スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson74

L E S S O N 74
"There is no will but God's."
[そこにあるのは神の意思だけです。](神の意志以外の意志は存在していません。)

今日のアイディアはこの本の全エキササイズの中心的役割を成しているものです。
神だけが唯一の意志です。 
あなたがこれを認めた時、あなたは自分の意志が彼(神)のものだと理解したのです。

その時、闘争(衝突/葛藤)が在り得る信念が消え去り、あなた(達)が対立した(複数の)目的に引き裂かれているという奇妙なアイディアが平和で取って代わられるのです。
神の意志の表現としてのあなたは彼(神)のゴール(目的)しか持っていません。

今日のアイディアの中に偉大な平和があります。
そして今日のワークはこれを(「そこにあるのは神の意思だけです」という真理を)見つけることを目的としています。
このアイディアそのものは全く真理なのです。 

だからこのアイディアから幻想を引き出すことは不可能です。
そして幻想がなければ、闘争も不可能です。 
わたし達は今日これを理解出来るようになりましょう。 そしてこの認識がもたらす平和を体験しましょう。
長いプラクティス(ワーク)期間を始めるにあたり、まずこれらの考え(アイディア)を、それらを理解する意志を持って数回繰り返してゆっくり言って、それをマインドの中に保持してください。


"There is no will but God's. I cannot be in conflict."
[そこにあるのは神の意思だけです。私は争いの中にはいません。]

それから下記のような関連した思いを加えて数分間それらを繰り返してください。
[私は平和です。]
[何も私を揺るがすことは出来ない。私の意志は神のものです。]
[私の意志と神の意志は一つです。]
[神は自分の子のために平和を意図している。]

この導入部では、あなたのマインドに思い浮かんだ「争いに関する思考」を素早く捉えて、直ちに次のように言ってください。
[神の意志しか存在していません。]
[争いの思考は無意味です。]

もし特定の争い(紛争)に関して解決することが難しいなら、それを特に見てみなさい。
それに関して素早く特定の事項を考えて見なさい。
その闘争に関する特定の人/団体/状況/状態について思い浮かべ次のように言ってください。

"There is no will but God's. I share it with Him. My conflicts about ______cannot be real."
[神の意志しか存在していません。 私は彼(神)と意志を分け合っています。 私と誰々の争いはリアルでは在り得ません。]

このようにして自分のマインドをクリアにした後は、眼を閉じてあなたのリアリティがあなたに与えてくれている平和を体験しなさい。
その中にもぐっていきなさい。 それがあなたの周りを満たしているのを感じなさい。
これを引きこもりと解釈する誘惑を感じるかもしれませんが、その違いは簡単に捉えることが出来ます。

もしこれが上手く行なえているなら(無気力や疲れを感じるのではなく)あなたは深い喜びを感じ、より注意深くなります。
平和は喜びで彩られています。 その体験をしている時あなたは自分がそこに届いていることを理解するのです。 
もしあなたが自閉(閉じこもり)的になっているようなら、直ぐに今日のアイディアを繰り返し言って、一からやり直しなさい。
これを必要なだけ行ないなさい。

平和が体験出来ていなくとも無気力の中に入ってしまうことを拒否するだけでもそれは良いことです。

(短いプラクティスに関しては)より短い一定の等間隔で下記を自分に言い聞かせなさい。

"There is no will but God's. I seek His peace today."
[神の意志しか存在していません。 私は今日、彼(神)の平和を求めています。]
そしてあなたが探しているものを見つけなさい。

これを毎30分に一度、1-2分間行ないなさい。
可能なら眼を瞑りましょう。

~ACIM Workbook, sparkly edition
.

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

Lesson 73

L E S S O N 73

"I will there be light."
[私はそこに光を意図します。]

今日わたし達は、あなた達が神と共有している意志を調べます。
それはエゴの怠慢な望み(そこから闇と虚無が出て来ています)とは違うものです。 
あなた達が神と分かち合っている意志の中には、創造の全ての力があります。

エゴの怠惰な(無力な)望みは、(神とは)共有されておらず、だからどのような力も持っていません。
しかし、(あなたが強い信念を与えている)幻想の世界を作り出していることに関しては、エゴの望みは無力ではないのです。
しかし創造の中では、エゴの望みは無力なのです。 エゴの望みには何もリアルなものは作れないのです。
怠惰な望み(idle wish)と不平/不満(grievance)が、あなたの見ている世界の絵を描いているパートナー達なのです。

