スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノエル

20012年12月24日

神と呼ばれている生命原理は、あらゆるものとして、あらゆる創造として、常に遍在して(あらゆる場所に等しく存在して)います。

これが(あらゆる場所に全てのものとして遍在している生命原理が)「モラルのアーチ(良心/美徳の円弧)の宇宙」です。

人類の全てはこのアーチの中に抱かれており、このアーチから切り離すことは不可能です。



(遠い昔の丘の上の羊飼い達だけでなく)全ての人達はここ(モラルのアーチ)から来ている天使の訪問を受けています。
「この聖約の中に自分達が抱かれていることを知らない者達」は、天使の訪問を呪いと見ています。 
しかし「ここの真理は何ですか?」と人が聖霊/ガイドに訊ねる度に、「真理であること」が「変容をもたらす真理」に成るのです。 そして天使達が自分達の役目を果たすのです。

遅かれ早かれ全ての人達は、神の善良さに譲り、一番初めのノエル(キリストの誕生)の意味を十全に響き渡らせ、世界を目覚めさせる必要があるのです。

天使達をあなたの中に受け入れなさい。あなたの聖なる日が天使達の豊かさで満たされますように。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

オープン

プライベートなコミュニケーション・チャンネルを必要としている人もいらっしゃるので、
下記のメールアドレスも全ての人に対してオープンに保ちます。 

{ここ一週間、このメールアドレスを閉鎖するべきかどうか聞き続けてきました。}

hiro.okaue@gmail.com

こちらに送っていただいたメールの内容も、私の判断によって公開しますので、その旨ご了解ください。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

chiwawa 犬か?

サラさんからメール:

<パブリックにしたい。
<例えば私にサラというガールフレンドが居ることは既にパブリックですね。
<勿論サラの細かい事情はパブリックでなくて良いです。
<わたし達のやり取りをパブリックにしたいのです。

<つまりサラからパブリックなコメントなどが欲しい。
<それが私には必要。


///////
ヒロにはなぜ それが“必要”なのでしょうか?

あなたに必要なのですか?
全体に必要なのですか?

それは
では

“なぜ”必要なのですか?

その必要は何を満たすのですか?

ちがうイジケタ質問も
サラはしてみます。

ヒロは サラを利用したいのですか?
他の誰かでも いいけど

ガールフレンドだし

うまくツカエルぞ、
みたいな。


起爆材や
素晴らしい非常識の
典型として
サラを必要なら

わたしは もう それ呼ばわりには

断じて NO!です。

________________
そのやり方はシンプルです。 「口を閉じなさい」 (ラジ)
//////////

一人で話している自分がムナシクみえてきました。

ヒロはメールが好きではないと出会った最初の頃から聞かされてはいたけど。


☆“Webにあげて二人の対話をpublicに―”

これは ヒロが言ったのですか?
ジーザスが指示したようでもありましたが…。


いずれにせよ

おもてに(public)に出す前のごく普通のあなたとわたしの会話がこのようであれば

「あなたの沈黙」―。
あなたからのこだまがほとんどかえってこないことが通常(普通)であるなら…。

わたしは
☆これを 理解するに困惑してしまいます。

まるで楽屋では 黙り込んでいる役者二人が、カメラがまわると同時に
うってかわってにぎやかに 対話しだす
そんなフレンドリードラマを見ているようです。

あなたがいつも何かに集中しているのはこんなサラでも理解しています。


口を開きたくないのはわかっています。
これまでも理解してきました。


だからそれでよいのです。

それにわたしのメールじたい返答するに及ばないものでも当然 あるのだから。



++++++++++++++++++++++++


岡上の返事:

<ヒロは サラを利用したいのですか?

あなたが本当にそう思っているなら、わかれましょう。
サラさん、別れさせてください。
私はあなたを利用したくありません。


私があなたを利用しようとしているとあなたが考えているのなら、
私はあなたのボーイフレンドでいたくありません。


++++++++++++++++
ただ サラは 声を出して笑ってしまいました!

犬も喰わないとは

「犬も喰わないケンカ」というときの あの“犬も喰わない”ですか?

++++++++++++++++++

そうです。

オレは笑ってないね!

+++++++++++
ヒロはあのアップしてくれた中にある
イジケタ質問にだけ反応しています。


なぜ そこにだけ あなたは答えてくれたのですか?

