スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACIM12-09-23

2012-09-23


聖なる瞬間/二つのステップに関して「難しいこと、困難なことをしなさい」と私が言っているように聞えたかもしれませんが、違います
あなたが父か聖霊(ガイド)に注意/意識を与えて訊ねたなら、瞬時に必ず反応が得られるのです。
自分一人だけでこの行為(聖なる瞬間)をしようとしていると考えないで下さい。
不可能なことを自分が試みているのだとは決して思わないで下さい。
そのような考えは真実ではないのだから。
聖霊とガイドと父は常にあなたに注意を注いでいるのだから。聖霊/ガイド/父は常にその注意の中にあなたを抱いているのだから。

全ての人々は天国の中に居て、しかし天国を見ていないのです。 
何故なら人々はその目(知覚)を閉じていて、「パーフェクション(完璧な状態)が自分達には見えない」と嘆いているのだから。
これはあなた達が芝生の上に寝ているような状態(どのような夢を見ているにしろ実際には安楽な状態)なのです。

そして「わたし達」はそれを(芝生に寝ているあなた達を)見ているのです。
わたし達は兆しを待ち続けているのです。
あなた達が自分の意識/注意を夢の縁まで持って来ることを。
そしてあなた達が少しでも夢に夢中になることを止めて、わたし達に注意を与え始めた途端、より一層の目覚めの為にわたし達が応答する(あなた達に答える)のです。
あなたは常に「自分が注目を受けているフィーリング」を持っているべきなのです。
「(あなたの意識が変容することをサポートしようとしている)永遠の愛」の中で抱擁されている気持ちを持っているべきなのです。

あなたは愛されているのです。
そしてあなたが自分のジレンマ(葛藤)に夢中に成り続けることを手放し、物事に対する現在の自分の知覚/認識を手放した途端に{父/聖霊/ガイドから}あなたへの対応/返答が得られるのです。
だからあなたが「聖なる瞬間/二つのステップ」を実践しているその時、あなたのガイド/聖霊/父もあなたに答えようとして「(聖なるコミュニケーションをブロックしている)幻想とリアリティの狭間」の反対側からあなたに手を伸ばしているのです。 
(これが知識的な理解でしかなかったとしても、それでもこれを知っていることは有益なのです。)

{聖なる瞬間への}あなたの試みは決して単独の行為ではないのです。
このことを知り、これを事実として抱擁してください。 
そしてあなたが{父/ガイド/聖霊に対して}意識を差し伸ばした時、(あなたに捧げられている、あなたの目覚めに捧げられている)永遠の愛を持った「誰か」があなたに意識を差し伸ばしていること(あなたに注意を注いでいること)が解るように成ってください。
あなたがこれを知っていることが重要なのです。
私が上記を述べているのは、これから読むテキストをより解り易くする為です。

[In the holy instant, you will see the smile of Heaven shining on BOTH of you . . . ]

[聖なる瞬間の中であなたは天国のスマイルがあなた達両者の上に輝いていることを見るのです。]

「あなた達両者の上に」とは『「あなた」とそして「あなたと関係を持っている人」の上に』という意味です。
それはあなたが彼/彼女の為に{兄弟姉妹へのあなたの愛故に}「あなたの彼/彼女に対する定義」を手放そうとしている「関係」です。
と同時にその時あなたは「彼自身に対する彼の定義」も手放しているのです。
(あなたの卑小なマインドではなく)源から「あなた自身とあなたの同胞に対する情報」を得ようとする意図を持って「(これが自分だとあなたが考えている)空想上のあなた自身」を超えて伸び出すのです{あなたの意識をその外まで伸ばし出すのです}。
あなたがこれ(二つのステップ)を行なっていてインスピレーションの流入を体験している時、兄弟姉妹に対する真理をあなたが体験している時(兄弟姉妹に対する真理をあなたが見ている時)、あなたは天国のスマイルを感じるのです。
これ以外には表現しようがありません。

私と一番最初に会話を行なう少し前にポールは光(光明)を体験しています。
その時彼は裕福な友達の豪奢な家に居ました。
そのリビングルームには美しい植毛紙(ファンシーで高価な壁紙)が貼ってありました。
そして全ての調度品も同じ位美しいものでした。
すると突然「それまで彼が受け入れてきた定義群」が溶け去ったのです。
その部屋の中が変化したのではなく、部屋に対する彼の知覚が変化したのです。

