スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十八章

1991年 3月8日 金曜


ポール: 現時点では貴方が言う事を(それが何であれ)ただ聞きたいです。
貴方が何か言うのを聞きたいです。

ラジ:  ポール、貴方のジレンマは『貴方の限定的枠組み内で起こっている問題に対する解答の中に、「目覚め」への適切な答えが存在している』と考えている事から発生しています。
貴方はその様に考えて、『「何が適切なのか?」に対する特定の限定された定義』の中に無限を押し込めようとしています。

ポール、貴方は『「真理」の神聖なる現れの証拠』として『「人間状況的な絵」を改善しようと試み続ける時期』を既に通り越しています。
我々はもはや絵を直そうとはしていません。 そうではなく、「リアリティ」へと注意をシフトしているのです。 そして(貴方に見えている三次元的な)絵は(「リアリティ」から発生している)絵(現象)でしかないのです。
神聖な存在/現われの動きは、「古い写真の修復者」ではありません。

ここでも答えはシンプルです。 それは複雑ではなく回りくどいものでもありません。
それは意味が計りづらいものではなく、 とてもシンプルなものです。

「私と常に繋がっていなさい。」
この文章やその意味を誤解する事は絶対不可能です。

確かに貴方は、あの娘やこの娘の問題を解決出来る様に成りたいと思っています。
彼女達の行動に関して貴方が作り上げた「自分が利用されている感覚」を赦せる様に成りたいと思っています。
「ニュースレター」をどの様にして発行すれば良いか解り、家賃を払うお金を得る方法を知り、電話の二次ラインがもう一度繋がるようにする方法が解れば、大変嬉しいと思っている事でしょう。


ポール、(神聖なる現れへの)貴方の注意が三次元的枠組みの中に存在し続けられる様にする為に「夢を修復する事を助けて」貴方が夢見続ける事を私がサポートする事はありません。

以前言った事をもう一度言います。
エゴは、貴方に色々な問題を与え続ける事でしょう。 より沢山の課題や、より沢山「押入れの中の骸骨」(隠された秘密/恥)を貴方に示すでしょう
しかし、骸骨を捜したり、問題を発見して解決したりする事は、「目覚め」の動きではありません。

そして、昨日私がスーザンに言った様に、人は幸福な夢から目覚めると同じだけ容易に、不幸な夢からも目覚められるのです。
いずれにしろ、夢が幸福だろうと不幸だろうと、それはどちらも夢でしかなく、人はそこから目覚めなければならないのです。
だから、私と常に繋がり続けていなさい。

貴方は人間的に(相棒として/パーソナルなエゴの現れとして)物事に対処する事は段々出来なく成って来ています。
貴方はお尻がベッドに引っ付いてしまっていませんか? {外に出ないで過ごしているでしょう。}
貴方は私と繋がり続ける為の潤沢な時間を有しては居ませんか?
それが、ただ単に「ラジ、そこに居ますか?」と貴方が訊ね、私が「ハイ」と言い、そして貴方が「ラジ、そこに居ますか?」とまた言い、私が「ハイ」と言うだけであったとしても。

ポール、これはとても簡単な事なのです。

次の様に言ってみましょう。
麻薬を過剰摂取してしまった人は、休まず動き続ける必要があります。
貴方は映画で、麻薬を取りすぎた人にコーヒーが与えられ、部屋の中を担がれる様にして延々と歩かされている場面を見た事があるでしょう。
少なくとも「無意識の眠気と誘惑に屈してしまいたいと感じている人」にはその様に(これが延々と続くと)感じられるのです。
「我々は、歩いて歩いて歩き続ける「この意味の無い事」を続けなければいけないのだろうか? 眠る事の方がよっぽど意味がある様に思える。」

「ラジ、貴方はそこに居ますか?」と一日中言い続ける事が、無意味に感じられても構わず、そうし続けなさい。
貴方の理屈の視点から、これが有意義に感じられなくても良いのです。
「(薬物を過剰摂取して)歩き続けなければ死んでしまう人」にとって、「歩き続ける事」がそれ程理屈に合っていない様に感じられていても、それは問題ではないのと同様に。

なぜこれをするのでしょうか? 歩く事(私と話す事)を学ぶ為? いいえ。
これをするのは、基本的な機能を保つと同時に、歩き続けるのに必要な意識を保つ為です。
そうして薬物(エゴあるいは幻想)の作用がその人を殺す事無く過ぎ去るように。
何故? 生命と(コーヒーを飲んで、歩き回る事以上の)「生命に係わる全て」が再度アクセス可能に成る様に。

もう一度言います。
私と常に話していてください。

ここで私はとても厳格に成る必要があります。
貴方が明日(外からの)電話に答える必要があっても、 『「貴方はそこにいますか?」と私に言う』以外の事(日常茶飯事)に貴方が対処しなければならなくとも、貴方は明日、最低一分間に一回私に尋ね続けなさい。

もちろん我々は「私の存在以外の事」についても話すことが出来ます。
私が言いたいのは『私と繋がり続けると言う、絶え間ない無期限の「無意味に見える」馬鹿らしい事をあえてし続けなさい』と言う事です。

麻薬の取り過ぎで意識不明に成りそうな人に、(人間)関係や家族や創造的活動や友達関係やビジネスなどの意味が理解出来ているでしょうか?
いいえ。 彼のマインドにある事は「私が寝れる様に、ほっといてくれ」の一つだけでしょう。
「この様に無意味な事を続けさせようとしないでくれ。 私にとって大切な事を邪魔しないでくれ。」