エゴの望みがそれ(世界の偽りの絵)を立ち上げ、エゴの「不平を感じる必要/欲求」がそれを維持しているのです。  エゴの不平が世界の絵の中を(「正しい裁き」を声高に訴えてあなたを攻撃しているように見える)人々で満たしているのです。

エゴは彼等(あなたを攻撃しているようにみえているキャラクタ)を使って不平/憤りを持ち込み続け、それを「あなたの意識(気付き)」と「あなたの兄弟のリアリティ」の間に挿入してしまいます。
それらを見ている間、あなたは自分の兄弟を知らず、あなた自身をも知っていません。
(罪がお互いに受け渡されており、その度に不満が高まっている)この奇妙な交換の中であなたの意志は失われてしまいます。 

神の子がその父と分かち合っている意志/意図によって、このような世界を作ることが出来たでしょうか?

神は自分の子供のために天災/悲劇を創造したのでしょうか?
創造とは(神と神の子)両者の意志なのです。
神は、彼自身を殺害する世界を創造したのでしょうか?

今日わたし達は今一度、あなたの(あなた達の)意志に沿った世界に手を伸ばします。
それは神の意志に反抗して(逆らって)はいないので、光がその中に入っているのです。

これは天国ではありませんが、天国の光がそこに降り注いでいます。
暗闇が消え、エゴの怠惰/無力な願いが引き抜かれました。
そてこの世界を照らしている光があなた達の意志を反映/反射していて、だからその意志(光)はあなたの中に在るに違いなく、わたし達はそれを確実に見つけるのです。

世界の絵(現象)に出来るのは(あなた達の)内側のものを鏡のように映すことだけです。
光の源も暗闇の源も外側には見つかりません。
不満(怒り)はあなた達のマインドを暗くし、そこからあなた達は暗くなった世界を見ているのです。
赦しが暗闇を取り外し、あなた達の意志をもう一度設立直し、あなた達に光の世界を見せます。

不満/怒りのバリヤーは簡単に越えられるもので、それがあなた達とその救済の間に立ちふさがることは出来ない、とわたし達は何度も繰り返し言ってきました。 

あなたは本当に地獄に居たいですか? あなたは本当に泣き苦しみ死を体験したいのでしょうか?
これが本当に天国{リアル}だと言い募るエゴの主張/論争は忘れてしまいなさい。
あなた達はそれが本当ではないことを知っています。
あなたはそれを自身の為に求めません。
幻想は一定の範囲を超えては入って(進んで)来れないのです。

苦しみは幸福ではありません。 そしてあなた達が本当に求めているのは幸福です。
それがあなた達の本当の意志なのです。
だから救済もまたあなた(達)の意志なのです。

あなた達は今日しようとしていることを成功させたいと思っています。
わたし達はあなた達の祝福と自主的合意のもとにこれを行ないます。

あなた達が自分たちのために救済を意図していることを思い出せれば、わたし達は今日成功します。
あなた達は神のプランを受け入れようと意図するのです。 何故なら、あなたはその意図を分け合っているのだから。

あなた達は、これに本当に反対できる意志(意図)を持つことは出来ないのです。
そして反対したいとも思っていません。
救済はあなたのものです。 
そしてなによりもあなた達は「自分達が本当は誰か」思い出せる自由を求めているのです。

今日、エゴがあなたの意志の前に力なく立ち尽くすのです。
あなたの意志は自由で、それに立ち向かえるものは何もありません。

だからわたし達は、今日のレッスンをハッピーな自信と共に行ないます。
あなた達の探そうとしているものを見つけられる、そしてあなたが思い出そうと意図しているものが何なのか思い出せる確信がわたし達にはあるのです。
怠惰な望みがわたし達を引き止めることは出来ず、力の幻想を使ってわたし達(あなたと精霊/イエス/神)を引き離すことも不可能です。

今日あなたの意志がなされます。 (あなた達が)天国ではなく地獄を見ているという狂った信念を永遠に終らせます。

わたし達は、神の救済プランだけがあなたの意志と完全に合致しているという認識をもって今日の長い方のプラクティス期間を迎えます。
これはあなた達に無理矢理押し付けられた外部からの意図(目的)ではありません。
これが(神の救済プランが)がここに実存する唯一の目的で、そこであなたとあなたの父は完全に調和しているのです。
あなたは今日成功します。 今日が、地獄から(そして全ての怠惰な願いから)神の子が開放されるための日です。
彼の(神の子の)意志は今彼の意識内に修復されました。 この日、彼は彼の中の光を見て救済される意志を持っています。