壁と壁紙そして部屋の中のその他全てが生きていることに彼は突然気づきました。
それは言わば定位置の流動状態に在ったのです。
それは生きていて、アクティブに壁紙だったり家具だったり(ポールと壁や家具の間の)空間だったりして、それは全て生きており、その実体(Substance/構成要素)は愛だったのです。
壁紙や植毛やデザインや、それら全ての実体は愛だったのです。
そして全てが彼を愛していたのです。
彼は(物体としてではなく)スピリットとして実体(substance)を体験していたので。

私がこの話をしている理由は、
『「父よ、(あるいは聖霊よ、)ここの真実は何ですか?」と言った時自分は(真実の体験ではなく)知的な説明を得るだろう』とあなたが考えてしまっているからです{そうではないと示す為に私は上記の話を説明しているのです}。
「ここの真実は何ですか?」と訊ね聞いている時、それに対する答えが説明として現れるのではなく、「意味」の体験として現れることが期待出来るように{私は上記の話を述べていたのです}。

上記の体験をする前にポールが「父よ、この壁紙の真理は何ですか?」と言っていたなら、ポールは「壁紙のデザインや素材や製造過程に関する答え」を期待してしまったかもしれません。

しかし「この壁紙に対する真実は何ですか?」に対する答えは「それはあなたを愛している生きた愛です」なのです。
この体験をしている時、ポールは自分を愛していて、そして壁紙をそして全てのものを愛していたのです。
だからこれは言わば、相互に愛を与え合い受け取り合うこと(愛の共有)だったのです。

だから{あなたが神に真理を訊ね聞いている時}、物体に対する真理の説明を探そうとするのは止めなさい。
「私のパートナーに関する真理は何ですか? この子の真理は何ですか? しおれかけているこの植物の真理は何ですか?」とあなたが訊ねている時、その説明が受け取れるのだろうと考えるのは止めなさい。
{あなたが受け取る}真理は「意味/意図」なのです。

{質問を訊ねている}その時もしあなたが説明を求めてしまったなら、あなたは真理の答えを見過ごしてしまうかもしれません。
「真理がどのような形で現れるか自分は既に知っている」と考えてしまうのは止めなさい。
しかしそこには(あなたが受け取る答えには)常に意味(意図)を体験することが含まれているのです。

『壁紙やその部屋の全てのものの「意味」が愛であるだけでなく、それらは全てポールを愛している「愛」であって、全てがポールを意識していたことを、全ては「固まった物質的物体」ではなく生きている愛のアクティブな交換(コミュニケーション)であること』をポールはそれまで知っていませんでした。
どのように彼が考えたなら、これ(愛)が体験出来たというのでしょうか?
「ここの真理は何ですか?」と人が尋ねた時、このような答えが得られると誰が考えられたでしょう?
解りますか? {つまり説明を期待していたなら、このような体験(意味の体験)は得られない可能性が高いのです。}

父は自身を無限の意味(意図)として表現します。
そしてあなたは、何かに対する意味(定義)を理解するのではなく、「意味/意図」の直接体験を求めるべきなのです。 
必要ならその体験の説明を後で言葉にすることも可能でしょう。{しかし説明は体験そのものではありません。}

あなたは「意味/意図」を体験したので、あなたは真理を体験したのです。
そして真理の体験をすることにより、壁紙とあなたの両方があなた自身を理解していることをあなたは理解するのです。
あなたと壁紙は「愛の動き」で、それらが互いに愛を受け取り与えている(愛を表明し、愛を認識している)のです(体験の中でこれが理解されるのです)。
これが本当の全体/健全であって、これは天国のスマイルとも呼べるものなのです。
下記を読み進むにあたって、上記を考慮してください。

[In the holy instant, you will see the smile the smile of Heaven shining on BOTH of you. And you will shine upon each other, in glad acknowledgment of the grace that has been given you.]

[聖なる瞬間の中であなたは天国のスマイルがあなた達両者の上に輝いていることを見るのです。そしてあなたはあなた達に与えられた恩寵を嬉しく認めて、お互いに対して輝き笑うのです。]

天国のスマイルを体験することによって、あなたは天国の意味を感じるのです。
聖なる瞬間を通してあなたが手を伸ばしている時(人間的状況を超えて意識を神に届けている時)、あなたはあなた自身だけで手を伸ばしているのではありません。
あなたが手を伸ばしている時、(あなたの繋がりを完成させる為に)聖霊/ガイドがあなたに向かってその手を伸ばしているのです。
これはお互いが相互に(あなたと聖霊が同時に)働きかけることなのです。

[For sin will not prevail against a union Heaven has smiled upon.]

