スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chapter 2

February 8, 1982 Monday

ポール:昨夜は色々と話してくれてありがとう。 本当に今日一日中貴方が一緒に居てくれた感じがしました。

無限の実体(Subatance)が流れる/動くもので、それが私の意識の基礎を作っていると認識できるように成る必要がある、そしてそれ(実体)と共に動いていけるように成る必要があると感じるようになりました。 これが正しいのでしょうか?

ラジ: 貴方は今日とてもよく聞いていました。 貴方は禁煙してください。 喫煙はストレスと不安を貴方の体の中に生んでいます。 煙の中の実体が機械的にストレスを生んでいるのです。

この不安なフィーリングが無くなれば、より玄妙/細微なレベルの意識を持つことが出来るようになります。
それをするしないは貴方の自由ですが、もし「拡張された」意識を体験したいなら、リアリティのより生き生きとした意識を持ちたいなら、そうする必要があります。

そうすれば私の役目も容易く成ります。 そして貴方の体験もより満足いくものになります。
もちろんコーヒーも貴方の体の中に人工的な影響を与えており、もしそれを飲まなくなれば貴方はよりクリアーになります。

貴方はよりクリアな認識を求め、よりクリアな体験を求めているので、タバコとコーヒーを自主的に止める事をお勧めします。

今日貴方に幾つか新しい展開が示されましたが、現時点ではそれらに関してコメントは控えましょう。 それらに関して私が話す前に、貴方はより多くの事を理解する必要があります。

私は貴方の為に考えたり体験したりする事は出来ません。 しかし貴方の現実化のプロセスを助ける事は出来ます。

貴方が体験する悟りは、貴方の存在に内在している必然的なプロセスなのです。
それは貴方の「もの/動き」の一部なのです。

「リアリティのより玄妙なレベルを、自分の外で発見できる」と考えている限り、貴方が体験したいと考えている、より玄妙な(繊細な)レベルの意識を保持する為に必要な力を得る事はできません。

それ自体の中から進化/変化して行く事が、「(総括的)存在」(つまり貴方)の基本機能なのです。

ここで、貴方の胃腸の機能が消化である事を考えてみてください。貴方は胃腸の機能を知っています。

貴方はそれ(消化)をした体験があります。 そして再度食事をしたなら、それもまた消化されると貴方は理解しています。

もし貴方が自分の存在の機能(役割)が、それ自身から進化して変わっていく事だと気付いていなかったなら、自身を新しく変えていく事が自分の役割とわかっていなかったなら、それを(意識的に)体験出来ていなかったなら、それが起こると解っていなかったなら、貴方は新しくなっている「もの/こと」を誤解(誤認識)してしまい、その価値を見逃してしまいます。

開示/進化/成長、それをどう呼ぶにしろ、それが貴方の存在(あり様)なのです。 貴方はその機能/行動を自分のものとして体験出来るように成る必要があります。

貴方はそれが起こっている事を意識的に知覚出来るように成る準備が出来ています。 まず自分が新しい場所にいることに気付いて、それからそれ故に新しい事が起こっていると観察するのではなく。 (これが今までの貴方の認識の仕方でした。)

これは、消化が物理的にハッキリ確かめられるものであると同じぐらい、意識的にハッキリと確かめられるものです。

貴方は自分のマインドの「生理学/仕組み」に気付くべきなのです。 貴方がインスピレーション/霊感/霊的意識/啓発と呼んでいるもののプロセスに注意を払ってみなさい。

これは「貴方に対して何かが起こっている事」では全くないのです。 そうではなく、そこでは貴方が貴方として起こっているのです。

貴方の存在の体は(手足や頭などが付いている形ではなく)貴方の意識なので、この理解を新しい生理学と呼ぶことも出来ます。

貴方のメンタル体(意識としての体)の機能をとても詳しく学び始めてください。 それを分析して見て、恐れずにその奥深くへ分け入って見なさい。 それ(メンタル体)は貴方であると同時にそれが(貴方が今まで求め続けてきた)無限のリアリティなのです。