あなた自身にこれを思い出させて、あなたの意志をマインドの中でクリアに保つ決意をしたなら、優しく静かな決意を持ってあなた自身に次の事を言いなさい。

"I will there be light. Let me behold the light that reflects God's Will and mine."
[私はそこに光を意図します。 神と私の意志を反映している光を私に見せてください。]

それから、あなたの意志にそれ自身を主張させ、それを神の力と繋がらせ、あなた自身と繋がり直させなさい。
それ以降レッスン中は彼等(神の意志/あなたの意志)のガイダンス(指示)の下に従いなさい。
彼等と繋がり、彼等の先導に従って動いて行きなさい。
そして、より短いプラクティス期間中に、もう一度あなたが本当に求めているものを再度宣言しなさい。

"I will there be light. Darkness is not my will."
[私はそこに光を意図します。 暗闇は私の意図ではありません。]

これを一時間に何回か繰り返してください。
しかし一番大切なのは、あなたが何らかの不満/義憤を感じた時直ちに今日のアイディアを適応することです。

このことが、あなたが不満/義憤/怒りを(闇の中に大切にしまって隠してしまうのではなく)手放す助けになります。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

レッスン(ワークブック)へのイントロダクション

(ワークブックに対する)イントロダクション

前略



レッスン全体に当てはまるルールは、

1 出来るだけ書かれているとおり厳密に行なうこと。
こうすることで、それぞれのレッスンのアイディアをその日あなたが出会う全ての状況/人に当て嵌めることが出来ます。 

2これらのアイディアが適応できない人や状況や物が存在すると考えてしまわないこと。
そう考えてしまえば、このレッスンがもたらす変化が阻止されてしまいます。


中略

(最低限)これだけは覚えていなさい。 
必ずしも、あなたがこれらのアイディアを信じる必要はありません。
必ずしも、あなたがこれらのアイディアを受け入れる必要はありません。
あなたはこれらのアイディアに抵抗しようとするかもしれません。

しかし、そうなってもこれらのレッスン効用は減りません。

しかしこのワークブックに示されているアイディアに対して例外を作ってしまうのは止めなさい。 
そして各アイディアに対するあなたの反応がどのようなものであっても、それを(示されているアイディアに対するあなたの反応を)利用しなさい。
それ以上のことは求められていません。

ACIM Workbook for Studentsより

レッスン72/73 ガイダンス

ガイダンス レッスン72、日本をそのオリジナルな原初の状態に復活させることに関して (サン~ローズ)

(日本を助けるためにわたし達がどのようにして愛をギフト出来るか)喋っているラジを聞いていた時、私は2001年9/11の後に彼が言ったことを思い出していました。
「ツインタワーを修復して全ての人をそれぞれの場所に戻すことが可能だ」と彼は言ったのです。
それはとても正しく感じられました。 今でもそう感じられます。

何故わたし達は、地震や津波があった前の状態に日本を戻すことが出来ないと考えているのでしょうか?
ここはマインドの宇宙なのだから、マインドが変れば全てが変るはずです。

レッスン72の録音を聞きそれを実践するため私はこの疑問を手放しました。
そして(夜の十二時少し前から起きていたので)その後寝ようとしました。
しかし彼の言葉が私を揺り動かしたのです。


*~*~*~*~*~*

エゴの基本的欲望は神に取って代わることです。 そして体がエゴのお気に入りの道具です。

体があなたのマインドを支配しそこでコントロールしているように見えていることでしょう。
(物理的)体がエゴの勝利なのです。 何故なら(物理的/物質的)体は完全に神から離れて作られているものだから。

「物質」(という概念)は神の作ったものではありません。 全然違うのです。

実の所エゴとは「神から離れた体を作ろうという欲望」を体現したものなのです。


もしエゴがマインドだけを司っていて、マインドだけをコントロールし続けようと戦っていたなら、エゴにはたいしたことは出来なかったでしょう。 
何故なら神こそがマインドそのものなのだから。

(マインドではなく)「物質的」体だけがエゴの王国(領域)なのです。
「物質」とは神の知らない幻想なのです。

だから、物質(Matter)がリアルであると信じられている限り、エゴは神から奪い取った少しのマインドが「安全」であると感じるのです。


この望み(欲望)が、マインドに体をまとわせ、それを分離し、それを孤独にし、(マインドを閉じ込める目的で作られている)体を通してしか他のマインドに届かないように見せているのです。
体はマインドの一部を縛り隔離している要塞なのです。