[何故なら、罪は「天国が微笑みかけた連合(繋がり)」には打ち勝てないのだから。]

天国の微笑みを体験している時、全ての実体が愛に成っている体験をしている時、「あなたが神の直接表現に成っている体験内」に罪が入り込む余地はありません。
何故なら「あなただけで物事のリアリティを想像し、それ(あなたが想像したリアリティ)を作り上げ、それを真理にさせようとする願望」は{あなたが天国の反応を体験している}そこにはもう存在していないのだから。
天国のスマイルの体験内では、全ての実体が体験に成っている体験内では、全てが神の直接表現に成っている体験内では、そこには罪が生まれる余裕は全く無いのです。
「あなた自身だけで物事が何か(何がリアルか)想像しようとして、それを作り上げそれを真実にしようとする願望」はそこには存在していないのです。

罪は天国には打ち勝てないのです。
あなたが意味を体験している時、架空の自分を{作り上げて}成り立たせ続けようとする必要は終っているのです。
その時あなたが{体験そのものではなく}解説/説明を捜し求めてしまったなら、あなたは意味(意味深い体験)を取り逃がしてしまうから、だから私はこの説明をしているのです。
もしあなたが「意味」を取り逃がさなかったなら、その時あなたは説明を必要としてはおらず、その体験を他者に説明する為の説明は後日必要になるだけなのです{体験中は説明は不必要なのです}。

{リアリティを体験する上で}説明が重要でないことが理解出来たでしょうか?
あなたは新しい説明を必要とする体験を求めているのです、あるいは、あなたは全く説明を必要としていない体験を求めているのです。
何故なら、{あなたが聖なる関係を体験している時}「あなたという存在そのもの」が「あなたと関係している人」に対して「意味」をコミュニケート(伝達)しているのだから。

[For] sin will not prevail against a union Heaven has smiled upon. Your perception was healed in the holy instant Heaven gave you.]

[何故なら罪は天国が微笑みかけた連合(繋がり)には打ち勝てないのだから。あなた達の知覚は天国があなたに与えた聖なる瞬間の中で癒やされたのです。]

天がポールに与えた聖なる瞬間の中で「ポールの壁紙に対する知覚」が癒やされたのです。
そしてポールがこの体験をしている間、これ以外の理解も起こっていました。
その理解とは「もしこの美しい家の壁に油紙が貼ってあったとしても、依然としてこの家は美しかっただろう」ということです。
その実体は彼を愛している愛なので、{例えこの家が油紙で覆われていたとしても}同じインパクトを持っていたでしょう(ポールは同等の体験をしたでしょう)。
聖なる愛が彼を愛しており、彼以外の全てのものも彼を愛していたのです。

だからどのようなマテリアル(材料)でも、どのようなデザインでも良かったのです。
何故なら、全ての実体(構成物)は聖なる愛なのだから。
だから{この体験を通してポールの}美の定義が変化したのです。
愛の目を通して壁紙を眺めている時、そしてその壁紙の実体が愛であると認識されている時、簡素な壁紙もまた非常に美しいのです。

だから{ファンシーな}植毛紙の方が油紙よりも好ましい訳ではないのです。
どちらもあらゆる目的で使用可能だし、どちらを使ったとしても神のギフトの豊かさは存在しているのです。 何故ならその時あなたはもはや定義を見てはいないのだから。
{聖なる瞬間の中に居る}その時あなたは愛が表現されている衝動の(神の現れの)意味を見ているのです。

あなたがこの体験をしている時、

[Forget what you have seen, and raise your eyes in faith to what you NOW can see.]

[あなた達が今までに見て来たことは忘れなさい。そして信心の中で瞼を上げて今あなた達に見えるものを見なさい。]

この体験が起こっている瞬間には、この体験をすること以外にはあなたは他のどのような興味も(体験を説明したりする興味も)持たないのです。
しかし時間が経つに従い(例えば体験の24時間後には)昔の反応/考えを通してこのヴィジョンを振り返る必要があるように感じられてしまい、それ故に、このヴィジョンは色褪せてしまうかもしれません。

しかし、

[Forget what you have seen, and raise your eyes in faith to what you NOW can see. The barriers to Heaven will disappear before your holy sight, for you who were sightless have been given vision, and you can see.]

[あなた達が今までに見て来たことは忘れなさい。 そして信心の中で瞼を上げて今あなた達に見えるものを見なさい。あなたの聖なる視界の前で、天国へのバリアーは消え去ります。何故なら目が見えていなかったあなたにヴィジョン(視界)が与えられ、あなたは見えるようになったのだから。]

[何故なら目が見えていなかったあなたに、]
ただ壁紙でしかないものを見ていたあなたに、
[ヴィジョン(視界)が与えられ、あなたは見えるようになったのだから。]

これが重要なのです。 何故なら、これが聖なる瞬間そのものであり、その結果そのものなのだから。


[Look not for what has been removed, but for the glory that has been restored for you to see.]

