スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chapter 43

5月10日 月曜 午後


ポール: 貴方もさっきの電話の会話を聞いたでしょう? ラジ。(#1)


ラジ:  ハイ、聞きました。 貴方は上手く対応しました。

これは貴方を個人的に憤慨をさせようと計算されていました。
貴方が内的にそして外的に動揺しているのは、「アイデンティティ」の視点ではなく、エゴの視点を表しています。

しかしこの状況にも関わらず貴方は、彼の予測に反して、比較的明確に三次元的/反応的な枠組みの外に留まりました。


ポール:  オーケー。

我々は所得税を払い、Household Finance Corporation (という名前の金融会社)との状況に対応する必要があります。
そしてその他の支払いもあります。 幸いな事に、債権者達は猶予を与えてくれていますが。

ラジ:  ポール、貴方の「宇宙/世界」を(それぞれ独自に動いて、独自の成就を求めている)小さな部分に分けるのは止めなさい。
これが私が今朝話していた事なのです。

どの様な形や組織や現われが何かを起こしている/要求している様に見えても、それが貴方を挑発している様に見えても、それを信じてはいけません。

貴方は、自分を形として認識するべきではありません。
そして、どの様な形(フォーム)が「自身で目的を持っており、全体から離れて独自に働ける」と言い立てても、それを信じてはいけません。

これはエゴが貴方を騙すトリックです。 「他の形と同様、貴方も一つの形で、それ故に形として操作したり攻撃されたり強要されたりする事が可能なので、貴方は他の形から自分を防御しなければいけない」と言いたてるトリックです。

これは全く間違っています。 これを信じるのは止めなさい。

貴方の「存在」が完全に「ある」と言う事実と共に留まりなさい。
『貴方の「存在」が十全に存在している事』が事実なのです。

貴方の「存在」は完全に機能しています。 これが事実です。 
貴方の「存在」は、それ自身を認識する事を十全に良く行っています。 これが事実です。

貴方は「神の宇宙」の小さな一部ではありません。 これが事実です。

貴方は「神の宇宙」の一部ではありません。何故なら神が、貴方の持っている唯一のアイデンティティ(自己認識)だから。

だから貴方の「存在」は無限で、それを区切る事(何かの中に囲みいれる事)は出来ません。

(周りに状況に影響されて)「三次元的な人」と言う卑小なアイデンティティの概念を受け入れてしまうのは止めなさい。

貴方は、貴方の「存在」の無限/全能/遍在と共に留まらなければいけません。
貴方は「それら全て」なのです。 神が「現れている事/行われている事」の全てです。 

エゴが提示している催眠的示唆を受け入れてはいけません。

貴方にとって幸いな事に、エゴはそれ自身を建設的/肯定的な方法で表現していません。
だから、エゴの示唆を受け入れる事は、貴方にとって建設的な事には成らないと、貴方は容易に気付く事が出来ます。

あと数日間にわたって、エゴが貴方に「エゴこそが貴方で、全てはこの理解を元に行われなければいけない」と信じ込ませようと試みている間、貴方は平静で居て下さい。

これを貴方に忠告して、エゴが汚い手を使ってくる事に対して貴方が騙されない様にしたいのです。 「HAL」(エゴ)は今とても忙しく動いて呻いて、自身の崩壊に対して抗議しています。 それに動かされてはいけません。


ポール:  解りました。 でもこれは簡単ではないです。


ラジ:  これがハードワークでないと(これがハードワークなのは不当だと)考える、間違った信念に浸らないで下さい。

これを今受け入れなさい。 貴方の成長のこの「ステージ」が容易である(べき)という幻想は捨てなさい。

『貴方が「真理を知っていて、私と会話している」のにこれが容易でない事』に対して憤慨したり自己憐憫に浸る事は止めなさい。

憤慨や自己憐憫はエゴの所作である事を今認識しなさい。

貴方は、これが易しかったり、難しかったり、心地よかったり、居心地悪かったり、早かったり、遅かったりする事に関わってはいてはいけません。 それらは、三次元的な「エゴに縛られた」概念です。