貴方がタバコとコーヒーを断ったなら、これを意識する事がより容易になります。

観察を通して、瞑想を通して、ヒーリングのワークを通して、意識の体を認識出来るようになれば、私がこれについてより詳しく述べるのを、貴方の自己認識が許可するようになります。

これに関して我々が話し合う事は、貴方が自分を発見する事の邪魔には成りません。
私が今日言った事を理解できれば、実体と供給に関する貴方の疑問が解けていることが解るでしょう。

しかし貴方は、貴方の存在が自身を貴方に対して「貴方として定義する事」を許す必要があります。 そうすれば、貴方は自分がそれ(存在=Being)であると解るようになります。

明日も私は貴方と共にいます。 我々は共に喜べるでしょう。 貴方が私が述べたことに対して一人で喜ぶのではなく。



ポール: 私はどのようにしてこのヒーリング(とかいうもの)を学んだのですか? これはヒーリングなのですか。


ラジ:このヒーリング効果を貴方が発見する事を「私が助けたか?」貴方が疑問に思っている事は知っています。 しかしこれは、火の鳥(不死鳥)が自身の灰の中から復活するようなものです。 古い意識の中から新しい意識が現れるのです。 これを観察するよう私は貴方に指示しました。

貴方がこのヒーリング能力を発見する前に、私は貴方の要求を聞きました。 しかし貴方に指示は出しませんでした。
私は(貴方の成長を妨げていた)余分なエネルギーや埃や蜘蛛の巣を掃除したのです。

貴方の存在に内在する知性を信頼し続けそれに依存し続けなさい。 それ(知性)が自身をよりクリアに示している事を見続けるなさい。 その時貴方は、貴方の存在が「自分のするべき事をしている」事を観察しているのだと理解しなさい。

「自分の良きものは自分以外のところから発生する」という信念により、貴方はとても脆弱に成ってしまいました。 これがとても良く解るようになるまで、私は何度でも貴方に指摘するでしょう。

「貴方が誰か? 貴方が何か? 貴方の中で全てが起こっている」という気付きがもたらす内的力だけが、貴方が入りつつある新しいレベルに進んでいく事を可能にします。 それを掴み取りなさい。 それは貴方が想像しているよりも壮大なものです。

コーヒーとタバコには注意しなさい。


ポール:リアリティが自分の日常生活の中に現れているのを見れる様に成るにはどうすれば良いですか?

ラジ:それには「貴方という意識」の生理学(仕組み)を観察出来るようになる必要があります。 貴方の日々の体験はそのプロセスをイメージ(映像化)し反映しているのです。

ヒーリング・ワークと、(「外側」と見える所で)日々生きている世界が対応している具合などから、貴方は既にこれらの事を学び始めています。

今まで貴方は(いわば)鏡の中のイメージを操作しようとしてきました。 何故なら、貴方は(そのイメージを)触り、感じ、見ることが出来るのだから。

イメージを確たるものとして実感する事が出来るので、それが貴方にとってはよりリアルなものと思われています。

しかし貴方が「体」と呼んでいるものはただのイメージ(映像)で、それは(真の貴方の)体ではないのです。 貴方は、体が本当は意識である事に気付いていなかったので、イメージのリアリティ(源)に関するレッスンを無視してきました。  それは真の体に関する理解を通してしか理解できないのです。

ここで言う理解とは、(真の)「体」の生理を実際にリアルに感じ体験する意識(気付き)の事です。

自分の存在する環境をイメージ(3次元と呼ばれている世界)であると考えていたなら、貴方はそれに影響を与える事はできません。

3次元の世界は純粋にイメージで構築されています。 その中で貴方がその中に見ている歪みは、実際にはその中に存在しては居ません。

貴方が見ている歪みは、源の働きに対する貴方の無知(誤解)により生成されています。

イメージは源から放たれている映像でしかないのです。 そして源はマインド/意識なのです。

貴方が見ている歪み(貴方はそれを欠乏/失敗などとと呼んでいます)は、今日始めに話した貴方の弱さ(脆弱性)を示しているのです。 この弱さは、貴方が「貴方という存在」の機能と生理を認識していないのが原因です。