[取り除かれたものを見つけようとするのではなく、あなたに見えるように修復された栄光を見つけなさい。]

あなたのヴィジョンが修復されることにより、今までそこに存在し続けて来た(しかし今まであなたには見えていなかった)栄光が修復されあなたに見えるようになるのです。
あなたが自分で作った定義群を取り下げたので、あなたのヴィジョンが修復されたのです。 
そしてあなたが定義群を取り下げられるようになったのは、「自分が作った定義群によって自分をリアルにしようとするゴール」をあなたが放棄したからです。
これはシンプルで美しいことです。

あなたを抱擁している「終わりの無い(常に存在し続けている)愛」を感じる方法は、リラックスすることです。静かに成ることです。
あなたのとても強い意識的独立的意志を放棄して、あなたの「存在」の平和の中に留まり、神の動きに譲り、あなたが動きを操作するのではなく、あなたが動かされるように成るべきなのです。
そしてこの動きは、地位や名誉や富やその他をあなた自身の手で獲得する為の関わり合いではないのです。

[Look upon your Redeemer, . .]

[あなたの救い主(救世主)を見つめて、

真理があなたの救い主です。
そこに暴き示される真理を見なさい。
そしてあなたの救い主である聖霊を見なさい。
あなたの正気であり、あなたの正しいマインドにしか過ぎない聖霊を見なさい。

[Look upon your Redeemer, and behold what He would show you in each other, . . ]

[あなたの救い主(救世主)を見つめて、彼があなた達の中に見せるものを発見しなさい。]

あなたのパートナーを見なさい。壁紙を見なさい。家具を見なさい。 そこで起こっている聖なる瞬間の中に見えるものを見ようとしなさい。
聖なる瞬間とは、あなたの注意の中で聖霊とあなたが行なう行動なのです。
それが「あなたが予測していなかったもの」をあなたにギフトとして与えるのです。
だからあなたがこのギフトを作り上げる必要はないのです。
「このギフトが何か?」あなたが計算して導き出す必要は無いのです。

それは何故でしょう?
何故なら、あなたを愛して正気に戻そうとする意図は、常に存在しており、あなたと共に働いており、あなたのマインドを新生させ変容させる目的を持ってあなたを愛しているのだから。
これはあなたがあなた一人だけでしようとしていることではありません。これはあなた一人で試みるべきことではありませ。
勿論あなたはこれに参加するべきなのです。
しかしあなたがこれを自分だけでしようとする必要は全く無いのです。

[Look upon your Redeemer, and behold what He would show you in each other, and let not sin arise again to blind your eyes.]

[あなたの救い主(救世主)を見つめて、彼があなた達の中に見せるものを発見しなさい。そして罪を再度立ち昇らせず、それ(罪)があなた達の目を眩ませないようにしなさい。]

「罪を再度立ち上がらせるのは止めなさい」とはどういう意味でしょうか?
あなた自身を独立的存在(真理ではなく想像力を使って結論を導いている孤児)として見ようとする意志を再度{あなたの意識の中に}立ち上がらせることは止めなさい、という意味です。

[. . . let that not blind your eyes [again]. For sin would keep you separate, but your Redeemer would have you look upon each other as yourself.]

[それがあなた達の目を眩ませないようにしなさい。何故なら罪があなた達を隔てており、あなたの救い主はあなた達がお互いのことを自分自身として見るようにさせようとしているのだから。]

罪(独立の試み)があなた達を分離させているのです。
植毛紙でさえも愛の体験を提供出来るなら、あなたのパートナーを見つめながら彼/彼女に対する神の意図を受け取ったならどのような体験が出来るでしょうか?
あなたが「意味(神の意図)」を感じて{その結果として}あなたの行動が変わり、あなたの存在(在り方)がそのような愛(そのような無垢、パートナーのマインド内から全てのバリアーを取り除く「あなたの自己防御の不在」)を伝えた時、あなたのパートナーは何を感じるでしょうか?
あなたの新しいヴィジョンの中で彼/彼女があなたと関わっている時、あなたの自己防御の不在が、彼/彼女のマインド内から全ての防御を取り除かせるのです。

[Your relationship is now a temple of healing; a place where all the weary ones can come and find rest. Here is the rest that waits for all, after the journey. And it is brought nearer to all by your relationship.]

