スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A12-11-19

<つまり、ポールさんはガイダンスに従っていなくて、サンローズさんは従っているけど、本の出版は止まっているって事でしょうか?

サンローズの出版が止まっているのは彼女が日本から送られてきた契約書を紛失してしまい、その後エージェントとの連絡も上手く出来ていないからです。私がエージェントとサンローズの仲介をすることも申し出たのですが、サンローズと直接話せなければ契約書の再発はしたくないとエージェント側が言っているので私は必要最低限しか介入していません。
サンローズは3ヶ月間自分のEメールや留守電を無視し続けたりしており、何故自分がこのように振舞っているかサンローズには説明出来ません。 「自分は忙しすぎるから」と彼女は言うのですが、出版/契約に関して彼女はまだ完全に意欲的には成れていないのが実情です。
もし彼女が心底から今回の出版を望んでいないなら、もし彼女の意欲がひとつにまとまらず分離しているなら、今回の出版は出来ないでしょう。
私は出来る限りサポートし、もしナチュラルスピリットとの契約がまとまらないようなら、他の方法を探しましょう。

<ホ・オポノポノによれば、ポールさんの事を経験している、その自分自身が問題なので、その経験を作り出している自分の記憶を癒やすって事になりますね。 でも、これ、きりがないんですよね…。
その通りです。 
自分自身が問題ならば、問題を作り続けている自分が変らなくては根源的な癒やしには至りません。
だから自分自身が変わり、自分の必要も変わっていくべきなのです。
だから自分自身が「問題を作っている者」から「解決を受け取り与える者」に変わる必要があるのです。

<自分が破滅してるので、ポールさんが上手くいくのを励みにしたいんですが、何だか混乱状態…!?
あなたは「ポールやサンローズや私が自分より上手く精霊/神を聞けている」と考えるべきではありません。
二年程前にポールは急に自分は引っ越す必要があると人々に知らせ、3ヶ月程でその主要な資金を手にして購入に踏み切り、今でもそこに暮らしてます。そして彼は二つの家を所持しているのです。
ポールは上手く行っていないとあなたは思いますか?
今ポールが上手く行っていないのは、「人々との関わり合いが大切」と言えてはいても、実際には人々との関わり合いを嫌い、人々の{ポールの現状に関して知りたいという}必要を満たすことが出来ないからです。
彼自身の「必要/関心ごと」も変わるべきなのです。 
自分の経済を心配することから、他者を思いやることに、彼の関心は移るべきなのです。 

この部分に関してポールは人々を(私を、そしてもしかしたら、あなたをも)混乱させてしまったのです。

フリフリしっぽさん、破滅しておられるのなら、その内容をあなたから私に知らせてはくれませんか?

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ご説明有難うございます。
ポールさんはお気の毒です。
サンローズさんの事もよく分からないですね。
神の動きの中から浮かんで来る〈願望という形〉でのガイダンスなら、葛藤は起こらないでしょうが、そうでない場合、受け入れ難い内容のガイダンスもあるように思います。
たまに、チャネラーの人が、〈ガイドに言われた事をするのが嫌で仕方なかった〉と書いているのを読む事がありますから。
だから、ポールさんの無意識下に、変われない何かがあるのであれば、ラジはその点をクリアにするアドバイスはしないのかなぁ、と思った次第です。

私の破滅話も公開コメントですか…?
まぁ、簡単に言えば思うところあっての転職に失敗してお金も無くし、田舎で親の年金で生きている。求人も少なく、無職長期化でますます事態悪化。
去年、ちょっとした資格を神様の助けで取ってみましたが、その職種の求人がない。
今のところお金にも縁がない、です…。

フリフリしっぽさん

色々返答のテキストを書いたのだけれど全部却下されました。
私がもっと質問することから始めるべきだそうです。

どのような資格をお持ちですか?
どのような職種を求めておられるのでしょう?

