スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chapter 35

3月11日 木曜


ポール: 今朝はとてもイライラしています。

昨夜の貴方の助けに対しては感謝しています。 同じメッセージ(私が「答え」である)を幾つかの異なるソースから得ている事に対しても感謝しています。

しかし、私は自分がどの様に「答え」であるのか理解出来ていません。

少なくとも、生活費用の支払いを出来ていない私の体験と、『私が「答え」であること』がどの様に関連しているのか理解出来ていません。

現時点で出来るだけ静かに成って貴方の話しを聞きたいと思います。

ラジ:  ポール、嘆かないで下さい。

貴方は、「答え」が貴方の内側で開く(展開される)事を見つけ、そして貴方の「存在」の意識体験として「答え」を(それが既に完了したものとして)見つけます。

ポール:  耳に優しい言葉ですが、それを聞いても私は少しも心休まりません。

ラジ:  ポール、貴方は自分が考える「こうでなければならない」症候群に罹ってしまっています。
貴方は、概念化のプロセスと理論を放棄する事が、どれだけ難しいか体験しているのです。

この様な概念的思考は「実際に起こっている事」と全く関係がない、と言う私の主張を変える訳にはいきません。 

「実際に起こっている事」は、貴方の無限の「存在」がそれ自身をパーフェクトに正しく(貴方を縛っている概念以外のものに対しては)非破壊的に開いているのです。

貴方の概念は破壊されます。 それらは、もはや貴方を新しい基盤へ導く役を担っていません。 貴方が自分で発見している様に、概念が貴方の成長を阻害しています。 貴方はそれらを捨てなければいけません。

成長が起こります。成長が起こっています。 だから貴方は(自分の概念と一緒に)追い詰められてしまったと感じているのです。 だから貴方は、貴方の概念が爆破される事を、自分が爆破される事だと感じているのです。

貴方が新しい視界を見る前に、それ(その視界)を理解しなければいけないと感じる理由はありません。

啓示(Revelation)とは、(絶対的存在の観点からでない限り)「貴方が既に知っている事」が顕わに成る事では決して有り得ません。

貴方の「存在」は何時でも、貴方の『その時点での「リアリティ」に対する概念』を越えていました。 貴方はそれを何時でも(自分が今まで気付いていた事を越える)「急激なインスピレーションと理解の流入」として認識していました。

今まで貴方はこのプロセスに気付いておらず、その結果だけを意識してきたのです。
今回貴方は(古い概念が崩壊し、啓示が現れる)このプロセスを意識しています。

実際には「崩壊の全プロセス、そして新しい視界」は、「啓示」と呼ばれる『「存在」の「一つ」の「完全な機能」』なのです

これは言わばスローモーションで起こっています。 そして貴方はこのプロセスを観察する事が出来るのです。

貴方は本当に「答え」なのです。 私はこの「事実」を貴方に可能な限り示し続けます。 その様に(貴方が答えだと)見えていない時も、 その確証が得られていない時にも。

貴方はいつでも「何かによって立つ」事に成ります。 だから「事実」によって立つべきです。

ポール:  私は気が狂いそうに感じています。

ラジ:  解っています。 しかしポール、それもただのアイディアだと覚えておいて下さい。 それは幾多とあるアイディアの内の一アイディアで、貴方の体験に対して権利や優勢な力を持っている訳ではありません。

(自分が狂いそうと言う)このアイディアに対して何か価値を与えるのは止めなさい。このアイディアも、その他の(馬鹿げた可能性を言い立てる)「もっともらしい思考」同様に価値のないものです。 このアイディアを処理しようとするのではなく、ただやり過ごしなさい。

前にも言ったように、私は貴方と一日中一緒にいます。 もし疑問があれば躊躇なく訊ねてください。

ポール:  出来るだけ簡単に迅速に、私が見べき事を見られる様に助けてください。 その為に貴方がして来た事を(それがどれだけ強烈なものでも)続けてください。
私が他の用事をしている時にこれをしてくれますか?

ラジ:  私に出来る事を私はしましょう。

ポール:  ありがとう、ラジ。 後でまた話しましょう。

ラジ:  どういたしまして、ポール。 楽しみに待っています。
さようなら、ポール。



________________________________________

3月13日 土曜



ポール:  こんにちは、ラジ。

ラジ:  こんにちは、ポール。

ポール:  ラジ、何を言って良いのか解らないので、静かに成って貴方の言葉を聞きましょう。

ラジ:  ありがとう、ポール。
貴方はとても忍耐強く、協力的です。

我々がして来た事は全て絶対に必要な事だったのです。 それ故に貴方と貴方の家族は成長して来ました。

貴方が追い詰められていると感じていると同様に、一つのサイクルがその終焉に来ています。 大きな変化がやってきます。 貴方は信心深く、貴方がそれを後悔する事はありません。

貴方も既に解っている様に、道は直ぐになだらかに成る訳ではありません。

しかし間違った理論や概念が起こす全体的な苦労は、マイトレーヤがアナウンスをすれば直ぐに倒壊し始めます。
人類は中心的アイディア/中心的目的の元に一致団結する事が出来る様になります。
人がこの焦点に自分のエネルギーを集める様に成り、苦しみ/欠乏/飢餓/貧困の夢から脱出するまで時間は掛かりません。