[今あなた達の関係は癒やしの寺院であって。全ての疲れた人々がそこに来て安息を得るのです。ここが(旅の後で)全ての人々のために用意されている安息所なのです。そしてあなた達の関係によって、これ(安息所)が全ての人達のより近くに持って来られたのです。]

あなた達の新しい関係によって、安息が全ての人のもとに持ってこられたのです。
あなたの新しい関係の中で、パートナーや植毛紙や油紙やその他全てが愛の聖なる現われであって、その同じ愛がパートナーや植毛紙や油紙やその他全てと共有されていることがあなたの中で示されるのです。

[As this peace extends from deep inside yourselves to embrace all the Sonship and give it rest, it will encounter many obstacles. ]

[あなた達自身の奥深くからこの平和が広がって、神の子(の共同体)の全てを抱擁しそれに休息を与えている時、多くの障害が現れます。]

だから{この時点では}まだワークは終っていないのです。
しかしこれを聞いて落胆してしまわないで下さい。
体験を探求してみる必要があるんです。
「これは難しい過ぎるワークで、自分にとってナチュラルなことではない。」{とあなたは考えてしまうかもしれません。}
しかしこれはあなたにとって宇宙の中で一番ナチュラルなことなのです。神のマインド内であなたにとって一番ナチュラルなことなのです。

[As this peace extends from deep inside yourselves to embrace all the Sonship and give it rest, it will encounter many obstacles. Some of them you will try to impose.]

[あなた達自身の奥深くからこの平和が広がって、神の子(の共同体)の全てを抱擁しそれに休息を与えている時、多くの障害が現れます。その中の幾つかはあなたが(自分達に)与えようとするものです。]

時には簡単に昔の習癖の定義群や古い反応に戻って行ってしまうことでしょう。しかし{一回でも意味が体験出来たなら}壁紙の(家具の床の)リアルな意味を忘れることはもう不可能です。

[Others will seem to arise from elsewhere; from your brothers, and from various aspects of the world outside. Yet peace will gently cover them, extending past completely unhindered.]

[他の障害は、あなたの兄弟や「外」の世界の様々な要素や、その他の所から現れて見えます。しかし平和がそれらを優しく包んで、全く問題なくそれらを超えて広がります。]

(壁紙に関する)新しいヴィジョンが、あなたと「壁紙以外のあらゆるもの」との関係{聖なる関係}を可能にするのです。
あなたが予測/期待していた障害をも越えて、ヴィジョンは全て(壁紙)を越えて差し伸ばされて行くのです。
この体験は、確実に安堵/安心をもたらし、「何が真理か」訊ね続けるインスピレーションをあなたに与えます。 そこに真理が在り、その聖なる意味/意図の体験が開かれているのです。

[The extension of the Holy Spirit's purpose from your relationship to others, to bring them gently in, will quietly extend to every aspect of your lives, surrounding both of you with glowing happiness and the calm awareness of complete protection.]

[聖霊の目的を「あなた」の関係から他の関係へと拡張すること(それらを優しく引き寄せること)はすでに始まっています。これが方法とゴールを一致させる彼(聖霊)の方法なのです。あなた達両者の奥深くに彼(聖霊)が置いた平和が、あなた達の生活の全ての部分に静かに広がり、あなた達両者を「輝ける幸福」と「完全な安全への落ち着いた認識」で包みます。]

これ(輝ける幸福/安全への落ち着いた認識)がギフトの一部なのです。これが天国の微笑みの一部なのです。
これは避けようがないのです。これはそこにシンプルに在るのです。
これは与えられており、これが聖なる瞬間の果実(結果)なのです。

[And you will carry its message of love and safety and freedom to everyone who draws nigh unto your temple, where healing waits for him.]

[そしてあなた達は愛と自由のこのメッセージを「あなた達の寺院に夜を引き入れてくる全ての人」に伝えます。 彼等はそこ(あなた達の寺院)で癒やされるのです。]

あなたの寺院とは、愛に対するあなたの生きた認識、分離していない認識です。
その愛を認め、あなたの関与を通して愛を返すのです。
するとあなたは(あなた達は自分達のことを分離した切り離されて独立している者と考えていますが)あなたの存在が常にこれ(愛を反映し合うこと)をし続けて居たことを発見するのです。
あなたの真理は決して止められては居なかったのですが、あなたはそれを取り逃がして(見逃して)いるのです。
そして天国の確証としての全ての真理は決して止まっては(変っては)いないのです。
そして創造の全てを抱擁している無限の(揺るがぬ)愛は決して止まっていないのです。たとえあなたがそれを見逃していたとしても。

[You will not wait to give him this, . .]