親御さんとの仲は良好のようですね。

田舎で親と暮らせるなんて、あなたは偉い。(オレには出来ないかもしれない。)

気にかけていただいて有難うございます。
(褒められて嬉しいですが)親との関係は内心は良くないですよ。
お一人様長女ですので、いずれは帰るつもりでしたが、まさか破綻して帰るとは夢にも。
セラピーも受けていたので大丈夫かと、甘い夢を見ていました…。(年齢のせいか母親の暴言はなくなりましたが。それでも…)
まぁ、高齢の親も未婚子ナシ無一文無職者はストレスでしょうし。お互いの為にも離れた方が良いんですけど。

使えそうな資格は宅建です。といっても不動産営業がしたい訳ではないですが。戻って車の免許は取りましたが、余り好きではないし、駐車がちゃんと出来ないので、田舎の就活ではかなり不利です。
仕事は、今は簡単な倉庫作業とか検品作業希望です。
とはいえ色々応募はしています。
(去年採用された会社は偽装請負状態でした…。)

かなりの転職の末、やっとやりたい職種が(コールセンターの受電の仕事です。内容にこだわりはありますが、別に資格も要らないし、誰でも採用されそうな仕事のはずですが。)分かったら仕事が切れて、もう疲れてしまいました。
やさしい仕事をあてがって貰えれば満足です。
まとまったお金はロト6で手に入れたいです!

フリフリしっぽさん

とても堅実ですね。

アンポンタンな私が、これ程堅実な方にアドバイスするのはおそれ多いので、
代わりに私の仕事と家族の話を書いて数日中に下記のWEBにアップします(まだ書き切れていません)。

http://whatisthewillofgod.blogspot.com/

フリフリしっぽさん

自分の就職に関しては中々まとまらないので、取り合えず少し書きます。

今はお母さんとの関係が大切なのだと思います。
だからフリフリしっぽさんは故郷に居らざる得なくなったのではないでしょうか?
お母さんとの関係はあらゆる意味で絶好の機会だと思います。

確かこれはもう既に一回書いた話ですが。
私も(特に成人後)親との関係が物凄く悪化し、それから改善しました。
ACIMと出会う前の話しなのですが、それは避けて通れない道でした。
私としては父親との衝突は絶対避けたいことだったのです。 だから避け続けました。
しかし最終的にはある日大衝突を起こしました。 
父を目の前にして「もう自分が抑えられない。自分はどうしてしまったのか?」と怖ろしくなる程私は怒ってしまいました。 私は自分が大失敗したと思いました。
しかしその日から徐々に親子関係は良く成って行ったのです。 そして毎日自分が変化していることが感じられるように成りました。 

私にとって親と向き合うことは大変でした。しかし避けるよりも対峙する方が有効的です。
私の場合は長いこと逃げ続けて、それでも逃げ切れなかったのですが。

今は週末に両親/妹家族と一緒にご飯を食べます。

毎日ご一緒のあなたの方が凄いです。



追伸 しっぽさん

それまで私は親には(特に親父には)出来るだけ逆らわず、直接対面も避けてきました。
しかしそれまでしたことがないことをしなくては成らなくなったのです。

コミュニケーションが硬直しているその状態では手段が選べなかったとも言えるかもしれません。

ご家族のお話を有難うございます。
私は戻って二年数ヶ月ですが、2回キレました。2回目は母親が逆ギレして事が大きくなったんですが…。

私のセラピーは、直接親子関係をテーマにしていた訳ではなかったので、(結局それを扱いますが)母親がどういう人なのかという事には注意を払っていなかったのです。

こちらに戻る前に、セラピストさんから軽く〈お母さんはボーダー(境界性人格障害)のような…〉と言われ、それでも私は、母親がどういう人でも全ては自分の問題だと、たいして気にとめていませんでした。

そして、一度目の争いでセラピストさんの言った意味が分かったのです。
子供の頃から親子喧嘩はありましたが、私はどうやらバタードワイフ状態だったみたいです。

これが明確になったのは(残念な)良い事ですが、経済状況が変わらないのが謎ですね。

今はお金がないから同居させてもらっているだけです…。
居候ですから平和を保つ努力はしています。子供の頃のように、衣食住で恩を着せられ責められないのもありがたい事ですし。(母親の年齢と、今は父が家にいるせいもあるかもですね)

岡上さんは事態が好転されて良かったですね!
プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。