これらが貴方の感情あるいは思考として現れても、これらと「繋がる」のは止めなさい。

もう一度言います。 
これがハードワークであっても、諦めないで続けなさい。 この為に戦いなさい。

「エゴ」の主張がその馬鹿げた様相を晒す様に成るまで、それを無視し続けなさい。 丁度(映画「2001年宇宙の旅」のコンピュータ)HALが童謡を歌い始めた様に、エゴも最後にはネを上げてしまいます。

間違えないで下さい、私は「実際に戦いが起こる」と言っているのではありません。 実際には貴方の敵は存在していません。

私が言いたいのは、貴方が覚悟を決めて何が何でもこれをやり遂げなければ、貴方は怠惰になってしまい元の木阿弥に戻ってしまう、と言う事です。

貴方の自己意識の中にエゴが(何らかの方法で)貴方のフリをして進入して来ます。 何故なら、これが長い間自己に対する無知として現れて来た性癖だから。


『他の人にとっては、これはそれ程難しい事ではない(はずだ)。』 (と今貴方は考えました) 今貴方が持ったこの思考に今対処しましょう。  

第一に、今愚痴っているのはエゴであって、貴方ではありません。

第二に、この「他の人」と言うのもエゴのトリックです。 エゴだけが、自分と他者を分離しています。 これに気をつけなさい。

「エゴが何か」今認識しなさい。

人がエゴを意識的に捨てようとする時、惨めに泣いて懇願する(エゴの)「劇」が繰り広げられるのです。 これは誰にとっても同じです。

ポール、既に言ったとおり、これは嘘、嘘、嘘なのです。

貴方が『貴方自身の「存在」として一人でいる事』が大変重要です。 完全に一人になって、(存在しない)他者と比べるのは止めなさい。 (自分と他人という分離を作って、それらを)較べるのはエゴの所作です。

「外側」から貴方の立場との合意を取ろうとしたり、貴方の立場を確認しようとするのは止めなさい。 これもまたエゴの所作です。

自分がしなければならない事/自分がしようとしている事に対して、プライド(傲岸/自尊心)という感情を持つ事は止めなさい。 これもエゴの所作です。

これは容赦のない汚いファイトです。 だから容赦なくファイトしなさい。

貴方は出来るだけ「控えめで」「礼儀正しく」「洗練された」事を好む傾向があります。
しかし、それらも「エゴ」の概念の中に取り込まれてしまっています。

貴方が、貴方の「存在」だけと「一人で居る」(直接対峙している)場合にのみ、貴方は「物事」のリアリティだけと「一人で居る」(直接対峙する)事に成ります。

その時現れているものが、「物事」の「リアリティ」に対する歪んでいない気付きです。 この気付きが『「外側」で行われている様に見えている葛藤の解決』として現れるのです。

貴方が「多」(多くに分裂しているもの)の視点から(それらが貴方から分離しているかの様に)働きかけようとすると、貴方はエゴの領域で働く事になります。

貴方は『貴方の「存在」が一つで、その一つは「貴方」だ』という事実と共にあり、その事実と共に留まらなければいけません。

この「一つのもの」は、その無限の細部のディテイルに至るまで全知全能遍在なのです。
それは、全ての債務者、全ての借金、全ての返済、全ての事務員を含んでいます。

それは自身の完全性を示す(認識する)事で自身をパーフェクトに満たしており、それがポールなのです。

どの様な三次元的状況が現れていても、これは変わりません。

我々は、夢全体から目覚める事について話しています。 貴方はこれが出来ます。貴方はそうする事が出来るのです。

貴方を励ます為に、こう言っているのではありません。
これが事実なのです。

貴方が夢から目覚められるのは、『「意識存在」として意識的に気付いている事』に対して貴方は体験的に(まだ)気付いていないからです。

貴方はこれを今し始めています。
と同時に、貴方はエゴが貴方として芝居し行動している事に関しても気付いています。
貴方は、エゴがあたかも貴方の存在の意識体験であるかの様に振る舞っている事に気付いています。

だから貴方は、もう一つの死すべき状況(三次元的思考)を枝分かれさせるのではなく、目覚める事が出来るのです。

これを読み返して、これについて熟考しなさい。 
そうしてからまた私に話しかけて下さい。


ポール:  そうします、ラジ。 ありがとう。
__________________
(#1)私の債務者の一人から非常に侮辱的な電話が掛かって来ていました。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。