スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいブログ

http://whatisthewillofgod.blogspot.com/

新しいブログを立ち上げました。
サラさんとのコラボレーションや、翻訳文以外の私の文章は主にこちらに掲載します。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

『イエス・キリスト』とは単にmysteryなのか?

ジーザス&ヒロ
真新しいブログをありがとう。

これをお二人が言い出してくれたのは
実に、わたしサラの誕生日のできごとでした。

あなたのこの思いがけない粋な計らいに、驚きと
やはり イエスとはそういう存在なのだという

納得と確信と信頼……

あなたこそ
そんなlovable(“愛らしい”※訳はヒロ)な方であられるのです。

さて。
今朝 わたしサラが やっと見つけた“こたえ”があります。


わたしサラに「これでもあなたは抵抗(?)するか?」と

あなたが見せ続けていた
(なかでも最近は最強頻度です)

あの十字架,crossは

単にあなたの“ハロー、サラ!”で片付けてしまえるものではなかったのです。


あなたは文字通り「十字架のリアルを私に話させなさい」

そういい続けていたのです。
(違っていてもかまいませんよ♪)

少し前に わたしは、こうも あなたジーザスに求めました。

「聖書の記述や、学者が言っているあなたではなく

あなたジーザス本人が
本当には どう言い
どのように成したのか

今こそ
話してほしいのです」と。


そして
わたしサラは邪道と批判されるだろうけど

“イエスは十字架で痛かったのか?”
これが聞きたいのでした。
痛かった!?
拙い表現ですが わたしにはこれがいたって(失礼。洒落ではありません)
ピッタリの率直なたずね方です。


そして今今今今(ジーザス、あなたの頻出用語ですね)今、その事にイエスが答えてくださっているのが―。
そう、まもなく
この真新しいブログで読めるかもしれません。

しかし また
彼は そうではないかもしれません。

わたしサラには先のことはわかりません。

ただ
とにかく わたしサラが一番知りたい“何か”を
(何かかは、今、わたしにはわからなくても)イエスが教えてくれることは知っています。

『沈黙』から始まったイエスとわたしたち全員,全体との流れが
実は、いかに壮大な神の動きを見せていただくことになるのか………。
わたしはそれを予感せずにはおられません。


また
もうひとつ付け加えて 申したいのは。
わたしの誕生日に彼がゴーサインを見せてくれたのその事です。
これは「人間の誕生」も 暗に示唆してくれていると思うのです。
もっと言えば
「女性の出産」に関してです。


これらのふたつのことを、わたしは今朝
イエスとヒロに教えてほしいとお願いしています。


みなさんも
2012年のこのときに始まった、真新しいブログ『神の意志』を楽しんでくださいね。


それから
おほん。ごますりに わざわざ あえて、ここに書かせてください。

“ヒロ
かえすがえす ご苦労さまです!
ありがとうございます。

わたしたちは
あなたという神のギフトに感謝するばかりです。”

†SARAHより

岡上さんこんにちは 

[恐れ]を読んで思ったことを書かせていただきます。
私が聖霊に聞くとき(巨大な何か/巨大な力を持っているもの)に聞いていると感じることがあります。そしてそれが(自分とは別の何か)だと思った時に{恐れ}を感じました。

今でもそう感じることがありますが、その{恐れ}といっしょにいる(なる)時{安心/癒し}が来ます。

確かな答えが来なくてもそれは来ます。(これが確かな答えなのかもしれませんが)。{恐れ}とは{分離}であると分かりました。


三浦さん

コメントありがとうございます。

そうですね、一人で居るだけなのに、何かに対して戦っているような気分に成る時が私もあります。
世界/他者に対して戦ったり抵抗しないといけない様な気持ちになったりもします。

もちろん、間違ったこと(酷いこと)が見えていたなら、怖れずにそれと対峙して、その真実を神から訊ね聞き、聞き取れた真実を言い表すべきなのだと思います。


プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。