貴方は自分と言う存在の全体性を無視しているので、自分自身が永遠に自分を生み変え続け自己を示し続けている事に無知なので、貴方はイメージ(それを貴方は日常、あるいは日常生活の場と呼んでいます)をクリアに歪み無く理解する力を持っていないのです。

これ(イメージの中で自分が日常を生きているという概念)もまた誤認識なのです。 貴方も解り始めましたね。

貴方が持つべき力は、「貴方であるもの」と「自分がどんなものかという貴方の意識(認識)」を「貴方」として統合する事から生じるものだと言うことが出来ます。

貴方自身を「自身(Self)」と「その自身に対する認識」に分離した事が、貴方がイメージを誤認識する様に成った原因です。

貴方のセルフ(貴方自身)と「貴方の自己認識」は全く同一の生命機能なのです。
これについてしばらく考えて/瞑想してみなさい。


次の質問はなんですか?

ポール:過去2年半私は一生懸命働いてきました。 それは全く無駄だったようです。私の周りの全てが崩壊しています。 それは何故ですか?

ラジ:その原因が時流とかダーク・フォースとか何かのせいと考えるのは面白いかもしれませんが、実際の原因は「貴方という存在は進化/変化し続ける」(貴方がそれに気付いていなくとも)です。

自らの灰の中から復活する火の鳥の様に。 それが生命です。 貴方の進化/変化が(現時点の)貴方には支えきれないぐらい進んだのです。

貴方という存在が貴方として「一つに統合される事」が必然的に起こったのです。 火の鳥は飛ばなければならないので、それは飛んだのです。

その時貴方は「神よ何が起こっているのですか? 全てが崩壊しています。」と言ったのです。 「私はどうしたら良いのか? 何もできる事が無い。神よ私は何かしなければ。 私に何が出来るでしょう? 何も出来ません。 私は何かしなければ。」

不満が溜まった貴方はとうとう事態に対処しようとしている自分の不能を超えて伸び出したのです。

貴方は自分の存在の意志力から抜け出て、新しい生き物として存在し始めたのです。 貴方は自分の手が熱くなって、自分がタロット・カードを使っていることを発見したのです。(?) こうして貴方はリアリティの基礎を体験したのです。

貴方は自分を変容させる事なくしては、もはや全てを支える事もそれを正しく知覚する事も出来なくなっていたので、全てが崩れ落ちたのです。

このイメージは死ぬ事を反映していました。 それが誕生です。 それが実在と呼ばれる永遠に揺るがないものです。

貴方がキリストの再来について質問したがっているのは解っていますが、今はそれには答えられません。

貴方はいとも簡単に、外側に価値や重要性を見つけてしまいます。 しかし貴方は最上の注意を神の手の素晴らしい仕事に注がなければいけません。 そして神の仕事がどのように働くか見なければいけません。

起こるべき事が起きます。 起こっている事は、イメージの中に現れます。
そして、それがイメージの中に現れているなら、それは本当はどこで起こっているのでしょうか?

もし貴方が「それが全て貴方(自分)だと」認識しなかったなら...(途中で言葉を切って) 貴方にも解ったようですね。

{起こるべき事が起こっており、それがイメージの中に現れています。それが本当に起こっているのは「貴方の中」です。}

貴方がマスターに従いたいなら、マスターがした事をあなたも行ないなさい。 彼がした事を、貴方も今学びつつあります。

私がこれらの事を貴方に示せるのは、貴方が「起こっているこれらの事」を(エゴではなく)自分として認識し始めているからです。  貴方は「起こっている事」をエゴではなく、無としての「私」として認識し始めています。 その「私」は無なので、それは私の何かを体験する事ができるのです。

これが貴方にとっての事実になりました。 貴方はそれを体験したのです。

貴方が知った事をより鮮明にしても、貴方は弱くはならず、貴方は何かを失う訳ではありません。 だから我々は今話すことが出来るのです。

これ以上の質問には今は答えません。 それらは既に答えられています。

私が言った事を考えて見なさい。 貴方の質問に関しても自分で考えて見なさい。 そうして邪魔にならないよう静かになって、貴方自身とそのイメージの働きを観察してみなさい(少し前に貴方がそうした様に)。

お休みなさい。 (貴方は今回チャネリングに抵抗しませんでしたね。)

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。