次の質問もさせてください。
過剰摂取の効果をやり過ごす為に、その人が生命の無限の側面を意識的に抱擁し、それを選択する必要があるでしょうか?
いいえ。 必要なのは一つの事だけです。 動き続け意識を保つ事だけです。

{彼から見て}そこで起こっている唯一の意識体験は(眠りたいと云う意図しかマインド内に持っていない彼が)介入され煩わされている事だけです。
そこでは、眠りたいという欲望と、起き続けている事(目覚める事)への要求が対立しているのです。

動き続けて意識を保ち続ける事へ協力している限り、その人は薬物の影響をやり過ごす事が出来、「生きている意味や意識を保つ意味がどの様なものか」その人が考える必要は取り立てて無いのです。
意識を保つシンプルな意思さえあれば良いのです。 例え、「起きている事を要求されると云う」うざい体験だけが、そこで認識されていたとしても。

だからポール、私と最低毎分一回繋がり続ける要求がなされている事に対して、明日一日中怒り続けたいなら、怒っていなさい。 貴方が怒っていても泣いていても、私と繋がり続けさえすればそれで良いのです。

そうすれば、「不満の内に到達した行き詰まり」を貴方は越えて行くことが出来ます。
そこを越えた先に何があるのか、貴方が知っている必要はありません。

私が貴方に頼んでいるのは、私と繋がる行為をする事だけです。
これは(三次元的枠組みの幻覚的牽引力やそれが促進する貴方の無知/眠り/夢/幻想「リアリティ」に対する誤認識、から貴方を遠ざける)四次元的意識的気付きの行為です。

もし、これをする以上に重要な事があるのならば、私は貴方にそれを知らせた事でしょう。
私は、貴方の目の前にある、今すぐ出来る、絶対必要なステップを示しているのです。
電話線を繋ぎ直す事、貴方の娘を助ける事、貴方の背中を癒してワークに戻る事、これらの事は、貴方が取るべき次のステップではありません。
それらは貴方の目の前にある次のステップではありません。
それらの事は、貴方が効果的に変化させられる事柄でさえないのです。

だから貴方の人生は、この時点で、基本的に全くシンプルなのです。なにも複雑な事はありません。
正すべき誤解は存在しておらず。 理解し難い指示も必要ありません。
私から貴方への難しい指示などありません。何故なら、貴方は9年間に亘り、私と話したい時には何時でも「私がそこに居るか」訊ねていたからです。
だから私は「貴方が既にして来た事、どの様にするれば良いか貴方が既に判っている事」をする様に指示を与えているだけです。

今回の唯一の違いは、明日一日中、最低限毎分一回これをする様に、私が指示している事だけです。
もしこれ以上に重要な事があると想像したいなら、どうぞ、想像し続けてください。
しかし明日一日中、毎分最低一回私と繋がる事を止めないで下さい。

何故私は「馬鹿げている」と受け取られてしまいそうな事をするように、貴方に指示しているのでしょうか?
何故ならポール「明日、一日中一分間毎に私と意識的に繋がる事」によって、貴方は常に「存在」に対する四次元的意識体験から(貴方自身として)行動する事に成るからです。

私がとても偉大だから、貴方が私と常に繋がらなければいけない訳ではありません。
貴方の正しい「マインド」の中では、貴方も四次元的存在なのです。

このワークは「貴方の意識的気づきのポイント」を、『貴方「自身」を四次元的に体験する事が出来る場所』へと持って行く方法なのです。
だから貴方の為に、これをする事を私は求めています。 貴方は貴方自身の為にこれをするべきなのです。

これを行う為の(言わば)「焦点」として私を使いなさい。

これが貴方の次のステップなので、私はこれをよりしつこく貴方に求め続けるでしょう。
貴方の次のステップは、誰か他の人の問題を解決する事ではありません。

そして「私が貴方に求めている事」は本当に貴方の次のステップなので、(それを遂行した場合)人間的に言っても、貴方は何も重要な事を無視した事にはなりません。
貴方がこれをする事によって、貴方自身や貴方の家族や「私と話したいと熱望している他の人」が苦しむかもしれないと恐れる必要はありません。
苦しみは、貴方が次のステップを行わない事からやって来ます。 不快感は、貴方「自身」と調和/一致していない事から発生します。

私は、私自身を十分クリアに示したと信じています。 これがどういう意味だか解りますか?
これは私が「貴方」を貴方自身に対して簡潔にクリアに示したと云う事です。
これがガイダンスというものです。 これが最終的に貴方が求めているものです。

ここで訊ねられるべき事は「貴方は、貴方が正しい所に対して明晰さを尋ねた結果(得た答え)に対して反抗するのでしょうか?」です。
貴方は「それより前にやらなければならない他の用事」を持ち続けるのですか?
貴方は(正当に思える)特定の「問題」を解決し続ける事に固執し続けるのですか?
そうして(定義に従って)責任と知性を示し続けようとするのですか?

責任や知性に対する貴方の定義こそ、無責任で無知なのです。
何故でしょう? それはそれらの定義が「真理」を貴方に示していないからです。

それらは「リアリティ」を示していません。
それらは、貴方の成就(貴方が満たされる事)に対して貴方をメクラにしてしまいます。
アーメン。

さあ、これと共に座って居なさい。
文字通り、これと共に座りなさい。

ポール: 良く解りました。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。