だからエゴのマインド(エゴに乗っ取られたマインド)は物質をこよなく愛しているのです。
だからエゴは物質がリアルだと頑なに主張し続けているのです。
これはうわべだけの(偽りの)思考なのです。

この決意は人間に(つまりエゴに)依存しています。 
体としての確信(マインドではなく体が自分自身なのだという確信)は、エゴに(物質的人間に)依存しています。



主題を日本に移しましょう。
もしあなた達の中の一人が「物質」がリアルであるという信念を放棄出来たなら、日本を(そして世界を)縛っているのはこの信念だけであることをあなた達は直ぐ理解するでしょう。

あなた達は「物質がリアルであるという信念」によって物質の破壊/破滅/死へ縛り付けられているのです。


もし日本が癒やされ修復されたなら、どうしてあなた達が二度と死ねるでしょうか?
「スピリット(霊)がリアルであるという」このような主張/表明がなされたなら、死や病はどれだけ馬鹿げたことに見えるようになるでしょう?
日本の新生(再生)は、忘れ去るには余りに「地を揺るがしすぎたこと」になるでしょう。
(そうなれば)地球に対する全ての概念、全ての夢や信念は瞬間的に消え去ります。

「死者」が蘇り、地が新たになり、全ての建物が元通りになりますが、そのための「コスト/代価」は「夢を放棄すること」です。
何故なら日本列島が、その建物/ボート/車/人々がスピリット(霊)として見られ理解されたなら、それはわたし達(そして世界の全て)に対しても真理であるに違いないのだから。

こうして夢は終ります。
(父に対する)わたし達の離縁が取り消され、わたし達は(走りより出迎えてくれる)父母の愛を見て感じるのです。
愛する者よお帰りなさい。

-------------------
ガイダンス レッスン73 これは日本に対してパーフェクトにあてはまります。

この言葉は(日本そしてアメリカに対して)今日あなたに持ってもらいたいアイディアをパーフェクトに示しています。
あなたが日本の真理を理解するに従い、あなたはアメリカの真理と(あなたの娘の)サラの真理を理解します。
(あなたの友達の)ダイアモンドのカンは当たっています。
これを言った上でこのレッスンの主題に入りましょう。


[I will there be Light. … I will there be Light. I will –]

[私はここに光を意図します。 私の意図はここの光です。 それが私の意志です ―]

あなたに奇妙に思えているこの二つのフレーズの中にどれだけ素晴らしいことが約束されているか見えていますか?  この約束ゆえに私はあなたにこの言葉を話しているのです。

これは結婚式の“I do”「私はします」に相当するものです。
しかしわたし達はここで、それよりも遥かに偉大で愛に満ちた決意をしているのです。

これは宇宙の真理に対するあなたの合意なのです。
宇宙の真理とは、このフレーズの後部の“there be Light.“ (そこに光あれ)です。
ここであなたは(光/真理を)見る決意を与えているのです。 

それが日本やあなたの世界で爆発して放射能を撒き散らしている原子炉でも、夢見ている者達が(全ての人達の神聖を無視しながら)お互いに対して感じている反感でも(そこに光あれといって、あなたはそこに光を見る決意を与えるのです)。
癪に障る兄弟が居る「そこ」に、(その癪に障る兄弟の虚像の代わりに)「そこに光あれ」。
東洋を汚染しているように見えている原子炉がある「そこ」に、「そこに光あれ」。
恥の光の爆発ではなく、神の光(スピリット/霊)の爆発です。
そしてスピリット(霊)は祝福だけを与えるのです。 
そしてスピリットは不可侵で不死身です。

あなたの世界の全ての「そこ」では、全てはあなたの外にあるように見えています。
もし全てがあなたの外にあるように見えていなければ、それは(「そこ」ではなく)「ここ」になりますね。 
「そこ」は外人や敵や危険で満たされているように見えています。

何故なら「あなた」(あなたの世界の王/女王である「あなた」)にとって他者は全員外人(外敵人)だとエゴが提示しているのだから。 

『(エゴとしての)あなたが「あなた」だと考えいる者』しかあなたは信頼していません。
しかしあなたの問題は(そして世界の問題は)全て(これが自分だとあなたが考えている)この偽りの「あなた」から発生しているのです。
これは夢見ている者全員に共通している真実です。