[...あなたが待つ必要はありません。(あなたは彼にこれを与えたくて待ち切れません。)]

{あなたは}この癒やしを彼に与えたいのです。
あなたの新しい目的故に(あなたは新しい興味を持つので)、「彼(兄弟姉妹)の中に意味を認識すること」をあなたは待とう(遠ざけよう)とはしなくなるのです。
{彼の中に意味/真理を見ることを遠ざけ続けるよりも}真理を学ぶ事の方にあなたの興味が移るのです。
あなたは今までは『自分の権限の下に自分だけで(ビッグバンや進化と呼ばれている)物理的現象以外の源は全く持っていない「何者か」に成ろうと試みる観点』から全てを体験して来たのですが、{そうではなく}あなたは全ての意味を体験したいと思うようになるのです。

だから、

[You will not wait to give him this, for you will call to him and he will answer you, recognizing in your call the Call of God.]

[彼にこれ{癒やし}を与える為にあなたが待つ必要はありません。何故なら、あなたは彼に呼び掛け、あなたの呼び掛けの中に神の呼び掛けを認めた彼がそれに答えるのだから。]

さてこれは必ずしも「神に関する話をあなたがすること」に成るとは限りません。
これは、あなたが宗教を他者に教えるように成ったり、アイディア/定義/言葉を教える司祭に成ったりすることは意味していません。
そうではなく、あなたの存在が(あなたの在り方が)愛の否定しようのないコミュニケーションに成り、(他の人達が不毛な独立の試みへの中毒に固執し続けない限り)他の人達もそれを認識し、それを魅力的に(好ましく)感じるのです。
そしてたとえ人々が独立への中毒に拘り続けたとしても、「彼等は唯の油紙ではない、彼等は彼等自身が考えているような存在ではない」とあなたには認識出来るように成るのです。
油紙が神の生きている愛であるように、彼等もまた愛であり、彼等は(彼等を構成しているように見える物理的物質のお陰で美しいのではなく)愛の性質故に美しいのです。

[And you will draw him in and give him rest, as it was given you.]

[そしてあなたは彼を招き入れ彼に休息を与えます。丁度それが「あなた」に与えられたように。 あなたはこの全てをするのです。 ]

私があなたを引き付けたように、あなたも彼を引き付け、私があなたに安息/安心を与えたように、あなたも彼に安息を与えるのです。
そしてあなたがその安息をそのまま受け入れたり受け入れなかったりしている様に、彼もあなたが与えた安息をそのまま受け入れたり受け入れなかったりするのです。
しかしそれでもあなたは落胆しないでしょう。何故なら彼が唯の油紙ではないことをあなたは知っているのだから。彼女が唯の植毛紙ではないことをあなたは知っているのだから。
それら{あなたの兄弟姉妹や壁紙}は共に神の現れ(神の臨在)であり、神聖なる意味に溢れており、天の微笑みに溢れているのです。

今私があなたに対してこのように話しかけているように、

[All this will you do. Yet the peace which already lies deeply within must first expand, and flow across the obstacles you placed before it.]

[あなたはこの全てをするのです。しかしまず、すでに奥深くにある平和が広がり(「あなた」が平和の前に置いた)障害物を越えてそれ(平和)が流れる必要があります。 ]

「価値があるとあなたが考えて来たもの」を手放すことにより反感を取り外すことが、「これが真実だとあなたが考えていたこと」は真実ではなかったと知って怒りを引き抜くことが、変容を許可することなのです。
そしてあなたは自分が騙されたと言うでしょう。
あなたが{独立の試みを}ギブアップして、(あなたが抱擁されている)愛の塗油をあなたが感じて、「あなたが{兄弟姉妹に}与え返している愛」があなたであること(何故なら、全てのリアルな意味の光りの中ではそれ以外に分ち合うべきものは何も無いのだから)が照らし出されるまで、これは{自分がこのようなことをしなくてはいけないのは}フェアーなことでは無いとあなたは言うでしょう。

[This will you do, for nothing undertaken with the Holy Spirit remains unfinished.]