わたしは
あなたと 何かを始めるなら
ええ、ではやりましょう!
さて その前に 話してほしいことがあります、
そうお願いしたのです。

なぜ わたしの意志を無視して
そこにだけ
あなたは 喰ってかかって 怒りを投げつけているのですか?

+++++++++++++++++++

ラジの翻訳を始めた時「この人はお金の為に(お金が目的で)これをしているのでしょう」と人から言われかもしれないと私は思ったし、実際に家族からはそう言われました。

これが人々を操ってコントロールしてお金を得る手段でしかないのなら、これは無価値です。
だから私はこれを基本的に無料で翻訳したのです。

だからもしあなたがそう思っているなら、ここに操りの可能性があると思っているのなら、
私はあなたとはもうお会いしたくないです。

+++++++++++++++++++


ガールフレンド、 ボーイフレンドの問題ではありません。


わたしは
あなたがジーザスの手足になる決意を
真剣にたずねているのです。



かつて
わたしは ある方から
Webであからさまに誹謗され
コテンパにされた経験がありました。


あの裁判と似たような完全な被告人にされました。

わたしは
ある意味、良くも悪くもenergyがスゴいので
つまり
トンデテ 突き抜けているので
無防備でいると
いつのまにか

立てないくらいペシャンコにされます(なります)。


慣れてはいますが。

今度だけは
わたしは

これがサラが人間でいる間の最後の、ジーザスとの関わりのギフトだと思って
覚悟して
あなたにたずねていたのです。


なぜ
わたしとのpublicなやり取りが必要なのかと。


わたしの真意が伝わらないなら
仕方ありません。


わたしが わざとイジケタ質問をしている
それも
あなたには
自分への侮辱とだけ
解釈しておられます。

ちがうのです。

顔が見えないとは
なんと つまらないことでしょうか。


顔文字 絵文字を全く使わず
対話するには

信頼が試されます。


いずれにせよ
あのイジケタ質問は

ただイジケタ質問です。

あなたはほどの観察力がある方が
どうしたのでしょう。


わたしが
あなたを侮辱したことは
一度たりともありません。

犬も喰わない、というタイトルも
とても
残念なタイトルでした。

わたしは これで退散してもいいでしょうか…。

それほどに
わたしは とても残念でした。


わたしは本気で
ジーザスとヒロとサラの対話をする覚悟でいたのです。


あなたのお好きになさってください。


「あやつり」


サラのなかには その言葉はありません。

あなたが その 「あやつり」とやら いう
言葉に 金縛りにあっているなら

どうぞ
サラを 吹き飛ばしてください。

++++++++++++

わたしのなかには
あやつり
という

それは 寝耳に水です。


そんな言葉は ありません。
ヒロの中にも見つけることは
一度たりともできませんでした。


これ以上
あなたが わたしを愛ではないと定義するなら

わたしはあなたに
何もギフトできなくなってしまいました。

もう勘弁してください。

さようなら。

ありがとう神よ。


++++++++++++++++++++++++++++
わたしは とても残念で泣けてきました。


お金の話しなのですか? これは。

もうわたしは あなたに太刀打ちできません。


あなたの怒りはお金に対する怒りはどこから来ていたのでしょう…。

“お金めあて”
“あやつり”

あなたのお使いになられる世界は
わたしには とても入っていけません。


そして何より ビックリしたのは
なんの前ぶれもなしにいきなりあなたが
Webにこれをあげていたことでした。

ひとこと
じゃ

始めようかと言ってほしかった。

そしていきなり「犬も喰わない」!?

あなたのやり方がわたしにはわかりません。

もちろん なんでもさらけ出して結構と言いました。

そしてケンカ(?)ですか?

まいりました。

サラのほうから退散します。
+++++++++++++++++++
<わたしはパソコンを通してのpublicなやり取りは できないので
<メールを使っていただき
<それからあなたが ご自由にアレンジなされてブログにアップしてください。

サラは全て出すことに既に同意しているのだと思っていました。
これ(下記)も出して良いですか?

サラは今までの文章全部をWEBから削除して欲しいのですか?
もしそうであれば、その旨お知らせ下さい。

+++++++++++++++++++++++++
削除しても削除なさらなくとも
わたしには何もかまいません。

わたしはユーモアがあなたに通じないことがたくさんあった

とつい この前も 言いました。

あのイジケタ質問の行為者は誰でしょうか?
誰もいません。


わたしはあなたと分かち合いたくてこれにyesと言いました。
わたしのあれがキツいものだったことは確かです。

そんなんじゃないよね?