奇跡には難しさの違いはありません。
夢見ようと決意した者達の間に「神聖」の違いはありません。

しかし、あなたが今までとは異なった選択をしたなら、「光」があなたのもとに集まりはじめます。
それは初めからそこ(あなたのもと)にあったのです。 しかしあなたはまだそれを見ていません。


このレッスンは、このような限定された視点を変えるためのものです。

1 Today we are considering the will you share with God.
[今日わたし達は、あなた達が神と分け合っている意志(気持ち)を調べます。]

光である意志/意図です。 
今日あなたは「エゴの卑小な意志ではないもの」を使い始めます。
光である意志は、神である意志です。 
何故なら彼(神)は彼の動きと創造から隔たってはいないのだから。

海や空を見てみなさい。 それらがどれだけ広く美しいか。 
あなたはそれをクリアに見ることが出来ます。

[This is not the same as the ego's idle wishes, out of which darkness and nothingness arise. ]
[これは(その中からは暗闇と虚無しか出てこない)エゴの怠惰な希望とは違います。]

エゴの望みとは何でしょうか? 
エゴはそれを怠惰に望んでいるのではなく、あなたを永遠に完全にコントロールしようと一生懸命しているのです。
それは暗闇と虚無だけにあなたを追いやったのです。

あなたの世界は広く人口に満ちているように見えますが、それは唯の幻想にしか過ぎないのです。
そこに在るものは何も、リアルな創造そのものではないのです。
だからあなた達は幻想だけを覗き込んでおり、幻想だけに苛まれているのです。
そしてリアリティは、夢には決して不可能な程広く豊潤で、あなたが夢と決別してリアリティの永遠の愛らしさを見る決意をすることを常に待っているのです。


だから今日あなたに捧げられて(与えられて)いる意志は:

[The will you share with God ]
[あなたが神と共有している意志]です。

この言葉の中に、あなたに対して(そして創造の全てに対して)父が抱いている愛を聞き取ることが出来ますか。
彼(神)の意志はあなたのものです。
彼のよきもの(Good)はあなたのものです。

放蕩息子の寓話に示されているように[息子よ(つまりあなたです)、私の持っている全てはあなたのものです。]

そして「あなたが神と分け合っている意志」とは何でしょうか?
神があなたに与えた永遠のギフトは、創造の全ての力をその中に持っている意志/意図です。

あなたは何と豊かで祝福されていることでしょう。
「遠い国を旅をして歩いている間(放蕩息子の寓話)」あなたが無視しているものを見てみなさい。

何がハリケーンや地震や火事や津波を発生させているのでしょう?
それらが神から来ているとあなたは考えているのでしょうか?
破壊的はものが神から発生することはありません。

[The ego's idle wishes are unshared and therefore have no power at all. ]
[エゴの怠惰な望みが共有されなくなり、エゴの力がなくなった時]

(地震や津波など)これらのものはどのように見えるでしょうか。

(エゴの力がなくなった時)あなた達は誰と共有する(分け合う)ようになるのでしょう?
あなた達は実存する唯一の源であり力である神と(意志を)共有するのです。 

もう少し読み続けましょう。

[Its wishes are not idle in the sense that they can make a world of illusions in which your belief can be very strong. ]
[幻想の世界を作りそれに対するあなたの信念を強くさせることにおいては、その(エゴの)望みは怠惰ではありません。]

そしてあなた達は9/11を体験し、ハイチの地震を、戦争を、その他の悲劇を体験し、今回日本に災害が発生しています。
これらに関する真理は何でしょうか?

もう少し読みましょう。

[But they are idle indeed in terms of creation. ]
[しかし創造の中では、それら(幻想)はとても怠惰なのです。]

神(全てよきこと)だけがリアリティの源なのです。 
だから、わたし達はエゴの誤創造に対して次のように言うのです。

[They make nothing that is real.]
[それらは何もリアルなものを作っていない。]

これが真理です。 そしてこれが夢の恐怖に対する解毒剤なのです。

これが理解されるに従い(あなたの友達のニタが話していた)夢の逆転をあなたは確かに体験するでしょう。
崩壊した建物が逆回転して元通りになり、津波が小さくなってもと来た場所に消えてなくなり、全ての破壊が(それらは神とリアリティにとっては全く不可能なので)、あなた達の目の前で修復されるのです。

あなたはしようとしていますか?
あなたは何をしようとしているのでしょう?

Are You Willing, and what are You Willing/willing?

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。