[あなたがこれをするのです。 聖霊と共に行なわれたことで未完成のままになるものは何も無いのだから。]

これが聖なる瞬間の体験なのです。
あなたの注意が揺るいでしまうので、天国の微笑みも揺らぐかもしれません。
しかし聖霊のギフトがあなたを永遠に変えるのです。そして「それまであなたが確立していた無知のレベル」にあなたが戻ることは許さないのです。
そしてあなたのもとに引き寄せられた真理が、あなたが体験した創造が、{あなたが進んで行く}道の幅を大きく広げるので、あなたがこれに(この目覚めのプロセスに)抵抗することは不可能に成るのです。
何故なら、あなたはこれ全体を体験したくなるのだから。

[You can indeed be sure of nothing you see outside you, but of this you CAN be sure: The Holy Spirit asks that you offer Him a resting-place where you will rest in Him.]

[『あなたの「外」にあなたが見ていること』の中には信じられるものは何も無いのですが、しかしあなたは次の文章を信じることが出来るのです。「聖霊は、あなたが彼(聖霊)に安息所(そこであなたは聖霊の中に入って休むのです)を与えることを求めています。」]

これはつまり、壁紙が愛になることを許可することにより、あなたは「あなたという愛」に成ることが出来る、ということなのです。

[He answered you, and entered your relationship.]

[彼(聖霊)があなたに答え、あなた達の関係の中に入って来ました。]

兄弟姉妹の真理を知りたいと求めてあなたが「二つのステップ(父に訊ね聞くこと)」を行なっている時、「あなた達の卑小な想像力に基づいて作り上げられた定義群」を導入すること無く、あなたは聖霊と一緒に居るべきなのです。

[Would you not now return His graciousness, and enter into a relationship with Him?]

[あなたは彼(聖霊)の気持ちに答えて、関係の中に彼(聖霊)と一緒に入りませんか?]

「あなたの正しいマインドにしか過ぎない聖霊、あなた自身の正気としてまだあなたが認識していないマインド」と一緒に関係の中に入りませんか?

[Would you not now return His graciousness, and enter into a relationship with Him?]

[あなたは彼(聖霊)の気持ちに答えて、関係の中に彼(聖霊)と一緒に入りませんか?]

「オオ、聖霊。 父と子と聖霊、そして私。」{と唯言うだけでは} それは聖霊と関係を持つことではありません。
聖霊と共に関係の中に入るとは、聖霊があなたを満たして「自己意志の全てをあなたの中から追い払うことなのです。
聖霊が「神の行為から立ち昇って来ていない全ての意志」や「神が自分自身に成っている動きから発生していない全ての意志」などを全てあなたの中から追い払うことが、聖霊と共に関係の中に入るということ(聖なる関係を持つということ)なのです。

[Would you not now return His graciousness, and enter into a relationship with Him? For it is He Who offered your relationship the gift of holiness, . .]

[あなたは彼(聖霊)の気持ちに答えて、関係の中に彼(聖霊)と一緒に入りませんか? 何故なら、彼(聖霊)があなたの関係に神聖のギフトを与えたのだから。]

何故なら、「あなたがパートナー/兄弟姉妹と築いている関係」に対して聖霊が聖なるギフトを与えたのだから。

[For it is He Who offered your relationship the gift of holiness, without which it would have been forever impossible to appreciate each other.]

[何故なら、彼(聖霊)があなたの関係に神聖のギフトを与えたのだから。そしてこのギフトが無かったなら{あなた達が}お互いに近づくことは永遠に不可能だったのだから。]

壁紙に関するこの体験が無かったなら、油紙が植毛紙と同じ位美しい体験を提供出来るものだとはポールには解らなかったことでしょう。
何故なら(その意味がどのような形を取ったにしろ)ポールが見ていた壁の上には意味が貼り付けられていたのだから。{だからそこに貼られているものがファンシーな植毛紙でも油紙でも、どちらでも美しい体験/意味深い体験が在り得たのです。}

[The gratitude you owe to Him He asks but that YOU receive for Him.]

[「あなたが彼(聖霊)に負っている感謝の念」をあなたが彼(聖霊)の為に受け取ることを彼(聖霊)は求めているのです。]

つまり「あなたと聖霊の一体性/ワンネスの意味」の体験と把握を妨げるバリアーを手放しなさい、差異の定義を放棄しなさい、ということです。

[And when you look with gentle graciousness upon each other, you ARE beholding Him. For you are looking where He IS, and not apart from Him.]