イジケタ 言い回しです。

もうわたしはダメです。
あなたがお好きになさってください。

このメールを打つ指まで
いま麻痺してしまいました。

++++++++++++++++++++

これでいいの? ラジのアドバイスとは随分違うけど。
オレが弱い者苛めしているみたい。しているのかもしれない。


あなたはただ感情を押し殺すのか、自分の考えを(これは考えに過ぎないから)と見てみぬフリをするのか。
そうしている限り、自分を偽っている限り、あなたに奇跡は体験出来ない。
「正直に成れ。 独善的と言われていい。 出来るだけパブリックにしろ。」これが私のアドバイス。

「感情と思考に捕らわれるな。しかしそれらを押し留めようとするな。」


+++++++++++++++++++++++++++++++++++

わたしは去らせてください。

たくさん救っていただきました。


さようなら。
さようなら ジーザス。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<なぜわたしとのpublicなやり取りが必要なのかと。

オープンなコミュニケーションの為です。
あなたとHiroの今までのコミュニケーションはオープンでしたか?
それは全ての人達に向かって開かれていましたか?


あなたは怒った。 だから思量を捨てて「パブリックにしなさい」という私のアドバイスにただ従った。
それまであなたは私を行動にうつさなかった。 誰かがあなたを非難するかもしれないと思ったから。
あなたは私が何をしようとしているかまだ理解していないので、それを上手く言葉にすることは出来ていない。

今まであなたは怒らない限り、自分を手放さなかった。
怒らない限りあなたは私に行動を譲ってこなかった。

あなたはまだ私に怒っている。

あなたはまだ私を赦していない。

もしサラのメールがあなたを激怒させなかったなら、
あなたは私を行動に移さなかった。

怒りを飲み込んでもそれは消えない。
怒りを行動に移すな。しかしそれを押し殺そうとするな。
怒りをパブリックに言葉で示すことは悪いことではない。 それが開かれてパブリックである限り。


「対話をパブリックにしろ」
私のこの指示があなたを尻込みさせた。あなたの友人も尻込みした。

「対話の内容」以上に重要なのは、それ(対話)がパブリック(オープン)であること。
オープンな対話がオープンな状態/存在を促進する。
プライベートな対話がプライベートな状態を促進している。 この説明をあなたは面倒臭がった。

あなたがプライベートである時、あなたが私の言葉を表明することは困難。
だからあなたはまた言えなく(書けなく)なってしまった。

時としてあなたは私の言葉を自分の自己弁護として受け取ってしまう。
だからあなたは説明を投げ出してしまう。
あなたのプライバシーがあなたを苦しめた。



サラさんありがとう。

ここまで書けました。

あなたを悲しませたこと、ごめんなさい。

岡上

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

シフト

起こっている事の中で一番重要なのは「誰が間違っていたか」ではなく、どれだけ居心地が悪かったかではなく、関わり合い(関係)が濃密に成って行ったこと。

対峙が起こり対立が避けられないほど関わり合いがハッキリと現れた。
対立がどのように起こったか、それはあまり重要ではない。

関わり合いがハッキリ実感されるようになったので、ハッキリ実感されるシフトが起こる条件が揃った。
ここで聖なる瞬間(二つのステップ)が必要。

現状を保ったままでは居れらない程関わり合いが濃密に成ったこの時点でこそ、自分の判断/思考/知覚/認識を手放して父に真理を訊ね聞くことが重要。

あなたの兄弟姉妹の真実を、父の視点から教えてもらうことが必要。これを執拗に続けることが必要。

(ひとつである兄弟姉妹の)全ては既にパーフェクトである。
それを示すのがシフト。



シフトの為に私がするべきこと:

あまり平和なやり取りが出来なかった時、私はラジの言っていることが行なえなかったと思って自分を裁いていました。 しかし、そうではないのです。

一番大事なのは関わり合いで、そのためには自分の平和を投げ捨てるのです。
自治を投げ捨てて関わり合いの居心地悪さと対峙して、神の正直な真理を父に訊ね聞くのです。

すると「私」が変わるのです。 
霊の交換(コミュニオン)が起こるのです。

続きを読む

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

翻訳 岡上

Author:翻訳 岡上
ACIM - A Course In Miracles

hiro.okaue@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。