに過ぎないのです。
これは間違いなので、これはエラーなのです。
そしてエラーは修正可能なのです。
そしてエラーの修正はとてもシンプルです。

[There is no stone in all the ego's embattled citadel more heavily defended than the idea that sin is real; the natural expression of what the Son of God has made himself to be, and what he IS.]
[エゴの戦いの砦の中で「罪がリアルであるというアイディア」以上に強く守られている石はありません。「罪がリアルであるというアイディア」が「神の子が{神に逆らって}自分として作り上げた存在」のナチュラルな表現であり、彼が(神の子が自分としてでっち上げた存在が)そのアイディアなのです。]
そのような主張がされている訳です。

[To the ego, this is NO MISTAKE.]
[エゴにとっては、これは間違いではありません。]

正義(自己正当性)への決意はエゴにとっては正しいことで、これを間違いとして見ることは出来ないのです。
これ(自己主権)はとてもリアルに正当に見えるのです。
しかし正義(自己正当化)のゴールは、正義そのものではなく、「リアルでないものをリアルにしようとすること、実在していない自己をリアルにしようとすること」がその最終ゴールなのです。

[To the ego, this is NO MISTAKE. For this IS its reality; this is the "truth" from which escape will always be impossible.]
[エゴにとってはこれは間違いではありません。何故なら(エゴにとっては)これがリアリティで、これが(そこから決して逃れることは出来ない)真理なのだから。]

だから、{分離した独立存在に成ろうとする}この中毒の影響下に居ない者からの視点が提供されなければ、これ(目覚めること)は不可能なのです。

[This is his past, his present and his future.]
[これが彼の過去であり、現在であり、未来なのです。]
「分離のゴールを達成しようとしている者」にとっては、これが彼の過去であり、現在であり、未来なのです。

[For he has somehow managed to corrupt his Father, and changed His Mind completely.]
[何故なら、彼は何とかして自分の父を堕落させ、父の「マインド」を完全に変えさせたのだから。]

本当に父とそのマインドを堕落させる(劣化させる)ことは勿論出来ません。
しかしそのように出来たと信じられてしまっているのです。
父のマインドが完全に変えられてしまっていると信じられていなかった場合、「自己主張/正義/自己主権に中毒する行為をしようとする人」は誰も居なくなるのです。

[Mourn, then, the death of God, Whom sin has killed! And this would be the ego's wish, which in its madness it thinks it has ACCOMPLISHED.]
[ならば、罪が殺した神の死を嘆きなさい!これがエゴの願いなのです。 この狂気の中でエゴはこれを達成したと考えているのです。]

これは実際には達成されておらず、これは真実ではなく、「人間的状況に結び付けられている苦しみ」からあなたは簡単に解き放たれることが出来るのです。 何故ならそれはエラーなのだから。それは間違いに過ぎないのだから。

[Would you not RATHER that all this be nothing more than a mistake, entirely correctable, and so easily escaped from that its whole correction is like walking through a mist into the sun? For that is all it is.]
[あなたはこれが唯の間違いであった方が良いとは思いませんか?これが完全に修正可能で、簡単にそこから逃れられることが出来、この修正が霧を通り抜けてお日様の前に進み出るぐらい簡単なら良いとあなたは思いませんか?そしてその通りのことが実際に可能なのです。]

信じ難いですか?
失礼ですが、そのようなフィーリングやアイディアを持ち込みながら「ここの真理は何ですか?」と訊ね聞くこと(真理を知ろうとすること)は止めなさい。
「あなたの道に影を投げ掛けて光りを見難くしてしまうもの」を持ち込むのは止めなさい。「影が指し示している者」に成るのは止めなさい。
影(疑い)を手放しなさい。間違いを放棄しなさい。

[Perhaps you would be tempted to agree with the ego that it is far better to be sinful than mistaken.]
[もしかしたらあなたはエゴと合意するよう誘惑されるかもしれません。 「罪深くしている方が、間違っているよりもまだマシだ」とあなたは思っているかもしれません。]

「間違えるぐらいなら「成就/充実/自己権威を約束している中毒的ゴール」を持ち続けるほうがましだ!」(と思ってしまう訳です。)
何故なら、もしあなたが間違っていた場合、あなたは自分の生命を保証している筈のことを止めなくてはならないのだから。
だからもしあなたが間違っていたなら、あなたの生命は保証されないことになり、それはあまりに危険なのです。 それは余りに非リアルだと考えられるのです。
しかし{あなたが独立のゴールを手放そうとする}ここが全体性/健全/神聖への入り口であるということが事実なのです。

[Yet think you carefully before you allow yourself to make this choice. Approach it not lightly, for it IS the choice of hell or Heaven.]
[しかし自分にこの選択をさせる前に注意深く考慮してください。この選択を軽々しく行なわないで下さい。 何故なら、これは天国と地獄の選択なのだから。]

あなた達は罪/病/死を体験していたり罪の被害に遇っているように見えているので、あなた達は既にこの選択を行ったのです{父からの独立/分離を選択したのです}。
だから「聖霊/あなたのガイド/イエス/神」が中毒の外から真理をあなたの意識まで持ってこなければならないのです。 そして中毒的視点を突き破り、「中毒と関わっていないアイディア」を導入して、するとあなたはインスピレーションを受け取り「おお!別の見方をすることが出来る。違う視点からこれを見ることが出来る」と言うのです。
こうしてあなたは{聖霊/神の視点/インスピレーションを}招待するのです。

罪とエラーの主題はとても複雑で重いものに思われるかもしれません。
罪はとても巨大で重くあらゆる所に在ってあなたをコントロールしており、罪があなたを不利にしているので、あなたは罪を無視して残りの人生を何とかやり過ごした方が良いように考えています。
しかしこれを考慮してみることが必要で、これは興味深く、罪とエラーの違いを理解することは簡単なのです。
わたし達は「あなたが罪をどのように使っているか、あなたがどのように目覚めをボイコットしているか」話して来たので、これがより解り易くなって来ています。

あなた達はすぐに後戻りしてしまい、あなたの最上の思考/判断/限定/共同合意に依存することに戻ってしまいます。
しかしそれらの「共同合意されている定義/限定された見方/常識」を尊ぶ必要は無いのです。
あなたは自由にそれらを手放し「罪の幻想を解除し修正する視点」を選ぶことが出来るのです。 それは(罪だと思われていたものは)間違いなので修正可能なのです。



Chapter 19 – Section: SIN VERSUS ERROR
2 Sparkly Book – p.454, 3rd Full Par. / JCIM – p.190, 3rd Full Par. / CIMS – p.382, Par. 22
Chapter 19 – Section: HEALING AND FAITH
First Edition – p. 375, Last Par. / Second Edition – p.403, Par. 6

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。