[そしてあなた達が優しさと共にお互いを眺めた時、あなた達は彼(聖霊)を見ているのです。何故なら、(その時)あなた達は彼(聖霊)が居る所を見ており、あなた達と離れたところに彼(聖霊)を見てはいないのだから。]

そしてあなた達は聖霊と共にお互いを見ているのです。
これはあなた達が目の前に(あたかも聖霊がメガネであるかのように)聖霊をかけて、全てを聖霊を通して見ているような感じなのです。

[For you are looking where He IS, and not apart from Him. You cannot see the Holy Spirit, but you CAN see your brothers truly . . ]

[何故なら、(その時)あなた達は彼(聖霊)が居る所を見ており、あなた達と離れたところに彼(聖霊)を見てはいないのだから。あなたは聖霊を見ることは出来ません。しかしあなたはあなたの兄弟を正しく見ることが出来ます。]

「あなた達が無知の中でお互いに対して作り上げたプライベートな定義群」を通してではなく、あなたはあなたの兄弟を正しく見ることが出来るのです。

[You cannot see the Holy Spirit, but you CAN see your brothers truly. And the light in them will show you all that you need to see.]

[あなたは聖霊を見ることは出来ません。しかしあなたはあなたの兄弟を正しく見ることが出来ます。そして彼等(あなたの兄弟)の中の光が「見る必要のある全てのもの」をあなたに示すのです。]

植毛紙が、あるいは油紙の中の愛が、あなたが見るべき全てをあなたに示します。
あなた達のお互いの中の意味が、壁紙の中の意味が、見るべき全てをあなたに示します。

[When the peace in you has been extended to encompass everyone, the Holy Spirit's function here will be accomplished. ]

[あなた達の中の平和が全ての人達を包むように広がったなら、聖霊の役割が達成されたのです。]
あなたが意味の体験の中に居続ける度に、これがより容易に成るのです。


達成されるべき聖霊の役割とは何でしょうか?

あなたをあなたの正しいマインドに戻すことが聖霊の役割なのです。


[What need is there for seeing, then? ]

[その時見る必要が何か残っているでしょうか?]

定義群を見る必要が、言葉の羅列や説明を思い付く必要が、概念や信念を考え出す必要が、{聖霊の役割が達成された}その時そこにあるでしょうか?

[When God has taken the last step Himself, the Holy Spirit will gather all your thanks and gratitude which you have offered Him, and lay them gently before His Creator in the name of His most holy Son . . .]

[神が自身で最後のステップを取った時、聖霊はあなた達が彼(聖霊)に捧げた全ての感謝を集めて(神の一番神聖なる息子の名において)...]

「神の一番神聖なる息子」は勿論あなたです。
あなたと「そこに発生している聖霊」の間の合一が父の前に供えられるのです。
あなたの正気の中で聖霊が父に対してあなたを与えるのです。

[And the Father will accept them in His Name.]

[そして父が(彼/神の名において)それらを受け取ります。]

父があなたを迎え入れ、「おかえり、息子よ! 良く帰って来てくれた。あなたは私が誰か知っているので、あなたは自分が誰か知っている。」と言うのです。
こうしてあなたの生得権(持って生まれた当然の権利)があなたの為に修復されるのです。あなたの意識的正気が完全に修復されるのです。

[What need is there of seeing, in the presence of His gratitude?]

[彼/神の感謝の現れ(表明)の前で、見る必要などがあるでしょうか?]

「生きている愛としての油紙の意味(あなたを愛している意図)であなたが満たされている」と理解されている時、油紙に対する概念など必要でしょうか?
たとえば油紙で飾り付けられた小屋(粗末なもの)の中の体験であっても、それは非常に意味深い体験、非常に意味のある神聖な体験、豊かな体験で在り得るのだから。

この事に関して考えてみてください、とは言いますまい。
今週はこの理解と共に居てください。「あなたが求めているのは意味(全ての神聖なる意味)なのだ」という理解と共に「ここの真理が何か知りたい」というあなたの全ての要求/探求を行なってください。 {あなたは意味が感じられる体験(神の意図があなたに示される体験)を求めるべきなのです。 }

そして「意味」は体験に成るのです。 それは言葉ではなく、定義ではなく、意味/意図の全てを躊躇無く満たす体験なのです。
言葉を持っていないことは、定義を持っていないことは、概念を持っていないことは、「あなたが訊ね聞いていること」の聖なる意味を少しも損なわないのです。

言葉を捜してあまり時間を無駄にしないようにしてください。
何故なら、{言葉を捜し求めるよりも}あなたは「意味」を体験し、意味の体験を基に兄弟姉妹や世界と関わり合い、意味の体験があなたを導くままに任せるべきなのだから。


Chapter 19 – Section: THE UNREALITY OF SIN
Sparkly Book – p.458, 1st Full Par.
JCIM – p.191, 6st Full Par.
CIMS – p.385, Par. 35
First Edition – p. 378, 3rd Full Par. Line 4
Second Edition – p.406, Par. 10

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。