するべき沢山の事があります。 そこでは「内側から知っている事」や内的信心から来る力が必要とされるでしょう。

我々がこの5週間に亘って行ってきたのは、この内的信心と「内的に知っている事(Knowing)」を練習/実行し、体験的視点から貴方が力(自信)を感じられる様にする事でした。

貴方が現時点では力強く感じていないのは、解っています。

しかし事実は、貴方の考えるマインドにも係わらず、貴方の限定された概念にも係わらず、貴方は(不可視に)育ち続け、私が言っている様な力を得て強く成って来ています。

貴方の信心はほぼ完璧です。 「自分は馬鹿げており、狂気に至るほど騙されて来てしまった」と貴方が殆ど信じている事は解っています。
しかし事実、貴方はここにおり、私と話しており、この会話に価値があると今でも信じています。

ポール、「何が起ころうとしているか」に対する内的な(非思考的な)「Knowing(知っている事)」が無ければ、貴方は(仔細が与えられていないにも係わらず)ここまで続ける力は得られなかったでしょう。
(だから)心配しないで下さい。
貴方は愚者とは見られないでしょう。

ポール:  貴方は今でも、マイトレーヤが自己の存在を明日世界に対して発表すると言うのですか?

ラジ:  はい。 「彼」は明日「彼の存在」を「彼の真の姿」としてアナウンスします。

ポール:  そして貴方は今でも「今からそのアナウンスがなされるまでの間に、実在する人が、この出来事に関して我々を訪ねて来て、私と家族がこれから何をするか明確に示す。」と主張するのですか? (#1)
そして、我々がそれをする経済的方法も示されるのですか?

ラジ:  ハイ、ポール。 貴方は私の言葉が貴方の体験の中で私が言った通りに表現されるのを見ます。

ポール:  貴方は今でもこの地球上に居るのですか?

ラジ:  ハイ、そうです。

ポール:  貴方はもう直ぐ居なくなるのですか? それともここに居続けるのですか?

ラジ:  それはこれから判明します。 それは「どの様な必要が起こるか」に関わっています。

ポール:  ここ数週間、我々家族の金銭的問題がより顕著に成っている時、私は自分がそれ程成長したり学習したりはしなかったと感じています。 少なくとも初めの数週間と比べて。

私が恐れている事に関して貴方に謝罪します。 しかし私は「要求されていると見えている事」に対して平然とはしていられません。 この事が(私がするべき事を行う上での)障害に成っていると私は感じています。

ラジ:  ポール、貴方はこの時点で、貴方という人で、貴方というもので、貴方がいる所に居るのです。
貴方は自分が出来る事以上の事は出来ません。 自己批判や自己疑念に時間を浪費しないで下さい。 これらは全くの無駄です。
貴方は、自分に出来ない事をしたり、成れないものに成ったりする必要はありません。

貴方が、自分の場所を満たす為に必要な学習は既に終了しています。 貴方は良くやりました。

前にも言った通り、貴方は「起こっている事」を正確に判断する為に十分な情報は持っていません。 しかし明日の終わりまでにはこれも明確になります。

ポール:  私はそれまでに何をすれば良いでしょうか?

ラジ: まず初めに、出来るだけ平静でいなさい。 もし必要なら瞑想しなさい。
しかし、瞑想する事がこれらの出来事を促進すると考えて、瞑想の中だけに留まる必要はありません。 

貴方はこの開示の中にシッカリと繋がっています。

ポール:  [僅かな瞑想]
この時点で何か他に聞くべき事がありますか?

ラジ:  貴方には沢山の言うべき事があります。 しかし現時点では以上で全部です。

ポール:   どうすれば、我々とコンタクトしてくるこの人物が、貴方の言う人だと解るのでしょうか?

ラジ:  彼は「ラジが自分を遣わした」と言うでしょう。

ポール:  貴方は今でも「私がこれをした結果、家族が苦しんだり失ったり破壊的な目に会わず、新しくより開かれた自由と体験が認識される様になる」と主張するのですね?

ラジ:  それが正しい事を貴方は発見するでしょう。

ポール:  明日私が発見するのですね?

ラジ:  明日貴方が発見します。

しかし今からそれまでの間、貴方には(貴方が受けるコンタクトとマイトレーヤの発表に対して)出来るだけオープンなハート、オープンなマインドで期待する態度を取る様にしてください。

ポール:  ベストを尽くします。 もし必要なら後でまた話しても良いですか?

ラジ: もちろんです、ポール。 それに関しては何も変化はありません。

ポール:  ありがとう。 きっと後で話す事に成ると思います。 お休み。

ラジ:  お休み、ポール。 私は貴方と100%一緒にいます。

ポール:  ありがとう。
____________________
(#1)ラジは録音外で、一人の男の人が我々の家を訪ねて来て「自分はラジから指令されて来た」と言い、「我々の会話で話されている主題」について彼と話す事に成るだろうと言っていました。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。